一般小説作品詳細

翡翠の宮殿

328|ファンタジー|完結|301話|1,093,448文字

異世界, ハイファンタジー, シリアス, リデビュー小説賞, 少年主人公, 騎士, 王女, 王子

41,508 views

下町で仕事を探しながら日々走り回っていた少年エイルは、ある日突然、王城に上がることとなる。
思いがけぬ仕事に手を焼きながら新しい生活を楽しんでいた彼だが、次第に不思議な感覚を覚えはじめた。
彼に課された一年の使命。
出会うはずもなかった人々。
六十年に一度の〈変異〉の年、少年の運命が回り出す。

登場人物イラスト:桐島和人

(全7話(各話4章~6章構成)で完結)

もくじ

登場人物紹介

エイル

下町で生まれ育った少年。ふとしたことからアーレイドの王城に上がることとなり、王女シュアラの「話し相手」をすることになる。

(イラスト:桐島和人)

ファドック・ソレス
王女シュアラの護衛騎士。王女はもとより、城の人々からの信頼も篤い。身分は平民で、決して出過ぎないことを心がけている。

シュアラ・アーレイド
アーレイドの第一王女。王位継承権を持つが、女王ではなく王妃となる教育を受けている。父王が甘やかしており、わがままなところも。

レイジュ・フューリエル
シュアラの気に入りの侍女。王女に忠誠心があると言うより、ファドックの近くにいられるという理由で、侍女業に精を出している。

クラーナ
アーレイドを訪れた吟遊詩人。神秘的な歌を得意とすると言う。エイルに思わせぶりな言葉を残した。

リャカラーダ・コム・シャムレイ
東国にある街シャムレイの第三王子。義務を嫌い、かつて与えられた予言の娘を探して故郷を離れ、砂漠の民たちと旅をしている。

シーヴ
リャカラーダの幼名。王子として対応する必要がなければ、こちらを名乗る。

エイラ
六十年に一度ある〈変異〉の年に、特殊な翡翠と関わることを定められた存在。魔術師のような力を持つが、厳密には魔術師ではない。

ゼレット・カーディル
ウェレス王に仕える伯爵。威張ったところがなく、平民たちとの距離も近いカーディル領主。その好みは幅広い。

小説情報

翡翠の宮殿

一枝 唯  y_ichieda

執筆状況
完結
エピソード
301話
種類
一般小説
ジャンル
ファンタジー
タグ
異世界, ハイファンタジー, シリアス, リデビュー小説賞, 少年主人公, 騎士, 王女, 王子
総文字数
1,093,448文字
公開日
2018年11月15日 16:49
最終更新日
2019年01月29日 22:00
応援コメント数
0

応援コメント一覧

応援コメントはありません

作者プロフ

一枝 唯  y_ichieda

webの片隅でオリジナルファンタジー小説を書いています。
yuen:
http://uni.mimoza.jp/story/
twitter:
https://twitter.com/y_ichieda

★商業出版時のペンネーム:一枝唯
★過去の出版物と出版社名(1作品以上):
「アーレイド物語・失せ物探しの鏡」リーフ出版ジグザグノベルズ
「クレイフィザ・スタイル」電子書店パピレス(掲載中)

この作者の他の作品

小説

2|ファンタジー|完結|44話|156,454文字

2019年05月02日 22:00 更新

ハイファンタジー, 少年主人公, 書籍化作品, 巻き込まれ型

荒くれ者にこき使われていた少年クレスは、その連中が捕縛されたことをきっかけに真っ当な暮らしを手に入れた。だが、その平穏はいつまでも続くものではなかった。...

小説

328|ファンタジー|完結|301話|1,093,448文字

2019年01月29日 22:00 更新

異世界, ハイファンタジー, シリアス, リデビュー小説賞, 少年主人公, 騎士, 王女, 王子

下町で仕事を探しながら日々走り回っていた少年エイルは、ある日突然、王城に上がることとなる。 思いがけぬ仕事に手を焼きながら新しい生活を楽しんでいた彼だが、次第に不思議な感覚を覚えはじめた。 彼に課された一年の使命。...

小説

10|ファンタジー|完結|38話|136,780文字

2019年01月12日 19:00 更新

異世界, ハイファンタジー, シリアス, 戦士, 魔術師, 学者, リデビュー小説賞

「伝説の魔術王を復活させようと目論む者が、英雄の子孫を狙っている」。そんな寝物語の続きみたいな話を聞かされたところで、「それは大変だ」と協力する気にはなかなかなれないものだ。戦士シュナードは、その子孫とやらに剣を教えてほしい...

小説

2|ファンタジー|完結|4話|11,133文字

2018年12月24日 00:11 更新

ハイファンタジー, 少年, 船, 海, 海賊, リデビュー小説賞

初めて訪れた港町で、彼は儚げな少年を見かけ、何だか心配になって声をかけた。 それはある意味、彼の、運の尽きだったのかもしれない。

TOP