第27話 錬金術師ネフリティス1

文字数 5,432文字

 街をゆくエルヴィーラの足取りは軽やかだ。
 それについて行くメルリアは、自分の体重が軽くなったような不思議な感覚があった。冷たい石畳の色が、無機質に積み上げられたレンガの模様が、色の薄い夜景が、街を濡らす雨が、傘からこぼれ落ちる雨粒が――目に見えるすべてのものがキラキラと輝いているように見えていた。
 まるで、エルヴィーラにこの街を美しく見える魔法をかけられているようだ、とメルリアは思った。エルヴィーラと共にいると、不思議な気分にさせられることばかりだ。今まで見ていた景色が全く異なって見える。あの月を鏡のように写した湖の景色も、雨に濡れるヴェルディグリの街並みも。
 やがて、二人は他の通りと変わった住宅街に入り込む。周囲の家々がやたら特徴的な形をしているのだ。屋根の形が丸かったり、四角い形をしていたり。窓の形も、菱形、星形、三角形など様々だ。街並みに合う配慮か、建物はどれも同じレンガ造りであるが……この通りに建つ建物は、どこか強い個性を持っていた。
 そんな中、平凡な建物にたどり着く。窓は横に長い長方形、屋根は他所の通りでよく見える三角形。一般的な家の形だが、ここでは逆に個性として成り立っていた。
 エルヴィーラはその家の前で足を止めた。待っていてと片目を閉じてみせると、戸を数回叩く。しかし、扉が開かれることはなかった。
「お留守でしょうか?」
 メルリアがエルヴィーラに尋ねると、彼女は濡れた扉に手を置いた。目を伏せ、数秒。すぐに首を横に振る。
「人の気配がある。外の音も聞こえないくらい忙しいのね。もしかしたら、雨にも気づいていないかもしれないわ」
 エルヴィーラはメルリアに微笑みかけると、ドアノブに手をかけた。そのまま捻ると、抵抗なくドアノブが回る。家に鍵はかかっていなかった。傘を閉じ、エルヴィーラはすたすたと中に入っていく。
 勝手に入ってしまっていいのだろうか? メルリアは困惑し、立ち止まる。
「このまま外にいると風邪をひいちゃうから。ほらほら早く。湿気っちゃうわ」
 エルヴィーラは扉の前で立ち尽くすメルリアの腕をつかむと、半ば強引に部屋の中へ引きずり込んだ。
 外の温度差と体内にまとわりつく湿気。暑さと不快感。メルリアは一つため息をついた。
 玄関には申し分程度に仄かな灯りがついている。入り口の左脇には二階へと続く階段。右側の部屋からはわずかに橙色の光が漏れていた。そこからは湯が煮えるような音、食器を片付けているような高い音が聞こえる。それに混じって、ツンと鼻を刺激する酸っぱいにおいも充満していた。
「……本当に忙しそうね、あの人」
 右側の漏れた光を見つめながら、エルヴィーラは呟く。ひとつ息を吐くと、右側の扉に向けて声を張り上げた。
「忙しいところ悪いけれど、用があるの! そちらへ行ってもいい?」
「エルヴィーラか。勝手にしろ」
 金属の音に混じって、メルリアの知らない声が玄関に響く。女の声だった。
「行きましょう」
 エルヴィーラはメルリアの手を取った。迷いなく、真っ直ぐ女のいる部屋に向かう。メルリアは手を引かれたまま、何に使うのか分からないガラクタの山や立ち入り禁止の札が下げられた扉に目を向けながら歩いて行った。

「……ここまでは順調、か」
 テーブルの上には白い煙が立ちこめていた。女はその煙の発生源へと躊躇なく手を伸ばすと、グリーンスフェーンに似た輝きを持つ丸い石を手に取った。石越しに透けて見える己の指を見つめる。
 そうしている頃には、部屋に充満していた煙がすっかり消えていた。その石を白樺のかごにしまうと、女は地面を蹴った。女の座る椅子がくるりと回り、ふたりの方に向きを変える。
「ずいぶんと熱中していたわね。何を作っていたの?」
「常人には必要のない物だ。無論、お前の役にも立たないぞ」
 その会話を聞きながら、メルリアは落ち着かないといった風に女の様子をうかがった。女は腰まで届くような長髪に、長い睫毛に宝石のような緑色の瞳をしている。年齢は三十代くらいだろうか。シャムロックと同じくらいに見える。それに――女と目が合うと、メルリアがびくりと反応した。
「そんなに私が珍しいか?」
 女は長い髪を耳にかけると、自分の耳を人差し指で触れた。長く尖った形状の耳は、人間のそれとは異なる。エルフと呼ばれる種族の特徴そのものだった。
「え、えっと……。エルフの方を間近で見るのは初めてなので」
 メルリアはエルフ特有の耳を見やると、こわごわと答えた。
 人間とエルフの外見の差異といえば、耳の形くらいだ。しかし、その性質は大きく異なっている。エルフは生まれながらに必ず魔力を持ち、科学では全く説明のつかない魔法という技術が扱える。
 また、人間より長命であり、人間のおよそ三倍以上生きるとされている。この世界では人間の次に多く存在すると言われているが、人間とともに生活しているエルフは全体の三分の一程度。それ以外は、エルフの国・ブランに引きこもっていたり、人間が来ない森や山の奥でひっそりと暮らしていると伝えられている。
 メルリアもそれらの情報は知っていた。本で読んだことがあったからだ。しかし、まともにエルフと会話するのはこれが初めてだった。
 一つため息をつく女を見て、メルリアはびくりとした。もしかしたら気を悪くさせてしまったかもしれない、と思ったからだ。慌てて頭を下げる。
「ご、ごめんなさい! ご迷惑でしたよね」
「構わん。お前のような人間の反応は見飽きている。それでおまえ、名前は?」
 呆れたような声を漏らし、女は続きを促す。
「メルリア・ベルといいます」
 女はメルリアの名前を復唱すると、椅子から立ち上がった。女の長い髪が静かに揺れた。
「私はネフリティスだ。錬金術で生計を立てている」
 メルリアはその名を確認するよう何度か呟く。珍しい響きの名だと思った。
「錬金術……? 魔法とは違うんですか?」
 きょとん、とするメルリアを見て、ネフリティスは再び椅子に腰掛けた。
「全く違う。錬金術は科学技術だ。物質を全く別の物に変異させる――しかしまあ、こう言うと素人には魔法のように聞こえるかもしれないが」
 ネフリティスの説明に、メルリアは首をかしげることしかできなかった。彼女の言葉通り、どう考えても魔法のようにしか聞こえなかった。科学……つまり、魔力がない人間でも扱うことができる技術なのだろうか? そう尋ねようとしたが、ネフリティスはつまらなそうにメルリアから視線をそらす。代わりに、本棚をじっと見つめていたエルヴィーラの背中に問いかけた。
「で、お前はどうしてこの娘を連れてきた? あいつに内緒で駆け落ちか?」
 ネフリティスのニヤニヤとした笑みにエルヴィーラは振り返ると、肩をすくめてみせる。
「まさか。今日はね、メルをあなたに紹介するために来たのよ」
 その言葉に、ネフリティスはメルリアを見つめる。視線にはっとしたメルリアもまた、ネフリティスの目をじっと見つめ返した。喉の手前まで出かかっていた錬金術への質問を飲み込みながら。
 メルリアは落ち着かない様子で、まばたきを繰り返した。あの花について人に聞いたのは何年も前だが、しらみつぶしに探していたあの時と今では状況が違う。知っている可能性のある人物に質問することがこんなに緊張するとは。もしかしたら、もう答えが得られるかもしれない。
 期待と不安でメルリアの胸が高鳴っていく。短い呼吸を繰り返した後、意を決したようにネフリティスを見つめる。そして、力強く切り出した。
「探している花があるんです。図書館の植物図鑑を見ても、私の求めている物に一致する記述がなくって――」
「先に言っておくことがあるが」
 話の途中であったが、ネフリティスはわざとらしく声を張り上げると、メルリアの言葉を手で制した。
「お前がエルヴィーラの紹介だとはいえ、情報はタダじゃない。錬金術師に頼らなければならないようなものであれば尚更だ」
 力んでいた肩の力が抜けていく。メルリアの表情が強ばった。
 どうしたらいいのだろう。メルリアは考える。どうにか教えてもらいたい。もう八方塞がりだ。背負ったリュックの重みに意識を向けた。たいした物は持っていない。お金なら、必要であれば出すつもりでいた。
 けれど――。きっぱりと言い放ったネフリティスの表情を思い出す。お金を渡したところでは解決しない。そんな気がした。しかし、考えても答えは出ない。
「……どうすれば教えていただけるんですか?」
 メルリアは恐る恐るネフリティスに尋ねる。すると、彼女はニッと笑みを浮かべた。
「なぁに、簡単なことだ。私の仕事を手伝ってくれ」
「へ――」
「私の弟子が使い物にならんのだ」
 メルリアはきょとんとするが、ネフリティスはそんな彼女を気遣わない。
「雑用ばかりだが侮るなよ。私がお前の話を聞くかどうかは、お前の働き方次第というわけだ」
 働き方次第――その言葉に、メルリアの表情が再び強ばっていく。仕事の評価次第で、情報を教えてもらえるか否かが決まるということだ。
 メルリアに錬金術師の知り合いはいない。図書館の本も手詰まりだ。最終手段は人に聞いて回る事だが、できるだけその手段は使いたくはなかった。祖母との思い出を、いつかのように嘲られ否定されたくなかったからだ。つまり、この手伝いが上手くいくかどうかによって、祖母との約束に近づくかが決まる。その責任は重い。
 メルリアは一つ喉を鳴らして息をのむ。改めてネフリティスに向き合った。
「よろしくお願いします。どうか、手伝わせてください」
「よし、いい返事だ」
 ネフリティスはニヤリとした笑みを浮かべた。
 メルリアは開いていた手のひらをぎゅっと強く握りしめる。そんな時、左肩に優しく触れる手があった。振り返ると、エルヴィーラがにこりと微笑んでいた。
「メル、どうか頑張ってね。彼女は結構容赦ないから気をつけて」
 エルヴィーラが不満げに向けた視線を、ネフリティスは涼しい顔でかわす。その様子にため息をつくと、メルリアが強く握った左手をすくう。手のひらに入った力をほぐすよう、両手で包み込んだ。メルリアの左手に入った力が徐々に抜けていく。
「私は今晩ヴェルディグリを出るけれど……。待っているから、会いに来てね」
「……はい」
 シャムロックに手渡されたメモは、きちんとノートに挟んである。グローカスに着いたら開けばいいだろう。
 あのメモをどこにしまったか、自分の記憶の中で再び見た後、メルリアはうなずいた。
「必ず伺います」
「約束よ」
 エルヴィーラはメルリアの体温を確かめるように目を伏せた。数秒の後、彼女の左手を包んでいた両手がふわりと解かれる。
「またね、ネフリティス。メルのこと、あんまりいじめちゃだめよ」
「まぁ、気が向いたらな」
 曖昧かつ適当な返事を背に、エルヴィーラはメルリアに背を向けた。
 会いに行けばいいのは分かっている、けれど少し寂しい――。去って行くエルヴィーラの背中をメルリアはただただ見送った。
 エルヴィーラはメルリアに一つ微笑んでから、部屋を後にした。わずかな物音を立て、扉が閉まっていく。名残惜しいというように、濃い茶色の扉をじっと見つめた。響いた音の余韻が消えるまで。
「ずいぶんと気に入られたんだな、お前」
 やがて音が完全に消えると、ネフリティスは感心したように呟いた。
「あいつがここまで人間と関わるのは珍しい」
 その声にメルリアは振り返った。メルリアの顔を、ネフリティスは興味深いと言った風に見つめている。
 人と関わるのが珍しい? メルリアはネフリティスの言葉を反芻し、首をかしげる。
 最初に声をかけたのは自分だ。だけれど、自分はいつもエルヴィーラのペースの中にいる気がする。そのペースは心地いいけれど、あの人が人と関わるのが苦手だなんて、想像がつかない。
「エルヴィーラさん、人見知り……なんですか?」
 メルリアは恐る恐る尋ねた。すると、こちらが驚いたと言う風にネフリティスは目を見張る。
 ゴトン、と音が鳴り、棚の上にあった本が一冊横たわった。それに続くように、その隣の本が倒れた本に寄りかかる。次第にそれらが重なり、やがて雪崩のように崩れていった。ネフリティスはそちらを一瞬意識したが、我関せずと目を伏せた。
「そうか……いや……」
 納得した表情を見せたかと思えば、否定の言葉をわずかに漏らす。やがて、ネフリティスはため息をついた。
「何も知らないんだな、お前」
 それは独り言のように呟いた言葉だったが、メルリアの耳にもはっきりと届いていた。わずかに声を漏らしただけで、メルリアはそれ以上何も言わなかった。言えなかった、というのが正しい。エルヴィーラと実際に話をした時間はほんのわずかだ。彼女については知らないことが多すぎる。
 ネフリティスはテーブルの端に追いやったティーカップを手に取る。すっかり冷め切った紅茶を一気に飲み下すと、再びメルリアを見る。律儀に待つ彼女を見て、ネフリティスは呆れたため息をつく。机の上に雑に放られた懐中時計を手に取ると、ネフリティスは立ち上がった。
「仕事の話は明日にするぞ。正午以降にまたここに来い」
「分かりました。よろしくお願いします」
 メルリアが頭を下げる。ネフリティスはそんな彼女をはいはいと軽くあしらうと、早く帰るよう玄関まで連れて行った。

 ざあざあと降り続いていた雨はすっかり止んでいた。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

◆登場人物一覧

┗並びは初登場順です。

┗こちらのアイコンは公式素材のみを使用しています。

メルリア・ベル


17歳。

お人好し。困っている人は放っておけない。

祖母との叶わなかった約束を果たすため、ヴィリディアンを旅することになる。

フィリス・コールズ


16歳。

曖昧な事が嫌いで無駄を嫌う。
シーバの街で、両親と共に「みさきの家」という飲食店を経営している。

クライヴ・ローウェル


22歳。

真面目。お人好しその2。

理由あって旅をしており、メルリアとよく会う。

ネフリティス


27歳(人間換算)

都市に工房を持つエルフの錬金術師。

多少ずぼらでサバサバしている。

イリス・ゾラ


21歳。

隣国ルーフスの魔術師。闇属性。

曲がったことが嫌い。

リタ・ランズ


16歳(人間換算)

魔女の村ミスルトーで暮らしているエルフ。
アラキナのストッパー兼村一番のしっかり者。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み