第22話 馬車に揺られるふたり3

文字数 1,694文字

 不安定な土の道を進む馬車がガタンと大きく揺れる。でこぼことした道を回転していた車輪が、ゴロゴロと小気味よい音を立て回り始めた。黒い楕円の影のでしかなかったものが、くっきりとその形を表す。ヴィリディアン国の王城だ。メルリアは初めて見るその姿に、わぁっと声を上げた。
 御者の男は上機嫌そうにメルリア達へ声をかけた。
「――そろそろヴェルディグリに到着だぞ!」
 ヴィリディアン国の都市、ヴェルディグリ――。
 北のひときわ高い丘の上には、この国を治める王エドムンド・ウォレストンの住まう王城が、その存在を主張していた。

 二人を乗せた馬車がヴェルディグリにたどり着いたのは、それから二日後の日暮れ時だった。
 空はまるで太陽に燃やされているかのように赤く染まっている。その赤は空のみに留まらず、建物のベージュの壁面や、石造りの道の灰色、果ては王城の白い壁面までもを染めていた。その色を残し、時刻は夜へと着実に向かっていく。
 城門を通り過ぎたばかりのところで、メルリアは馬車から降りた。コツン、と石畳の固い感触がつま先から足全体に伝わってくる。実に軽やかな音だった。
「お世話になりました。これ、今日の分です」
 メルリアとクライヴは男に本日分の利用料金を渡す。男は硬貨を財布に入れた後、財布をがっしりと握りしめた。
「本ッ当にありがとう~! おかげさまでオレ、野垂れ死なずに済んだよ!」
 男はわざとらしい涙声で言うと、腕を顔に当て号泣するフリをした。二人は苦笑を浮かべる。
 あの宿の女の人が行ったとおりだったな、と、メルリアは思った。馬の扱いは確かに素晴らしかったけれど、積極的すぎるのが玉に瑕だな、と。
 二人が御者の男にもう一度挨拶をすると、男は馬を連れながら手前の道を折れていく。のんびりと歩く馬に優しい活を入れながら、男は都市の喧噪に消えていった。
 どうしよう、とメルリアが辺りを見回すと、道の脇に大きな案内板を見つける。案内板は北の広場をまっすぐに指している。図書館、の文字に、メルリアは目を輝かせた。
「せっかくだし、広場まで行くか?」
「はい!」
 頷くメルリアは、これからの期待と希望に満ちた表情をしていた。

 二人が大通りまで真っ直ぐ進むと、噴水のある広場までたどり着いた。そこを中心に十字路が広がっており、四方に設置されている案内板が、それぞれの施設を指し示す。病院と図書館は東側と西側。それぞれ反対方向を指していた。
「それじゃあ、私はここで。短い間でしたが、ありがとうございました」
「こちらこそ、どうもありがとう。なんかごめんな、勝手についてきて」
 謝るクライヴに、メルリアはぶんぶんと首を横に振って否定した。
 メルリアは誰かと街道を共に歩いた記憶はほとんどかった。つい先日、シーバまでグレアムの荷台を押したことはあったが、グレアムとメルリアは年が三十近くも離れている。何かと気を遣うことも多かったのだ。それに、あの時は事情が少しばかり特殊だ。
「いえ、ありがとうございました。とっても楽しかったです」
 メルリアはもう一度西側の案内板を確認する。案内板には確かに中央図書館と記載があった。行くべき道を確認した後、メルリアはクライヴにもう一度伝えた。
「どうか答えが見つかりますように。お気を付けて」
 家々や木々を遮り差し込む光が、メルリアの背に当たる。細く長い髪が、夕日の光を受けてきらりと輝いた。
 クライヴはメルリアの言葉を一拍遅れて理解すると、慌てて口を開く。
「ありがとう。メルリアも見つけられるといいな」
「はい!」
 メルリアは笑うと、西側の中央図書館に向かう。
 シーバとはまた違う石の道に軽やかな音を残して、メルリアは黄昏の空の下を歩いて行った。

 そんな中、クライヴはその場に立ち尽くしていた。
 クライヴの目には、メルリアが夕日の中に溶け消えるように映った。右手が無意識にメルリアの方に伸びる。が、伸ばしきる前にその腕を下ろした。
 ……引き留めて何になるんっていうんだ。
 無意識とはいえ、己の行為に自嘲する。このままではいけないと頭を振った後、クライヴは宿へ向かうために来た道を戻っていった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

◆登場人物一覧

┗並びは初登場順です。

┗こちらのアイコンは公式素材のみを使用しています。

メルリア・ベル


17歳。

お人好し。困っている人は放っておけない。

祖母との叶わなかった約束を果たすため、ヴィリディアンを旅することになる。

フィリス・コールズ


16歳。

曖昧な事が嫌いで無駄を嫌う。
シーバの街で、両親と共に「みさきの家」という飲食店を経営している。

クライヴ・ローウェル


22歳。

真面目。お人好しその2。

理由あって旅をしており、メルリアとよく会う。

ネフリティス


27歳(人間換算)

都市に工房を持つエルフの錬金術師。

多少ずぼらでサバサバしている。

イリス・ゾラ


21歳。

隣国ルーフスの魔術師。闇属性。

曲がったことが嫌い。

リタ・ランズ


16歳(人間換算)

魔女の村ミスルトーで暮らしているエルフ。
アラキナのストッパー兼村一番のしっかり者。

ウェンディ・アスター


不明(20代後半くらいに見える)

街道の外れの屋敷で働くメイド。

屋敷の中で一番力が強い。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み