第88話 連れ去った先に

文字数 5,386文字

 メルリアは手を引かれるままエントランスに連れられた。
 中庭にランタンを置きっぱなしにしてしまったせいで、周囲の景色は物の有る無ししか判らない。まだ夜目に慣れていなかった。しかし幸いにもエルヴィーラはいつもと同じ白い手袋をつけているおかげで、暗闇でもその形がくっきりと浮かび上がった。
 急ぎ足で歩を進めながら来た道に目をやる。眼前に広がるのは夜の闇。当たり前だがクライヴの姿はない。メルリアは不安そうにその黒をじっと見つめた。先ほどの彼の様子がどうしても気がかりだった。何の話があったんだろう。誰かがいると話しづらい事なのだろうか。落ち込んだ表情が脳裏に過り、視線を落とす。尋ねるべきだっただろうか。背後を気にしていると、前をゆくエルヴィーラの足が突然止まる。背中にぶつかる一歩手前で足を止めた。
「……メルに見せたいものがあるの」
 エルヴィーラはわずかに首をこちらへと向けると、再び手を引いた。彼女の表情は読めない。分かるはずがなかった。
「ウェンディに会う前に二階へ行くわ。階段に気をつけて」
 案内されるままに歩を進めると、石造りの床から赤い絨毯へ、地を踏む感触が変わる。足を包むふわりとしたそれは、ヴェルディグリのあの宿で感じたそれに近い。足裏から返ってくる感覚が柔らかすぎて、心地いいのだか居心地が悪いのかよく分からなかった。やはり慣れないな、とドキドキと落ち着かない胸の鼓動のまま、一歩一歩階段を上っていく。
 二人の間に会話はなかった。ただただ静かに手を引かれるまま、長く広い屋敷を歩く。周囲の状況を少しでも吸収しようと辺りを見回していたが、やがてその静寂に違和感を覚え始めた。
 ――なにかが、違う?
 屋敷の様子は彼女の目には分からない。けれど、なにかが足りない。なんだろう。エルヴィーラと一緒にいるのに? それに思い至り、はっと目を丸くする。そうして頭の中で過去と現在を比べるように思い浮かべ、やがてゆっくり口を開いた。
「……どうかしましたか?」
「どうか、って?」
 メルリアの前方から聞こえてくるのは、先ほど聞いたものと同じ凪いだ声だ。しかしその声色はどこか沈んでいる。
「なんだかエルヴィーラさん、元気がないような気がして……」
 今までと違うのだ。
 ヴェルディグリで共にシャノワールまで駆けたこと。ヴェルディグリの宿からネフリティスの工房へ向かった時のこと。そのどちらとも、エルヴィーラは笑顔を絶やさず、まるで踊るように街を駆け抜けていた。メルリアはあの時間が大好きだった。見慣れない街でも、エルヴィーラと共に歩くと楽しい。何気ない風景がキラキラと輝いて見える。それはきっと、エルヴィーラも楽しげだったからに違いないのだ。
 だというのに、今はどうだろう。屋敷の前で会ったエルヴィーラは以前のままだった。けれど中庭で会ってからは――今は、どうも違うよう。恐らく、彼女自身に何か思うことがあるのだろう――とメルリアは察した。
 エルヴィーラはその言葉に一瞬歩を止めそうになるが、構わずに前へ前へと進んでいく。時々頬に張り付く髪を鬱陶しげに耳にかけながら。
 やがて、彼女はバルコニーへ続くアーチ窓の前で立ち止まった。月明かりがバルコニーの白を、そして窓枠を、エルヴィーラの姿をはっきり映し出す。メルリアはそこでやっと彼女の表情を見た。彼女は笑っていた。けれどその表情はどこか力ない。
「ね、メル。私のこと、好き?」
 エルヴィーラはそっと手を離すと、こちらから二歩後退して距離を取った。背中の後ろで腕を組むと、悪戯っぽく笑って問いかける。
 その言葉に、メルリアは何度も首を縦に振った。やがて息をつき、彼女の赤い瞳を見つめながらふわりと微笑む。
「はい。エルヴィーラさんと一緒にいると、楽しいです」
 もっと相手のことを知りたいと思う。もっといろいろな話をしたいと思う。傍にいると落ち着くし、どこか懐かしい感覚を覚える。メルリアはエルヴィーラと一緒にいる時間が好きだったし、エルヴィーラのことも大切に思っていた。彼女を思う親愛の情は家族や姉妹に感じるものと同一である。傍にいると、話をしているととても安心する。メルリアが穏やかに笑うが、反対にエルヴィーラは視線を落とす。
「それは私が人間であるから言えること?」
「えぇと……?」
 質問の意図が分からず、言葉が詰まる。どうしてそんなことを聞くんだろう、と頭を捻らせると、エルヴィーラは諦めたように笑った。窓枠に手をかけるが、押し開くことはしない。ただ、その枠の縁を指でなぞるだけで。宵闇の空をいくつもの黒が横切っていく。それに構わず、彼女は人差し指を見つめて呟き言を漏らす。
「判っているのだけれどね、全部。このまま知る方が正しいんだって」
 エルヴィーラはかつて自分に投げかけられた優しい声を思い出しながら、鬱陶しそうに窓に体を預けた。ギィ、と音が立つが、その窓が開くことはない。伏し目がちにため息をつくその視線が、やがてメルリアの右手に向けられた。彼女の肌もまた、月明かりを反射して白く輝いている。
 温かい手。綺麗に切りそろえられた爪に、丸みを帯びた手のひらの輪郭。かつての記憶が蘇り、エルヴィーラはふっと笑った。
「前みたいに……、一緒に逃げられたらいいのに」
 頬に張り付く髪を再び耳の後ろにかけるが、数本耳の前に垂れ下がる。その髪に触れ、指でもてあそんだ。
「……こんなところにいたって、この前よりもずっとすぐに見つかるもの」
 諦めたように笑い、長くしなやかな睫毛を閉じ合わせた。窓辺に寄りかかり、夜漏れ光る月明かりに照らされたエルヴィーラの姿は、まるで一幅の絵画のように美しい。透けるように白い肌も、癖のあるセミロングの髪も、整った顔立ちも、手袋の白色ですら。
 メルリアはその姿に少し躊躇ってから、エルヴィーラに一歩一歩歩み寄る。
「私……。シャムロックさんと一緒にいる間、エルヴィーラさんのお話をたくさん聞きました」
「シャムが?」
 ゆっくりと瞼が開き、深紅の瞳がメルリアの青く澄んだ瞳を捉えた。
「シャムロックさん、エルヴィーラさんのお話をする時、とても優しい表情をするんです。声や言葉の柔らかい感じもそうなんですけど……、エルヴィーラさんのことが大好きなんだって伝わってくるんです」
 メルリアはミスルトーやここに来る道でのシャムロックの様子と、共にシャノワールへ行ったあの日のことを思い出していた。
 店に飛び込むように入ってきたシャムロックは全身雨でずぶ濡れ、髪は顔に張り付き服も体にまとわりついていた。彼の背の高さも相まって、初対面であったあの時は怖いとしか思えなかった。けれど今は……。メルリアは当時の記憶をたぐり寄せる。店の奥にいるエルヴィーラに気づいた途端、シャムロックはほっと安堵の笑みを浮かべていた。その表情の温度は、シャムロックがエルヴィーラのことを語るものと同じだった。
「どうかしらね」
 唇をつんと尖らせたエルヴィーラは、どこか突き放すような声色で言う。それはここにいない人物に向けられたものだ。だからメルリアは引き下がるつもりはなかった。なにか――なにかないか、と頭の中でシャムロックとの記憶を次々と思い浮かべると、頭の中にあるものが思い浮かぶ。慌ててリュックサックからポーチを探し出すと、四つ折りの紙を取り出した。折れた事による癖はついているものの、比較的綺麗に保たれていた。
「これ……、見て、ほしいんですけど」
 その紙を大切そうに開くと、不機嫌面を浮かべるエルヴィーラへ手渡した。それはヴェルディグリでシャムロックから渡されたメモ書きである。夜半の屋敷へ続く、箇条書きのような道筋が書かれた部分は眉一つ動かさなかったエルヴィーラだが、紙の端にある追伸以降の言葉に目を通すと、深紅の瞳が揺らめいた。
「……これじゃまるで、私が子供みたいじゃない」
 不服そうに眉をひそめるエルヴィーラだが、その表情は先ほどよりも幾分か明るい。もう一度その部分に目を通した後、エルヴィーラは紙を返した。メルリアは元あったように紙を折り目に沿って四つ折りにすると、大事そうにポーチの中にしまう。
 エルヴィーラは廊下の奥に視線を向けた。今まで二人が通ってきた道だ。そこには暗闇が広がっている。その闇から顔を背けると、メルリアのすぐ隣に立った。エルヴィーラは先ほどのようにメルリアを抱き寄せ、細く長い腕を背中に回した。
「すぐに……色々、ほんとうの事を知るはずだけど……。私のこと、嫌いにならないでね」
 エルヴィーラの心の内は月夜に暴かれるが、心の奥底を伝える声は弱々しく闇へ溶け消えていく。メルリアの視界の外で、エルヴィーラは静かに目を閉じた。肩が震える。メルリアを抱き留める腕にまるで力が入らない。平常を装うはずの声は上擦り乱れていた。
「エルヴィーラさん……?」
 メルリアはその意図が分からない。エルヴィーラの肩がどうして震えているのかも分からない。ただ、一つだけはっきり言えることがある。
「エルヴィーラさんのこと、嫌いになんてなりません」
 数多のものが闇夜に飲み込まれる屋敷に、その声は力強く、はっきりと響いた。隠すつもりもない、隠す必要もない確固たる意志。メルリアも同じように彼女の背中に腕を回した。寒さに震える体を温めるように、しっかりと抱き留める。
 エルヴィーラはその言葉にうなずきもせず、言葉も返さず、ただただメルリアの口から聞こえた言葉を頭の中で繰り返した。口約束がいかに頼りないものかは知っている。人の心は自由で、他人が縛れるものではないと聞いている。この世に確実なものはないとも。けれど――そうであってほしい、と願った。
 廊下の闇が、やがて一つの人影を形作っていく。靴音はないに等しいが、エルヴィーラはかすかなそれに気づいた。細く長いその影がくっきりと姿を現す頃には、エルヴィーラは背中に回した腕を解き、メルリアと距離を取るように両肩をそっと押し返した。
「エルヴィーラ、メルリア。ここにいたか」
 暗闇から姿を現したシャムロックは、それ以上何も言わなかった。
 エルヴィーラは一度俯くと、気を取り直して顔を上げる。メルリアに背を向けると、数歩前を歩いてシャムロックの前に立つ。
「あら、随分と長いこと寄り道してしまったみたいね」
 冗談めいて笑うが、彼女の瞳はより赤く、声も弱々しい。普段通りを演じ切れていない証拠だった。
 しかし彼はそれも問い出さない。責めるどころか、眉を下げ、どこか己の体にある不快感を示すように眉をひそめる。その表情は疑念から来るものではなかった。
「……シャムがそんな顔しないで」
 屋敷の闇に飲み込まれるような、むしろ飲み込ませるように呟くと、エルヴィーラはシャムロックに背を向けた。メルリアにもいつも通りを装って笑って手を振ると、廊下の奥へ向かう。彼女もまた、靴音一つ立てず立ち去った。夜の闇に吸い込まれるよう、静かに。やがて、遠くでドアノブを回す音が響く。それすらも控えめで、神経を集中させねば分からないほどの音だった。
 その闇へ視線を向け続けていたメルリアは、数歩前へ出る。
「シャムロックさん。ウェンディさんはどちらに?」
 同じ道の先を見つめていたシャムロックが、その言葉にはっと我に返る。
「一階の右方の部屋だが……、さすがに一人で向かうのは無理があるだろう。この屋敷は部屋数も多いし、扉からは判別がつかない」
「特徴を教えていただければ大丈夫です。私はいいので、エルヴィーラさんと話をしてください」
 突然のことに眉を上げるシャムロックだが、メルリアは一歩も引く様子はなかった。引くつもりもなかった。彼を真っ直ぐに見上げる瞳は決意の色に染まっており、そこに迷いや不安の類いはない。彼女はいざという時は決めたことを曲げない性分だった。
 本当によく似ているなと苦笑を浮かべると、シャムロックはアーチ窓を押し開いた。開かれた夜空に、笛の音が一つ響く。やがて、羽音を響かせながら乙夜鴉が降り立った。左腕を伸ばすと、律儀にそちらへとやってくる。ミスルトーにいたものと同一のそれは、シャムロックとメルリアの顔を見るなり、深みのある渋い声で鳴いた。
「ウェンディがいる奥の客室……分かるな? そこまで彼女をエスコートして欲しい。頼んだぞ」
 漆黒の瞳を真っ直ぐ見つめ、シャムロックは指示を下す。エスコートの言葉に反応したのか、小さく丸い目がキリリと釣り上げられた。返答に漏れた渋い声は凄みを増している。乙夜鴉なりの「いい声」で答えた結果である。
 乙夜鴉の鳴き声にはすっかり慣れたつもりのメルリアでも、予想だにしない声に――まるで人の声のようなその声に、思わず乙夜鴉の姿をまじまじと見つめてしまった。彼は紳士が礼をするように右側の羽だけを広げ、一度瞬きをして見せた。屋敷付近を住み処とする動物は様々な心得がある。シャムロックの腕から飛び立つと、乙夜鴉はメルリアの足下で羽を休めた。
「ありがとう」
 メルリアが返事をする前に、シャムロックは早々に走り去ってしまう。先ほどは聞こえなかった靴音が、屋敷の闇にはっきりと響いた。
 どうか、エルヴィーラさんの寂しさが癒えますように。
 消えゆく背中を見つめながら、メルリアはただただ祈った。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

◆登場人物一覧

┗並びは初登場順です。

┗こちらのアイコンは公式素材のみを使用しています。

メルリア・ベル


17歳。

お人好し。困っている人は放っておけない。

祖母との叶わなかった約束を果たすため、ヴィリディアンを旅することになる。

フィリス・コールズ


16歳。

曖昧な事が嫌いで無駄を嫌う。
シーバの街で、両親と共に「みさきの家」という飲食店を経営している。

クライヴ・ローウェル


22歳。

真面目。お人好しその2。

理由あって旅をしており、メルリアとよく会う。

ネフリティス


27歳(人間換算)

都市に工房を持つエルフの錬金術師。

多少ずぼらでサバサバしている。

イリス・ゾラ


21歳。

隣国ルーフスの魔術師。闇属性。

曲がったことが嫌い。

リタ・ランズ


16歳(人間換算)

魔女の村ミスルトーで暮らしているエルフ。
アラキナのストッパー兼村一番のしっかり者。

ウェンディ・アスター


不明(20代後半くらいに見える)

街道の外れの屋敷で働くメイド。

屋敷の中で一番力が強い。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み