第20話 馬車に揺られるふたり1

文字数 2,709文字

 馬車の内装は古い作りだった。
 腰をかける部分の板は凹んでいるし、でこぼことした道を歩くとギィギィと不安な音を立てる。申し分程度に椅子に敷いてあるクッションからは、破れて綿がはみ出ていた。それに対して、馬車の車輪と荷台を覆う布は新しい。
 男曰く、ヴェルディグリで内部を修理しようとした矢先に、先日の魔獣の襲撃があったという。休憩していたところを襲われたため、客に被害はなく、馬や馬車自体も無事。男に魔力がないことも幸いし、本当に財布を盗まれただけで済んだのだ。悪運が強い奴めと女はケラケラと笑っていた。
 厚い雲が時折太陽を隠し、しかし強風のせいで日が差し、陰り、を何度も繰り返していた。
 カラカラと車輪が回り、男の指示に合わせて馬がのんびりと荷台を引く。風に乗って男の口笛が響いた。かなり不安定な音程のそれを、男は気分がいいといった風に笑顔で吹き続ける。うっとうしいのか心地いいのか、左側の馬がブルルと鳴きながらかぶりを振っていた。
 馬車の中では、メルリアとクライヴは向かい合って座っていた。前後の椅子には荷物が載せられていたため、それぞれ一人分程度のスペースしか空いていなかったせいだ。
 メルリアは外の景色を眺め、目を輝かせていた。馬車に乗ったのは人生でこれが初めてだ。まず、自分が歩かなくても勝手に動くということにも驚いたし、地面からやや高い位置にあるだけで、こんなに景色が違って見えるのかという感動もあった。馬車に吹き抜ける風が、普段と異なり新鮮に感じる。視界も土の薄茶色が占めるのではなく、街道の脇に生える草原や森の木々といった緑ばかりが目に入った。これで雲一つない青空だったらどれほど心地がよかっただろうか。遠くの雲を見つめ、メルリアは少しもったいないと感じていた。
 メルリアが窓の外から視線を逸らすと、こちらを伺っていたクライヴと目が合った。
「クライヴさんは、ヴェルディグリにご用事があるんですか?」
「あぁ、そっちの方の病院にも行っておこうと思って」
「病院?」
 メルリアが尋ねると、クライヴは窓の外に視線を向けた。
 沈黙の間も、カラカラと車輪が音を立てて回り、馬の蹄が軟らかい土の道を蹴る。その音だけが淡々と響いていた。
「えっと……、シーバの方は、どうでしたか?」
 メルリアはクライヴに静かに問いかける。控えめに、怖じ怖じと尋ねる様を見て、クライヴは苦笑した。
「ああ。結局、今回も駄目だったんだけどさ」
 シーバでの医師の言葉を思い出しながら、クライヴは暗い表情を浮かべた。突きつけられた言葉は数日前の事なのに、納得できない苦い感情がクライヴの胸の奥を満たした。
 彼のその言葉に、メルリアは目を丸くする。感情の降下とともに、メルリアはうつむいた。胸の奥底から湧き上がる痛みに呼応するように、肩がわずかに震え出した。
「あ、いや! 治らない病気とかじゃなくて……、そもそも病気かどうかすら分からないんだ、病名が出なくて! それを探してて……!」
 慌てて事情を説明するクライヴは、さながら責任から逃れようと必死に弁解を述べる様のようであった。
 メルリアはその言葉を聞いて、ようやく顔を上げる。彼女の両目は涙で潤んでいた。風が吹いただけでこぼれてしまいそうなほどに。
「ほ、本当に。本当だから」
 その表情を見て、罪悪感でたまらなくなったクライヴは、慌てた様子で念を押す。クライヴは目の前で誰かに泣かれるのは苦手だった。それも、自分のせいとあらば、罪悪感で押しつぶされる感覚になる。彼は生真面目だった。
 メルリアは涙で歪んだ視界をなんとかしようと、指で目を擦る。
「病気を治療できるお医者さんがいないのかなって、勝手に思っちゃって……ごめんなさい」
 じくりとした胸の痛みを感じながら、メルリアは力なく笑う。自分の想像していた状況とはかなり異なっていたようだ。安心したとは口が裂けても言えないが、自分の悪い想像通りでなくてよかったと思っていた。
 メルリアに身寄りはいない。祖母も、両親も。彼女は死そのものが怖いわけではないが、誰かが死んでしまう事に恐怖を感じていた。一見矛盾する話であるが、はっきりと違うものだと認識している。
「いや、ちゃんと説明しなくてごめん。思わせぶりな事ばかり言って」
 その言葉に、メルリアは黙って首を横に振る。声を出す元気はまだ出ていなかった。
 クライヴは少し逡巡した後、口を開く。
「症状……というか、病気だって言われてないから、異常って言う方がいいのかもしれないけど」
 クライヴは苦笑を浮かべ、己の悩む身体の異常について話し始めた。
 クライヴには、彼が七歳の頃から間間悩まされている心身の異常がある。何もない時に、過剰なほど喉が渇く、という異常だ。いくら水を飲んでもその渇きが治まることはない。逆に、飲めば飲むほど渇きは悪化する。液体を飲み込みたいという衝動は理解できるが、どうすれば正しいのか、何を飲めば解決するのか、クライヴには判らなかった。渇くと感じた時の衝動、苦しさ、治まるまでの時間が、その異常を感じてから十四年間経った今、初期と比べて確実に悪化している。
 日常生活に支障を来すようになった今、家族に相談の上、ヴィリディアンの病院を転々とすることとなった。しかし、地元のグローカス含め、ベラミント、シーバ、エピナール――彼が立ち寄ったどの病院でも、医師は口を揃えて「異常はない」と言う。いくら問うてもその判断を覆さなかった。
 クライヴは事情をかいつまんで説明した後、視線を左下へと逸らす。
「……実は、シーバの時と、昨晩の件がそれだったんだ。そこまで時間は経ってないし、何かの異常くらいは見つかると思ったんだが」
 クライヴは目を閉じ、先ほど医師に聞かされたばかりの言葉を思い出す。喉は荒れていないし、炎症すら起こしていない――医師は淡々とそう言い放った。終いには、どうしてそのような状態になるのかむしろこちらが聞きたいくらいだと肩をすくめられてしまった。
 カラカラと馬車の車輪が回り続ける。行商の荷台とすれ違い、規則的な車輪の音に不規則な車輪の音が混じった。それらの音や風の音、馬の声や御者の鼻歌も、二人にはどこか遠い出来事のように感じていた。
「……私は、なんのお力にもなれませんけれど」
 メルリアは静かに言う。その声は、辛いというにも、恐れというにも、悲しいというにも、どれに当てはめても異なった。それら全てが混ざった重々しい声だ。
 メルリアは顔を上げると、クライヴの目を真っ直ぐ見据えた。
「きちんとした答えが見つかるよう、祈っています」
 その声に迷いはなく、心から出た素直な言葉だった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

◆登場人物一覧

┗並びは初登場順です。

┗こちらのアイコンは公式素材のみを使用しています。

メルリア・ベル


17歳。

お人好し。困っている人は放っておけない。

祖母との叶わなかった約束を果たすため、ヴィリディアンを旅することになる。

フィリス・コールズ


16歳。

曖昧な事が嫌いで無駄を嫌う。
シーバの街で、両親と共に「みさきの家」という飲食店を経営している。

クライヴ・ローウェル


22歳。

真面目。お人好しその2。

理由あって旅をしており、メルリアとよく会う。

ネフリティス


27歳(人間換算)

都市に工房を持つエルフの錬金術師。

多少ずぼらでサバサバしている。

イリス・ゾラ


21歳。

隣国ルーフスの魔術師。闇属性。

曲がったことが嫌い。

リタ・ランズ


16歳(人間換算)

魔女の村ミスルトーで暮らしているエルフ。
アラキナのストッパー兼村一番のしっかり者。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み