神様からの贈り物  花鳥の巻 その一

[ファンタジー]

2

1,288

-

ある日、祈禱師の昇龍 導光の元に、ある依頼主が訪れた。
依頼主の名は『赤いバラの花の女神 マリア』。
依頼の内容は、ある国にいる≪浄魂鳥≫を日本に連れて来てほしいというもの。
≪浄魂鳥≫とは、目に見えぬ、いわゆる霊鳥。
かつて人間として生きた前世を持つ≪浄魂鳥≫だが。。。
壮絶な過去を背負ったまま世を去ったその≪浄魂鳥≫は
浮かばれず、今も苦しんでいるという。
≪浄魂鳥≫をその苦しみから解放し、≪浄魂鳥≫の抱き続ける想いを果たせば
『赤いバラの花の女神 マリア』が幸せにしたかった人間も
≪浄魂鳥≫も救われ、共に幸せになれるのだという。
さて、依頼を引き受けた導光に待ち受けているものとは。。。

登場人物

昇龍 導光《しょうりゅう どうこう》


代々続く祈祷師の家系に生まれた。昇龍家第四十八代当主。五十歳。

非常に高い霊能力を持つ。

ダンディで背が高く、スポーツマン。 

物腰柔らかで一見祈祷師には見えない。

導光が愛するものは何といっても龍と家族そしてスイーツ。

持って生まれた類まれなる霊能力と格の高い魂で、様々な視えざる存在と対峙しながら

迷える人々を幸福へ導くことを天命の職と自覚し、日々精進を重ねるまさに正統派の祈祷師。

昇龍 輝羽《しょうりゅう てるは》


導光の娘。ニ十歳。 

聖宝德学園大学 国際文化学部二年生。両親譲りの非常に高い霊能力の持ち主。

自分の霊能力をひけらかすこともなく、持って生まれたその力に感謝し、

将来は父のような祈祷師になりたいと思っている。

龍と月に縁がある。

龍を愛する気持ちは父の導光に劣らない。

穏やかな性格だが、我が道を行くタイプ。

自分の人生は自分で切り拓くがモットーで、誰の指図も受けないという頑固な面がある。 

浄魂鳥《じょうこんちょう》ケツァール   /   マニュエル


普通の人には見えない、いわゆる霊鳥。

五百年前、『マニュエル』という名の人間としてある国に生きた前世を持つ。

あまりにも壮絶な過去を背負ったがために転生できず、

ある想いを果たすため『浄魂鳥』としてこの世に存在し、

その時をずっと待ち続けてきた。

花畑 満《はなばたけ みちる》 / アレン


二十歳。『輝羽』と同じ大学で同じ学部の同級生。

日本人離れした端正な顔立ちの美男子。

五百年前、人間であった『浄魂鳥』と同じ村に住んでいた『アレン』という名の若者の前世を持つ。

十五年前に亡くなった叔母の遺言がすべてを明らかにするカギを握る。

野原 美咲《のばら みさき》/ 満の伯母 


十五歳。聖宝德学園大学付属中学三年バラ組。

十五年前に亡くなった『花畑 満』《はなばたけ みちる》の叔母の前世を持つ。

その時の記憶を持ったまま生まれてきた。

『満』《みちる》同様日本人離れした顔立ちの超美人。積極的な性格。

赤いバラの花の女神 マリア


とにかく美しいものが大好きな女神。

導光の元を訪れ、ある国にいる『浄魂鳥』を日本に連れて来てほしいと依頼する。

すべての出来事はこの依頼から始まった。

その『浄魂鳥』の想いを果たすことができれば、自分が見護っていたある人も

幸せになれるのだと導光に訴える。

白いバラの花の男神 ローマ


『赤いバラの花の女神 マリア』の許婚《いいなづけ》。

いつも『マリア』に振り回されている『マリア』一筋の男神。

ある事情で結婚を先延ばしにされてしまう。

天の神から頼まれ、導光の家に届け物をする。

それは『浄魂鳥』と深い関わりのあるものなのだが。。。

ファンレター

ファンレターを受付ない設定になっています。

小説情報

神様からの贈り物  花鳥の巻 その一

瑞浹 明《ずいしょう めい》  color-harmony_3

執筆状況
連載中
エピソード
18話
種類
一般小説
ジャンル
ファンタジー
タグ
神様, 不思議, 転生, 前世, ハッピーエンド, 異世界, 切ない , 長編, 友情, スピリチュアル
総文字数
14,346文字
公開日
2021年10月22日 22:45
最終更新日
2022年06月26日 11:00
ファンレター数
-