第39話 唐突な休日

文字数 3,223文字

 ――あんなに暗い顔のネフリティスさん、初めて見たな。
 メルリアは一つため息をつく。今朝のネフリティスの表情が頭から離れない。今日のようにどこか遠くを見つめている様子はあまり見た事がなかったからだ。

 午後のヴェルディグリは曇り空が広がっている。数刻前まで軽く雨が降ったせいで、湿気が肌にまとわりつく。灰色の隙間から時折青空と太陽が顔を出すが、すぐに隠れて日の光が遠くなった。初夏の陽気はとても過ごしやすいとは言えない。道の端には水たまりが残っており、日当たりの悪い路地裏の地面は未だに濡れている。
 メルリアは本日何度目か分からないため息をつきながら、ただただヴェルディグリの道を歩いていた。目的はない。何をしていいか迷っていた。図書館に足を運ぶ気にはならなかった。教えてもらえるかもしれないのにヒントを見つけるのは悪い気がしたのもあるし、もう見つからないだろうとも思ったからだ。
「君、君!」
 とぼとぼと肩を落としながら歩いていると、男の高い声が耳に飛び込む。自分には関係ないだろうとメルリアは顔を上げなかった。すると、突然肩を叩かれる。ビクッと体が跳ね、瞬時に振り返った。無意識だ。
 そこには、小太りの男が立っていた。中年の男は、この蒸し暑い中にも拘わらずスーツを身にまとい、シルクハットを被っている。くるんとカールした髭に大きい鼻が目を引く。得意げに顎に触れる人差し指には、青い宝石があしらわれた指輪が光っていた。男の姿は、本の中に出てくる貴族そのものである。
「わ、私ですか?」
 メルリアがおずおずと自分を指さして尋ねると、男はニコニコと笑って頷いた。
「私はジャマル・ピッコリ。ズィルヴァーの運送会社の者だ」
「ズィルヴァー……外国の人ですか?」
「そうだとも! 知っているなら話が早いね」
 ズィルヴァーといえば、ネラに次ぎ二番目に広い国土を持つ国だ。魔力に頼らない生活の実現を掲げているため、大陸一科学技術が発展しており、都市の発展計画が次々と進んでいる。ヴィリディアンでは想像もつかないような高い建物が建ち並び、すべての道が舗装されている話は有名だ。最近では、ハシゴに似た形の道を引き、物資をより素早く運ぶ計画も進められているという。
 男は誇らしげに胸を張ると、大げさに両手を広げてメルリアに話し始める。
「ズィルヴァーは知っての通り、魔力のない人間に優しい国だよ。魔力なんかなくても生きていける!」
 男はまるで演説をするように、言葉の端々に緩急や抑揚を大げさにつけて語った。まるでそれが当たり前であるかのように感情を込めるのも忘れない。天を仰ぐその瞳は、周囲の光を取り入れ輝いていた。
「君には魔力がないね? ああ、私には分かるよ。他所の人間と違って嫌な感じがしない。ズィルヴァーはね、君みたいな子が平和に暮らせる国だ!」
 メルリアは男の様子に言葉を詰まらせた。
 もし、彼女がこの国での生きづらさに悩んでいたとしたならば、男の言葉は魅惑的に聞こえたかもしれない。しかし、メルリアには男の言葉は響かなかった。メルリアにとって、自分の魔力に関してはコンプレックスを抱えている。魔力があった方が便利だっただろうと思うこともあるし、現状に不便を感じないわけではない。
 けれど、男はまるで魔力がある事自体が悪だと言わんばかりの態度だ。己の言葉や信念が正しいと信じて疑わないその姿は、メルリアには恐ろしく見えた。魔力がある事は悪い事ではないのに――。メルリアは思わず一歩引く。無意識のうちに体がそうしていた。
「わ、私、そういうのはちょっと……」
 事を荒立てないように、控えめにその場から離れようとする。しかし男は離さんとばかりに、メルリアの肩に手を置いた。
「待ってくれ、話はこれからなんだ。君には私の経営する会社で是非とも働いてほしい!」
「え、えぇ……と」
 メルリアの視線が泳ぐ。この道を通る人間は何人かいるものの、こちらに積極的に関わろうとしない。人々は二人からあえて距離を置いて道を行き来する。視線が合いそうになると、通行人の方から逸らされる。関わりたくないのだ。こういう時に限って、ヴェルディグリで何度か見かけた衛兵は全く見ない。
「ああ、心配しなくてもいい! 田舎の娘に機械モノを任せるつもりはないよ、まずはそうだな、接客をお願いしたいんだ。きっと合うはずさ!」
 メルリアがどうしようと困っている間にも、男はトントン拍子で話を進める。完全に一人で盛り上がっており、時折ガハハとふざけた笑いを挟んだ。
 ここまで自分の世界に入っていると、きっぱり断るにも理由がいるだろう。メルリアは考える。この男に「怖いから嫌です」と正直な事を言うのは危ない気がする。だからといって、それらしい嘘も思いつかなかった。さようならと逃げられればいいけれど、追ってこられたら怖い。目が怖い。肩を掴まれている手が怖い。男の何もかも怖い。メルリアの足が無意識に震えていた。
「あ、あの……困ります」
 メルリアは蚊の鳴くような声でつぶやくが、男はお構いなしにううんと首を横に振る。
「困る事はない! 私と一緒に来れば、こんな窮屈な暮らしから解放されると断言しよう!」
 自信に満ちあふれた瞳で見返され、メルリアは完全に硬直してしまった。
 もう何を言っても聞き入れてくれないんだ――。圧倒的な言葉の量にメルリアはめまいに似た感覚を覚えた。
 その時、メルリアの肩の手をはたくように払う乾いた音が鳴ると、何者かがメルリアの肩に手をかけ、体をぐいっと引き寄せた。背中に柔らかい感覚が当たる。硬直したメルリアの視界の端に、銀色の長い髪が映った。
「おっさん、痴漢で訴えるわよ」
 怒りをはらんだ低い声がすぐ後ろで聞こえた。女の声だ。
 ニコニコと笑っていた男の顔が一変、次第に怒りに歪んでいく。そのまま、震えた手で背後の女を指さした。
「な、何かね君は! 人を突然不審者扱いして!」
「この子は拒絶してるって言ってるの。ズィルヴァーの人間は人権を知らないの? これじゃあまるで誘拐犯じゃない!」
 女の言葉に周囲がざわつく。ヒソヒソとした話し声がやけに男の耳についた。周囲を見回し弁解しようとするにも、視線を合わせようとした通行人全てに視線を逸らされる。絶対に関わりたくないからだ。
「ッ――!?」
 周囲のその反応に、男の顔が羞恥と屈辱でみるみる赤くなっていく。
 女はその様をただただ見つめていた。否、見下していた。
 男は突き出した指に力を入れる。わなわなと指先が震え、点が定まらない。
「お前ッ、私を、侮辱してッ! 許さん!」
「あっ……、そう。あたしもあんたのこと許さないけどね」
 指さしていた男の手が拳に変わる。女は男の動きを見据え、小さく何事かを呟いた。逆上した男がこちらに殴りかかってくる。それが分かっているにも拘わらず、女はただただ立ち尽くしていた。まるで殴られるのを待っているように見える――その状況に、メルリアはジタバタと女の腕の中で暴れる。が、女は見かけによらず強い力でメルリアを抱き留めると、静かに言う。
「大丈夫よ」
 どうする事もできず、メルリアはただぎゅっと目を閉じた。その途端、地面がどすんと揺れる。
 恐る恐る目を開けると、男が仰向けに寝転がっていた。どうやら盛大に転んだらしい。足下に男の被っていたシルクハットが転がり落ち、太い指にしっかりとはめられていた青い指輪が地面を転がった。状況が分からないメルリアがあっけにとられていると、女はこちらを見てウインクしてみせる。
「これだから……、魔力ってヤツは……!」
 男は震える腕で地面に手をつく。ズボンの膝とスーツの腹の部分が盛大に破れていたが、それに構う余裕はなかった。
「おい! 何の騒ぎだ!」
 ガラガラと金属音を立て、大通りから衛兵の男が二人やってくる。
 男はその言葉に力なく地面に突っ伏し、女は「私は無害です」と言わんばかりに両手を挙げた。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

◆登場人物一覧

┗並びは初登場順です。

┗こちらのアイコンは公式素材のみを使用しています。

メルリア・ベル


17歳。

お人好し。困っている人は放っておけない。

祖母との叶わなかった約束を果たすため、ヴィリディアンを旅することになる。

フィリス・コールズ


16歳。

曖昧な事が嫌いで無駄を嫌う。
シーバの街で、両親と共に「みさきの家」という飲食店を経営している。

クライヴ・ローウェル


22歳。

真面目。お人好しその2。

理由あって旅をしており、メルリアとよく会う。

ネフリティス


27歳(人間換算)

都市に工房を持つエルフの錬金術師。

多少ずぼらでサバサバしている。

イリス・ゾラ


21歳。

隣国ルーフスの魔術師。闇属性。

曲がったことが嫌い。

リタ・ランズ


16歳(人間換算)

魔女の村ミスルトーで暮らしているエルフ。
アラキナのストッパー兼村一番のしっかり者。

ウェンディ・アスター


不明(20代後半くらいに見える)

街道の外れの屋敷で働くメイド。

屋敷の中で一番力が強い。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み