第31話 弟子代理の日々1

文字数 1,330文字

 ネフリティスは椅子に座るなり、つまらなそうにそう言い放った。
「……ふむ、まぁまぁだな」
 大きなあくびをこぼすと、メルリアが淹れたばかりの紅茶の湯気に向けてつぶやく。ミルクには目もくれず、その中に角砂糖を一つ落とした。スプーンで混ぜずに、砂糖の塊が徐々に角を失っていく様をただただ眺めている。
 そんなネフリティスを見て、メルリアは困っていた。その様子もしっかりと顔に出ていた。
 黄身が半熟の目玉焼き、少し厚めに切って焼いたベーコン、葉物野菜とトマトのサラダ。最後に焼いたトーストはまだ温かく、その証拠に湯気が立っている。昨晩、ネフリティスに頼まれたから用意した朝食だ。苦手なものを尋ねても特にないとあしらわれてしまったから、なるべく好き嫌いが少ない品目にしたつもりだったが、なにか問題があったのだろうか。
「何だ、お前も座って早く食べろ」
 ネフリティスはようやくティースプーンを手に取った。それを紅茶の中に沈める。音を立てずに器用にかき混ぜると、底に溜まっていた白色が、深い橙色に溶けていく。
 メルリアは恐る恐る椅子を引くと、ネフリティスの顔を伺った。涼しい顔をしていた。相変わらず感情が読めない。
「あの、何かいけなかったでしょうか」
 メルリアは言葉を選びながらおずおずと尋ねると、あっけらかんとした声が帰ってくる。
「何がだ?」
「朝ご飯……」
「いけないことはないさ。果物があるともっと私好みだが」
 笑わず、怒らず、悲しまず――。たいしたことがない、という様子で言うと、ネフリティスは紅茶を口に含んだ。一口味わうと、眉に皺を寄せる。紅茶に対して砂糖の味が強すぎたせいだ。朝に飲む紅茶は決まって味が濃いと決まっている。なぜそうならないのか――ネフリティスは顔を上げ、向かいに座る人物へ目を向ける。脳裏に思い浮かべた人物と、目の前にいるメルリアの姿はずいぶん異なった。背格好も声も見た目も違うし嫌みもない。全くの別人だ。
 メルリアは視線に気づくと、慌てたように言葉を探す。その様が手に取るように分かって、ネフリティスは一つため息をついた。びくりと肩を震わせる姿は、どうにも過剰に見えたのだ。メルリアにとってはただの条件反射であるが。
「く、果物! くだものはっ、何がお好きですか! り、リンゴとか!」
 ピンと背筋を伸ばすと、緊張した声が響いた。
「リンゴは嫌いじゃない。好きと言うほどではないが、以前はよく食べたな」
 ネフリティスはテーブルの空白を見つめる。テーブルの端には、決まって皮のついたリンゴがあった。彼女が弟子に命じ、毎朝用意させていたからだ。
「ご用意しましょうか?」
 首を傾げて尋ねるメルリアを、ネフリティスは横目で見つめた。人間の若い女、長い髪、どちらかというと小動物寄り――。そんな娘が用意するリンゴのウサギを思い浮かべる。イメージに合っていた。合いすぎていた。ネフリティスはつまらなそうに視線を逸らすと、提案を手で制した。
「いや、お前が作っても面白くない」
「作る……?」
 メルリアは首を傾げた。面白くないのくだりもよく分からないが、それ以前に作るという言葉の意味も理解できなかった。しかしネフリティスはその呟きを拾わず、メルリアの作った朝食に手をつけた。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

◆登場人物一覧

┗並びは初登場順です。

┗こちらのアイコンは公式素材のみを使用しています。

メルリア・ベル


17歳。

お人好し。困っている人は放っておけない。

祖母との叶わなかった約束を果たすため、ヴィリディアンを旅することになる。

フィリス・コールズ


16歳。

曖昧な事が嫌いで無駄を嫌う。
シーバの街で、両親と共に「みさきの家」という飲食店を経営している。

クライヴ・ローウェル


22歳。

真面目。お人好しその2。

理由あって旅をしており、メルリアとよく会う。

ネフリティス


27歳(人間換算)

都市に工房を持つエルフの錬金術師。

多少ずぼらでサバサバしている。

イリス・ゾラ


21歳。

隣国ルーフスの魔術師。闇属性。

曲がったことが嫌い。

リタ・ランズ


16歳(人間換算)

魔女の村ミスルトーで暮らしているエルフ。
アラキナのストッパー兼村一番のしっかり者。

ウェンディ・アスター


不明(20代後半くらいに見える)

街道の外れの屋敷で働くメイド。

屋敷の中で一番力が強い。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み