第72話 村の外れにて

文字数 5,456文字

 クライヴは魔女の村を走り続けていた。
 ただただ人気のない場所へ。メルリアから離れることだけ考えて、どこへ続くか分からない道を行く。土の道をただひたすらに。
 森の鳥が枝に飛び移り、音もなく雑草をかき分けた動物が、森の奥から彼を見る。彼も動物の気配は感じていたが、それに構う余裕はない。もっとも、向こうの方も彼を襲う理由はなかった。
 喉の渇きは収まる気配がない。渇きは悪化し、喉の奥が痛むような不快感に襲われ続けていた。走り続けている今ですら、時折呼吸の方法を忘れそうになるほど。
 ――けれど、そんなことより。先ほど脳裏に浮かんだ映像を否定するように頭を振った。欲しいものを、と口にする時、メルリアの肌を鋭利な物で傷つけるような空想をしてしまった。自分が掴んでいた腕の部分を。想像してはいけないことだ。心にもないはずだった。それなのに。
「何が欲しいって言うんだ……!」
 痛む喉を押さえ、無理矢理出した問いを答える者はいない。何も分からない。誰も知らない。ただ、一つ分かるのは、あのままでは、取り返しのつかないことが起きるかもしれなかった。だから走った。とにかくメルリアから離れて、一人で渇きが落ち着くまで待つほかない。これまで通りなら、朝になれば治まるだろうから。

 やがて、土地を区切るような木製の柵の前にたどり着く。五メートルほどのそれは、蛇が這うような不思議な形をしている。魔女の村を覆う柵だ。これは村と外を覆う仕切りでもあり、結界でもある。
 クライヴはその傍でくずおれる。柵に背中を預けると、わずかに軋みながらもその重みを静かに受け止めた。
 喉が渇く。治まらない。飢えていると体が訴えてくる。とにかく欲しい、欲しい――答えのない体の訴えを、嫌というほど体で感じていた。汗を吸い尽くした衣類が肌にまとわりつく。自身の汗で服に大きな染みを作った。森を抜ける冷たい風が、体温を静かに奪っていく。それでも汗が引くには足りない。治まらない。呼吸も、喉の痛みも渇きも。なにも。
 クライヴは頭を柵に預けた。自然と視線が上へ向き、見るつもりもなかった夜空を見上げる。広場とは異なり、このあたりは空を遮る木々が少ない。ここからは、夜空を照らす楕円の月も、その周りに耿耿と輝く星々も、はっきりと確認できる。魔女の村は暗く、街の中では肉眼で見ることが難しい弱い星の光もしっかりと捉えることができた。普段通りの体調だったのなら、これほど息をのむ美しい景色はないだろうと感動しただろう。しかし、今の彼は何の感情も抱かなかった。そのまま俯くと、背を丸める。じくじくと痛む喉の脇に手を当て、ひたすら症状が落ち着くのを待ち続けた。
 ……また謝らないといけない。言いたいことも言えなかった。けど、言わなかった方が正解だったのかもしれない。言うべきではなかったのかもしれない……。
 クライヴは痛みに耐えるように瞼を固く閉ざす。額からにじんだ汗が、鼻筋の脇を通って流れ落ちた。今日の発作はすぐには落ち着かないだろう。
 先の二回の発作はベッドに横になることでやり過ごした。やがて自然と眠気が訪れて、翌朝には症状が治まった。しかし今は外であるし、眠れる気配はない。頭ははっきりとしているし、痛みや渇きもくっきりと感じ取れた。喉が、その奥が、燃えるように熱い。それはやがて渇きを伴った痛みへと変化する。かと思えば痛みが引き熱を持ち、そして痛み出す――その繰り返しだった。今日は長くなりそうだと、諦めに似たため息を肺から吐き出した。
 その音が消えた頃、静かな森の中に草土を踏みしめる足音が響いた。それは躊躇いがちに一度止まるが、やがて明確な意志を持ったものに変わり、クライヴのすぐ近くで消えた。続けて、窺うように静かな足音がもう一つ。
「なぜここに人間が? いや……」
「クライヴ?」
 クライヴは傍で聞こえる人の話し声を、どこか遠くの世界の出来事だと錯覚していた。わざわざこんな場所に人が来るはずはないと思っていたし、それに構うだけの余裕もなかったからだ。だから知らない男の声には反応しなかったし、自分を呼ぶ聞いたことのある男の声にも反応できなかった。
 二人は何やら深刻な声で話を続けているが、その言葉のどれも頭に入ってこない。普通であれば聞こえていたはずの距離であったし、子供でも理解できる内容であったにも拘わらず。
「レニー、コップ一杯分の飲み水を用意できるか?」
「すぐにできる」
 男の傍らで立つレニーは、その問いにうなずいた。素早く詠唱し、コップを右手に、水の入ったガラスのジャグを左手にと物質を転移させた。コップに水を適量注ぐと、黙って男に差し出した。
 男は懐から小袋を取り出すと、その封を切って水の中に注ぎ入れる。何で混ぜなくても、あっという間に水となじんでいく。透明だった水は赤色と混ざり合い、コップの向こうに透けた指が見えないほどに濃く深く濁っていく。深紅の色だった。
 男は頃合いを見計らうと、クライヴの傍で膝を折る。
「これが欲しいか?」
 クライヴの耳にはその言葉がはっきりと届いた。先ほどまではどこか遠い世界の話だと感じていたというのに。ゆっくりと顔を上げると、そこには彼の知らない男がいた。男はこちらの様子を窺っているが、暗い服は夜の闇に溶け、月明かりを背にしていて判別できなかった。
 しかし、今の彼にとってはそのどれもどうでもいいことだった。男のコップに揺れるもの以外は。視界に入った赤色を識別した途端、本能的に理解した。体が欲しいと訴えている物の正体はこれだと。その色に目を奪われ、無意識に喉を鳴らす。
「欲しい……」
 たった一言、その問いにうなずいて答えた。普段からは想像もできないほど、遙かに低い声だった。
 痛みや不快ではなく、期待で動悸が乱れていく。腕が勝手にそれへ伸びた。男からコップを奪い取るように手にしたが、男は表情一つ変えなかった。
 クライヴはその赤を見つめる。水面に映る自分の顔はどこかぼうっとしていた。赤い水からは匂いないが、クライヴにとっては違う。そこには確かに甘い匂いがあった。それは酷く魅惑的な香りで、一瞬で虜になってしまうほどの。そのまま、そのコップを強く握りしめた。喉の熱はこれを飲めば消える、これが欲しい――体の衝動に突き動かされ、躊躇いなくグラスに口をつけた。渇きを満たすようにと勢いよく胃の底へ流し込む。味は薄いが、甘みと、舌に残る苦みのようなものがあった。嫌いな味ではない。たまに口にするアルコールの苦みによく似ている。
 コップの水はみるみるうちに減っていき、あっという間に全てを飲み下す。コップを握りしめたまま、右手を地面に投げ出し、唇に残った水を舐めた。口の中に再び甘い味が広がる。悪くない、と思った。口の中に残った液体を唾液ごと飲み込む。もう一度喉仏が上下すると、喉の渇きがすっと消えていった。それは、今まで何を飲んでも満たされなかったものだ。
「……そういうことか」
 男はクライヴの瞳と、水を飲み干す様を熟視し、淡々とつぶやいた。
「あ……、れ?」
 何度か荒い呼吸を繰り返すと、乱れていた呼吸が平常へと戻っていく。頭の靄がすっかりと消え、二、三度まばたきをした。そうしてから喉に手を当てると、あの異常な渇きが治まっていることに気づく。喉を何か液体が通ったような感覚が残っている。口の中に残る苦みは強く、お世辞にも旨いとは言えない。いつの間にか手にしているグラスからは、毒々しいほど赤い色の水がこびりついている。
 何を飲んでも満たされなかったというのに……それに、これは? クライヴは眉をひそめた。と、同時に、彼の外見にも現れていた異常が治まっていく。
 ざわざわと木々が揺れ、森にも静かな風が吹いた。それによって、大量にかいた汗が体の熱を奪っていく。今度こそ汗を引くに足る心地よさだった。
「落ち着いたようだな」
 正面から声が聞こえ、顔を上げる。そこには知らない男がいた。
 逆光で表情はよく分からないが、月明かりに烟る髪は明るい色をしている。対して、衣服は暗い色だ。耳にエルフ特有の形がないから、この人物はエルフではないのだろう。
 クライヴは周囲の様子を見回した。ここに来た理由は覚えている。走り続けていたらここにたどり着いたことも、この柵に背中を預けたことも、夜空を仰いだことも。けれど目の前にいる男に覚えはないし、手に持ったコップの事も記憶にない。落ち着かないように視線を動かしていると、男は続けた。
「念のため聞いておくが……。随分前から、なにをしても満たされない喉の渇きを感じていたのではないか?」
 クライヴはその言葉に目を見開く。一拍置いてから、男に疑わしげな視線を送った。
 しかし、男はその様子にも表情一つ変えない。男はクライヴの反応を同意と捉え、続ける。
「自分が何者か、理解しているか?」
「な――」
 クライヴは何か否定の言葉を吐き出そうとして、やめた。頭の中に真っ先に浮かんだのは怒りの感情に近い。どうして周りはそんなことばかり言うのか。あの医者然り、魔術士然り。冷たい風がクライヴの体温を更に奪い、瞬発的に浮かんだ攻撃的な感情をも冷ましていく。認めるわけではない。認めたくはないが、あの発作の直後では――自分の悩みを瞬時に言い当てた人物の前では、否定する気になれなかった。
「俺は……、人間じゃないのか?」
 クライヴは再び背後の柵に背中を預けた。体から力が抜け、持っていたコップが鈍い音を立てて転がっていく。口をついて出てしまったそれは信じたくはないものであったし、そうであってほしくはないと思う。今まで信じてきた物が、見てきた物が、全て嘘になってしまう。目に見えている森の青さや夜空の色、月の色ですら白と黒に塗りつぶされるような、そんな感覚を抱いてしまいそうになる。だから考えてこなかった。考えようとすらしなかった。
 男は静かに首を横に振った。
「いいや、お前は人間だ」
 強い口調で言い切ると、男は地面からコップを拾い上げ、立ち上がった。
 クライヴは釈然としないまま、地面から青々とまっすぐ生える草の動きをぼうっと見つめる。細く長く伸びる道草が、風を受けてそよいでいる。
「お前に話しておかねばならぬ事が山ほどあるが……。ここはその場ではないな」
 男は森の闇や木々の枝を見つめた。森を抜ける風は増し、嵐のような音を立てて枝枝や葉がこすれて反響する。雲一つない夜空に似つかわしくない騒がしさだ。木々のわずかな隙間から差し込む月光を受け、四足歩行の動物の目がギラリとこちらを捉える。二匹のコウモリが彼らの周囲を飛び、闇の奥へ消えていく。
 森の声や様子に詳しくないクライヴですら、その異なる違和感に気づいていた。どこか騒がしいと。息を吐いて、ゆっくり立ち上がる。いささか体は重いが、広場に戻る程度には体力が残っている。黒衣の男をうかがい見た途端、思わず妙な声が出そうになった。慌てて喉の奥で相殺する。随分と細身であるから気がつかなかったが、男はこのあたりではまず見ない高身長だった。こちらとの身長差は三十センチ程度。動揺を隠すように、もう一度咳払いをこぼした。高い背中に慎重に問いかける。
「お前、エルフじゃないよな。どうしてここに?」
 その問いに、男はゆっくり振り返った。
「ミスルトーの村長アラキナ・ダンズより、数日前手紙を受けてここに来た」
 その言葉にクライヴは思い当たる節がある。数日前――リタから風邪薬を受け取った時のことだ。アラキナはここ最近慌ただしくしているという話を聞いた。なんでも、来月ルーフスの学生がこの村に研修に来るという。準備の一環として、外部から専門家を呼んだ。おそらく二人と入れ替わりで来るだろうと笑っていた。その専門家というのはこの男のことだろう。
「……まだ名乗っていなかったな。俺はシャムロック。お前は?」
 男はクライヴに手を差し出した。
 だが、クライヴはすぐには動かない。その手と男の顔を交互に見つめる。手には白い手袋をはめている。暗がりでなんとか判別できる程度だが、表情から感情は読み取れない。分かりやすい悪人面ではなかったし、不自然に親切というわけでもない。その手を凝視したまま、動けなくなる。フルネームを口にしない人間は信用ならない――幼少期の頃から、母親が何度も口にしていた言葉が脳裏を過ったからだ。その点から言うと怪しいが、どちらと判断するにも決定打に欠ける。
 クライヴの表情が徐々にこわばっていく。そのまま男の手を凝視していると、男は静かに目を伏せた。躊躇いがちに視線を泳がせると、再びこちらの表情を窺った。
「きちんと名乗らないのは失礼だったな、すまない。ファミリーネームはスレイターという」
 このあたりの名前の響きだった。
 心を見透かされたようなその言葉に思わず目を見張った。しかし男は変わらず表情を変えない。辛うじて言葉と感情が均しいのだろうと言うことくらいは読み取れたが。
「あ、いや……」
 クライヴは頭を掻き、取り敢えず返事のような声を漏らす。全く反応をしないというのはいたたまれなかったからだ。口の中にたまった唾液を一気に飲み込むと、好意的な表情を作ってみせる。目はあまり笑っていなかった。
「俺はクライヴ・ローウェル。よろしく」
 恐る恐る男に手を伸ばし、短く握手を交わす。
 手袋越しに感じた男の体温は、クライヴが思っていたそれよりも随分と冷たかった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

◆登場人物一覧

┗並びは初登場順です。

┗こちらのアイコンは公式素材のみを使用しています。

メルリア・ベル


17歳。

お人好し。困っている人は放っておけない。

祖母との叶わなかった約束を果たすため、ヴィリディアンを旅することになる。

フィリス・コールズ


16歳。

曖昧な事が嫌いで無駄を嫌う。
シーバの街で、両親と共に「みさきの家」という飲食店を経営している。

クライヴ・ローウェル


22歳。

真面目。お人好しその2。

理由あって旅をしており、メルリアとよく会う。

ネフリティス


27歳(人間換算)

都市に工房を持つエルフの錬金術師。

多少ずぼらでサバサバしている。

イリス・ゾラ


21歳。

隣国ルーフスの魔術師。闇属性。

曲がったことが嫌い。

リタ・ランズ


16歳(人間換算)

魔女の村ミスルトーで暮らしているエルフ。
アラキナのストッパー兼村一番のしっかり者。

ウェンディ・アスター


不明(20代後半くらいに見える)

街道の外れの屋敷で働くメイド。

屋敷の中で一番力が強い。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み