第44話 最後の仕事3

文字数 4,084文字

 工房の主が用意した席は、ぱっと見小綺麗であったが、よくよく見ると粗が目立っていた。
 焦げ茶色のテーブルの上には、色の濃さが違う紅茶のカップが二つ。それぞれ等しく細く長い湯気が立っている。中央の白い皿の上には、こんがりとよい焼き目のついたクッキーが盛ってある。それは昨晩工房に届けられたものだ。が、クッキーには所々ヒビが入っていたり、真っ二つに割れていたりと散々な形状をしていた。原因は、運送業の人間が箱をひっくり返したことに加え、ネフリティスが箱を雑に揺らし乱暴に皿に盛った事に由来する。
 メルリアは紅茶に口をつける。舌の先に苦みが残るほど濃い味だった。その味に思わず眉を寄せてしまう。
 彼女の正面に座るネフリティスは、皿からクッキーをひょいっと拾い上げた。それは奇跡的に割れてもいないし欠けてもいない。本来、この皿のクッキーはすべてそういう形だった。
「割れていようが味は変わらん。食え」
 綺麗な形のクッキーをかじりながらネフリティスは言う。その態度と行動のせいで言葉の信憑性は薄いが、言葉は受け取る人間によって解釈が異なるものだ。メルリアはその言葉に嫌な顔一つせず――そもそも嫌だとすら思わず、割れたクッキーを手に取った。四分の一程度しか残らない一口サイズのそれを口にすると、サクサクの食感にクッキーの香ばしい匂いが口の中を満たした。最後に、果物に似たものが香る。大人の味だった。
「朝方、お前が言った時計の音だが、あれは魔術の音の一種だ。今晩からしなくなる。安心していい」
 イリスの言葉と一致する――ネフリティスの言葉に、メルリアは黙って頷いた。
「私の弟子は、魔力が暴走したせいで、ずっと目を覚まさなかったんだ。部屋に寝たきりの状態で四ヶ月経ったが……。やっとレシピ作りから解放されるな」
 ネフリティスは気が抜けたように笑う。退屈だったという風に、一度大きくあくびをした。棚に視線を向けると、何かを思い出したかのようにふっと笑みを浮かべた。
 メルリアはそんな彼女の様子を見ながら、ゆっくりと微笑んだ。
 四ヶ月というあまりにも長い時間。ずっと傍にいてくれた人が、突然眠ってしまった――その事実はメルリアの心に大きくのしかかっていた。ロバータが倒れたのも、突然のことだった。日常が変わってしまったという実感はすぐには起こらない。違和感が日に日に少しずつ降り積もっていって、やがて自分がひとりになってしまったと気づくものだ。少し前からそうだというのにも拘わらず。メルリアはネフリティスの孤独を、痛いほど知っていた。
「……それと、こういうのは柄じゃないんだが」
 二枚目のクッキーへと伸ばした手を引っ込めると、ネフリティスは落ち着かない様子で膝に手を置いた。その目はまっすぐにメルリアを見る。
「メルリアのおかげで、やっと帰ってくるよ。ありがとう」
 感慨を抱くようにネフリティスは目を伏せると、薄い紅茶に口をつけた。紅茶の香りばかりで肝心の味が遠い。普段メルリアが飲んでいるのはこんな薄味だったのかと知った。やはり自分に茶をうまく入れるセンスはないようだ――と、ネフリティスは自嘲の笑みを浮かべた。
「いえ、そんな」
 メルリアは自分はたいしたことをしていないと首を横に振る。そして、よかったと笑顔を向けた。照れくさそうではあったが、ありがとうと口にした彼女の表情が温かかったことに気づいたからだ。その表情はメルリアが初めて見るものであったし、弟子の存在は、彼女にとって非常に大きいのだろうと感じ取るには十分だった。
「さて……と」
 ネフリティスはティーカップをソーサーに置く。妙にしんみりとした空気が居心地悪く感じ、行儀が悪いと知りながらあえて音を立てた。
「そんな感じで今日の私は来客の相手とレシピ作成で多忙を極めていたから、お前の書いてくれた紙に目を通していない」
 ネフリティスが事実をありのままに伝えると、メルリアの目が丸く見開いた。クッキーを食べていたせいで口は開かない。午前中にその話をされていたことを、今まですっかり忘れていたのだ。
 その表情から事情を察したネフリティスは、どれだけお人好しなんだとため息をつく。
「だから、お前が探している花について教えてくれ。今」
 口の中に入っていたクッキーを慌てて飲み込む。苦みの強い紅茶で口の中を潤すと、行儀よく姿勢を正した。
「えぇっと、七年……ううん、八年前くらいになるんですけど」
 己の記憶を頼りに探している花について話し始める。
 八年前に見た花で、花弁の色は白いこと。花の形は百合のようなラッパ状であるが、あまり大きくなく、背丈は背の低いチューリップくらいの高さ。花自体のサイズもそこまで大きくなく、祖母の手のひらに収まる程度だったこと。
 それらの情報を伝え終えたメルリアは、最後にと口を開く。
「それから……」
 すっと息を吸ったが最後、その先が出てこない。脳裏によぎった記憶が言葉を詰まらせてしまった。この話を馬鹿にした大人の声を思い出してしまったからだ。
「なんだ? まだ終わりじゃないんだろう?」
 黙り込んでしまったメルリアを見て、ネフリティスは尋ねた。
 胸の奥がじくりと痛む。笑われてしまうかもしれないという恐怖で、口の端が震えた。説明を避ければ避けたいが、それは難しいだろう――メルリアは両手を固く握りしめる。
 だって自分は、錬金術師に聞かなければ分からないような花を探しているのだから。
「笑わないでくれますか?」
「いいだろう」
 震えた声で問いただした言葉は、それを押さえつけるようにはっきりと返ってきた。
 メルリアは胃の奥にモヤモヤとした違和感を抱えながら、こわごわと口を開く。
「……えっと。花がうっすら光ってた……ような気がしたんですけど、あり得ないって、笑われたことがあったので……」
 メルリアはゆっくりと視線をそらし、わずかに揺れるティーカップの水面へ目を向けた。濃い橙色は天井の灯りを反射していた。
「ふむ。視野の狭いヤツだな。そいつは水草やキノコが光ることを知らないらしい」
「キノコ……?」
「あー、人体には猛毒だから絶対に触るなよ。大体指が溶ける」
 メルリアの背筋にゾクゾクとした悪寒が走る。あの花以外に光る植物とはどんなものだろうと興味を抱いたが、一瞬で好奇心が恐怖へと変わる。飛沫した胞子を誤って吸ってしまったら――などと恐ろしい想像をしてしまったのだ。脳裏に浮かんだグロテスクな光景を打ち消そうと、メルリアは思いっきり頭を振った。
「さて、と……白い、百合に似た形、小さい、光る花……か」
 例の花の特徴を繰り返し呟きながら、ネフリティスは腕を組んで考え込む。
 メルリアはネフリティスの言葉をじっと待っていた。
 知っていることは全て伝えた。誰に聞いてもあの花を知る人はいなかった。だから村を出て、図書館を調べて……それでも答えが見つからない。ほんの少しでもいいから手がかりが欲しい。
 あー、うーむ、などと、言葉にならない声を上げながら、ネフリティスは顔をしかめる。その様子に次第に動悸が速く変わっていくことを感じながら、メルリアはただただ待った。先ほどのように少し間の抜けた様子で「こういう花じゃないか」と言ってくれることを願った。
「くっ、」
 しかし、聞こえてきた声は、メルリアの予想とは全く異なっていた。
「はははははは!」
 一瞬、何か吹き出したかと思うと、ネフリティスは声を上げて笑い始めた。
 メルリアの両肩に入っていた力が抜ける。腹を抱えて笑うネフリティスを見て、呆気にとられていた。一体何が起こったのか分からない。ティーカップに残った紅茶の水面が、振動で激しく波紋を作った。
 やがてネフリティスは目の端にたまった涙を人差し指で拭うと、呼吸を整えるために大きく息を吐く。
「……お前、シャムロックとか言う馬鹿でかい男に聞かなかったのか?」
「会いましたけれど、この話はしてません」
 メルリアは目を丸くしたまま答える。歯切れの悪い言葉になってしまったのは、未だに状況がつかめないからだ。
 やがてネフリティスは大きくため息をつくと、こみ上げる笑いをこらえながら続けた。
「はー……。とんだ遠回りだな。私の予想が正しければ、あいつの方が詳しいぞ」
「へ」
 その言葉に、メルリアは素っ頓狂な声を漏らす。瞬きを何度か繰り返し、彼の顔を思い出した。
「この間……シャムロックさんが曾祖父の事をご存じみたいで……、一緒に来ないかどうか誘われた、ばっかりで……」
「ふっ……」
 メルリアはもう訳が分からなかった。動揺にただただ瞬きを繰り返す。それを横目に、ネフリティスは再び吹き出したように笑った。
 ネフリティスの笑いが収まり、メルリアも衝撃から立ち直ったところで、ネフリティスは冷めた紅茶を一気にあおった。紅茶の風味がついたぬるま湯の味がした。
「じゃあ次はそこへ向かえ。迷うことはないだろうが、訪ねるなら夕方以降にしろよ。道は分かるな?」
「あ、それは大丈夫です」
 この間、四つ折りのメモを確認したばかりだから問題ない。
 メルリアはあの夜の事を思い出す。脳裏に浮かんだ紙は、やはり見た物そのままを映し出していた。
「メルリア。今のうちに荷造りをしておけ」
「え……」
 それは、明日にこの工房を出ることを意味する。
 いいのだろうかと困惑に目が泳ぐ。しかし、メルリアはその言葉を飲み込んだ。
 弟子の人と話したいことがきっとたくさんある。四ヶ月分の話は一日で尽きることはないだろう。それならば、自分は早々にここを去るべきだ――メルリアは静かに席を立つと、頭を下げた。
「お世話になりまし――」
「見送りくらいはしてやる。その時でいい。私はそこまで冷たくないぞ?」
 ネフリティスは静かに笑い、立ち上がる。空っぽになったティーカップ二つを手に取り、片付けを始めた。
 メルリアはそんなネフリティスの背中に向けて、もう一度頭を下げた。
「失礼します!」
 扉が閉まり、陽気な足音が遠ざかっていく。
「賑やかな娘だ」
 閉まった扉を見て、ネフリティスは一つ呟いた。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

◆登場人物一覧

┗並びは初登場順です。

┗こちらのアイコンは公式素材のみを使用しています。

メルリア・ベル


17歳。

お人好し。困っている人は放っておけない。

祖母との叶わなかった約束を果たすため、ヴィリディアンを旅することになる。

フィリス・コールズ


16歳。

曖昧な事が嫌いで無駄を嫌う。
シーバの街で、両親と共に「みさきの家」という飲食店を経営している。

クライヴ・ローウェル


22歳。

真面目。お人好しその2。

理由あって旅をしており、メルリアとよく会う。

ネフリティス


27歳(人間換算)

都市に工房を持つエルフの錬金術師。

多少ずぼらでサバサバしている。

イリス・ゾラ


21歳。

隣国ルーフスの魔術師。闇属性。

曲がったことが嫌い。

リタ・ランズ


16歳(人間換算)

魔女の村ミスルトーで暮らしているエルフ。
アラキナのストッパー兼村一番のしっかり者。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み