ルワンダ-赦しの丘

作者 岡田 研

[現代アクション]

218

25,784

3件のファンレター

 1994年4月6日夜、ルワンダ。大統領機撃墜直後に始まった武力衝突は集団虐殺、ジュノサイドへと一気にエスカレートする。それから逃れるように、200万人以上の大量のルワンダ難民が周辺各国へ巨大な波のように次々と押し寄せた。

 各地に出現した巨大な難民キャンプで国連やNGOの支援団体のスタッフは難民の生命を救うために日夜奔走する。
 だが、その実態は虐殺を逃れ、命からがら国境を超えた難民が暮らすキャンプではなく、虐殺を行った強硬派が暴力と恐怖により、同じルワンダ人難民を支配する「死のキャンプ」だった。

 多くの難民が強硬派により殺され、援助関係者も犠牲になる恐怖にさらされながらも、その悪魔と手を組まなければ、大都市のような50万人の巨大難民キャンプを維持できない絶望的な矛盾した状況に援助関係者はもがき苦しむ。

 インターン時代の事故を十字架として背負い、難民の女の子を救えなかったことで医師のキャリアを捨てる決意をしてアフリカをさすらう日本人青年、岡田研もその一人であった。
 偶然出会ったケニア人医師ベンに導かれるように難民援助に関わる。その背景に驚くような、国を越え、時間を超えて織りなされた先人たちの強い友情と絆があった。
 
 内戦下のルワンダ、混乱状態のザイールへの危険を冒しての潜行。各地で広がっていたのは言語に絶する虐殺の痕跡と難民の状態だった。
 そして、キガリで出会った地獄の3か月の虐殺を生き延びたタンザニア外交官ポールの虐殺犯への激しい怒りと憎悪に戦き、援助団体のルワンダ難民支援への批判に狼狽する。

 救っている難民によって自らの存在が肯定され、難民キャンプに安住の地を見つけたかと思う不条理さに戸惑いながらも、ベンらアフリカ人スタッフとの友情を深める。そして、アメリカ人女性スタッフ、ステイシーとの出会いにより何かが動き出す。
 しかし、それもつかの間、血に飢えた憎悪と苦痛に満ちた難民キャンプでの悲劇は繰り返される。

 作者の実体験に基づくアフリカ大陸を舞台にした日本人男性の青春を描いた現代冒険フィクション、長編第一作。

*注意* 残酷・暴力描写有り

目次

完結 全103話

2023年06月18日 00:31 更新

  1. 関係地図と略語一覧

  2. アフリカ南部と大湖地域地図 公開日: 2023/05/01
  3. ンガラ周辺と難民キャンプ群地図 公開日: 2023/05/01
  4. 略語一覧 公開日: 2023/05/01
  5. プロローグ:難民の丘

  6. 1. 急降下 公開日: 2023/04/14
  7. 2.東京北部空襲 公開日: 2023/04/14
  8. 3.難民キャンプの町 公開日: 2023/04/14
  9. 4. ルワンダ新政権 公開日: 2023/04/14
  10. 5. 増える虐殺犠牲者と予期せぬ再会 公開日: 2023/04/14
  11. 第1部 国境を越えて―ザンビア、タンザニア、ケニア

  12. 1. 深夜の訪問者 公開日: 2023/04/15
  13. 2.失われた二つの命 公開日: 2023/04/15
  14. 3.難民キャンプを後に 公開日: 2023/04/15
  15. 4.インド洋の港町 公開日: 2023/04/15
  16. 5.ダルエス・サラームの夕焼け 公開日: 2023/04/15
  17. 6. 東京下町 公開日: 2023/04/16
  18. 7. 再びアフリカへ 公開日: 2023/04/16
  19. 8. ケニア人外科医、ベンとの出会い 公開日: 2023/04/16
  20. 9. ACESナイロビ本部事務所 公開日: 2023/04/16
  21. 10. タンザニアのブルンディ難民 公開日: 2023/04/16
  22. 11. 早朝の強盗 公開日: 2023/04/16
  23. 12. ダルエス・サラーム再び 公開日: 2023/04/16
  24. 13.ナイロビからの電話 公開日: 2023/04/17
  25. 14.深夜の告白I-エチオピアの飢餓 公開日: 2023/04/17
  26. 15.深夜の告白II -ゲリラNGO 公開日: 2023/04/17
  27. 16.ビルマでの戦い 公開日: 2023/04/17
  28. 17.キリマンジャロの雪 公開日: 2023/04/17
  29. 18.ルワンダ大統領機撃墜事件 公開日: 2023/04/17
  30. 19.ルコレ・キャンプ 公開日: 2023/04/17
  31. 20.難民キャンプのクリニック初日 公開日: 2023/04/17
  32. 21.難民の暮らし 公開日: 2023/04/17
  33. 22.国境を流れる死体 公開日: 2023/04/17
  34. 23.ルワンダ国境での不気味な動き 公開日: 2023/04/18
  35. 24.難民の奔流 公開日: 2023/04/18
  36. 25.不眠不休の難民支援 公開日: 2023/04/18
  37. 26.難民キャンプ新プロジェクト 公開日: 2023/04/18
  38. 27. ジュノサイド疑惑 公開日: 2023/04/18
  39. 28.消えるジャングルと難民組織の成立 公開日: 2023/04/18
  40. 29.栄養不良の子ども 公開日: 2023/04/18
  41. 30.余ったワクチンのなぞ 公開日: 2023/04/19
  42. 31. 「ガテテ」、ムランビの屠殺人 公開日: 2023/04/19
  43. 32.人質事件 公開日: 2023/04/19
  44. 33.われわれが作り出したフランケンシュタイン 公開日: 2023/04/19
  45. 34. 人道ストライキ 公開日: 2023/04/19
  46. 35.ナイロビ・ホテル爆破事件 公開日: 2023/04/19
  47. 36. 人道支援現場での日常 公開日: 2023/04/19
  48. 37.RPF新政府樹立とジェノサイド 公開日: 2023/04/20
  49. 38.小さな巨人-マダム・オガタ 公開日: 2023/04/20
  50. 第2部 ゴースト・カントリー:人が消えた国

  51. 1.ルワンダ国内視察準備 公開日: 2023/04/20
  52. 2.ベンの盟友、小児科医チャールズの不満 公開日: 2023/04/20
  53. 3.ルワンダへの同行者 公開日: 2023/04/20
  54. 4.ルスモ国境I 公開日: 2023/04/20
  55. 5. ルスモ国境II 公開日: 2023/04/20
  56. 6.アフリカ・エイズ街道 公開日: 2023/04/20
  57. 7.Enjoy Your Stay!-ルワンダ入国 公開日: 2023/04/21
  58. 8.無人の街道 公開日: 2023/04/21
  59. 9.ゴースト・カントリー 公開日: 2023/04/21
  60. 10.キガリ 公開日: 2023/04/21
  61. 11.メージャー・ローズ 公開日: 2023/04/21
  62. 12.クリスティーンを探して 公開日: 2023/04/21
  63. 13. キガリ、三日目 公開日: 2023/04/21
  64. 14. 虐殺の傷跡 公開日: 2023/04/21
  65. 15. ギセニ、無人の国境町 公開日: 2023/04/22
  66. 16.ゴマ、難民に埋め尽くされた町 公開日: 2023/04/22
  67. 17.ルワンダ難民経済圏 公開日: 2023/04/22
  68. 18.キガリへの帰路 公開日: 2023/04/22
  69. 第3部 大きなアボカドの木の下で

  70. 1.ルワンダ復興社会再統合省にて 公開日: 2023/04/22
  71. 2.国連の限界 公開日: 2023/04/22
  72. 3.「人道か、正義か」― 突き付けられた疑念 公開日: 2023/04/23
  73. 4.「罪と罰」-深夜の激論 公開日: 2023/04/23
  74. 5.虐殺を生き延びた子犬たち 公開日: 2023/04/23
  75. 6.フランス軍トルコ石作戦「保護地域」 公開日: 2023/04/23
  76. 7.人道支援は免罪符なのか 公開日: 2023/04/24
  77. 8.ンガラへの帰路-ルワンダ東部の無人地帯 公開日: 2023/04/24
  78. 9.ルワンダ視察の影響 公開日: 2023/04/24
  79. 10.カンボディア内戦との不気味な一致 公開日: 2023/04/24
  80. 11.急激に悪化するキャンプの治安 公開日: 2023/04/25
  81. 12.膨張を続ける難民キャンプ 公開日: 2023/04/25
  82. 13.ザンビア人産婦人科医、ドクター・ダニエル 公開日: 2023/04/25
  83. 14.開校式、爆破未遂事件 公開日: 2023/04/25
  84. 15.イギリス軍からの銃 公開日: 2023/04/25
  85. 第4部 ステイシー

  86. 1.ステイシーの過去 公開日: 2023/04/26
  87. 2. 1987年ブルンディ、ブジュンブラ 公開日: 2023/04/26
  88. 3.「アンジェ」-私の天使 公開日: 2023/04/26
  89. 4.RPFによるフツ人虐殺疑惑 公開日: 2023/04/26
  90. 5.ンガラの丘の上 公開日: 2023/04/27
  91. 6.難民キャンプ、恐怖の日々 公開日: 2023/04/27
  92. 7.ルワンダ国際戦犯法廷の設置 公開日: 2023/04/27
  93. 8.ザンジバル島での束の間の休息 公開日: 2023/04/27
  94. 9.ポールの分析 内戦の黒幕 I- ウガンダ 公開日: 2023/04/28
  95. 10.ポールの分析 内戦の黒幕II – フランス 公開日: 2023/04/28
  96. 11.難民キャンプからの武力侵攻 公開日: 2023/04/28
  97. 12.突然のキャンプからの撤退 公開日: 2023/04/28
  98. 13.ベナコ・キャンプでの暴動 公開日: 2023/04/28
  99. 第5部 ルワンダ-赦しの丘

  100. 1.ステイシーの死 公開日: 2023/04/29
  101. 2.銃撃事件、その後 公開日: 2023/04/29
  102. 3. ルワンダ-赦しの丘 公開日: 2023/04/29
  103. 4.難民キャンプでの年越し 公開日: 2023/04/29
  104. 5.阪神・淡路大震災 公開日: 2023/04/29
  105. エピローグ

  106. エマニュエル 公開日: 2023/04/29
  107. 作者より

  108. あとがき1 ルワンダ難民のその後 公開日: 2023/04/29
  109. あとがき2 年月を経て明らかになっていった事実 公開日: 2023/05/22
  110. あとがき3 マダム・オガタ、ジュノサイドの傷跡、その後のルワンダ 公開日: 2023/05/22
  111. あとがき4 本書を執筆するにあたって 公開日: 2023/05/22
  112. 本作品についてのお断り 公開日: 2023/04/29

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

村山様、コメントありがとうございます。

お読みいただきありがとうございました。当時、見聞したことを少しでも生かしたかったのと、アフリカに興味を持ってもらいたいと思って書いているうちに長くなってしまいました。すみません。 ルワンダのジュノサイドの問題を別の視点で取り上げましたが、この問題がアフリカで今にも続く大きな爪痕を残したことへの少しでも理解が深まれば望外の喜びです。

返信(0)

勉強になりました。

岡田さん、時間がかかりましたが「ルワンダ―赦しの丘」を最後まで拝読いたしました。 やはり実際に現場におられた方の文章は迫力があります。 分からないことを探って考察するという部分も含め、大変勉強になりました。 旧ザイールのことにも触れられていて、視点が多方向なのも感心しました。 数年前に現地を僕も経験したのですが、敢えてこの当時のことに触れない空気(もちろんこちらからも振れない)、 しかし隣人が被害者だったり加害者だったりという混沌、そのなかで「ガチャチャ」がリアルに行われている日常 ... 続きを見る

返信(0)

しっかり読ませていただこうと思います。

ファンレターを失礼いたします。 「作者の実体験に基づく歴史ノンフィクション」なのですね。 ルワンダには関心があり、実際に訪問したことがあります。 平和に見える光景のすぐうしろにこの歴史がある。赦すとはどういうことか、僕も考えました。 そこから、自分たち日本人も自国の歴史を忘れている、忘れようとしているなあ、と自覚するに至りました。 おそらく辛い場面もでてくるかと思いますが、しっかり読み続けたいと思います。 よろしくお願いいたします。

返信(1)

小説情報

ルワンダ-赦しの丘

岡田 研  Novelista

執筆状況
完結
エピソード
103話
種類
一般小説
ジャンル
現代アクション
タグ
虐殺, ジュノサイド, 難民キャンプ, ルワンダ, 青春, NGO, アフリカ, 友情, 緊急援助, 国連
総文字数
204,084文字
公開日
2023年04月14日 23:00
最終更新日
2023年06月18日 00:31
ファンレター数
3