第57話 薬について1

文字数 4,803文字

 リタは気が抜けたようにだらりと息を吐くと、ゆっくりと立ち上がった。
「さて……っと。手っ取り早く目を覚ましてもらうためには、やっぱり気付け薬が一番かなあ」
 リタはきょろきょろと周囲を見回し、木の陰から細い枝を一本拾った。風で折れてしまったせいで、裂けた先端からは茅色が見て取れた。四十センチほどあるそれを持つと、リタはその場にしゃがむ。避けた部分を地面に突き刺し、土にぐるりと大きな円を描いた。
「クライヴ。あの子ってお酒飲める年かなあ?」
 眠ってるとよく分からないんだよねえ、とリタは笑う。対照的にクライヴは険しい顔のまま、首を横に振った。
「……分からない」
「そっかあ」
 場の空気を壊しかねない声色の差ではあったが、リタはクライヴを責めることはなかった。彼の様子に飲まれることもない。
 リタは木の棒をしっかり握りしめると、先ほど描いた円の中に旧いエルフの文字を記していく。人間であるクライヴから見れば、それは何かの暗号のように見えた。普段使っている文字とは似ても似つかない不思議な形だ――クライヴは瞬きひとつせず、ただただそれを見つめていた。珍しい文字だった。
 リタは単語らしい塊を五つほど地面に記すと、額の汗を拭うような動作をしてから立ち上がった。
「ちょっと待ってて。ヴィヴさん――薬の調合に詳しい人に、これで大丈夫かどうか聞いてくるねー」
 漠然と地面に視線を向け続けていたクライヴは、その言葉にはっと顔を上げた。木の棒を握りしめたまま、リタはぶらんぶらんと前後に揺らし右手を振っている。クライヴは作り笑いを浮かべて頷くと、手を上げてそれに答えた。
 軽やかな足音が遠ざかっていく。ざわざわと木々が揺れ、葉が擦れる音が広場に反響する。森を吹き抜ける風は湿気をはらんでいた。六月の風だ。それは、地面の文字にほんのわずかな蓋を作る。
 クライヴは相変わらず、その凹みを見ていた。焦点が合わずに視界がぼやけていく。木の枝で作った文字の凹みが、やがて彼の記憶にある魔獣の爪痕へと変わる。胸の奥にずんとのしかかるような痛みを感じ、咄嗟にそれらから視線を逸らした。膝の上に置いた手を裏返し、骨張った自分の手のひらを見つめる。指先に線を引いたような傷跡が残っていた。それを忌々しそうに睨み、クライヴはきつく瞼を閉じた。
 ――メルリアの背後に魔獣がいたあの時。クライヴは全力で彼女の元へ駆け寄った。一人で行かせてしまったことを激しく後悔しながらも、ただただ間に合うようにと切実に祈りながら。魔獣が腕を振り上げると、その爪が太陽の光をギラリと反射する。メルリアは動けなかった。時間がない。クライヴはキッと強い視線で魔獣を睨む。距離はまだ縮まらず、叶わぬ願いであるのは誰が見ても明白だった。彼もそれは理解していたが、立ち止まる選択肢はなかった。万が一の可能性に賭けたのだ。意を決した途端、クライヴには周囲の景色が遅く感じた。魔獣の動きも、風の音も、聞こえる声も。そのままメルリアに手が届き、突き飛ばす形で一撃をやり過ごしたのだ。
 そこまで思い返し、クライヴはふっと苦笑を浮かべる。あの距離だったのに、よく手が届いたものだ、と。火事場の馬鹿力、というものなのだろう。不思議な感覚だったが、あれがあったからこそ自分は彼女を守れたと思っていた。魔獣を倒したのはイリスとクロードの二人だが、少なくともあの一撃からは。衛兵じゃなくても、魔力がない自分でも、誰かを守ることができたのだと。
 けれど、今はどうだろう? メルリアは眠ったまま目を覚まさない。リタの主観ではあるが、彼女から見れば彼女は起きたくないようだという。それに。最後に見たメルリアの表情が再びクライヴの脳裏をよぎった。身の毛がよだつ思いをして、体も動かなかったのかもしれない。怖くて怖くて、どうしようもなかったのだとしたら。
 ――俺は守った気になってただけで、何もできてなかったんじゃないのか。
 奥歯に力を入れると、クライヴは握り拳を作る。その勢いで膝を叩くと、骨がじわりと鈍く痺れた。衝撃が足先にまで走るが、そんな不快感はどうだっていい。眉間に皺を寄せたまま、クライヴは静かに瞼を開く。すると、随分と使い込まれた小さな靴が二足、目に入った。自分のものではない。疑問に思いながら顔を上げると、そこにはエルフの少年が立っていた。昨日のエルフとは異なり、随分と背が低い。顔立ちも幼く、人間でいえば十五歳くらいだろう。少年は細い木の枝を握ったまま、怖ず怖ずとクライヴを見ていた。クライヴと視線が合うと、彼はぎゅっと目を閉じる。強く握った枝が、手元からポキリと折れる音がした。
 おびえさせるような酷い顔をしていた? それとも、ずっと前から俺を見ていた? クライヴは頬をかいた。小さく喉を鳴らしたと同時に、やるせない感情を胸の奥に押し込む。そうしてから、少年に笑顔を向けた。それは陰りのあるものだった。
「どうしたんだ?」
 敵対心がないことを相手に伝えるべく、クライヴは明るい声を意識して言う。すると、少年は慎重に目を開いた。その動きに合わせて、上がっていた肩が元の位置に戻っていく。手のひらからは、木の枝の欠片が塵のように落ちていく。
 クライヴが態度を変えずに少年の言葉を待っていると、彼はため息をついて、今度は肩を落とした。
「あの……あなたが、昨日、ゾラさんとノルデさんに連れてこられたっていう……」
 男にしては随分と高い声だった。彼はぼそぼそと小声で呟くように言う。あちらこちらをきょろきょろと見回ようにクライヴを観察した。こちらを警戒しています、と体に書いてあるほど怪しい挙動だ。無論、話を聞いているクライヴにそれが伝わらないはずもなく、挙動不審な少年に困っていた。咄嗟に腕を組みそうになるが、それを抑える。高圧的な態度と取られかねないと分かっていたからだ。
「お邪魔させてもらってるよ。俺はクライヴ・ローウェル。君は?」
 クライヴの問いかけに少年は三秒ほど迷った後、か細い声で告げた。
「ぼくはハル……、ハル・ロルトです」
「ハル、か。よろしくな」
 クライヴはハルと名乗った少年に手を差し出した。
 ハルはその手を凝視した後、握ったままの手を開く。砕けた枝が地面へと落ちていった。震えた手を伸ばすと、弱々しい力でその手を握る。クライヴがその手を握り返した途端、お互いジリッとした違和感を覚える。それは痛覚と非常に近い。ハルが手にしていた枝の繊維だった。
「突然居座って悪いな、落ち着かないだろ」
 ハルは握手を交わした後も、そわそわと周囲を見回している。まだ警戒は解けていないようだった。
「いえ、アラキナさんの言葉は絶対ですし……、ミスルトーではエルフ以外が立ち寄るのはよくあることなので」
 本国(ブラン)では考えられませんが、と付け足し、クライヴと一つ席を空けて椅子に腰掛けた。
 ブランとは、北方の島国と東南の陸地に位置するエルフの国である。その国はエルフのみが暮らしており、それ以外の種族の立ち入りは禁じている。それ故、大陸の中で最も規模が小さい国だ。
「あの……あなたに、聞きたいことが」
「ん、なんだ?」
 ハルはクライヴに視線を合わせず、そわそわと自身の両手を緩く握る。やがて意を決したように握りこぶしを作り、顔を上げた。
「どっ、どうやったらあなたみたいに上手にリタさんとしゃべることができますか!」
 きつく瞼を閉じながら、高い声を掠れさせながら叫ぶ。叫ぶ、とはいっても、普通の人より少し大きいくらいで、一メートル先の人物に話しかけられる程度の声量しかない。その証拠に、ツリーハウスに降り立った小鳥は驚く様子も見せず捕ったばかりの獲物をついばんでいる。
「……どういう意味だ?」
 クライヴがぽかんとしていると、ハルは自分の人差し指同士をつつきながら言う。相変わらず他人に顔は合わせなかった。
「ぼく、昨日からあなたを見てました。ゾラさんとノルデさんはリタさんの顔見知りらしいのでまだ分かりますが、あなたはリタさんと知り合ってからたった数分……」
 淡々と告げるその言葉に徐々に熱が、細く弱々しかった声に次第に力が入っていく。
「だというのに会話は弾み、あなたもリタさんも楽しそうですし……。し、しかも、あ、朝起こしてもらうだなんて……!」
 ハルはギッと音が立ちそうなほどに強く奥歯を噛むと、右手に握りこぶしを作った。わなわなと震えているその様を見て、クライヴは目を丸くした。自分が思っていたより感情を表に出す方だった、と。
「まるで、こ、こ、恋人じゃないですかあ!」
 ハルは握りこぶしを空中に振り下ろす。
 恋人、と聞いた途端、クライヴは慌てて立ち上がる。あまりの衝撃に椅子が軋み、地面に倒れそうになるが構わなかった。
「いや違うって! 俺にそんな気は全くないし、リタにだって絶対にないだろ」
「で、ですよねー……よかった」
 ハルはへにゃりと脱力したような笑みを浮かべた。クライヴは一つため息をついた後、再び椅子に腰掛ける。
「俺はあんまり詳しくないけどさ、リタって平和そうな感じだし、話しかけづらいってこともないだろ? 何に困ってるんだ?」
「それは……」
 ハルはその言葉に否定せず、視線を足下に向ける。どうやら言いづらいことでもあるのだろうか。クライヴが首をかしげると、遠くからぱたぱたと軽やかな足音が聞こえる。
「おーい。ヴィヴさんに確認取ってもらったよー」
 リタは小ぶりのバスケットを腕に下げ、とてとてとこちらに駆け寄ってくる。クライヴは手を上げて返事をした後、ハルの方に目を向ける。
 ハルは、リタに視線を向けたまま固まっていた。
 リタはバスケットをテーブルに置くと、中からメモ書きを取り出した。放置してあった木の棒を手に取ったところで、はっとする。
「あれー、ハルだ。広場に出てくるなんて珍しいねぇ。クライヴと話してたの?」
 リタが朗らかな笑顔を向けるが、ハルは固まったまま動かない。辛うじて首が二ミリほど上下した程度だが、始めから終わりまでかかった時間は十秒。微弱かつのろまな動きは気づかれなかった。
 リタは不思議そうにクライヴを見つめ、ハルを指さす。どういうこと? と言いたげに、首をかしげて尋ねてきた。
「さっき会ったんだ。なんでも、リタについて聞きた――」
「うわああぁああああっ!」
 クライヴの話を遮るように、ハルは声を上げた。今日聞いた中で一番の大声だ。そのままハルは立ち上がると、一目散に駆けだそうとした。しかし、先ほど捨てた木の枝がハルの靴に引っかかる。そのままバランスを失い、どうすることもできないまま、彼は地面に顔から突っ込んだ。不幸にも、先ほどリタが描いた文字の真上である。土煙を立て、地面にハル型の跡が残っていく。
「あー」
 悲しいような、呆れたような、どこか他人事のような、感情がこもっているようでこもっていない声を漏らし、リタは土埃にまみれたハルの背中を見つめる。手にした木の枝をハルに向け、ちょうど上着とズボンから見えた白い背中をめがけ、つんつんと突っつく。微動だにしない。短く息を吐いた後、メモにもう一度目を通してから、クライヴに向き直る。
「えっとねクライヴ。気付け薬の材料なんだけど……」
「ちょっと待ってくれ。ハルはいいのか?」
 本題に戻ろうとするリタを止め、クライヴは倒れたままのハルに視線を向ける。起きているのか眠っているのか、こちらからは判別がつかない。というより、頭から突っ込んでいるせいで、上体を起こさないと顔は見えないのだが。
「気にしないでいいよ、しばらく寝てると思うし。ハルって昔からよく分かんないんだよねえ」
 ハルはその言葉にも微動だもしない。
 本当に眠っているのだろうか……クライヴは疑問に眉をひそめた。
 未だ瑞々しい青葉が、風に乗ってハルの頭の上に落ちた。  
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

◆登場人物一覧

┗並びは初登場順です。

┗こちらのアイコンは公式素材のみを使用しています。

メルリア・ベル


17歳。

お人好し。困っている人は放っておけない。

祖母との叶わなかった約束を果たすため、ヴィリディアンを旅することになる。

フィリス・コールズ


16歳。

曖昧な事が嫌いで無駄を嫌う。
シーバの街で、両親と共に「みさきの家」という飲食店を経営している。

クライヴ・ローウェル


22歳。

真面目。お人好しその2。

理由あって旅をしており、メルリアとよく会う。

ネフリティス


27歳(人間換算)

都市に工房を持つエルフの錬金術師。

多少ずぼらでサバサバしている。

イリス・ゾラ


21歳。

隣国ルーフスの魔術師。闇属性。

曲がったことが嫌い。

リタ・ランズ


16歳(人間換算)

魔女の村ミスルトーで暮らしているエルフ。
アラキナのストッパー兼村一番のしっかり者。

ウェンディ・アスター


不明(20代後半くらいに見える)

街道の外れの屋敷で働くメイド。

屋敷の中で一番力が強い。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み