第36話 弟子代理の日々6

文字数 1,911文字

 その晩、メルリアは夜中に目を覚ました。
 深い場所からゆっくりと浮上していくように、まどろんでいた意識が静かに覚醒していく。あくびを一つこぼすと、メルリアは大きく瞼を開いた。まるでぐっすりと眠れた朝のように頭がすっきりしていたし、目も冴えきっている。それは、しばらく眠れないことを意味していた。
 メルリアはやむなくベッドから起き上がると、カーテンを人差し指でわずかに開く。空の一番遠い場所には、丸い月が輝いていた。寝起きには眩しい輝きに、思わず目を細める。
 今夜は満月だ。月明かりはどこか頼りないが、独特な柔らかさがある。太陽の力強さとは違う、どこか落ち着く明かり。メルリアは月が好きだった。
 それに加えて――。メルリアは静かに目を伏せる。すると、水の流れる密やかな音が聞こえる気がした。エピナールで見た湖の真ん中にぽっかりと浮かぶ丸い月。水面を鏡として、その姿をくっきりと映し出す。あの場所で見た満月は、言葉にならない美しさがあった。あの日の記憶を思い返すメルリアは、記憶の中で隣を見る。そこにあるのは、静かにたたずむエルヴィーラの姿。あの景色が特別幻想的に思えたのは、エルヴィーラの存在も大きい。
 ――待っているわ。待つのは得意だから。
 静かに笑うエルヴィーラの表情を思い出すと、胸の奥がぎゅっと締め付けられた。その刺激に耐えかね、深く息をつく。ふと脳裏に浮かんだ感情を押し殺すようにかぶりを振った。
 考えてはいけない、感じてはいけない。会いたいならまだしも、寂しいと思ってはいけない。そう思ったら終わりだ。
 メルリアは傍らにあるバッグを手に取る。明かりをつけずにその中を探り、手の感触を頼りにポーチを取り出した。その中から四つ折りの紙を取り出し、質感を確かめるように指でなぞった。ゆっくりと開くと、月明かりを頼りにその文字に目を通した。
「グローカス、街外れ、アマルルアの宿を出て西……」
 急ごしらえで書いたとは思えないほど綺麗な手跡だった。
 メルリアは黒いインクを指でなぞりながら、なじみのない単語をぽつぽつと声に出す。
「『三十分ほどの上り坂の先、夜半の屋敷で待っている』、……お屋敷?」
 メルリアはその言葉に目を丸くするが、しかしすぐ納得したように頷いた。エルヴィーラのイメージと、屋敷のイメージが自然と重なったからだ。やはり彼女はいい家のお嬢様だったのだ――メルリアは一人でうんうん頷いた。エルヴィーラが持つ独特の雰囲気はもちろん、どこか儚い様子や、立ち居振る舞いは、高貴な身分を思わせるには十分すぎた。どこか自分とは違う世界を生きているようだと感じられるほどに。それなのに、懐かしい気がすると感じるのは図々しいだろうか。メルリアは苦笑を浮かべる。けれど、それが悪いとは思っていなかった。
 ふと、紙の端に文章が続いていると気づいたメルリアは親指を離す。
 ――追伸。エルヴィーラの傍にいてくれてありがとう。
 今までの筆跡は非常に整っていたが、その一行だけほんのわずかな乱れがあった。まるで書く事をためらったかのように、最初と最後の文字がどこか情けなく曲がっている。
 メルリアはその様子に気づかぬまま、紙全体をぼうっと眺める。しばらくそうした後、同じように四つ折りに畳んだ。元あったようにポーチにしまい、リュックの中に戻す。その動作ひとつひとつは、まるでガラス製品を扱うかのようにゆっくりとしていた。
「おばあちゃんのお父さん……か」
 メルリアは呟く。興味はあるが、メルリアは曾祖父のことを何も知らない。メルリアにとってはずっとずっと遠い存在だった。ロバータから自身の母の話はたまに聞いていたが、父の話を聞く事はなかったし、そんな機会もなかった。そもそもロバータが元気だった時は、祖母の両親という感覚がいまいちつかめなかったというのもある。
 メルリアは再びベッドに横たわると、天井をぼんやり眺める。あっという間に目が暗闇に慣れ、木材独特の模様が渦を巻く。その一点を漠然と見つめた。
 あのメモを渡してくれた男――シャムロックと、祖母の父とはどういう関係だったのだろう。メルリアは記憶の底からシャムロックの顔を呼び起こす。彼は三十代前半くらいの見た目だった。本人と関係があった、というのはあまり想像がつかない。あの人の両親が世話になった? 昔はグローカスに住んでいた? メルリアの思考がぐるぐる回り、やがてまとまりがつかなくなる。視界に映る木の模様が、混沌とした思考と同調するように螺旋を描いて見えた。
 メルリアはそのままゆっくりと目を閉じる。途切れ途切れの意識の中、ようやく眠れると気づいた次の瞬間には眠りについていた。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

◆登場人物一覧

┗並びは初登場順です。

┗こちらのアイコンは公式素材のみを使用しています。

メルリア・ベル


17歳。

お人好し。困っている人は放っておけない。

祖母との叶わなかった約束を果たすため、ヴィリディアンを旅することになる。

フィリス・コールズ


16歳。

曖昧な事が嫌いで無駄を嫌う。
シーバの街で、両親と共に「みさきの家」という飲食店を経営している。

クライヴ・ローウェル


22歳。

真面目。お人好しその2。

理由あって旅をしており、メルリアとよく会う。

ネフリティス


27歳(人間換算)

都市に工房を持つエルフの錬金術師。

多少ずぼらでサバサバしている。

イリス・ゾラ


21歳。

隣国ルーフスの魔術師。闇属性。

曲がったことが嫌い。

リタ・ランズ


16歳(人間換算)

魔女の村ミスルトーで暮らしているエルフ。
アラキナのストッパー兼村一番のしっかり者。

ウェンディ・アスター


不明(20代後半くらいに見える)

街道の外れの屋敷で働くメイド。

屋敷の中で一番力が強い。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み