第60話 クライヴとハル2

文字数 4,946文字

 クライヴはハルに半ば強引に連行され、村はずれの川の麓にいた。
「……ここなら大丈夫ですね」
 ハルは周囲を注意深く見回した後、深いため息をついた。その音は川の流れに乗って消えていく。
 人の足音に敏感に反応し、辺りで休んでいた野生のシカが軽やかに森の奥へと逃げていく。ちょうど川から顔を出している岩場にいた小鳥も同様に飛び立った。鳥は傍らの小枝に止まると、侵入者を伺うように二人の様子を監視する。
 クライヴは川辺の景色にはっと息をのんだ。川の傍にしゃがむと、その様子をまじまじと観察する。川幅はあまり広くはないが、水深は大人の腰が浸かるほどであった。流れる水はとても清らかで、川の底に沈んでいる石や、そこに生えた深緑色の苔、川の流れに揺れる水草など、それらの色形がくっきりと見える。この川に生きる魚はさぞ心地がいいだろうな、とクライヴは思った。それと同時に、アユやヤマメが釣れるのならば、とても質のいい魚と出会えそうだとも。手を浸すことすら躊躇われるほど、この川は澄んでいた。
「森林アユ……だっけ。それって、この川で釣れるのか?」
「え? あぁ、まあ……。確か今がいい時期だったとか言ってたような」
 クライヴは不自然に揺れた水草の影に目をやった後、ゆったりと立ち上がる。周囲には森の緑が全面に広がり、耳を澄ませば遠くで小鳥の囀りが響く。湿った土の匂いは涼しさと夏の気配を感じさせた。傍らで流れる川の音のなんと心地のいいことか。ここで何も考えずに釣りができたら、それほど贅沢な時間はないだろう。クライヴは清らかな空気を肺いっぱいに吸い込んだ。
 その隣で、ハルはぺしゃりと気合いの入っていない力で手を叩いた。そうしてから、人差し指で彼の背中をつついた。力が弱すぎて気づかれない。もう一度、今度は爪を立てて。そうしてやっと、クライヴはハルに気がついた。名残惜しそうに川辺に視線を向けた後振り返ると、ハルは咳払いを一つした。
「そんなことよりローウェルさん、ここなら声を出しても大丈夫です、誰かに聞かれずにすみます。川で音がかき消されますから」
 そのためにわざわざここまで連れてきたのか、とクライヴは苦笑した。が、口には出さない。得策でないだろうと思ったからだ。あんなに熱中してリタのことを喋るハルだから、突然のアクシデントがあっては、先ほどの二の舞どころじゃすまなくなるだろう。それに、気配のない神出鬼没な老婆もいる。用心するに越したことはないだろう。
「それで、ぼくはどうしたらいいと思いますか?」
「どうしたら……か」
 クライヴは漠然とした質問に考え込んだ。リタを目にした時のハルの態度から察するに、簡単に片付く問題ではないだろう。
「そもそも、ハルってリタ以外と喋るのは平気なのか?」
 かなりのあがり症ではありそうだが、会話自体に問題があるとは思えなかった。
 クライヴが疑問を投げかけると、ハルは明るい表情を一変させ、うつむきがちにつぶやく。
「基本的に他人と喋りたいとは思いません。エルフでも、人間でも。今みたいに目的があれば別ですが」
 ハルが小石を川に向かって蹴り上げると、空に浮いた小石がまっすぐに川へ落ちた。軽快な音を立てて川底へ沈んでいく。鳥に狙われたと警戒した魚は水草を揺らしながら慌てて逃げていった。
「一人でいるのが好きなんです。誰かと何かをするのは嫌いですね。あ、リタさんなら話は別ですよ」
 食い気味に否定しつつも、ハルの表情は不機嫌そのものだった。
 クライヴは曖昧にうなずいてその言葉を受け止めながらも、なるほどと静かにうなずいた。「協力する仕事はやりたがらない」「常に一人でいる」「必要最低限の会話はする」と言っていたリタの言葉に説明がつく。ハルは自分に興味があること以外には全く興味がないのだろう。
「リタのことがなかったら、俺とも話したいとは思わないか?」
「そうですね。でも、今はリタさんのことがありますから、そうも言ってられませんけど!」
 悪びれずきっぱりと言い切った。その態度にクライヴは苦笑いして頬をかいた。良くも悪くも正直で裏表がないのだろうが、こうもはっきり否定されると少しばかり心が痛む。それに大分やりづらい。
 どうしたものかとクライヴは改めて相手の様子をうかがった。くすんだ深緑色の髪に幼い顔立ち。背も自分の肩に届かないほど低い。おどおどとした態度のせいで、余計小さくも見える。外見からは想像もできないが、ハルはかなり癖が強いのだろう。……しかし。
「今だって会話に問題ないんだし、リタ以外とも話そうと思えば話せるよな? 俺にだけじゃなくてもさ」
「まあ。……話したくはないですけど」
 ハルは縮こまると、ぽつりと返事をつぶやいた。
 クライヴはゆっくりと息を吐く。リタになると暴走しがち、それ以外の話題には消極的という面はあるが、彼はきちんと受け答えができる。会話という行為自体に対して、特に問題はないように思えた。
 しかし……。クライヴは眉間に人差し指を当てる。頭全体がじんと重い。リタの言う「ハルをなんとかしてほしい」という目的は達成できそうにない。本人にその意思はなさそうだからだ。彼女の名前を出せばやる気になる可能性は高いが、この手段は決して本人のためにはならない。リタにはきちんと事情を説明して、謝るしかないだろう。
 クライヴは振り返る。森の枝枝の間から、ぼんやりとツリーハウスの影が見えた。気付け薬ができればメルリアは目を覚ます――はずだ。一瞬嫌な空想が脳裏をよぎるが、視線を足下に動かしてやり過ごす。エルフは知識が豊富な種族だと有名だ。だから大丈夫だ、と二回己に言い聞かせ、クライヴは顔を上げた。
「ローウェルさん、いつ本題に入るんですか?」
「あぁ、悪い……」
 いらだちに似た声に振り返ると、ハルがぶすっとした表情でクライヴを見ていた。こういうところは子供だなと口元だけで笑う。
「取り敢えず、ハルは会話自体は問題なくできるって事が分かったけど……。一番の問題は、やっぱり緊張のしすぎだと思うんだ」
「緊張? リタさんに対してですか?」
 クライヴはそうだと真っ直ぐにうなずく。
 ハルはその言葉を受け取ると、苦い表情を浮かべながら首をかしげた。かと思えば、ぼっと茹で蛸のように顔が真っ赤に染まる。焦点が定まらない様子で、ハルは空笑いした。否定も肯定もしない。心ここにあらずだ。
「きちんとした受け答えができないと、スタートラインに立つのも厳しいと思う。まずはお互いが、お互いのことを知るところからだろ?」
 リタはハルのことをあまりよく知らないようだし、とクライヴは付け足す。
 実際、リタは「ハルは先月来たばかり」と言っていた。たったひと月程度の付き合いであるし、この様子では、リタはこちらのことを何も知らないだろう――そこまで思いを巡らせ、クライヴははっと目を丸くする。そうして、地面に視線を向けた。その顔は険しい。自分はこの件について人に堂々と言えるような立場ではない。そう思ったからだ。
 クライヴの視界の中に、一足の靴が入る。その様子に顔を上げると、ハルが一歩前に出ていた。
「ぼくはリタさんのこと、よく知ってますけどね!」
 鼻息荒く宣言するハルは、右手に握りこぶしを一つ作って自慢げに言った。
 情緒が全く安定しないな、とクライヴは考え込む。ふと、ハルの背筋がピンと真っ直ぐ伸びている事に気がついた。
「それだ!」
「はい?」
 ハルの素っ頓狂な声にかまわず、クライヴは彼の背中側に回った。右肩と背骨に手を置くと、真っ直ぐ伸びていた背筋がぐにゃりと曲がる。しかし、クライヴがその動きを抑えるように視線を正した。
「な、なんですか急に!」
「姿勢から変えてみるのがいいと思ったんだ。もう少し胸を張ってくれ」
 窮屈そうな表情を浮かべながらも、ハルは言われたとおり胸を張ってみせる。はじめはそわそわと視線を動かしていたハルだったが、呼吸を何度か繰り返した後、次第に落ち着いていく。
「……あ、なんだか胸の辺りがすっきりします」
 クライヴは元いた位置に戻ると、正面からハルを見た。彼の様子に満足げな笑みを零す。猫背気味だった彼の姿勢を正すことで、印象ががらりと変わったからだ。正面を向いている分、表情も明るく見える。深い呼吸ができている証拠に、規則的に胸が上下していた。呼吸が深いおかげで表情が穏やかに変わり、どこか優しそうな印象を与える。
 その人物の様子を印象づけるのは何も顔の表情だけではない。感情は体の動きや様子にも現れる。クライヴはそれを完全に理解していたわけではない。しかし、かつての経験から得た無意識がそうさせた。
「いいんじゃないか。すごく話しやすそうに見えるよ」
 その言葉に、ハルは目を輝かせた。明るい表情が加わったことにより、おどおどと暗く落ち着きのないハルが完全に変化した。クライヴは深く頷く。これでリタの前でも上がらずに振る舞えれば完璧だが、すぐにうまくはいかないだろう。それは分かっていた。
「今、すごく気分がいいです。これならなんでもうまくいきそう……!」
 ハルは右手を自分の腹の上に置くと、目一杯息を吸った。川の匂い、川辺に生える緑の少し生臭いにおい、風に乗って漂う爽やかな花の匂い、青々とした木々のすがすがしい匂い――それら全てが森の匂いとなって彼の鼻腔を刺激する。彼にとっては何ら変わりないいつもの空気であったが、今だけは特別心地のよいものだと感じられた。
 ハルは川辺に向かって、その空気と一緒に言葉を吐き出す。
「リタさんが、好きだぁあぁあーーっ!!」
 腹にたまった空気すべてを使ってハルが叫ぶと、木々の枝で休んでいた鳥達が一斉に外へ羽ばたいていく。川の穏やかな流れでかき消されるほど、その声は小さくなかったのだ。
 クライヴは、その声が広場まで届かないだろうかと必死に周囲を見回した。周りの人影はもちろん、広場に続く道に人が来ないかを入念に確認する。人らしい人の気配はなく、ほっと胸をなで下ろす。ハルの様子をうかがうと、彼は顔を真っ赤にしたまま、肩で荒い呼吸を繰り返している。少し前傾姿勢気味だが、胸を張ったままだ。言い切ったことに精一杯で、周囲の様子を気にも留めない。クライヴはそんなハルを見て肩を落とした。どうして自分の方がここまで周りを気にしているのだろう、と。
 鳥が森から姿を消し、辺りがしんと静まりかえる。その時、川向こうからぼとりと黒い影が落っこちた。その影は強打したらしい頭と尻をさする。人影だ。それはゆっくりと立ち上がると、一歩一歩こちらに近づいてくる。長髪の男のエルフだった。顔のほとんどが前髪で隠れ、後ろは腰を隠すほど。その様子にクライヴははっとする。彼は昨日、魔女の村で門番をしていたエルフだ。
 そのエルフは川辺のすぐ近くで立ち止まると、口をへの字に曲げ、ビシッと人差し指をハルに突き出す。
「うっせぇぞハル!! 俺は徹夜したんだぞ! いい加減にしろ!!」
 川幅は飛び越えられるほど狭くはなく、周囲に橋はない。男は低く重い怒声を響かせた。
 その声にハルはびくっと反応した。赤面していた顔が徐々に青ざめたかと思うと、再び青くなった頬が赤面していく。ハルは目を白黒させながら、餌を待つ鯉のようにもごもごと口を動かした。言葉にならない掠れた音が口から漏れる。激しく動揺していた。
 ハルはガクガクと機械のような動きで顔を上げると、川向こうに立つ男の姿を見る。途端、慌てて彼に背を向けた。
「先輩すみませ――うぁあああぁああああ!!」
 謝罪の言葉を早々に切り上げ、ハルは広場の方へ向かって全速力で走って行く。
「おいハル!」
 クライヴの言葉に耳を傾ける余裕があるはずもなく、彼はあっという間に森の奥へ消えていく。このまま放っておくのも危険かもしれないと、クライヴも慌てて後を追った。
「ふん……」
 男は不服そうに鼻を鳴らすと、先ほどと同じように木に登った。太い枝の上で器用に足を伸ばすと、幹に背中を預けて目を閉じる。しんと静まりかえった川辺に、身を隠していた小鳥たちが降り立つ。水を飲み、虫を啄み、穏やかに囀りながらそれぞれの時を過ごす。
 川辺に静寂が戻った。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

◆登場人物一覧

┗並びは初登場順です。

┗こちらのアイコンは公式素材のみを使用しています。

メルリア・ベル


17歳。

お人好し。困っている人は放っておけない。

祖母との叶わなかった約束を果たすため、ヴィリディアンを旅することになる。

フィリス・コールズ


16歳。

曖昧な事が嫌いで無駄を嫌う。
シーバの街で、両親と共に「みさきの家」という飲食店を経営している。

クライヴ・ローウェル


22歳。

真面目。お人好しその2。

理由あって旅をしており、メルリアとよく会う。

ネフリティス


27歳(人間換算)

都市に工房を持つエルフの錬金術師。

多少ずぼらでサバサバしている。

イリス・ゾラ


21歳。

隣国ルーフスの魔術師。闇属性。

曲がったことが嫌い。

リタ・ランズ


16歳(人間換算)

魔女の村ミスルトーで暮らしているエルフ。
アラキナのストッパー兼村一番のしっかり者。

ウェンディ・アスター


不明(20代後半くらいに見える)

街道の外れの屋敷で働くメイド。

屋敷の中で一番力が強い。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み