第26話 陰雨に愁う3

文字数 6,653文字

 エルヴィーラに付き合ってくれた君に、きちんと礼が言いたい――男の一言で、メルリアはエルヴィーラ達が利用している宿へ向かうことになった。
 ホテル・ウェイブ――高級住宅街付近に位置するそこは、メルリアの知る宿とは大きく異なっていた。彼女がまず好んで入る事がないであろう、屋敷のような外観。彼女が普段使う宿酒場何軒分の広さだろうという面積はもちろん、内装もすさまじい。広々としたエントランスには、ソファが十脚設置されている。ダマスク柄の黒いフェザーに金色の装飾など、一見しただけでも高級感が漂っていた。ドアマンの身なりもきちんとしているし、何より人数が多い。床一面に敷き詰められたレッドカーペットは、中央図書館の比ではない。一歩足を踏み入れただけで、自分の体がふわりと包み込まれた。踏んではいけないものを踏んでしまったかのように小さな奇声を上げてしまったメルリアは、横に立つエルヴィーラにくすくすと笑われていた。男はドアマンから真っ白いタオルを渡され、気遣いの言葉を伝える。
 ヴィリディアンで最も有名な画家シュラミトがこのホテルに贈ったとされる、草原から見下ろした家々を描いた絵画が飾られるのを横目に、エルヴィーラと長身の男は平然とその空間を横切っていく。借りてきた猫のように落ち着かないメルリアの手をエルヴィーラはしっかりと握っていた。

 部屋の鍵を解錠すると、エルヴィーラはメルリアの手を引いたまま部屋の奥へと進んだ。手前の扉と二つのベッドを通り過ぎ、窓際の二人がけのソファへ向かう。そんな二人の背中に、男は声を投げかけた。
「着替えてくる。少しだけ待っていてほしい」
「好きにして」
 エルヴィーラは素っ気ない態度をとると、メルリアの肩をそっと抱いた。
「私も好きにしているから」
 男は困ったようにため息をついた後、入り口付近の扉へ消えていく。静かに扉が閉まり、施錠の音を聞いた後、エルヴィーラはソファに腰掛けた。座るように促され、メルリアも恐る恐るソファに腰掛ける。体がふわりとソファに沈んでいくようで、メルリアは呆然とした。あまりの柔らかさに、体が勝手に背もたれへと吸い込まれていく。包まれているような感覚が心地よかった。
 先よりは弱まったものの、未だに雨は降り続いている。しとしとと地面を濡らす静かな音、そして心地のいいソファのクッションがメルリアの眠気を誘った。
「さっきからどうしたの? なんだか落ち着かないみたいだけれど」
 メルリアはエルヴィーラの声に姿勢を正した。周囲をきょろきょろと見回すと、照れくさそうに笑う。
「あんまりこういうところに来たことがなくて……。お部屋もこんなに広くて、ベッドも二つあって……」
 自分の知る部屋というものはもっと狭い。ベラミント村の自分の部屋でも、借りていた宿の部屋でも、こんなに広い場所は知らなかった。部屋の灯りの装飾も豪華で、宝石をちりばめたようにキラキラと光っている。ベッドだってそうだ。こんなに幅が広いベッドは知らないし、シーツの白さがまぶしい。それに、エントランスの床と同様、部屋までもこんなにふかふかしているなんて。ソファの脇に置いた手を動かすと、肌触りのよい感触が返ってくる。メルリアは思わず手を引っ込めた。
「ツインの部屋だから、ベッドが二つあるのは普通じゃない?」
「えぇと、そうじゃなくて……」
 こんな非現実的な場所でも、エルヴィーラは事ともしない。メルリアにはそれが眩しすぎて、一瞬めまいがした。そういえば、最初に会った時からどこか雰囲気のある女性だと思っていた。どこか懐かしい気はするけれど、エルヴィーラはあまりにも静かで、綺麗で、落ち着いていて。いいところのお嬢様なのではないか、と考えたこともあった。やはりそうなのだろうか――と視線を巡らせると、ふと手前のベッドの上にあるものを見つける。
「あれ……、エルヴィーラさんのですか?」
 そこには、真っ黒なうさぎのぬいぐるみが寝転がっていた。胴体がやたらと長い、いわゆる抱き枕だ。
「取り引き相手からもらったんじゃない?」
 エルヴィーラは立ち上がると、うさぎのぬいぐるみを手に取る。つまらなそうにぬいぐるみの全身をぐるりと回し見た後、メルリアの膝に置いた。
「ここにあるってことはシャムがもらったんだろうし……。メルが使っていいわ」
 恐る恐るメルリアはぬいぐるみを抱きしめる。毛並みの肌触りが心地よく、どこかいい香りがした。
 その様子を正面から見つめていたエルヴィーラは、ふっと笑う。
「メル、可愛い」
 エルヴィーラは手を伸ばすと、抱き枕ごとメルリアをぎゅっと抱きしめた。
「え、エルヴィーラさん……!?」
 突然のことに驚き、声がうわずってしまう。しかしエルヴィーラはそんなことは一切気にしない様子で、背中に回した手に力を入れる。どうしようとメルリアは慌てた。腕をじたじたと動かそうにも両腕をそのまま抱きしめられているせいで身動きがとれない。
 嬉しくないわけじゃないけど、どうしたらいいんだろう――悩んでいると、薔薇に似た花のような甘い香りが漂った。それがメルリアの記憶に引っかかる。この香り、知っている気がする。薔薇だけど薔薇じゃないような。頑張れば思い出せる、けれどすぐには出てきそうにない――メルリアが悩んでいると、鍵が解錠される音が響いた。ゆっくりと扉が開く。シャワーと着替えを済ませた男は、その光景を見て静かにため息をついた。
「エルヴィーラ、あまりその子を困らせてはいけない。そのままでは話もできない」
「……分かったわ」
 不本意だという顔と声をして、エルヴィーラはメルリアから離れた。先ほどと同じようにメルリアの隣に腰掛ける。男は部屋の隅にあった椅子を運び、ソファの向かいに置いた。
 メルリアはソファに座ったまま、男の動きに注視した。
 まず目につくのはその背の高さだ。シャノワールで会った時よりも近くにいるせいで、ずっと大きく見える。次に気になったのは雰囲気。エルヴィーラ同様、この男もどこか不思議な雰囲気を纏っている。また、彼も整った顔立ちをしていた。エルヴィーラと同じ真紅の瞳に、どこかオレンジがかった暗めの金髪。そしてやはりどこか懐かしい感覚。疑問に思ったままその姿を目で追っていると、椅子に座った男と目が合う。男は固まったような無表情を柔らかく変えると、静かに頭を下げた。
「ありがとう。エルヴィーラが世話になったな」
「い、いえ、私の方がとてもお世話になっていて……たくさんお話も聞いてもらいましたし」
 抱きしめたぬいぐるみから片手を話し、その手を顔の前で振る。両手でそうできなかったのは、借り物を落としてしまいそうだと思ったからだ。
「そうだ、まだ名乗っていなかったな。俺はシャムロック。お前は?」
「メルリアといいます」
 シャムロックの静かな言葉に、メルリアは慌てて頭を下げる。彼に威圧感はなく、言葉の端々は柔らかい。しかしメルリアはどこか気が引き締まるようだと感じていた。先ほど見たシャムロックの身長のイメージが残っているせいである。
「……ん?」
 ふと、シャムロックは何かに気づいたように小さく声を漏らす。顎に手を当て、しばらく何かを考え込んだ後、メルリアの前に跪くように身をかがめた。手袋の白が彼女の視界を一瞬かすめる。シャムロックは彼女の頬に触れ、メルリアの青い瞳をのぞき込むように見澄ました。わずかに居心地の悪さを感じつつも、メルリアは目をそらせない。
 やがて男は満足したのか、手を離すと、再び向かいの椅子に腰掛ける。
「メルリア。祖父母の姓は分かるか?」
 その言葉に、メルリアははっとする。隣に座るエルヴィーラと目が合う。彼女は開いた唇に人差し指を押し当て、驚いた様子だった。
「奇遇ね。シャムが来るちょっと前、そういう話をしていたところ」
 その言葉に、シャムロックは「そうか」と短い返事を一つした。
 メルリアは突然のことに驚きつつも、口を開く。
「祖母の父が外国の人で。旧姓が『ゼーベック』っていう話をしたんです」
 メルリアがその名を口にすると、シャムロックの両眉が上がる。難しい表情を浮かべたまま、男は慎重に尋ねた。
「覚えているのは難しいかと思うが……。メルリアの曾祖父は、テオフィールという名ではないか?」
 身を乗り出そうとするエルヴィーラに視線で待ったをかけた後、男は黙ってメルリアの言葉を待つ。
 メルリアは考え込んだ。その言葉の響きを知っているような気がする。思い出せないこともないだろうが、すぐに返事をすることはできなかった。先ほどの香りのように、この記憶は曖昧だ。
 メルリアが黙っていると、男は手帳にペンで文字を書き連ねていく。
「この文字に見覚えはないか?」
 男は手帳をメルリアに向け、優しく問いかける。
 手帳の一行目には、黒く濃いインクで「Theophil」と記されていた。その文字を見た瞬間、メルリアははっと顔を上げた。その文字の並びには馴染みがある。シャノワールにいた時に思い出した、ロバータとその両親を描いた絵画――枠外に記されていた文字がその一つだった。見慣れない綴りだったせいで当時読むことはできなかったが。メルリアは目を閉じ、記憶の中からあの絵画のイメージを引っ張り出す。彼女の視界は真っ黒だが、メルリアには確かにあの絵が見えていた。幼い祖母の傍らに立つ、祖母の母と父の姿が。
「文字は知ってます……、えっと、祖母と祖母の両親を描いた絵画を見たことがあって」
 膝に置いたぬいぐるみの腹を指でなぞりながら、脳内で絵画を見ながら言った。
「その枠外に文字があったんです。テオフィール? さんは、祖母の父の名前で。黒い髪の人だった、と思います」
 絵の情報を伝え終わると、ゆっくり目を開く。これ以上伝えねばならぬ情報はもうないだろう。メルリアは一度大きく深呼吸した後、改めてシャムロックに向き直る。シャムロックは眉間にしわを寄せ、難しい表情をしながら考え込んでいた。
 その間、沈黙が続く。
 メルリアはこの状況に耐えられなくなった。おかしなことを言ってしまっただろうか。何か失礼だっただろうか。ありもしない悪い思考が頭の中にこだまする。膝に置いた手が、ふらふらと漂った。メルリアの感情と同調するように。落ち着きのないその手が優しく包まれる。顔を上げると、エルヴィーラはにこりと笑うと、大丈夫よ、とメルリアに耳打ちする。エルヴィーラはそのまま熟考するシャムロックを見つめた。
「シャム、そんな難しい顔をしないで。メルが怯えているわ」
「私、そんなつもりじゃ」
 その言葉には語弊がある。メルリアは慌てて否定しようとしたが、その言葉はシャムロックの謝罪の言葉にかき消された。
「すまないな。少し考えていた。……このまま、お前を招待すべきかどうか」
 ショウタイ? メルリアはシャムロックの言葉を頭の中で繰り返し、首をかしげる。招待という意味だろうが、言葉の意図が読めなかった。
 思案に暮れるメルリアの傍らで、エルヴィーラはぱっと顔を輝かせた。包むように触れていたメルリアの手を、ぎゅっと強く握りしめる。エルヴィーラはにこにこと顔をほころばせ、上機嫌だった。
「ふふ、このままメルを攫うのね?」
「人聞きの悪いことを言うな。それこそ彼女が怯えるだろう」
 メルリアは二人の会話について行けず、ただ黙って聞いているしかできない。その姿はぽつんとしていた。そんな彼女に構わず、エルヴィーラはメルリアの肩を抱く。私のものだと主張するように。服の隙間からのぞく冷たい肌が、メルリアに触れた。
「その方がそれっぽいじゃない? ま、シャムらしくはないけれど」
 独り言をつぶやくように言うと、エルヴィーラはメルリアの顎に触れた。そのまま、触れた人差し指が首筋をつつっと撫でていく。
「ね?」
 メルリアがくすぐったさに身をよじる中、エルヴィーラはメルリアに同意を求めるよう微笑する。突然のことに言葉を返せなかったが、エルヴィーラはそれでも満足げだった。新しいおもちゃを手に入れた子供のように。
 そんな様子を見ていたシャムロックは、呆れたようにため息をついた。
「メルリア」
「は、はいっ!」
 会話の外にあったメルリアの意識が、シャムロックの言葉によって引きずり戻される。
 メルリアで遊ぶエルヴィーラの手が止まった。声色一つで、彼が大切な話をすると理解したからだ。
「曾祖父について知りたいのなら、俺達と共に来るか?」
 招待、攫う。二人の会話の意味を、メルリアはようやく理解した。
 曾祖父――ロバータの父について興味はある。しかし、今はその時ではない。まずはあの花を探さなくては。メルリアの中で答えは決まっていた。口を半分開いたところで、胸の奥につかえるものを感じて口を閉ざす。心に強く決めたのに、どうしてすぐに言えないんだろう。ほんの少しの迷いがそうさせると、メルリアは気づかなかった。
 ……約束を破るわけにはいかない――心の中でそう復唱し、迷いを断ち切るよう顔を上げる。
「ごめんなさい。私は、やらなきゃいけないことがあるんです」
 胸の奥がわずかに痛んだ。膝に乗ったままのぬいぐるみをぎゅっと抱きしめる。痛みの理由は、メルリアには分からなかった。
「メルは、お祖母様と見た花を探しているんだったわよね」
「はい。図書館で調べても、全然見つからないんですけれど」
 部屋を照らす橙色の灯りがぼんやりと揺らぐ。時折、メルリアの心の奥底と呼応するように激しく揺らめいた。
「私はいつでもいいわ。もっとも、国を出てまで探すのなら、その前に会いに来て欲しいけれど」
 不安に揺れるメルリアの青い瞳を、エルヴィーラは真紅の瞳で見つめた。最初に会った時のように、今日何度か見せた表情のように、エルヴィーラはふっと笑う。
「待っているわ。待つのは得意だから、ね?」
 エルヴィーラがシャムロックに目配せすると、彼は穏やかに笑って頷いた。メルリアもそれに併せてぎこちなく笑う。本当は素直に笑いたかった。けれど、うまく感情を表すことができなかった。
「北東にグローカスという街がある。俺達はそのあたりに住んでいるから、いつでも訪ねてくるといい」
 メルリアは一つ頷くと、膝に抱えたままのぬいぐるみを抱きしめる。先とは違い、不安の色がない表情をしていた。待っている、その言葉をとても心強く感じたからだ。
「さて……。図書館で見つからないほどの物であれば、その手の希少な物質を扱う者に話を聞いた方が早いかもしれないな」
 メルリアが首をかしげると、シャムロックは窓の外に視線を向けた。雨足は弱まっているが、未だ雨は降り続いていた。たまに雨粒が控えめに窓を叩く。
「この通りの近くに、知り合いの錬金術師の工房がある。彼女なら知っているかもしれないな。待っていろ、今地図を――」
 言いながら、シャムロックは立ち上がろうとする。しかし、エルヴィーラが待ったをかけた。
「だったら、今からメルと一緒に行ってくるわ。その方が話が早いでしょう?」
 シャムロックはしばらく悩んだ後、窓の外をもう一度確認する。窓を滑る雫の数が、減っては増え、流れ、線を描いていた。
「では頼んだ。気をつけて」
「ええ。メル、行きましょう」
 メルリアが支度を終えると、エルヴィーラが部屋の扉を開ける。細く白い手がメルリアの手を取ると、誘うように優しく手を引いた。
 メルリアは数歩前へ出ると、いったん立ち止まった。振り返り、部屋の中にいるシャムロックに改めて頭を下げる。
「お世話になりました。ありがとうございます」
「……待った。メルリア、これを」
 シャムロックは四つ折りの紙をメルリアに手渡した。軽く折りたたんだばかりの紙が、元に戻ろうと膨らみかける。
「俺達の住んでいる場所、きちんと説明していなかったから。グローカスに来た時にでも目を通してくれ」
「ありがとうございます」
 メルリアはその紙を大切そうにポーチの中に入れて、リュックにしまった。
「……もう話は終わった?」
 後ろからの不機嫌そうな声に、メルリアが慌てて振り返る。エルヴィーラは好ましくないといった顔を作っていた。しかしそれはメルリアのもっと上、そして後ろにいる人物に向けられたものである。
「ああ、気をつけて」
 苦笑交じりの声を聞くと、エルヴィーラはメルリアに笑顔を向ける。何も言わずに、彼女の腕を引いて歩き始めた。
 彼のいる部屋の扉が、音もなく閉まった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

◆登場人物一覧

┗並びは初登場順です。

┗こちらのアイコンは公式素材のみを使用しています。

メルリア・ベル


17歳。

お人好し。困っている人は放っておけない。

祖母との叶わなかった約束を果たすため、ヴィリディアンを旅することになる。

フィリス・コールズ


16歳。

曖昧な事が嫌いで無駄を嫌う。
シーバの街で、両親と共に「みさきの家」という飲食店を経営している。

クライヴ・ローウェル


22歳。

真面目。お人好しその2。

理由あって旅をしており、メルリアとよく会う。

ネフリティス


27歳(人間換算)

都市に工房を持つエルフの錬金術師。

多少ずぼらでサバサバしている。

イリス・ゾラ


21歳。

隣国ルーフスの魔術師。闇属性。

曲がったことが嫌い。

リタ・ランズ


16歳(人間換算)

魔女の村ミスルトーで暮らしているエルフ。
アラキナのストッパー兼村一番のしっかり者。

ウェンディ・アスター


不明(20代後半くらいに見える)

街道の外れの屋敷で働くメイド。

屋敷の中で一番力が強い。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み