第14話 灯台祭、四日目

文字数 3,613文字

 慌ただしい日々が過ぎ去り、灯台祭は明日までとなった。
 一日目や二日目と比べると、街の活気は落ち着いている。しかし、祭りは祭りである。メルリアがシーバに来た初日とは比べものにならないほどの賑わいであるのは変わらない。
 最終日である明日の夕方にはエピナールから神父が訪れ、灯台と地の神・セイアッドへ祝詞をあげる。その一時間後には灯台に明かりが灯ると、セイアッドの灯台祭は幕を下ろすのだ。

 時折大きい雲が太陽を覆い隠し、シーバの街に影を落とす。
 メルリアはこの日休みをもらい、目的もなくシーバの街を歩いていた。石造りの道を踏みしめると、こつこつと小気味よい音が響く。
 メルリアは人通りの少ない道にいた。この道を選んだわけではなく、たまたま道なりに進んだ結果だ。一本向こうの大通りは雑貨屋や土産物屋、飲食店などが並ぶ通りであるが、一本外れたこの道に面する店はない。人もほとんどおらず、時々通りを間違えて迷い込んだ観光客数組とすれ違う程度だ。
 お祭り、見るだけでも見てきた方が楽しいのかな――。
 家々の間から見える一本向こうの景色。露店に並ぶ土産物はどれもキラキラと輝いていた。メルリアは頭を振る。だめだ。あの場所を通ってしまったら、固く縛った財布の紐が緩んでしまいそうだ。祭り独自の熱気に当てられて浮かれてしまいそうになる自分に、どこか恐れを感じていた。このままではいけない――メルリアの足は、自然と海の方へ向いていた。

 港のすぐ近くでは、ユカリノの人間と見受けられる服装の人間が次々に船へ乗り込んでいく。
 メルリアは少し距離を置きつつも、その様子をまじまじと見つめた。メルリアは船を見るのが初めてだったからだ。茶色い船体に大きな帆。一軒家よりも広いそれに、乗船する人々は、まるで吸い込まれていくようだ。何人乗っても船体自体はびくともしない。不安定に揺れているのは波のせいだ。これが海の上を進み、水平線に青く影のように浮かぶ島の向こうへと連れて行くというのだ。科学力も魔術や魔法技術と引けを取らないほど不思議だ。メルリアはぼんやりと旅客船を眺めていた。
「ユカリノ、アイハトバへの船は間もなく出発します」
 そのアナウンスと共に、慌てて船の中へ向かう観光客が三組。やがて船は発進準備を整えると、波を割るようにのんびりと進んでいく。海の向こうに薄ぼんやりと浮かぶ島をまっすぐ目指した。船体が遠ざかると波の喧噪が鎮まり、カモメののんきな鳴き声が波止場に広がる。
 人がはけた後も、メルリアはその場から動かなかった。海の青は深く濃い。波の音と海の青は何時間でも見つめていられるような、不思議な魅力がある。すぐ近くで聞こえる波の音を聞いていると、潮の匂いが鼻腔を刺激する。少し湿度が高くはあるが、海が近い街もいいなと感じた。心地のよい潮風がメルリアの髪をふわりと揺らす。普段と違い、下ろした髪が空気を含んで長く風に漂った。彼女の視線は、ただただ白い波を作る青の海にあった。
 この場所にずっといたいけれど、そうしたら迷惑になるだろうか。
 振り返って様子を確認するが、人の姿は多くはなかった。旅客船の見物に来た観光客は止まることなく通り過ぎていくし、立ち止まった人がいるかと思えば、それはユカリノ行きの船を逃した観光客だ。がっくりと肩を落とし、次の出発時刻を確認して立ち去っていく。もう少しここにいても迷惑にはならないかな――振り返ると、漁船に目を奪われ、立ち尽くす男の姿がに気がつく。見知った人物だった。
「こんにちは、その後大丈夫でしたか?」
 魂を奪われたかのように、巨大な船体に見入っていた男は、メルリアの声で我に返る。誰だろうか、人違いで声をかけられたのかと男は警戒したが、メルリアの声と言葉が記憶に引っかかった。
「あ……ああ、みさきの家の」
 男がメルリアにすぐ気がつかなかったのは、メルリアが普段二つに結っていた髪を下ろしていたせいだ。髪型が違うから気づかなかった――なんて、ほぼ初対面の人間に言うことだろうか。それに。一瞬脳裏に浮かんだ感想を飲み込む。無意識に喉元に触れ、男は苦笑を浮かべた。
「病院、手違いで祭り中は受け付けてもらえなくなってさ」
 祭りの期間中は様々な人間がシーバを訪れる。人が多ければ多いほどトラブルは起きやすいものだ。その上、ユカリノ国からシーバに来る観光客もいる。シーバの総合病院は多忙を極めていた。
「まあ、来る時期を間違えた俺が悪いんだけど」
 メルリアは男の言葉を黙って聞いていた。病院に用事があるのは彼の身内ではなく彼自身であるようだが、表情や言葉から察するに、差し迫った危機という風ではないように思える。数度瞬きを繰り返し、メルリアは静かに問う。
「すぐに診てもらわなくても大丈夫なんですか?」
 怖ず怖ずとメルリアが尋ねると、男は笑った。それは少し陰りのある笑みだった。
「大丈夫だ。多分、ここでも結果は出ないだろうから」
 吐き出すつもりのなかった弱音が、口をついて出てしまう。彼の思っていた以上に重い声になってしまったと気づいて、男は訂正しようと慌てて顔を上げた。しかしそこには、言葉の内容を正面から受け取るメルリアの姿があった。
 なんだか自分以上に落ち込んでいるように見えるけど――。男は腕を組んで悩む。と、ある事実を思いつき、男は極めて明るい口調で言う。
「そういや、まだ名乗ってなかったよな。俺はクライヴ。クライヴ・ローウェル。君は?」
 どんよりと落ち込み、考え事が続いていたメルリアの背筋が急激に伸びる。学園での授業中、居眠りをしていた事を先生に指摘された生徒のような俊敏さであった。
「めっ、メルリア・ベルっていいます」
「よろしくな」
 差し出された手を、メルリアはぎこちない動きで握り返す。その瞬間、メルリアはクライヴの体温に驚いた。雰囲気や声からはあまり想像できないほど指先が冷たい。人は見かけによらないのだろうかと疑問に感じたが、それを尋ねようとは思えなかった。
「そういえば、前は街道で会ったけど……。メルリアはこの街の人なのか?」
「いえ。元々はベラミントに住んでいて、今は旅をしている途中なんです」
 メルリアはクライヴに自身が旅をはじめた経緯について説明した。
 不思議な花を探していること。それは祖母との約束で、二人で叶えられなかった約束を自分一人でも叶えたいということ。その情報を得るためにヴェルディグリに向かおうとしていたこと。わけあって、その前にシーバに来たということ。みさきの家にお世話になる経緯――一通り、すべてを。
「――なので、灯台祭が終わったらヴェルディグリに向かうつもりです」
 メルリアは事情を話し終え、ふぅ、と一つ息を吐く。
 クライヴは終始黙ってメルリアの話を聞いていた。よほどの事がなければ話の途中に口を挟まないのが彼の主義だ。自分の中でメルリアの話を消化しつつ相づちを打っていたいたクライヴは、呟くように言う。
「……大変だな、それは」
 その約束を叶えることは、とても難しいのではないか――。そう考えたクライヴは、思わず口にしていた。
 しかしメルリアはその言葉に首を振って否定した。そして、笑ってみせる。
「大変だなんて思ってないです。それに、生きているうちに見つけたくて」
 クライヴは言いかけた言葉を飲み込む。自分より年下であろう子がここまでの気持ちを持てる事は強いことだ、と思う。けれど、その言葉を素直に受け取るにはどこか違和感があった。何かが違うような気がするが、どれがどう違うのかは分からない。その違和感にクライヴがどう声をかけるべきか迷っていると、彼の鼻孔を匂いが刺激する。
「甘い……?」
 クライヴの言葉にメルリアは周囲を見回す。彼女の鼻腔を刺激するのは海の潮の匂い。塩味に近いそれに、甘さは一切感じ取れなかった。そんな中、綿菓子を口にはしゃいでいる女の子の姿を見つける。あれは確か水飴でできていたはず――。その事を伝えようと振り返った時、クライヴは痛みに耐えるような苦痛の表情を浮かべていた。メルリアの顔からサッと血の気が引いていく。
「だ、大丈夫ですか!?」
 よろけたクライヴの体を、とっさにメルリアが支える。クライヴの頬を脂汗が伝った。
「まだ、何とか……悪い、借りてる宿、戻るから」
「私、宿まで」
「一人で大丈夫だから」
 割り込むよう声を重ね、クライヴは吐き捨てるように言う。その声は震えていた。彼の体を支えていたメルリアの手を力なく振り解き、街の方へ向かってよろよろと歩きはじめる。足取りがおぼつかず危なげだ。
 メルリアは突き放すような声に追いかけることができず、ただ立ち尽くし、クライヴの後ろ姿を見送った。突然倒れてしまわないかどうかヒヤヒヤしたが、次第に足取りが落ち着き、普段通り歩きはじめる。
 メルリアはクライヴの進んだ道を、不安そうに見送ることしかできなかった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

◆登場人物一覧

┗並びは初登場順です。

┗こちらのアイコンは公式素材のみを使用しています。

メルリア・ベル


17歳。

お人好し。困っている人は放っておけない。

祖母との叶わなかった約束を果たすため、ヴィリディアンを旅することになる。

フィリス・コールズ


16歳。

曖昧な事が嫌いで無駄を嫌う。
シーバの街で、両親と共に「みさきの家」という飲食店を経営している。

クライヴ・ローウェル


22歳。

真面目。お人好しその2。

理由あって旅をしており、メルリアとよく会う。

ネフリティス


27歳(人間換算)

都市に工房を持つエルフの錬金術師。

多少ずぼらでサバサバしている。

イリス・ゾラ


21歳。

隣国ルーフスの魔術師。闇属性。

曲がったことが嫌い。

リタ・ランズ


16歳(人間換算)

魔女の村ミスルトーで暮らしているエルフ。
アラキナのストッパー兼村一番のしっかり者。

ウェンディ・アスター


不明(20代後半くらいに見える)

街道の外れの屋敷で働くメイド。

屋敷の中で一番力が強い。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み