作品数9
総合評価数1,346
総合PV数55,211

作者ブックマーク

水瀬そらまめさんのプロフィール

メッセージは下記まで↓
https://twitter.com/minasesoramame

水瀬そらまめさんの作品アトリエ

  • 一般小説

    詩集 月光読書

    その他

    • 682

    • 39,555

    • 234

  • 一般小説

    永遠の一番

    その他

    • 136

    • 8,309

    • 60

  • 一般小説

    【短編】惜陰の城

    ファンタジー

    • 73

    • 755

    • 2

  • 一般小説

    ふわふわ苺!

    学園・青春

    • 94

    • 1,199

    • 7

  • 一般小説

    うんてんしゅのあいちゃん

    その他

    • 63

    • 585

    • 2

  • 一般小説

    ランドセルのいろどうする?

    その他

    • 87

    • 1,957

    • 5

  • 一般小説

    スズメちゃんのおかあさん

    その他

    • 68

    • 1,536

    • 4

  • 一般小説

    2020年9月1日<乾杯ビールの幸せ>

    現代ドラマ・社会派

    • 82

    • 762

    • 1

  • 一般小説

    憂鬱なモノローグ

    恋愛・ラブコメ

    • 61

    • 553

    • 0

水瀬そらまめさんのアトリエ作品をもっと見る

活動報告

2021年 03月28日|コメント(0)

ファンレター

  • 表現と語彙力の豊かさ

    幻想的な世界を、その世界にカッチリと合う言葉で表現されていた作品でした。選ばれていた言葉は丁寧に考えられて使われていたように感じます。スルスルと読み切ってしまいました。美しい作品です。

  • なんという愛らしさ!

     男の子の、好きで気を引きたい余りに出た行動が裏目になるのアルアルですが、そんな彼の行動を大きく包むあいちゃんの大らかさにほっこりとなりました。しかし・・・  あいちゃん、しょうごくんの気持ちにちょっとは気付いてあげて!(笑)  と、思わず叫んでしまいます。  いつかが、あるといいな。2人の成長をこれからも見守っていたくなる作品でした。

  • 一つ一つの文が幻想的

     一つ一つの文が美しく、脳内ではあふれ出す幻想が止りません。美しい天使と、そして美しい王女の邂逅。美しい物語かと思えば、だんだんイメージがねじれていき……不思議な、謎めいた物語をうっとりしながら読みました。

  • 可愛らしい!

    妻側の、プンと怒る様子がなんとも愛らしい作品でした。 せっかく家にいるんだから、そりゃ一緒に乾杯したいですよね。 対する夫の対応が単に冷淡なのかと思いきや意外や意外で「気にしている」ところがまた微笑ましく。 次は二人、向かい合って乾杯できるといいですよね。そんなことを思いました。

  • 苺一会。

    ひととの距離の取り方って、わからないですよね。僕には難しい問題であり続けています。故に、共感できる。続いてほしいなぁ、この作品。なんて、想うのでした。

  • あいちゃん頑張れ!

    読後に思わず言ってしまう。 素直で真っ直ぐな子供の心情を子供の視点で丁寧に綴りながら、運転手の仕事の厳しさも盛り込んでおられる。 全編ひらがなで書くって、やってみたらわかると思いますが、大変です。句読点の位置ひとつ取っても、適当にすると怪文書になって読めたものではない。 ひらがなで書きつつ、読める文章にする なおかつ読み聞かせを意識して、詰まらない文章に仕上げる。基礎の文章力がしっかりしてないと書けない。筆者の力量に脱帽でございます。

  • そらまめさんへ

     超可愛くて癒されました。  何か思わず笑みが溢れるストーリー。  今日自分の書いた事とは180度逆のお話で、心癒される時を過しました。  ありがとうございます。

  • そらまめさんへ

     独特の世界ですね。  何時もの事ながらですが。  癒やされました。  後文章に勢いが出て来ましたね。  頑張って下さい。  応援しています。  

  • そらまめさんへ

     苺読んでからこれ読むと、同じ脳の人がこれを書いたとは思えないです。  凄いなあって思います。  唯、どちらにしても両方自分には絶対に書けないんで、人間の脳って凄いなぁと思うと同時に、一人の人間の脳の可動域って限界があるなぁ、と、感じました。  そこら辺りを自身の小説のネタにしようか、と、思いました。  すいませんファンレター妙な時間になりました。  緊急事態宣言以後どうも寝る時間がおかしくて、さっき起きたんです。  頑張って下さい。  後苺ちゃんにも期待。  

  • 読んでみました

    一話で4000文字以上か……と思ってすぐに読めなかったのですが、読んでみたらあっという間でした。 めんどくさいのが青春。わけわかんないのが青春。若い頃は、そんなのかんけーねーって思ってたけど、そんな十代の頃を思い出しました。 デートの時、たった一言で相手を怒らせちゃって、突然帰られちゃって、なんで怒ってんの? って腹立てたこと……とか。 デリカシーがないのよ!って言われても、あの時はわからなかった。でも今はよくわかります。(ほんとにわかってるのか?) ごめんなさい。脱線しました。 ... 続きを見る