作品数22
総合評価数151
総合PV数45,320

作者ブックマーク

未村 明(ミムラアキラ)さんのプロフィール

劇作家・演出家。noteでは実名でエッセイと小説を連載中。
https://note.com/sala_mimura

未村 明(ミムラアキラ)さんの作品アトリエ

  • 一般小説

    メリーゴーラウンドの憂鬱(シリーズ《恋って気づけよ。》その4)

    恋愛・ラブコメ

    • 4

    • 15

    • 0

  • 一般小説

    モアイの悲哀(シリーズ《恋って気づけよ。》その3)

    恋愛・ラブコメ

    • 3

    • 97

    • 0

  • 一般小説

    虫の生活 The Life of Bugs(連作短編)

    恋愛・ラブコメ

    • 13

    • 1,237

    • 0

  • 一般小説

    アフォガート・アル・カフェ(シリーズ《恋って気づけよ。》その2)

    恋愛・ラブコメ

    • 7

    • 269

    • 2

  • 一般小説

    アイスコーヒー・レモネードソーダ(シリーズ《恋って気づけよ。》その1)

    恋愛・ラブコメ

    • 4

    • 329

    • 0

  • 一般小説

    夢百夜 巻三

    ファンタジー

    • 3

    • 2,845

    • 0

  • 一般小説

    オフィーリア・ノート

    恋愛・ラブコメ

    • 9

    • 2,334

    • 2

  • 一般小説

    レディ・マクベス・ノート

    恋愛・ラブコメ

    • 11

    • 2,375

    • 2

  • 一般小説

    【2000字恋愛】パンドラの鍋

    恋愛・ラブコメ

    • 4

    • 468

    • 0

  • 一般小説

    【2000字恋愛】理由

    恋愛・ラブコメ

    • 3

    • 162

    • 0

未村 明(ミムラアキラ)さんのアトリエ作品をもっと見る

ファンレター

  • ありがとうございます!

    今後ともよろしくお願いします。^^

  • 面白かったです。

    面白かったです。

  • >猿実さま ありがとうございます!

    共感していただけて嬉しいです! 私も無手勝流、自己流ですけど。(^^ゞ 去年はこの歳で(笑)シナリオ教室に通ってみたりしましたけど、けっきょく、自分で読んで自分で書くしかないと痛感しました。 書き方に「間違い」なんてないと思います。あるとしたら、「それは間違いだ」って決めつけることこそが間違いじゃないでしょうか? ある人にとっての回り道が、他の人にとっては最短距離だったりすると思うんですよね。 私も試行錯誤をつづけていきますので、またご報告とかしあえたら嬉しいです。^^

  • 読ませて頂いていろいろ腑に落ちました。

    はじめまして。歳ばっかりとっていて、小説の執筆は超初心者の猿実と申します。 20代の頃に教育映画のナレーション台本から書くことを教わり、シナリオ作りはずっと箱書きでやってきました。その後、広報誌の校正から原稿執筆を短い期間経験しましたが、ドラマのシナリオは完全に趣味の世界。ましてや、小説の書き方など学んだことがなく、完全に無手勝流と思っていました。 しかし、このエッセイを読ませていただいて、自分のプロットの作り方だけでなく、キャラクターの年表を作ってその人生をなぞるように書く方法が間違いでは ... 続きを見る

  • ありがとうございます!

    そうですそうです! 「つい似てしまう」「いいとこどり」。それはもう、帆ノ珠々様の一部、ということではないでしょうか? もしかして「二次創作」というのかな、限定された空間での「遊び」として、容姿と性格を好きなように組み合わせたり、既製のキャラクターを自分で動かしたりということがあったのかなと思います。例えば、リカちゃんやバービーちゃんで遊んでいる子どもに向かって、「その台詞はオリジナリティがない」とは言いませんよね(笑)。でも、いまのWebはもうプライベートな空間ではない。そこで「パクり」を堂々 ... 続きを見る

  • プロットのエッセイから続けて拝見させていただきました

    すごくわかります。私の場合、子供の頃に大好きだったキャラクター像がずっと自分の中でちらついていて、物語を書くといつも誰かがそのキャラクターに似てしまうという時期がありました。 自分の中で無意識に「いくつかのキャラクターのいいとこ取り」をしてそのキャラの人物像を組み立てていたわけです。 しかしそれに関しては私は肯定的で、魅力的なキャラクターを知らなければ、魅力的なキャラクターを書けないのかなとも思うのです。 読書をして出会ったキャラクターの魅力的な部分を集めるのも、読者がどういうキャラクター ... 続きを見る

  • そうですね!

    コメントありがとうございます。物語を自分の中に落とし込む、っていい言葉ですね!^^ プロットの立て方は本当に人それぞれですよね。あくまで本編が読み手に伝わるように書くためのものだから、プロットそのものの形は自由じゃないでしょうか。私もあまり文章にはせず、箇条書きタイプですが、いちいち見返して書き終えた項を消していくのが快感です。笑

  • 書かれている事に共感の嵐

    私は書きたい事を箇条書きにしてからプロットを組み立てるのですが、その段階で頭に入ってしまっていて一切見返す事なく本文を書き出してしまいます。あくまで私の場合ですが、プロットを書くという工程は自分の中に物語を落とし込むという意味合いもあるのかなと思います。

  • 楽しみにしています

    はい。今後ともぜひ読ませてください。 シェイスピア……ロミオとジュリエットのあの方ですね! ハムレットやリア王などタイトルは知っているのですが、内容を知らない作品も多いので気になっていました。私の作品も、お暇な時にでも読んで下さったらありがたいです。作風が四作ともバラバラのつもりなので、面白いと思う作品があればうれしいですね。

  • 橋渡しって

    海野遥さま、橋渡しってすごくいいですよね。私も本当にそう思います! じゃあ、次はそのあたりを書いてみますね。まだ先になりそうですが、準備しておきます。 アイデアありがとうございます!^^