第41話 凍った時間

文字数 4,358文字

 それは、メルリア達が衛兵から事情聴取を受けている真っ只中のこと。

 ネフリティスは、アトリエにやってきた客人を家に招いていた。
 真っ黒い髪の青年は、初夏だというのに象牙色のコートを羽織っていた。暑苦しいなと男を冷ややかな目線で見つめるが、男は気にするそぶりを見せない。胸ポケットから手帳を取り出すと、ペンを握った。
「――で、四ヶ月も目を覚まさないそうだが……」
 男は玄関先から奥の階段を見つめる。
 波のように広がる魔術の波動。ネフリティスにも男にも、その波が見えていた。カチリ、カチリ、と時計の秒針に似た音を耳にする。時の魔術の音だ。
「事態は深刻だな」
「だからそう書いて寄越しただろう。さっさと来い」
 ネフリティスは男を多少睨むと、早々に二階へと向かう。相当気が立っているな、と男は思った。余計な口を挟まない方がいいだろうと、黙って彼女についていく。カツカツ、と、木の床を踏みしめる無機質な音だけが響いた。
 ネフリティスは左手奥の部屋で立ち止まった。メルリアが音が聞こえたと言った方向だ。ポケットから鍵を取り出すと、迷いなく部屋の鍵を解錠する。すぐに扉は開けなかった。
 男は部屋の前で腕を組む。規則的に聞こえた秒針の音がおかしいことに気づいたからだ。一秒一秒聞こえるはずの音が、一秒に五度ほど鳴ったかと思うと、今度は三秒に一度響くといった風に。事態は深刻だ、と二度つぶやきそうになった言葉を飲み込む。
「このまま部屋に入るのは危険だな。策はあるのか?」
「その程度の魔法なら寝ながらでもできる。手を貸せ」
 ネフリティスの言葉通り、男は左手を差し出す。その手を包むと、彼女は旧い言葉を口にした。魔法の詠唱だ。それは、この部屋の事象からネフリティスと男を守るための障壁を果たす。
「部屋を出るまで悪いが手を繋いだままでいてもらおう」
 ネフリティスに包まれた手から熱を感じる。温かいと言うより少し熱い。よほど効果の強い魔法なのだと男はその熱で判断した。
「イリス嬢ではなくてすまないが――あぁ、そうか、私もお前をクロードではなくクロと呼ぼう。魔法でイリスそっくりに変身して――」
「アホかやめろ余計なことに魔力を使うな」
 男の低い声が響く。とっさにネフリティスの顔を伺うが、冗談を言っているのはどうやら声だけのようだ。人をからかうような顔をしていない。つまり、それほど余裕がないと言うことだ。思えば、数日前に寄越した手紙もそうだった。いつもは冗談から入る手紙が、あの日は要件だけだった。扉の先はよほど酷い事になっているのだろう――クロードは覚悟した。
 ネフリティスはドアノブに手をかけると、いたく真面目な様子で言う。
「開けるぞ。絶対に手を離すなよ」
「分かっている」
 ギィ、と古びた音を立てながら、ネフリティスは扉を引いた。
 その途端、奥から強風が吹き付けたような感覚に、クロードは一歩後退した。力の風圧に背中に汗をかく。おかしな拍子を刻む秒針の音がやけに耳についた。自身も相当な魔力を有しているクロードですら、これはまずいと思うほどに。ネフリティスの障壁がなければ、どうなっていたか分からない。
 部屋の中にある机やシェルフといった家具が古びてボロボロになったかと思えば、次の瞬間には再生したかのように新品同様の輝きを放つ。
 さらに異質なのは窓の外だ。朝になったかと思えば昼になり、昼になったかと思えば夜になる。日の入り日の出はわずか十秒のうちに過ぎ去っていく。夜が長いかと思えば、浮かぶ月がみるみるうちに満ち欠けを繰り返す。窓のすぐ上に飾られている壁掛け時計は、秒針と短針が狂ったようにそれぞれ別方向へ回転していた。
「なんだ、これは」
「現実だ」
 唖然と立ち尽くすクロードに、ネフリティスは事実を淡々と述べた。
「手紙に書いただろう? 魔力が暴走し、時の元素と融合しかけた結果だよ」
 ネフリティスはクロードの表情を伺った。ただ目を丸くして、唖然と立ち尽くしている。恐らく何か考えているのだろうが、この男は頭がいい分、処理できないのだろう――と判断した。その片隅で、イリスもこいつのこんな表情見たことないだろうなあと考えた。残りのスペースでは、メルリアの事を考えていた。
 ルーフスで一、二を争う強い魔力を持つ男。まだ若く、経験が浅いというのはあるだろうが、それを差し引いても、そんな男がこのざまだ。メルリアに何も伝えなかった自分の判断は正解だったと思っていたし、彼女の行儀の良さに初めて強く感謝した。
 ネフリティスは一つ息を吐くと、繋いだ手をぐっと引っ張る。その衝撃に、クロードははっと我に返る。
「いつまでぼうっとしている。エルフとはいえ、私の魔力も無限じゃないんだ。早く調べてくれ」
「すまない」
 ネフリティスは部屋の奥へ躊躇なく進んでいく。床の間を縫って生える時音草(ときのねそう)を容赦なく踏みつけた。四、五、三、七と、様々な花弁を持つそれが、秒針に似た音を立て揺れる。
 部屋の脇に設置されたベッドの傍らで立ち止まると、顎で「これだ」と示して見せた。
 そこには、一人の男が寝かされていた。男の目は開いていたるが、焦点は合っていない。ただぼうっと天井を見つめているだけだった。ほんの一瞬窓から差し込んだ日の光が、男の白い肌と金色の瞳を照らす。男の周囲の時間は歪んでいるが、男の姿は変わらなかった。周囲の家具がいくら年老いても、作られたばかりのように若返っても、彼は青年の姿のまま、ただただ無表情でそこにある。それは彼が時と融合しかけている証しだった。
 クロードは男に右手をかざす。それは顔、首、肩、右手を通って腹部、左手へと移動した。そうしながら、男の魔力と元素の流れを読み解いていく。その手が左胸をかざすと、クロードの眉がピクリと動いた。そこから溢れ出していた魔力は想像を超えていたのだ。自分ですらこんなもの扱える気がしない――そう思った途端、勝手に苦笑が漏れた。
 全身を調べること、数分。流れを一通り読み解いたクロードは、軽く息を吐いた。窓越しから差し込む真夏の日差しが彼の頬を焼いたかと思えば、雨粒が窓を叩く音がした。
「十分だ」
 クロードが言うと、ネフリティスは彼の手を引いて部屋を後にする。
 ネフリティスはもう一度部屋の中にいる青年に目を向けた後、部屋を施錠した。

 二人はネフリティスの仕事場にいた。
 作業台には裏表びっしりと文字が書かれた一枚の紙がある。ネフリティスが書いた錬金術のレシピだ。クロードはそれを手に取ると、隅から隅まで目を通す。
 ネフリティスはここ数ヶ月、難しい錬金術のレシピ作成に没頭していた。先ほどの青年に渡すためのペンダントのレシピだ。ただの服飾品ではなく、それは彼の手に負えないほど強大な魔力を封じ込める役割を担う。それさえ完成すれば全てが終わるはずだったのだが、肝の部分の作成に手間取っていた。何度か試作してみてもうまくいかないし、いくらレシピを変えてもしっくりする物が作れなかった。つい先日、二十四番目のレシピがゴミになったばかりだ。
 クロードが手に取ったレシピは、その肝の部分だ。それを作るための大まかな手順と、この手順が完成品にどう影響を与えるかが赤ペンで詳しく記されている。ネフリティスと同等、あるいはそれ以上の錬金術師であれば、手順を読んだだけで彼女が何をどうしたいのかが読み取れただろう。しかし、クロードは錬金術を扱えない。手順の黒字よりも、補足の赤字の方が多いのは、致し方ないことだった。
 クロードはレシピの表裏に三回目を通すと、息をついた。
「俺が分かる問題点は二つ」
 珍しく棚の片付けをしていたネフリティスの手が止まる。腕を組み、さあ聞いてやるぞと態度で示した。
「一つは魔力の扱い方だ。エルフはこれでいいのかもしれないが、人間はこのようには扱えない」
 クロードは紙の端――問題点の記述がある一行目にレ点をつけた。もう一つはと付け足しながら、紙の裏、最後にある行に目を通す。
「もう一つ。これは憶測に過ぎないが……。これはお前一人では作れない」
「どういうことだ?」
 苛立ちに似た鋭い視線がクロードに向く。彼はそれに動じず、もう一度問題のある文章に目を通した。錬金術の手順の黒文字と、ネフリティスが記載した補足の赤文字それぞれに。
「この石は封じ込める役割を……つまり魔力を吸収させたいのだから、石の中心部は魔力が一切ない状態の方がいいだろう」
 乾いたタオルがよく水を吸うように、石の中心部分は魔力がない方がより多くの魔力を吸収できる――クロードはそう考えていた。彼は錬金術が使えない。しかし、人間の使う魔術の流れは読むことができた。おまけに、これは魔法ではなく魔術を扱う話。大体の想像はついたのだ。
 ネフリティスはその言葉に顎に手を当てて考え込むようなポーズを作った。言葉の意味が理解できなかったわけではない。彼の真意は十二分に理解していたが、その解釈が間違っている線を期待していた。しかし、どう考えても異なる解釈ができなかった。彼女は苦笑を浮かべる。
「つまり、魔力が一切ない人間に錬成を手伝わせろと?」
「そうだ」
 クロードがはっきりと言い切ると、ネフリティスの口から乾いた笑いが漏れる。
 真っ先に浮かんだ人物をいったん消して、他を探った。エルフである彼女の知り合いは、そこのクロードのように必然的に高い魔力を持つ者が多い。エルフも人間も例外なく。昔からの知り合いは多かれ少なかれ魔力を有していた。母国に頼ろうにも、魔力のないエルフは魔力のない人間よりも希少だし、そんなエルフははみ出し者として扱われるから、本国で生きるのは難しい。だとすれば、グローカスの知り合いだろうか。口が堅く魔力がないやつといえばあの男ほど適任者はいないだろうが、今からここに来て間に合うか? いや、間に合わないだろう。ネフリティスの脳内から貴重な選択肢が一つ減る。
 弟子ができてからというものの、買い出しやら配達やらはほとんど弟子に任せっきりにしていた。そのため、彼女自身は顔が広くない。どう回っても選択肢は一つのようだ――と、ネフリティスは深いため息をついた。
「この手段を選ぶなら時間はないだろうが……やはりエルフのお前に求めるのは酷か?」
 クロードの言葉に、ネフリティスは首を横に振った。
「いや、すぐ近くにいるよ。あまり頼りたくはなかったが」
 諦めたように笑い、彼女は視線を落とした。
 お人好しでぼやっとしていて小心翼翼としていて――だからこそ頼もうとは思えるし、だからこそ巻き込みたくはなかったのだが。

 ヴェルディグリに差した太陽の光が、厚い雲によって遮られる。あっという間に、都市には大きな影が落ちた。
 風が強い日だった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

◆登場人物一覧

┗並びは初登場順です。

┗こちらのアイコンは公式素材のみを使用しています。

メルリア・ベル


17歳。

お人好し。困っている人は放っておけない。

祖母との叶わなかった約束を果たすため、ヴィリディアンを旅することになる。

フィリス・コールズ


16歳。

曖昧な事が嫌いで無駄を嫌う。
シーバの街で、両親と共に「みさきの家」という飲食店を経営している。

クライヴ・ローウェル


22歳。

真面目。お人好しその2。

理由あって旅をしており、メルリアとよく会う。

ネフリティス


27歳(人間換算)

都市に工房を持つエルフの錬金術師。

多少ずぼらでサバサバしている。

イリス・ゾラ


21歳。

隣国ルーフスの魔術師。闇属性。

曲がったことが嫌い。

リタ・ランズ


16歳(人間換算)

魔女の村ミスルトーで暮らしているエルフ。
アラキナのストッパー兼村一番のしっかり者。

ウェンディ・アスター


不明(20代後半くらいに見える)

街道の外れの屋敷で働くメイド。

屋敷の中で一番力が強い。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み