俺と少女と龍告寺

作者 juny-1975

[ファンタジー]

3

103

0件のファンレター

無から有に世界が変換されて百三十億年。
はじめはほんの小さな揺らぎであった。その細波にも拠らない小さな揺らぎは徐々に大きなエネルギーとなり、いくつもの揺らぎを生み出した。
やがて地球がつくられ、そこに住む生き物たちは命をつなぐために他の生き物を殺し食い、自らの養分としてきた。
食われたものは命を絶たれ、その魂は憎しみの澱となり堆積していった。その淀みが飽和状態に達した時、恐怖の災厄が人類に降り注ぎだす。
基本的に毎日投稿していきます。よろしければお付き合いください。

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

俺と少女と龍告寺

juny-1975

執筆状況
連載中
エピソード
14話
種類
一般小説
ジャンル
ファンタジー
タグ
女戦士, アクション, 寺社仏閣, 青春, 高校生, オカルト, 少しグロ, 部活, 文化部, 日常
総文字数
19,159文字
公開日
2020年02月12日 23:38
最終更新日
2020年02月23日 19:00
ファンレター数
0