その手を引くのは

作者 北織 翼

[歴史]

7

2,234

0件のファンレター

時は江戸時代、関東の小藩・峰澤藩の領内で織りなされる男女の物語。
料理屋や蕎麦屋で下働きをしながら長屋で子供たちに学問を教えている町娘・紘子は、蕎麦屋の常連・清瀬重之介と知り合う。封建的で閉鎖的な世にありながら、重之介の前衛的で開放的な思想や言動に興味を持ち始めた矢先、紘子は料理屋で藩主の弟・清平従重と出会う。
傍若無人な振る舞いの陰に憂いと優しさを覗かせる従重、器用に距離を詰め紘子の心に踏み込んでくる重之介……彼らが関わり始めた事で、紘子の「過去」も動き出す――
※この物語の中には、精神的または肉体的
に苦痛を与えるといった暴力的表現や残酷な描写、または身体的接触を伴う性的描写が入るエピソードもたまにございます。目安としてはR15指定程度を想定しています。閲覧される方は何とぞご承知おき下さい。

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

その手を引くのは

北織 翼  tsubasakitaori

執筆状況
連載中
エピソード
28話
種類
一般小説
ジャンル
歴史
タグ
恋愛, 三角関係, 歴史フィクション, 過去・秘密, 女主人公, たまに残酷描写あり, たまに暴力描写あり, たまに性的描写あり
総文字数
76,415文字
公開日
2020年04月13日 15:21
最終更新日
2020年07月10日 17:00
ファンレター数
0