第52話 魔術士二人 2

文字数 2,746文字

 どこに居るとも分からない鳥が、木に実った赤い実をつつく。その明るい鳴き声は森中にこだました。やがて、羽音を響かせながら隣の木の枝に止まると、周囲を警戒するようキョロキョロと首を動かす。
 三人は、木々の生い茂る薄暗い森を歩いていた。
 メルリアを背負ったイリスを先頭に、その後をクライヴが、一番後ろにクロードが続いた。
 道の脇では、膝までの高さがある草をガサガサとかき分ける音。その間からは、キツネのような影が浮かんだ。クライヴはそちらに目を向けたが、他の二人はその音に何の反応も示さない。これは普通の野生動物で、魔獣ではないのだろう――。クライヴは小さく息をつく。
 彼の目の前を歩くイリスは、ふんふんと異国風のメロディーを口ずさんでいた。軽やかな足取りが、ところどころ雑草の生える軟らかい土を踏みしめていく。対照的に、クライヴの後ろを歩くクロードは、周囲とクライヴを警戒しながら進む。視界に飛び込む景色はどこか心地がいいが、背後から刺さるような視線は正反対だ。はっきり言って、居心地が悪い。悟られぬよう、彼は眉をひそめた。
 人ではないのではないか、と馬鹿にされたかと思えば、人間ではない変化があったと責め立てられる。自分がおかしいのか? もし、本当に、自分が人間ではないとしたら……? いや、そんなはずはない。クライヴは頭を振る。両親は至って普通の人だし、親戚にも不思議なところはない。第一、喉が変だなんて言っているのは自分だけで……もしかしたら、自分だけが違う? いや、顔や声は父親によく似ていると言われるし……。それとも、親とは血が繋がっていないんじゃないか――。疲れのせいか、クライヴの思考があらぬ方向に向かっていく。
「クライヴ、ちょっとあたしの横に来て」
 混沌としていく思考を止めたのは、イリスだった。顔を上げると、先を行く彼女の隣に立つ。
 クロードは距離を維持したまま、クライヴへの警戒だけを強めた。それを横目で視認すると、イリスは前を向いて苦笑する。あいつはどういう顔をしているんだ、子供も黙って泣き出すなあ――そう思いながら、隣を歩くクライヴを見る。疲弊しきった彼とは対照的に、イリスは心底嬉しそうな笑みを浮かべた。
「あんたとメルリアってどういう関係? 付き合ってんの~?」
 あえてこの場の三人全員に聞こえるような声で尋ねた。盛大に咳き込むクライヴの後ろで、やれやれとクロードはため息をつく。
 ニヤニヤとイリスは笑い、腕で軽くクライヴをつつく。
「あたしが顔を出した時、抱きしめてたから、そうかな~って」
「違……っ、付き合ってないし、それはそういう事じゃない! メルリアがあの爪痕のところにいたから危ないと思って、とっさに必死で……」
 イリスはからかうようににやけ顔を向け続ける。
「ふーん。じゃ、片思いなのね!」
 その言葉に、クライヴは目を見開いた。咄嗟に否定しようと口を開くが、息を切るような短い音ばかりで言葉にならない。それどころか、顔がみるみるうちに熱くなっていく。地面を擦って小さな切り傷がいくつもできた右手が、じんじんと痛んだ。
 クライヴにとって、メルリアにそこまでの気持ちはない――はずだった。なぜか自分のことをよく覚えている、人当たりのいい女の子。それだけのはずだったのに。柔らかな髪に触れた右手に、熱の余韻が蘇る。あの時から何かが決定的に変わってしまった。
「あんたの顔真っ赤。何言っても説得力ないわよ。大丈夫、黙っておいてあげるからっ」
 イリスは上機嫌なまま、控えめにクライヴの背中を叩いた。ぽんぽんと音を立て、衣類に付着した土煙が舞う。わずかに背中がビリビリと痛むが、それどころではない。クライヴはうるさく脈打つ鼓動の音を聞きながら、視線を斜め下に逸らした。彼は、魂が抜けたような表情をしていた。クライヴの顔は未だに耳まで真っ赤である。木々の間から差す木漏れ陽が、その赤をくっきりと照らした。
 イリスはその様子をしばしニヤニヤと眺めた後、突然真面目な顔を作る。
「……あたしから謝っとくけど」
 声を潜めてイリスがつぶやく。周囲の変化に敏感だったクライヴは、はっと顔を上げる。やがて道が土から草の道へと代わり、草を踏みしめる音乾いた音が響いた。二人の足下には、青々と茂る雑草が広がっている。
「クロは呆れるくらい頭がいいけど、脳みその中に情報が詰まりすぎてるせいか、頭が固いところがあってね。気を悪くしたでしょ、ごめんね」
 その言葉に、クライヴがスッと短く息を吸う。シー、と、イリスは口をいの字に開いて息を吐いた。彼は一度言葉を飲み込むと、彼女に合わせて小声で返す。
「イリスが謝る事じゃないだろ」
「うん……ま、そうなんだけど。あ、あたしは最初から疑ってないからね」
 その言葉に、クライヴは苦笑を浮かべた。どう反応するのが正しいか分からなかったからだ。
「……おい、イリス。何を話している?」
 そんな中、クロードの低い声が響いた。二人の様子を怪訝そうに見つめている。
 イリスはそんな彼をチラリと見ると、にっと笑ってみせた。
「クロの話」
 クロードは眉を寄せる。眉間の皺がさらに深く、きつい顔つきになったが、やはりイリスは気にしない様子で続けた。
「お互いギクシャクしてたみたいだから、まずは相手のことを知らないと誤解は解けないと思ってね! あ、せっかくだしクロの弱点を暴いておこっかな」
「おいやめろ」
 クロードは制するよう低い声で牽制する。
 しかしイ、リスはニコニコと笑って、どうしようかな~と迷うそぶりを見せた。視線は斜め上を向いており、まるで聞き入れる様子がない。それが判ると、クロードは大げさにため息をついた。
 二人の様子を聞きながら、クライヴは再び苦笑を浮かべた。イリスは嘘をついたかのように振る舞ったが、決して嘘はついていない。ニュアンスと声のトーンが内容にそぐわないだけで。クロードはとても頭がいい、とイリスは言っていた。それを思い出しながら、クライヴは横目でイリスの表情を伺う。恐らく彼女も、クロードと同じくらい頭がいいのだろう、と思った。
「ははー……あらら、弱点の話はお預けかぁ」
 やがて周囲の木々の色が変わっていく。イリスは足を進めながら、森をぐるりと見回した。緑が濃い夏の葉が、やがて深緑色へ、そして夜を思わせる青緑へ。魔女の村に近づくにつれ、まるで森が深くなるような、濃い色の葉をつける木々が増えていく。そんな夜の色を思わせる葉は、周囲に生える木のみにとどまらない。足下の雑草や苔までも、青みがかった緑色へと変わっていく。それは魔女の村が近いことを意味した。
 透明な羽を持つ蝶がはらはらと舞う。三人の進む道を示すように、それは道の奥へと飛び去っていった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

◆登場人物一覧

┗並びは初登場順です。

┗こちらのアイコンは公式素材のみを使用しています。

メルリア・ベル


17歳。

お人好し。困っている人は放っておけない。

祖母との叶わなかった約束を果たすため、ヴィリディアンを旅することになる。

フィリス・コールズ


16歳。

曖昧な事が嫌いで無駄を嫌う。
シーバの街で、両親と共に「みさきの家」という飲食店を経営している。

クライヴ・ローウェル


22歳。

真面目。お人好しその2。

理由あって旅をしており、メルリアとよく会う。

ネフリティス


27歳(人間換算)

都市に工房を持つエルフの錬金術師。

多少ずぼらでサバサバしている。

イリス・ゾラ


21歳。

隣国ルーフスの魔術師。闇属性。

曲がったことが嫌い。

リタ・ランズ


16歳(人間換算)

魔女の村ミスルトーで暮らしているエルフ。
アラキナのストッパー兼村一番のしっかり者。

ウェンディ・アスター


不明(20代後半くらいに見える)

街道の外れの屋敷で働くメイド。

屋敷の中で一番力が強い。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み