第2話 幾望の夜に

文字数 4,351文字

 メルリア・ベルは世話焼きである。それが長所であり短所でもあった。
 メルリアがエピナールへ向かっていると、空から突然財布が降ってきた。メルリアは地面に落ちた財布を拾いあげる。革袋の薄汚れたそれはずっしりと重い。疑問に思い空を見上げると、ほうきに乗って空を飛ぶ魔術士の運び屋が、ふらふらと危なっかしい軌道を描きながら飛んでいた。メルリアは慌ててここ数年出していなかった大声を上げ、財布を持ちながらその魔道士を追いかけた。二十分にも及ぶ働きかけにより、ほうきを操縦しながら眠っていた魔術士は目を覚まし、無事メルリアから財布を受け取った。
 気を取り直して再びエピナールへ向かうメルリアは、街道から少し外れた道で茂みを探す女性の姿を見つける。どうしたのかと尋ねると、女性が一緒に旅をしていた愛犬がいなくなってしまったという。街道は安全ではあるが、道の脇にある茂みや森となると話が異なる。攻撃的な野生動物や魔獣に襲われるかもしれないからだ。とはいえ女性を放っておくこともできず、メルリアは女性と共に人が入ってもギリギリ安全な範囲で犬を捜した。奥へ奥へと入ろうとする女性を宥めながら一時間捜索を行ったが、犬は見つけられない。しかし数十分後、街道を巡回していた衛兵が発見し、保護したところで犬捜しは解決した。
 極めつけに、「ママが帰ってこない」と泣きわめく五歳の男の子の面倒を、母親が探しに来るまで付き合った結果、すっかり夕方になり、空は眩しいほどの橙色に染まっていたのだった。

「えっと……。確か、こっちだった、はず……」
 メルリアは一人、街道を進んでいた。「この先、エピナールの村」と書かれた看板を暗がりの中なんとか解読し、真っ暗な道を歩いていく。この国の街や村の周辺には、魔獣を避ける対策が施されている。人間の生活圏に影響を与えないよう、かつ野生動物の生活圏を侵さないよう、魔術士が街道と森の間に薄い結界を張っている。とはいえ、その効果は街道を行く人間の姿が認識できなくなるだけであるから、普通に街道を通る野生動物や魔獣が道を堂々と歩いている様は珍しくない。
 左方の森から獣の呻く低い声が聞こえ、メルリアはびくりと肩をふるわせた。大丈夫だろうかと不安になるが、未だに宿らしきものは見当たらない。それ以前に、道と森以外の存在が認知できていなかった。旅を決めた初日からよく分からない場所で野宿だろうか――メルリアの脳裏にそんな思考がよぎる。それだけは避けたかった。とにかく明るい場所へ出なければ。メルリアは目をこらし、光のある場所を探しながら前へ前へと進んでいく。しばらくすると、頬を冷たい風が撫でた。右から? メルリアは風の吹く方へ目を向けた。右方数百メートル先、木々の間にわずかに光が見える。足元の地面をよく見ると、道が二手に分かれていた。右へと別れている道はそちらへと道が繋がっている。
 行ってみよう。メルリアはその方面へと足を進めた。

 森を、木々を抜けると、一気に視界が開けた。そこには巨大な湖が広がっている。
 風が止むと、水面が満天の夜空を鏡のように映し出す。時折湖の魚が跳ね、ぽちゃんと静かな音を立て、その水鏡を曖昧な形に揺らした。メルリアが光だと思っていたものは人工的なそれではなく、丸く湖を照らす月明かりだったのだ。
 そこにたどり着いたメルリアは、言葉を失っていた。エピナールにある湖の存在は知っていた。けれど、こんな綺麗な場所だったなんて知らなかった。メルリアがその光景に目を奪われていると、彼女の視界の端で人影が動く。
「……早かったのね。もういいの?」
 湖のほとりに腰を掛けていた女は、そう言いながら立ち上がった。女がメルリアの姿に気づくと、緩めていた表情を引き締めた。しかしすぐに苦笑を浮かべる。
「ごめんなさい、人違いだったみたい」
 メルリアはその言葉にはっと我に返る。だが、声を掛けてきた女を見て、再び言葉を失った。幻想的な湖を背に立つ女性――闇夜に紛れるかのような黒い服に身を包んだその人物に、メルリアは目を奪われていたからである。彼女はメルリアより明らかに年上だが、まだどこか少女のような雰囲気を漂わせる顔立ちをしていた。すらっとした立ち姿。特徴的な赤い瞳。髪は胸まで長さの、癖のあるセミロングヘアー。異性ならば目を留めない者はいないだろう。同性であるメルリアすら、その女の姿は美しいと感じてしまうほどであった。
「そんなにじっと見て……、私に何か用?」
「ご、ごめんなさい」
 再び女の声で我に返ったメルリアは、女に慌てて頭を下げる。
「綺麗だな、って思って」
 女は背後の湖に視線を向けると、目を細めて笑う。
「そうね。そんなところにいないで、もっと近くに来て見てみたら?」
 手招きされるまま、メルリアは女の傍まで歩いて行く。女が凹凸の少ない大きな石の上に腰を下ろすと、メルリアも手近な石の上に腰を下ろした。冷たく固い感触に少し驚くが、目の前の景色にその感覚は飲み込まれる。そんなことは、どうだっていいと感じたのだ。メルリアは、吸い込まれるように湖の水面を見つめた。湖に近づくと、月がもっと大きく見える。湖のすぐそばまで行けば、絶対に触れることのできない月に触れられる、子供のような夢を叶えられるような――そんな気さえした。
 メルリアは顔を上げ、左隣に座る女の表情を窺った。穏やかに、ただただ静かに、女は水面を見つめている。声を掛ける事が躊躇われたが、メルリアはゆっくりと尋ねる。
「あの……。あなたは、ここによく来るんですか?」
「年に一度だけ、付き合いでこの村に来るの。用事を済ませている間、私はここにいる」
 女は淡々とそう言った。水面が再び揺れ、女の長い髪が空気を含みふわりと風に舞う。話をしていても、水面が揺れても、女はメルリアと目を合わせることはなかった。ただただ、目の前に映る湖畔の月に視線を向け続けていた。
 会話が途切れ、沈黙が訪れる。メルリアも女も、それ以上何か言葉を口にはしない。沈黙があまり得意ではないメルリアだったが、今日だけは違った。普段と異なる焦りや居心地の悪さは感じない。今の感情は普段の真逆だと気づいていた。メルリアも女に倣い、水面に映る月を見つめる。木々の葉が擦れ反響し、水面の月が霞むように歪んだ。包み込むような音が消えたかと思うと、次第に水面は丸い月を正確に映し出していく。
「あなたはどうしてここに来たの? 女の子が一人でこんな真夜中にいるなんて、危ないわ」
 本で読んだ知識を喋るような、どこか他人事のような口調で女は言う。心配するような口調とは程遠い声色だった。わずかな距離に気づかないメルリアは、照れくさそうに頬を掻きながら、恐る恐るといった風に話し始める。
「たまたまです。実は、色々あって道に迷っちゃって……」
 メルリアは、自分が祖母のために探し物をしているということ、探し物のためにヴィリディアンを旅することにしたこと、道中で三人の人助けをしたことを、女に順を追って話していった。メルリアも女も、湖畔に映る月を眺めたまま、お互いの顔を見ることはなかった。しかし話の途中でメルリアに興味を持った女は、不思議そうに彼女の顔に視線を向ける。
 メルリアがその視線に気づいたのは、ここに来るまでの経緯を話し終えた後だった。メルリアと女の視線が合う。すると、女はくすりと笑った。
「……面白い子ね。自分の事はいいの? 日暮れまでにたどり着けなかったらどうしようって考えなかった?」
「そこまで考えてなくって」
 メルリアは苦笑するが、自らの行いを後悔していなかった。まだ宿は見つからないけれど、こんなに夜は更けてしまったけれど、あの人たちを放っておけばよかったとは微塵も思っていなかった。ありがとうとメルリアに微笑みかける人達の顔。思い返すと胸の奥が温かくなる。メルリアはその温かさを感じながら言った。
「私がどれだけのことができたかは分かりませんけれど……。誰かの役に立つのは、やっぱり嬉しいなって思うんです」
 メルリアの言葉を聞いた女の瞳がわずかに揺れる。湖畔を眺めていたメルリアは、女の表情の変化には気づけなかった。
「そう……」
 女は身近な人物の存在を思い浮かべながら目を細める。相づちの声は、女の心から出た穏やかな声だった。
「それに、今日じゃなかったら、こんなに綺麗な月は見られなかったと思うんです。今日は満月かな」
 湖畔に浮かぶ丸い月、それから空に浮かぶ丸い月を交互に見ながらメルリアは呟く。
「まだ満ちてない。満月は明日ね」
 しかし、女ははっきりとメルリアの言葉を否定した。月の端がわずかに欠けている事に、女は気付いていたのだ。
 そうですか、とメルリアは寂しげに呟き、笑う。メルリアの視線が自然と女から逸れた。少しだけ残念だと思う気持ちと、これだけ綺麗な物が見られたのだから満月ではなくても構わない、という二つの気持ちが入り交じる。寂しい気持ちを振り払い、笑顔を作ろうとした時、女がぽつりと呟いた。
「明日も来る? もっとも、今日のように凪かどうかは分からないし、雲がないという確証もないけれど」
 その言葉を聞いたメルリアの作り笑顔が、ぱっと本物の笑顔に変わる。女の方に視線を向けた。しかし、脳裏によぎった明日の自分を思い浮かべ、膝の上に置いた手を弱く握りしめた。先ほどとは正反対の感情で心臓の鼓動が徐々に早く変わっていく。メルリアは女の表情を窺う。
「せっかくなので、明日も来てみようと思います。あなたは明日、いらっしゃるんですか?」
 女はその言葉に目を見開き、何度か短い瞬きを繰り返した。一度小さく息を吐いてから言った。
「そうね。都合がつけば、明日の九時頃に来るわ」
 淡々と言う女の言葉であったが、メルリアの表情は更に明るくなる。無意識に女の手を取って笑いかけてしまうほどに。突然のことに女はどういう反応をしていいか判らなくなり、ただただメルリアに握られた手を見つめることしかできなかった。
「待ってます。またお話ししたいです」
 女の身につけている白い手袋が月明かりに光る。メルリアはその布の感触に注意を向けられなかった。もっとこの人と話がしたいと、直感的にそう思った。だからこそ、話ができるかもしれないという状況をとても嬉しく感じていたのだ。女は喉元まで出かかったいくつもの言葉を飲み込み、抑揚の薄い声で言う。
「あまり期待しないでね」
「はい!」
 女が明日の晩ここに来ない可能性もある。メルリアはそれをきちんと理解していた。だがその表情は来ないことを全く考えていないような顔だった。そんなメルリアに女は苦笑を浮かべる。けれど、握られた手を女は自ら離そうとはしなかった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

◆登場人物一覧

┗並びは初登場順です。

┗こちらのアイコンは公式素材のみを使用しています。

メルリア・ベル


17歳。

お人好し。困っている人は放っておけない。

祖母との叶わなかった約束を果たすため、ヴィリディアンを旅することになる。

フィリス・コールズ


16歳。

曖昧な事が嫌いで無駄を嫌う。
シーバの街で、両親と共に「みさきの家」という飲食店を経営している。

クライヴ・ローウェル


22歳。

真面目。お人好しその2。

理由あって旅をしており、メルリアとよく会う。

ネフリティス


27歳(人間換算)

都市に工房を持つエルフの錬金術師。

多少ずぼらでサバサバしている。

イリス・ゾラ


21歳。

隣国ルーフスの魔術師。闇属性。

曲がったことが嫌い。

リタ・ランズ


16歳(人間換算)

魔女の村ミスルトーで暮らしているエルフ。
アラキナのストッパー兼村一番のしっかり者。

ウェンディ・アスター


不明(20代後半くらいに見える)

街道の外れの屋敷で働くメイド。

屋敷の中で一番力が強い。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み