詩集 月光読書

[その他]

897

198,475

245件のファンレター

<副題>
たれかありし月の影 君いずるのは然ればこそ あまたの世の 何処へとまいらん

ファンレター

つきのひかりのもとで夢見て眠る、永遠の文学少女へ

お疲れさまでした!!
「たれかありし月の影 君いずるのは然ればこそ あまたの世の 何処へとまいらん」と始まり、「なくなってしまうのは 文字だけだから 思い出してほしい いつだって 誰かの 支えになれば 私は幸せです 本当にありがとう」で結ばれるこの詩集は、パーフェクトでした。
いつかまた、「少女の顔は忘れたけれど 夢見て眠る」永遠の文学少女・水瀬そらまめが見たその夢を、この月光の下でうたって欲しいです。
ありがとうございました。それじゃ、いつか、また。

返信(1)

いつもありがとうございました。しばらく執筆作業を中心に頑張ろうと思います。お世話になりました。またいつか。