第15話 灯台祭、最終日

文字数 3,603文字

「ボンゴレパスタ二人前、メンチカツ三人前、スコッチエッグ五人前!」
 灯台祭の最終日、みさきの家には初日同様、山のように客が押し寄せていた。
「お姉さん注文いい?」
「取り皿もう一枚もらえなーい?」
「ごめん、スプーン落としちゃった!」
「しばらくお待ちください!」
 完成した料理を客に届ける間、注文を申し出る客が次々と声を上げる。その姿をメルリアは一人一人確認した後、手を上げた順番通りに接客を行っていた。
 一日休みをもらったとはいえ、連日働きづめでメルリアの疲労は溜まっていた。時折足がもつれそうになったり、注文の復唱を噛みそうになったり。注文自体の間違いはないが、効率は確かに落ちている。しかし客はこちらの事情を知るよしもなく、次々に声を上げる。それは、たった一人で接客と提供をこなすメルリアを確実に追い詰めていた。
「ありがとうございました。いらっしゃいませ、二名様ですね。ご案内致しますので少々お待ちください」
 客が帰れば客がひっきりなしに押し寄せる。客の動きが止まる気配はなく、ただただ営業終了まで走り続けるしか選択肢はなかった。
 今日は激務だ。会計を行うテレーゼですら、客を席へと案内する役も担っていた。彼女もまた疲労がたまっているが、疲れた顔一つ見せずに接客を続ける。グレアムは料理補佐と皿洗いという二つの仕事を回し、キッチンに立ちっぱなし。フィリスは客からの注文を捌き料理を作り続ける。グレアムはデカイ邪魔だとフィリスの体当たりを頻繁に食らったが、恰幅のよい彼がその程度でよろけることはない。
 グレアムが手の回っていないメルリアに助け船を出そうと、彼女の代わりに出来上がった料理を客に提供する。その笑顔は普段の五分一ほどだった。
 それぞれがそれぞれ働ける量のギリギリで動いていた。それはつまり、少しでもトラブルが発生しようものなら決壊してしまう危うさを意味している。灯台祭は毎年忙しいが、ここ数年でここまで忙しい日は初めてだ。テレーゼも、フィリスも、メルリアも限界であると言うことは誰が見ても明らかだった。
 それはグレアムから見ても理解できる。このままではよくない。最終日に誰か雇っておけば良かった、とグレアムは後悔していた。誰かいないだろうか。突然頼めば力になってくれそうで、オレがこうして客席に出なくてもいいような……そんな、都合のいい人間は。特に、メルリアの補佐をやってくれるような人が欲しい――。グレアムは頭の中で祈る。誰か来い、と。
 再び店の扉が開いた。テレーゼのいらっしゃいませという柔らかい声が響く。客かよ! グレアムは頭の中で己の膝を叩く様子をイメージした。
「次! プリン! カレー! アイス! そば!」
「はいっ!」
 もはや何人前も言わずに出来上がった料理の名前を口にし、その度にメルリアが料理を受け取りにカウンターへ向かう。
「す、すごい客だな……」
 みさきの家の扉を開けた男――クライヴは、その姿に愕然とした。
 彼がこの店に来た理由は食事のためだけではない。昨日の件をメルリアに謝りたかったのだ。彼女がみさき家に世話になっているのは聞いていたから、営業時間ならば大丈夫だろうと訪ねてみたのが……。どうやら時期を間違えたらしい。絵に描いたような多忙の光景に、クライヴは言葉を詰まらせた。祭りの最終日とは思えないほどの活気だったからだ。
「お一人ですか?」
 そんな中でも、忙しいことを一切表情に出さず接客するテレーゼ。クライヴははっと顔を上げた。
「あ、いえ、お忙しそうですし、また後で来ます――」
 この状況ではきちんと話をすることは困難だろう。それに、こんな状況で彼女たちの仕事を増やすのは気が引ける。クライヴは店を後にしようと背を向けた。が、その肩を掴む大きな手があった。
「同情するなら接客、手伝ってくんない? 奥で手洗って、エプロンあるからそれ着てくれりゃいいから! あっ仕事はホールね。ほらほらそうと決まったら早く早く~」
「えっ、あ、はい!?」
 グレアムはクライヴの返事を聞くことなく、店の入り口で立ち尽くしていた彼を店の厨房へと押しやる。グレアムがクライヴを連れて厨房へ戻ると、慌ただしくフライパンを振るフィリスに本気の目で睨まれた。
「こんの忙しい時に油売ってるとかバカなの!?」
 そして真面目にキレられた。相当余裕がないなあ、とグレアムはため息をつく。言おうか迷った冗談やツッコミ諸々を飲み込んで、グレアムは親指を突き立てた。
「働き手」
「助かる、さっさと手洗ってメルリアを手伝って」
 グレアムが機嫌良く口にすると、フィリスはすぐさま表情を切り替えて指示を出した。周囲の状況を見たクライヴは、働く以外の選択肢がないことに気づく。
 ……これ、やるしかないのか。
 状況がいまいち理解できないまま、クライヴはみさきの家の臨時アルバイトとして働くことにされた。

「はい、看板をかけてきたわ。お疲れさま」
 客のいないみさきの家では、一日目のように人の形をした抜け殻がその場に転がっていた。その数は四つ。一日目と比べると、抜け殻の数が一つ増えた。
「ごめんなさいね、突然夫が無理を言ってしまって」
 抜け殻状態のクライヴに、テレーゼは優しく声をかけた。クライヴは辛うじて顔を上げる。
「いえ……」
 否定するが、格好はつかない。疲れの色が前面に出ていたからだ。クライヴは前日とは違う汗を流し、ぐったりと椅子に腰掛けていた。
 フィリスはテレーゼが用意した氷水を一気に飲み干すと、改めて助っ人の顔を見る。
「あー……、あなた、この間のお客さんじゃない」
 その言葉に、机に突っ伏したグレアムが右手を挙げる。全身ぐったりと倒れ込み元気はないが、突き立てた親指だけは綺麗に反っていた。トレンチがグレアムの頭上で鈍い音を立てる。己の手柄にすり替えることにだけは抜かりないんだから――フィリスはグレアムの頭にあるトレンチを力なくぐりぐりと押しつけながら、盛大にため息をついた。
「クライヴくん……だったわよね? 簡単なものだけど今から用意するから、少し待っていて」
「すみません、助かります」
 クライヴはテレーゼに頭を下げる。彼女はゆっくりと厨房へ向かっていった。
 手伝わなければと思うフィリスだったが、膝に力が入らない。そのまま甘えて任せてしまおうと思った。
「テレーゼさんの料理はなぁ……美味いぞぉ……」
 顔だけをクライヴの方へ向け、グレアムがだらしなく笑う。疲れのせいで出た奇妙な笑みだが、案の定気持ち悪いとフィリスに叩かれた。
 そんな様子を眺めていたクライヴの視線が、隣のメルリアに向く。もう大丈夫だと伝えたかったはずが、随分と遠回りしてしまった――それだけ言おう、と声をかけようと口を開く。が、声は出なかった。メルリアは椅子の背もたれに腰掛けたまま、居眠りをしていたからだ。
「なんだぁ少年、メルリアのことが気になるかぁ?」
「そんなことは――」
 ない、と言おうとした時、また鈍い音が響いた。ぺしぺしとトレンチでグレアムの頭が小さく何度も小突かれている。
「そういう風に何でも恋愛に絡ませるの気持ち悪い。悪い中年の癖」
「あー悪い悪い、とーちゃん疲れてて変なこと言ったって」
「父さんはいつだって頭のネジがおかしい」
「フィーはヒドいなぁ」
 いつにも増して罵倒と冗談が限度を超えているが、それらは彼らの頭の中できちんと理解されず、記憶されず、すり抜けていく。
 フィリスはメルリアに視線を向けた後、欠伸交じりに言った。
「でも珍しいわね……。メルリアって絶対居眠りしなかったのに」
 フィリスはここ五日間のことを思い出す。いくら眠気が辛そうでも、メルリアはいつだって気合いで耐えていた。自分が先に眠ることすら遠慮しそうな人なのに、珍しい。
 テレーゼが厨房で作業をしている水の音、火が油ではねるパチパチという音を耳にしながら、フィリスは今日で灯台祭が本当に終わってしまったんだと実感していた。視線の先にいる助っ人は、もうすぐいなくなる。数年前みさき家で一緒に働いていたフィオンより、よほど頼りになる人材だ。羨ましいほどの記憶力は、多忙の店の接客に向いている。一緒に仕事をするには頼もしい存在だ。
 ……また、来年の灯台祭には一緒に働いてみたいけれど。
 メルリアの寝顔を見つめながらぼんやり考えていると、フィリスは自身に強い眠気が襲っていることに気づく。もう今日はこのままベッドの上で眠ってしまいたいとさえ思えた。フィリスは眠い目を擦り、椅子から立ち上がる。ふくらはぎがじわりじわりと温かく痛んだ。
「ごめん、私もう寝るわ」
「おー、フィーお疲れ」
 グレアムに頷いて返す。フィリスは辛うじて薄く開いた目でクライヴに会釈すると、厨房の奥へと、自分の部屋に向かって歩いて行く。

 灯台祭は終わった。
 メルリアが街を離れる時がすぐそこまで迫っていた。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

◆登場人物一覧

┗並びは初登場順です。

┗こちらのアイコンは公式素材のみを使用しています。

メルリア・ベル


17歳。

お人好し。困っている人は放っておけない。

祖母との叶わなかった約束を果たすため、ヴィリディアンを旅することになる。

フィリス・コールズ


16歳。

曖昧な事が嫌いで無駄を嫌う。
シーバの街で、両親と共に「みさきの家」という飲食店を経営している。

クライヴ・ローウェル


22歳。

真面目。お人好しその2。

理由あって旅をしており、メルリアとよく会う。

ネフリティス


27歳(人間換算)

都市に工房を持つエルフの錬金術師。

多少ずぼらでサバサバしている。

イリス・ゾラ


21歳。

隣国ルーフスの魔術師。闇属性。

曲がったことが嫌い。

リタ・ランズ


16歳(人間換算)

魔女の村ミスルトーで暮らしているエルフ。
アラキナのストッパー兼村一番のしっかり者。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み