第35話 弟子代理の日々5

文字数 3,479文字

 ネフリティスの指示通り、メルリアは弟子代理として甲斐甲斐しく働いていた。
 初日にしたように、ヴェルディグリの様々な店や公共施設、個人宅に荷物を届けたり、アウル運送に手紙を預けたり、指定された植物や花を買いにヴェルディグリ中を回ったり。そんな雑務をこなしながらも、朝昼晩の食事作りは欠かさない。
 ネフリティスが預ける仕事量は的確だった。真面目に仕事をこなしていれば、きちんと決まった時間に夕食が取れる配分になっている。そんな生活を三週間ほど続けたメルリアは、すっかりヴェルディグリの地理を覚えきった。行きつけのパン屋は工房から一番近いルートを見つけたし、生地を買い足したい時に行く店にも迷わず進める。図書館や病院への最短ルートも覚えてしまった。仮に今日からこの街に住む事になっても、住む場所と金さえあれば不自由なく暮らせるだろう。メルリアにはその自覚はないが、そう動けていた。

 メルリアは、今日もまた荷物配達の雑用に追われていた。
 縦長のずっしりとした包みは、街一番の製薬会社へ。中央図書館へは、ガラガラと音の鳴る大きな包みを。落ち着いた雰囲気の小さな花屋には、カサカサと乾いた音の鳴る軽い箱を。住宅街の民家へも向かい、両手に収まるサイズだがずっしりと重い包みを手渡した。
 そんな仕事をこなしていると、ヴェルディグリに夕暮れがやってくる。
 石畳の道に橙色の光が差し、濃く暗い建物の影が長く伸びる。夕焼けの色を受け、燃えるように赤い雲が空を覆っていた。
 メルリアは包みを抱え、ヴェルディグリの街外れへと向かった。これで七件目、最後の配達になる。歩を進めるたび、包みの中身が不安定に揺れる。ゴロゴロと音を立て、重心が定まらない。宛先は『街の東出入り口・月の家』。店の名前か民家なのかいまいち判別がつかない中、メルリアは東口に向かった。

 それは細い道の先にあった。
 家々の中にひっそりと建つその建物は、他の店と比べてつつましやかな外装をしていた。入り口に看板はあるが、窓は黒色のカーテンでしっかりと閉じられている。この店らしき建物は開いているのだろうか。扉の前に立つと、途端に不安になった。
 夜と言うにはまだ浅い時間帯だが、西の空は薄暗い。空には一番星を通り越し、二番、三番目の星がきらめいていた。おまけに、家々に囲まれた立地にあるこの場所は、他の道よりも暗く感じる。その明かりが、余計メルリアを心細くさせた。
 メルリアはゆっくりとドアノブに手を伸ばす。すると、触ってもいないのにぐるりとそれが回った。ビクッ、とメルリアの肩が震え、伸ばした手を引っ込める。声は出なかった。
 恐る恐る扉の様子をうかがっていると、そのまま内側へ開いた。腕二つ分通せそうな隙間ができると、そこでピタリと止まる。
「開いているわよ、入ってらっしゃい」
 扉の奥から聞こえたのは、落ち着いた女の声だった。
「あの、私……」
「分かっているわ、ネフリティスがあなたに仕事を押しつけたんでしょう?」
 大きな包みを抱えたまま、メルリアはきょとんとしてしまう。事前に話をつけておいてくれたのだろうか、やたら話が早い。
 そんなメルリアを見て、女は今度こそ扉を開けた。部屋の奥から燭台の静かな光が差し、女の腰まで届く長い髪を照らす。その間から、細く長い耳が伸びていた。エルフの女だった。
 彼女はメルリアに微笑みかける。
「立ち話もなんだし、ね」
 女はパチリと片目を閉じると、家の中に入った。メルリアは少し躊躇った後、失礼しますと頭を下げて女に続いた。
 ふわりとラベンダーの香りが鼻腔を刺激する。燭台の橙色の光は暖かいが、部屋の光量はかなり抑えられている。
 黒いカーテンは窓を覆い隠しており、外からの光は入らない。部屋の奥にある長方形のテーブルには、赤いテーブルクロス。その端には物を乗せるためのクッションらしき台座と、山積みになったカード。テーブルに向かい合うように、椅子が一脚ずつ。入り口付近には、予備と思われる椅子が三脚あった。
 女はその横を通り過ぎると、奥側の椅子に座った。メルリアを向かい合わせに座るよう促す。
「さて。ここがどういう場所か、分かるかしら?」
「えぇっと……」
 女が静かに笑って尋ねるが、メルリアは言葉に詰まってしまう。
 分からなかった。室内の装飾は控えめである。飾り棚はあるが、メルリアが背を伸ばしても届かないほど高い位置にしかない。どこにも売り物らしき物は見当たらないのだ。テーブルの奥にはドアが一つあるが、ここを店として考えると、この場所だけで完結しているように思えた。
「ネフリティスからの包み、受け取ってもいい?」
「は、はい!」
 メルリアは膝の上にのせた包みを手に持ち、机に置いて渡す。品物を傷めないよう、静かに扱ったつもりではあったが、重量のあるそれを置いた途端、ゴトンと音が鳴った。
 女はテーブルの上で包みを解くと、中から黒色の箱が出てきた。外箱とほぼ同じサイズだ。女はゆっくりと蓋を取る。そこには透明な球があった。箱より一回り小さいそれを、布でできた台座の上に乗せた。わざとらしく女が球体に手をかざすと、メルリアは顔を上げる。
「占い師さん!」
「正解よ。私はダリダ。ここで占い師をしているの。ネフリティスとは旧知の間柄ね」
 ダリダが笑みを浮かべ、メルリアも名前のみの自己紹介を済ませる。そして、ほっと胸をなで下ろした。と、同時に、すごい物を運んでしまっていたことに気づく。道中、重心があっちこっちに行ったのは、これが球体だったからだ。水晶玉といえば、占い師に必要不可欠なもの。落としてしまわなくてよかった、無事に届けられてよかった――メルリアは安堵し、ため息をついた。
「それにしても、こんなに可愛いお嬢さんが来るなんて思ってなかったから、驚いたわ」
 可愛い、の言葉に、メルリアは顔を赤くして首を横に振った。
 その様子にくすりと笑みを浮かべると、ダリダは腕を組む。
「ネフリティス、そんなに忙しいの?」
「日中はいつも仕事場にいるみたいで、よく分からないんですが……。ただ、お弟子さんがいらっしゃらないようで、『使い物にならない』と言っていました」
「そういうことか」
 メルリアの言葉で疑問に合点がいったダリダは、静かに目を伏せた。
 外の音、物音、時計の針の音すらない無音の空間では、一秒がずっと長く重い。目を伏せるダリダを見て、メルリアはいたたまれない気持ちを抱いていた。おそらく自分に問題があったわけではないだろうが、どうしたらいいのか分からない。こわごわとダリダの表情を伺うと、やがて彼女は立ち上がる。棚にある茶色の紙袋を手に取ると、それを持ったままメルリアの隣に立った。
「これ、ネフリティスに渡しておいてちょうだい」
「承りました」
 ダリダはメルリアの方へ紙袋を差し出した。
 メルリアは慌てて立ち上がると、それを受け取る。
「長々とすみません。それでは、失礼します」
「いいのよ、気をつけてね」
 持ち手の紐をしっかりと握りしめ、ダリダに向けて深く頭を下げた。
 薄暗い廊下を再び抜け、ゆっくりと扉を開ける。通りからは街灯の光が漏れていた。メルリアは思わず顔を上げる。空からは橙色が姿を消し、暗く深い夜の色へと変わっていた。昼が長くなったとはいえ、黄昏時の時間は息をつく暇もなく過ぎ去ってしまう。
 ――あんまり遅くなっちゃうと、今日こそお夕飯が間に合わないかもしれない!
 メルリアは慌ててネフリティスの工房へと向かった。

 ――その少し前のこと。
 ダリダは立ち去るメルリアの背中を見送り、しばらくそのまま焦げ茶色の扉を見つめる。ドアノブを捻る音に、石畳を駆けていく軽やかな足音。それらが全て消えると、ダリダはテーブルの端に避けておいたカードの山を手に取った。
「ネフリティスの方はまだいいとして……、あの子か」
 空っぽになった椅子のクッションに目を向ける。
 ダリダはメルリアに対して気になることがあった。目に見えて分かる類いの物ではなく、占い師としての勘が告げるものだ。
 テーブルにあるカードの束――二十二枚のタロットをシャッフルし、カットする。カードの山を一直線に並べると、その中から左端のカードを手に取った。カードの裏面の濃紫をじっと見つめると、ダリダはゆっくりとそのカードをめくった。わずかに眉をひそめるが、その位置を見て表情が緩む。
「取り越し苦労だったみたい。お節介だったかしらね」
 ダリダはフッと笑うと、タロットの山を一つにまとめた。
 その一番上に、引いたばかりの逆位置の月を重ねて。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

◆登場人物一覧

┗並びは初登場順です。

┗こちらのアイコンは公式素材のみを使用しています。

メルリア・ベル


17歳。

お人好し。困っている人は放っておけない。

祖母との叶わなかった約束を果たすため、ヴィリディアンを旅することになる。

フィリス・コールズ


16歳。

曖昧な事が嫌いで無駄を嫌う。
シーバの街で、両親と共に「みさきの家」という飲食店を経営している。

クライヴ・ローウェル


22歳。

真面目。お人好しその2。

理由あって旅をしており、メルリアとよく会う。

ネフリティス


27歳(人間換算)

都市に工房を持つエルフの錬金術師。

多少ずぼらでサバサバしている。

イリス・ゾラ


21歳。

隣国ルーフスの魔術師。闇属性。

曲がったことが嫌い。

リタ・ランズ


16歳(人間換算)

魔女の村ミスルトーで暮らしているエルフ。
アラキナのストッパー兼村一番のしっかり者。

ウェンディ・アスター


不明(20代後半くらいに見える)

街道の外れの屋敷で働くメイド。

屋敷の中で一番力が強い。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み