第29話 錬金術師ネフリティス3

文字数 2,746文字

 メルリアがまず向かったのは、住宅街付近にある建物だった。周囲の家々を確認しながら、目標の看板を探す。
 ネフリティスのメモ書きはひどく曖昧だった。『託児所陽溜まり宛て。住宅街の通りの東側、看板アリ』――何かの暗号のようなものが、走り書きのように読みづらい文字で記されている。ほんのわずかな情報に、お世辞にも綺麗とは言えない走り書き。人にものを頼む態度として、お世辞にもよいものとはいえないが、メルリアはこの状況を苦だとは感じていなかった。前を向く彼女の表情は明るい。
 住宅街を何往復かして、ようやくメルリアは目的地にたどり着く。ノックを数度、「ごめんください」の声をかける。しばらくしてから、玄関の扉がゆっくりと開いた。それと同時に、子供の泣き声や笑い声がドアの奥から飛び出してくる。
 扉の前に立っていたのは、エプロン姿の女だった。髪を低い位置で一つにまとめた女は、およそ託児所に似合わないしゃんとした表情をメルリアに向ける。メルリアの後ろ、そして足下を確認すると、女は一つ咳払いを零した。
 女の様子や雰囲気は、とても託児所の先生とは思えない。役所勤めや医者だといった、きっちりとした仕事の方が合いそうだ。子供から怖い印象を持たれていないだろうか? と、メルリアはいらぬ心配を抱く。
「どういったご用件でしょうか?」
 低く澄んだ声の女性は、淡々とメルリアに問うた。その声にはっと顔を上げ、慌てて状況を説明する。
「あの、私、錬金術師の……。ネフリティスさんから、こちらにこの包みを届けて欲しいと」
 メルリアは両手に持った包みを手渡した。ずっしりとした重みのそれが、メルリアの両手から離れる。女はそれを受け取ると、包みにある文字に目を通した。やがて、納得した声を漏らす。
 女はほんの少し表情を崩し、笑みを浮かべる。
「あぁ、本日でしたね。確かに受け取りまし……」
「せんせえー、にじのご本どこぉー?」
 開いた扉の奥から、子供の大きな声が聞こえる。女は包みを持ったまま、くるりと振り返った。
「はぁい、今行きまぁす! 待っていてくださいねー!」
 ほんの数秒前、メルリアの目の前にいたのは、低く澄んだ声の女性だった。厳しさを思わせる雰囲気で、託児所の先生が務まるのかどうか不安になるほどの。だが今はどうだろう。先ほどとは打って変わって、高くふやけたような声だ。例えるならば、激務の後、自宅で待つ犬猫に構う飼い主のように。
 実際、女は部屋の中にいる子供に満面の笑みを向けていた。きりりと引き締まった表情は跡形もなく、でれでれとしている。
 女の表情はメルリアからは見えないが、大体察しはついた。
 女はくるりと振り返る。余韻のせいで、ほんの一瞬緩んだ表情をメルリアに見せた。しかし、すぐに先ほどの冷たい表情に切り替えた。
「それでは私はこれで。失礼いたします」
 低い声で女は言うと、静かにドアノブに手をかける。あっけにとられていたメルリアは慌てて女に頭を下げた。
「あ、ありがとうございました!」
 ……すごいものを見てしまった気がする。
 メルリアは胸に手を当て、心臓の音を聞く。不自然に早く脈打っていた。

 メルリアは早々に次の配達先へ向かった。
 ずっしりと重みのある小包を、大切に抱えながら歩いて行く。一件目とは異なり、メルリアの足取りは確かだ。工房と同じ道に面していたため、五分と立たずに目的地へ到着した。
 店の前にたどり着くと、メルリアは顔を上げた。猫の顔を模った看板が、風でカラカラと揺れている。メルリアは目を細めた。たった昨晩のことなのに、もうずっと昔のような気がする――胸の奥にチクリと広がる寂しい感情をため息で紛らわす。これ以上引きずられないようにと、メルリアはシャノワールの扉を開けた。
「ごめんください」
 カラン、と扉につけられたベルが店内に来客を知らせた。メルリアは店の奥に声をかけ、静かに足を踏み入れる。相変わらず客の姿はなかった。全体的に焦げ茶色の落ち着いた店内だ。壁には黒猫を模った白い文字盤の時計。ガラス張りの棚には、黒猫がデザインされた皿やティーカップなどが展示されている。昨夜見た風景と同じだった。それらに目を向けていると、メルリアの頭上でコトンと物音がした。顔を上げると、ちょうど棚の上に乗った黒猫と目が合う。昨日、エルヴィーラに懐いてきた黒猫のアステルだ。昨日とは異なり、アステルは棚の上から動こうとしない。メルリアの存在は認識したが、ちらりと目をやっただけで、つまらなそうにカウンターの奥へ視線を逸らした。アステルがピクリと耳を動かすと、カウンター奥の扉がゆっくりと開く。
「すみません、お待たせしてしまいましたね」
 昨晩会った中年の男が顔を出した。メルリアは、慌てて首を横に振る。両手は塞がっていた。
 男はメルリアの顔を見ると、ふっと笑みを浮かべる。
「アステルが気になりますか?」
「はい、少し……。やっぱり、普段はああしているんですか?」
 メルリアが苦笑を交え、棚の上に上ったアステルに視線を向ける。眠たそうに目を開いていたアステルは、やがてくわっと大きく口を開け、欠伸をした。鋭い二本の歯が光る。
「ええ。昨夜は驚きました。……とはいえ、この子も黒猫ですから」
 どういうことだろう? メルリアはカウンターの奥にいる男を見た。男は穏やかな表情を変えないまま、目を細める。
「判るんでしょうね。仕えるべきものが何か」
 その言葉を聞いた途端、メルリアの脳裏にはエルヴィーラの姿が浮かんでいた。初めて会った時から不思議な雰囲気の人物だと思っていた。とても綺麗で、どこか神秘的な人。詳しいことは聞いていないが、実際、あんな豪華なホテルに部屋を取っている人だ。本当にお金持ちのお嬢様なのかもしれない――。動物は人間より勘が鋭いところがあるという。きっと人の雰囲気が分かるんだろう、と、メルリアは一人頷いた。
「……さて。本日はどういったご用件ですか」
 にこにこと微笑みかける男に、メルリアははっとした。両手に持っている小包の存在を忘れていたからだ。
「あ、あの、今日はこれを……。錬金術師の、ネフリティスさんの代わりに、お届けに!」
 メルリアはカウンターへ向かうと、男に包みを手渡した。男はそれを受け取ると、カウンターの端にゆっくり置いた。
「確かに受け取りました。ありがとうございます」
「あ、あの、今日はこれで……また伺います!」
 メルリアは慌てて頭を下げる。
「ええ、お待ちしております」
 男の声にもう一度頭を下げてから、メルリアは男に背を向けた。店の扉を引くと、ベルがカランと音を立てた。その音の中で、アステルがニャアと短く鳴く。ベルの音にかき消され、アステルの声はメルリアの耳に届くことはなかった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

◆登場人物一覧

┗並びは初登場順です。

┗こちらのアイコンは公式素材のみを使用しています。

メルリア・ベル


17歳。

お人好し。困っている人は放っておけない。

祖母との叶わなかった約束を果たすため、ヴィリディアンを旅することになる。

フィリス・コールズ


16歳。

曖昧な事が嫌いで無駄を嫌う。
シーバの街で、両親と共に「みさきの家」という飲食店を経営している。

クライヴ・ローウェル


22歳。

真面目。お人好しその2。

理由あって旅をしており、メルリアとよく会う。

ネフリティス


27歳(人間換算)

都市に工房を持つエルフの錬金術師。

多少ずぼらでサバサバしている。

イリス・ゾラ


21歳。

隣国ルーフスの魔術師。闇属性。

曲がったことが嫌い。

リタ・ランズ


16歳(人間換算)

魔女の村ミスルトーで暮らしているエルフ。
アラキナのストッパー兼村一番のしっかり者。

ウェンディ・アスター


不明(20代後半くらいに見える)

街道の外れの屋敷で働くメイド。

屋敷の中で一番力が強い。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み