作品数20
総合評価数767
総合PV数50,128

作者ブックマーク

加藤猿実さんのプロフィール

本年度一杯はフルタイムで働きながら、この春から趣味で小説を書き始めたばかりの年老いた新人です。
異世界ファンタジーは書けませんが、恋愛物からSFまでジャンルには拘りません。
気づいたら20作近く投稿していますが、ペースには波があり、長くお待たせしてしまうこともあるかと……。予めお詫びしておきます。
読んでいただけるだけで嬉しいですが、ご意見ご感想をお聞かせいただけたらこの上なき幸せです。

加藤猿実さんの作品アトリエ

  • 一般小説

    虚空蔵求聞持法

    ファンタジー

    • 26

    • 551

    • 0

  • 一般小説

    Ai needs Yu(アイ・ニーズ・ユー)

    SF

    • 119

    • 8,559

    • 18

  • 一般小説

    鴉の王国

    ファンタジー

    • 28

    • 713

    • 2

  • 一般小説

    課長島村耕作の憂鬱

    現代ドラマ・社会派

    • 33

    • 510

    • 2

  • 一般小説

    アリゾナの涙

    恋愛論・結婚

    • 58

    • 4,473

    • 40

  • 一般小説

    湾岸チェイス

    ホラー

    • 34

    • 790

    • 4

  • 一般小説

    リトル・ウィング

    現代アクション

    • 107

    • 11,900

    • 46

  • 一般小説

    星野莉奈はなぜ死を選んだのか?

    現代ドラマ・社会派

    • 45

    • 1,192

    • 3

  • 一般小説

    仮面の下

    SF

    • 19

    • 249

    • 0

  • チャット

    苦手な人のためのSFセレクション

    SF

    • 34

    • 8,456

    • 42

加藤猿実さんのアトリエ作品をもっと見る

活動報告

2020年 12月02日|コメント(0)

2020年 11月30日|コメント(0)

2020年 11月29日|コメント(0)

2020年 11月25日|コメント(0)

2020年 11月24日|コメント(0)

2020年 11月23日|コメント(0)

2020年 11月23日|コメント(0)

2020年 11月20日|コメント(0)

2020年 11月17日|コメント(0)

ファンレター

  • あおぞらつばめさま、ありがとうございます

    それは間違いなく国王を選ぶ選挙です。(笑) テレビ番組でカラスの知能の高さを特集していた時に思いついた話なんですけど、カラス……ちょっと怖いですよね。ウチの娘は小学生の時に頭を掴まれたことがあって、大人になった今もトラウマみたいです。ツバメはすごく速いから逃げ切れるでしょうけれど、他の小型の鳥類からすると脅威なのかもしれませんね。

  • カラス

    うちの近所のカラスたちも、人間を小ばかにした態度でギャーギャー言ってるんですよねえ(笑)! あれは国王を選ぶ儀式だったのかも。

  • 小泊さま、ありがとうございます

    書いた本人さえ忘れかけていた作品にスポットを当ててくれて感謝です。 実は私のiPhone7+はもう何年目になるでしょう? iPhoneは12年前の日本初導入モデル3Gから始まって、2年に一回買い換えたり買い足したりしてきましたが、今はこの子に愛着があってなかなか乗り換えられません。いつか壊れる日が来るまで大事にしたいという気持ちがこの小説を書かせてくれました。

  • ふんわりした気持ちに包まれました

    たしかにこのご時世だと、個人のことをいちばんよく知っているのは『それ』かもしれませんね。 よくも悪くも、すこし離れなければならないだけでソワソワしてしまいます。 ずっと、というのは難しいでしょうけれど。 できるだけ長く寄り添ってあげてほしいものです。

  • まきえ肴さま、却って気を遣わせてしまったようで

    まきえさまに面白いと言っていただけてすごく嬉しいです。 ただ、私は少なくともこの作品に関しては、辛口の批評でも、面白くないと言われても少々のことでは凹みません。講談社の骨太担当の方と知人の2人はあまり評価してくれませんでしたが、すでに50人以上の方から「面白かった!」と言って頂けているので。 面白い面白くないと感じるのは、それぞれの感性だと思います。100人読んで100人みんなが面白いと思う作品があったら嘘っぽい。(笑) あの『鬼滅の刃』でさえ面白くないと言う人はいますし、「大正時代に刀刺 ... 続きを見る

  • 加藤猿実様へ

    誤解を招くような言い方になってしまってすみませんでした。 作品そのものはとても面白かったです。骨太の審査目線だとこうなのかなと思ったことを書きました。 ファンレターで忌憚のない意見を言うのって難しいですね。 結構他の方も閲覧されると思いますし……。

  • まきえ肴さま、読んで頂きありがとうございます

    まきえさまには面白くなかったかもしれませんが、出し惜しみしたわけではなく、コロナもSFも世を欺く借りの姿(笑)で、中身はちょっとミステリー仕立てのボーイミーツガールのラブストーリーなんです。 今のコロナ渦のこの世界が当たり前になるかも? って警鐘の意味もありましたが、コロナはあくまでも背景で、5年後にはコロナも当たり前の風景になっている……とそんな感じです。 こんなアンドロイドが今世紀中に出来るわけないと実際にロボット工学に携わっている人から突っ込まれたこともありますし、コロナの描き方が中途 ... 続きを見る

  • 今更ながら読ませて頂きました

    自分も骨太でコロナ禍をネタにしたので、メタ的な感想になってしまいますが、 コロナ禍という世界設定自体をどんでん返しの大トリックに使うと、そう来たか! と評価がもっと上がったかなと思います。 これは私の作品ではないのですが、震災後の被災地を舞台にした作品で、この世界が現実世界だと信じ込ませて 最後にこの世界は仮想世界であったというオチの作品がありました。 ネタの出し惜しみをせずに一作品でやりきることが重要かと思います。 ちょっと書き手目線で辛口になってしまいましたが、《やりきる》ことは ... 続きを見る

  • 小泊さま、一気に読んでくださりありがとうございます!

    おかげさまで、一気にランキング10位まで来ています。(笑) 最後まで読んでくださっただけでなく、ものすごくお褒め頂いて、なんだか勿体ない気さえしています。 小泊さんの優しく柔らかい物語と違って、ハラハラドキドキが連続する設定なので、お疲れになったのではないでしょうか? もう再読してくださったかもしれませんが、何度も読んでいただくと、いろいろとアラやボロが見えてしまうかもしれません。もし何か見つけてくださったら遠慮無しにドシドシ書いていただけると嬉しいです。 この作品はコロナ渦のGW中に一 ... 続きを見る

  • 物語に惹き込まれて駆け抜けました!

    作品を読ませていただきました。一話ごとに続きが気になって仕方がなく、一気に読破してしまいました。いまは物語の余韻に浸っています。 途中まではあらすじ通り「ネット恋愛かぁ」とゆったりした気持ちでストーリーを眺めていたのですが、『三者』で会ったところから予想外の事実が判明し、物語がどんどん転がっていき、「AはほんとうにAなの?」「BがBであるという保証は?」と(いい意味で)分からなくなり、混乱しつつも主人公と一緒に走っていました。 ほんとうに面白かったです! そのため、ほかの作品も読みたいけれど ... 続きを見る