第38話 時計の音

文字数 3,321文字

 その朝、メルリアは異音に目を覚ました。
 カチ、カチ、カチ、と、規則的に鳴る音が聞こえる。メルリアはしばらく何のことか分からなかったが、意識が覚醒するにつれ、その正体を理解した。機械音――いや、時計の針の音だ。
 メルリアはゆっくりとベッドから起き上がり、半分しか開いていない目で部屋の壁を見回す。この部屋に時計はなかったはずだけれど――。視界に入るのは緑の小花柄の壁紙だけで、壁掛けの家具は存在しない。机の上にも時計はないし、メルリアが持っている時計はこんなに大きな音はしない。疑問に思いながらも、一つ大きなあくびをする。ベッドに座ったまま背を伸ばすと、間延びした低い鐘の音が響いた。大きな振り子時計が新しい時間を知らせる音だ。それは部屋の外から聞こえてくる。
 メルリアは扉の前に立つと、ドアノブに手をかける。ただ普通に廊下に出ればいいだけなのに、それができなかった。あり得ない空想が脳内に広がってしまったからだ。この外が工房じゃなくなっていたらどうしよう、とか、扉の前に時計が置いてあったらびっくりするな、だとか。深呼吸で軽く上がった息を整え、意を決してドアノブをひねった。
 見慣れた廊下の景色に、メルリアは安堵のため息を漏らす。空想は空想だ。あり得ないよねと苦笑し、メルリアは扉を閉めた。未だに時計の針の音は聞こえている。耳を澄ませると、音は階段を挟んだ左奥の部屋から聞こえてくる。そちらに視線を向けるが、近づきはしなかった。リビングと貸した部屋以外には絶対に入るな、と釘を刺されたからだ。実際、それぞれの部屋には鍵穴が存在し勝手に開ける事はできないのだが。
 メルリアは階段を下りる。聞こえる時計の針の音に合わせて、秒針が一つ進むたびに一段進む。自然と行動とリズムがあってしまった。そんな中、カチカチカチ、と、一秒に三回秒針が進む。勢いよく足が進み、メルリアは慌てて手すりを掴んだ。一階まで降りたメルリアは、階段の上を見上げた。
「……故障かな?」
 首を傾げて階段の奥を見る。秒針の音はやはり二階からだ。
 そういえば、とメルリアは玄関を見回す。ここに来たばかりの日、玄関から時計の音が聞こえた事を思い出したからだ。しかし、時計は見当たらなかった。

 ネフリティスは紅茶にミルクと少なめの砂糖をティーカップに落とすと、ティースプーンでかき混ぜた。濃い茶色と白色が混ざり合い、まろやかな薄茶色へと変わっていく。寝ぼけた顔で色の変化を眺めた後、できあがったミルクティーに口をつけた。
「たまにはミルク入りも悪くないな~……」
 ネフリティスはふあっと大きく口を開け、盛大にあくびをする。目に溜まった涙が頬を伝ったが、それをぬぐうことはしなかった。目は半分しか開いておらず、声も普段より高い。あくび直後のぼうっとした顔のまま、濃い緑色のカーテンを見つめている。誰がどう見ても寝不足だった。
「昨晩は、遅くまで作業されていたんですか?」
 メルリアは、焼けたばかりの目玉焼きとベーコンをネフリティスに出した。
「まあなあ」
 白身を突き刺そうとしたスプーンが、目測を誤って黄身の部分を突き刺す。半熟の黄身が、白身の上を通って皿の脇に流れ出した。ネフリティスは目の前で起きている惨事に五秒ほど遅れて気がつくと、眉間にしわが寄った。やってしまったという様子ではなく、明らかに不機嫌そうだった。
 その様子を見て、メルリアはよほど疲れているのだなと思った。彼女は目玉焼きの黄身は最後に残す主義だからだ。
「メルリア、今日は客が来る。日暮れまで帰ってくるな」
「はい! ……はい?」
 反射的に返事をしたメルリアだったが、最後の言葉を理解した直後にとぼけた声を重ねる。てっきり、三人分の昼食を用意しろだとか、来客の世話は任せたとか、そういう事を頼まれるのだとばかり思っていたからだ。
「えぇっと……お夕飯は」
「今日は一日暇をくれてやる。夕飯を作る必要もない、感謝しろ」
「はあ……」
 ネフリティスはもう一度大きなあくびをすると、クルミのパンをちぎって口に運んだ。がりがりと音を立てる。ずいぶんとゆっくりした咀嚼音が響いた。
「あ、そういえば、時計。変な音がしてましたよ。故障かなって思うんですけど」
 メルリアは残りのミルクをティーカップに注ぎ、お湯のような紅茶を淹れていた。もう駄目かな、と、ティーポットの中身を確認する。茶葉はすっかり開ききっていた。それを捨ててから、カップを持ってリビングへ戻る。
「どこの時計だ?」
「実物は見てないんですけど、二階の奥の部屋からだと思います。階段を下りた後気づいて……」
 紅茶がわずかに香るホットミルクの入ったティーカップを机に置いてから、メルリアは何気なく顔を上げる。
 そこには、鋭い視線でこちらを見るネフリティスがいた。
「メルリア、まず先に当たり前の事を言うが」
「はい……?」
  話題を切り出したネフリティスは、眠気によりどこか気が抜けた様子は残っていない。もうすっかり目が覚めたようだ。
 そんな様子に驚きながらも、メルリアは椅子に腰掛ける。
「ただの時計の秒針が、そんな遠くまで聞こえるはずがない」
 メルリアはえっ、と声を漏らす。何か言おうと必死に頭を働かせるが、適切な言葉が思いつかない。何か言おうと言葉にならない声を漏らすと、ネフリティスに手で制された。メルリアはそのまま口を固く閉ざす。
「次。この家、リビングや仕事場など、いくつか時計はあるが、廊下には一台もない。一階にも二階にも」
 ネフリティスの視線の先には、白く丸い壁掛け時計があった。時刻は短針が八時を、長針が四十分を指している。
「最後に面白い事を教えてやろう」
 ネフリティスは時計から視線を逸らすと、メルリアの目を見た。
「この家には、秒針がある時計はどこにもない」
 とっさにメルリアは振り返り、壁掛け時計を確認する。長針が引っ張られたように大げさに揺れながら、ちょうど四十一分を指した。針が動く音はしない。当たり前だ、この時計には秒針が存在しないのだから。
 メルリアは言葉を失った。確かに時計の針の音は聞いた。けれど、音が鳴った時、肝心の時計は見ていなかった。時間はある程度把握していたから見ようとも思わなかった。なぜ見ようとしなかった? どこにあるか分からなかったからだ。メルリアの背中をぞくりとした悪寒が走ると、徐々に血の気が引いていく。
 そんな状態のメルリアを横目に、ネフリティスはミルクティーに口をつける。カップから口を離したその表情は、決して明るくはなかった。
「倉庫に追いやった骨董品の時計がついに壊れたかもしれないがなあ」
 薄茶色に濁ったカップの水面には何も映っていない。
 今度こそのんきな声を出して、ネフリティスは残りを飲みきる。あまり長い付き合いではないが、メルリアには分かっていた。ネフリティスは心にもない事を言っているのだと。たぶんこれは嘘で、さっき言ったことが本当のことなのだと。それだけは漠然と理解していた。
「怖いか?」
「あ――」
 とっさに否定しようとしたが、メルリアの口からは否定の言葉が出なかった。何をどう取り繕っても、得体の知れないものは怖いのだ。人の心理がそういう風に働くと知っていた上でも。
 メルリアは一つ頷くと、ネフリティスは伏し目がちに笑った。
「まあ、そろそろ潮時かもしれないな」
 ネフリティスは立ち上がる。棚から一枚の紙とペンを取り出すと、テーブルの脇に置いた。
「作業の合間に調べてやる。お前の探している植物とやらの特徴を書いておけ。紙はわざわざこっちまで持ってこなくていいぞ」
「あ……」
 それじゃあな、とネフリティスは足早に部屋を後にする。相変わらずメルリアの制止の声には聞く耳を持たなかった。
 メルリアは一人、部屋に取り残される。この話題が出たと言うことは、ネフリティスに自分の働きが認められたことになる。あの花のことを教えてもらえばメルリアはここにいる意味がなくなるし、旅を再開することができる。本来ならばやっと前へ進めると喜ぶところだ。
 だというのに、メルリアは手放しで喜べなかった。ネフリティスの様子がどうしても気になったからだ。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

◆登場人物一覧

┗並びは初登場順です。

┗こちらのアイコンは公式素材のみを使用しています。

メルリア・ベル


17歳。

お人好し。困っている人は放っておけない。

祖母との叶わなかった約束を果たすため、ヴィリディアンを旅することになる。

フィリス・コールズ


16歳。

曖昧な事が嫌いで無駄を嫌う。
シーバの街で、両親と共に「みさきの家」という飲食店を経営している。

クライヴ・ローウェル


22歳。

真面目。お人好しその2。

理由あって旅をしており、メルリアとよく会う。

ネフリティス


27歳(人間換算)

都市に工房を持つエルフの錬金術師。

多少ずぼらでサバサバしている。

イリス・ゾラ


21歳。

隣国ルーフスの魔術師。闇属性。

曲がったことが嫌い。

リタ・ランズ


16歳(人間換算)

魔女の村ミスルトーで暮らしているエルフ。
アラキナのストッパー兼村一番のしっかり者。

ウェンディ・アスター


不明(20代後半くらいに見える)

街道の外れの屋敷で働くメイド。

屋敷の中で一番力が強い。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み