第34話 弟子代理の日々4

文字数 1,759文字

 カチャリ、と音を立て、ナイフを皿の端に置く。
 ペーパーナプキンで口を拭いたネフリティスは、普段と変わらぬ顔で言った。
「ふむ。全体的に見ても悪くなかった」
 その言葉に、メルリアはほっと胸をなで下ろした。
 ネフリティスと接した時間はまだ多くないが、メルリアは彼女について少しだけ分かったことがある。口数が少ないからといって、怒っているわけではないということ。今の感想は貶されているわけではないと言うこと。はっきりと分かるのはこの二つくらいだったが。
「家庭料理らしい家庭料理だ」
「えっと、それって……」
 けれど、この感想の是非は分からなかった。言葉としてはどちらとも取れる。どういう意味か尋ねようとすると、ネフリティスはふっと笑う。
「素直に喜んでいい」
 その言葉に、メルリアの表情がぱっと明るくなった。
 激しい感情の起伏を見せるメルリアを見て、ネフリティスは一つ息を吐く。たった一言喋っただけなのに、面白いくらいに表情が変わるなと思った。すると、お互いの視線が合う。
「あの、お弟子さんってどんな人なんですか?」
「あいつか……」
 ネフリティスはティーカップを手に取り、そのまま口をつけた。なかなか紅茶の味がしない、と疑問に思って底を見る。中身は空っぽだ。飲みきったことをすっかり忘れていた。瞼をこすると、ソーサーの上にカップを置く。
「メルリア、追加を」
「あ、はいっ」
 その言葉に、メルリアは立ち上がる。何かを頼まれた直後の足取りは危なっかしいが、本日七度目ともなると、すっかり手慣れていた。メルリアは静かにティーカップに紅茶を注ぐと、カップに鮮やかな橙色が真っ直ぐ落ちる。ネフリティスは、湯気と共に漂う香りを味わった。
「面白いやつだよ。それに、とても可愛い顔をしている。酒は飲める年だから、童顔というヤツだな。飲めるくせに弱いのもいい」
 正反対な物言いに、メルリアは首を傾げた。彼女にはネフリティスの言う「いいポイント」がよく分からなかった。面白いのはまだしも、お酒は弱いのにいい? 言葉の意味は分かるけれど、童顔ってどういうこと? 弟子の人は自分よりも幼く見えるのだろうか……などと考えてみるが、それをいちいち問いただす勇気はなかった。ただ一つ分かるとすれば、あまり褒めないネフリティスが可愛いと認めるほど、素敵な女の人なんだろうということくらいで。
「えっと……お弟子さんは、私と同じくらいの人ですか?」
 メルリアは自分のティーカップにも紅茶らしきものを注ぐ。出がらしのそれは紅茶風味の湯だった。
「あぁ……、恐らくな。私も細かい事は分からないが。お前、酒は飲める年か?」
「つい先日大丈夫になりましたけれど、飲んだ事は……」
 その言葉に、ネフリティスの目がギラリと光る。鋭いまなざしでメルリアをしげしげと観察した。苦笑を浮かべる表情と、ティーカップを持つ仕草を眺めた後、酒を飲んだ姿をイメージしてみる。しかし、思考を始めてから数秒でしかめっ面になった。ネフリティスは、ティーカップの縁を指でつまらなそうになぞる。
「まあ、お前は飲めるだろうな」
「そういう風に見えますか?」
 そう思われている事が意外だとメルリアが目を丸くすると、ネフリティスはきっぱり言う。
「全く」
「えっ」
 メルリアの口からとぼけた声が漏れた。
「だが、お前は飲める方だ。少なくとも、一口で顔が赤くなる方ではない」
 根拠のない自信なのか、それとも決めつけなのか、エルフの人の魔法はそんなことも分かってしまうのか――。淡々と言い切るネフリティスを見て、メルリアは特に意見しなかった。
 幼い頃聞いた祖母の言いつけがある。お酒を初めて飲む時は、私か信頼できる人と一緒に飲んで、自分がどれだけ飲めるか知っておきなさい。他人と飲むのはそれからだ、と。祖母のみならず、親戚の男も似たような事を言っていた。メルリアは言いつけはきちんと守る方だ。花を探し終わるまでは、酒を飲まないと決めていた。
 ネフリティスは一口分残った紅茶を飲み干し、立ち上がった。固まった体をほぐすように、軽く腕を伸ばす。
「――さてと、私はそろそろ戻る。明日もよろしく頼む。早めに寝ろよ」
「あ、はい、おやすみなさい」
 普段通りひらひらと手を振るネフリティスを見送った後、メルリアも紅茶風味の湯を飲みきった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

◆登場人物一覧

┗並びは初登場順です。

┗こちらのアイコンは公式素材のみを使用しています。

メルリア・ベル


17歳。

お人好し。困っている人は放っておけない。

祖母との叶わなかった約束を果たすため、ヴィリディアンを旅することになる。

フィリス・コールズ


16歳。

曖昧な事が嫌いで無駄を嫌う。
シーバの街で、両親と共に「みさきの家」という飲食店を経営している。

クライヴ・ローウェル


22歳。

真面目。お人好しその2。

理由あって旅をしており、メルリアとよく会う。

ネフリティス


27歳(人間換算)

都市に工房を持つエルフの錬金術師。

多少ずぼらでサバサバしている。

イリス・ゾラ


21歳。

隣国ルーフスの魔術師。闇属性。

曲がったことが嫌い。

リタ・ランズ


16歳(人間換算)

魔女の村ミスルトーで暮らしているエルフ。
アラキナのストッパー兼村一番のしっかり者。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み