第92話 思わぬ再会2

文字数 5,570文字

 その後、メルリアは隣室の客間に案内された。
 ブラウンの長机の周囲には、背もたれに独特な装飾が施された椅子が四脚。その装飾は、門扉にあったように三日月を連想させる飾りだった。それに、メルリアとテオフィールは向かい合って座っている。
 長机の上にはティーカップが二個と皿が三枚。それぞれ、サンドウィッチ、豆のスープ、スクランブルエッグが用意されている。スープもスクランブルエッグもすっかり冷め切っていたが、代わりにとウェンディが温かい紅茶を差し出した。爽やかな茶葉の匂いの中に、どこか優しい花の香りが漂う。草木の緑が眩しい鮮やかな色のティーカップを見つめていると、傍らに立つウェンディが深々と頭を下げた。
「このような物しかお出しできず、申し訳ございません」
「いっ、いえ、そんな! ご用意していただけただけでもありがたいです!」
 慌てて椅子から立ち上がると、両手を胸の前まで上げる。悪いことは何一つないと首を必死に横に振った。
 メルリアはウェンディに促されるまま椅子に腰掛け、再び机にある皿の数々を見た。丁寧に切りそろえられたサンドウィッチの断面は鮮やかだ。間にはハムとチーズ、レタスが挟まっている。隣に用意されたのは豆のスープ。透明なタマネギに小豆色の豆、人参と芋はブロック状に切りそろえられている。煮込まれたことにより角は取れているが、均等な大きさに刻まれたのだろうと想像できた。おまけに、ポーチドエッグの黄色のなんと色鮮やかなことか。
 腹の虫が黙っていない食卓の風景に、メルリアは一つ息をのむ。普段ならば手を合わせて食べ始めていたことだろう。しかし、一つ気になる事があった。
「どうしたの? 具合、あんまり良くない?」
 いつまで経っても手を動かさないメルリアを見て、テオフィールがおずおずと尋ねる。
 メルリアは、もう一度テーブルの上をじっくりと観察した後困ったように笑った。
「あ……いえ、その……。私の勘違いだったらいいんですけれど、ひいおじいさまの分がないような……」
 ティーカップは二人分用意されているが、問題は料理の量だ。サンドウィッチは食パン一個半といったところで、お世辞にも多いとは言いづらい。スープも、ポーチドエッグだってそうだ。手元に用意されたスプーン、ナイフ、フォークはどれも一セットのみ。それも全てこちらを向いている。
 おどおどと困った様子のメルリアを見て、テオフィールはにこやかに笑った。
「あの本にも書いてあったと思うけど……。オレ達の主食はアルコールと、レーリンゼルって呼ばれる花鉱石の加工品。固形のものを食べる必要はないんだ」
「そう、ですか……」
 メルリアはうつむく。自分だけ酷く贅沢をしているようで落ち着かない。それは傲慢だとすら思えてくる。しかし、それは相手が自分と同じ人間であった場合かもしれない、と思うことにする。
「でも、オレ達は食べ物を食べられないわけじゃない。さすがに人間の量は無理だけどさ。だから、一緒に食べるのはまた今度……ね」
 メルリアは静かに頷くと、いただきますと手を合わせた。紅茶で渇いた口を湿らせた後、真っ先にサンドウィッチに手を伸ばす。それを指で掴むと、人差し指がパンに沈んだ。あまりにも柔らかい手触りに、思わず目を見張る。ドキドキと高鳴る胸を押さえながら口に含むと、レタスを囓る歯切れのよい音が響いた。
「おいしい……!」
 目を輝かせながら呟くと、彼女らの傍らに立つウェンディは行儀良く頭を下げた。
 メルリアはサンドウィッチの味を堪能すると、次に豆のスープを口にした。どこか懐かしい味がする。なにが懐かしいんだろう――? スープを何度も口にしながら、必死に頭を働かせる。やがて、その原因は鼻に抜ける香草の香りのせいだと気がつく。祖母との記憶とは少し違う。そうだ、これはエプリ食堂の――。豆を一つ奥歯で噛む。その途端、見覚えのある景色が脳裏に浮かび上がった。
 そうだ、お店で出していたスープだ。
「この味、すごくおいしいです。それに、懐かしい……」
「ああ、それはシャムロック様が持ってきたレシピを元に作ったものです。あの方のお気に入りだそうですよ」
 メルリアは目を輝かせ、スプーンで液体だけをすくった。銀色のスプーンに乗ったそれを見つめる。メルリアはシャムロックのことをほとんど知らない。だから、好きな物が一つあると分かっただけで、これがその味だと知れただけで、なぜだかとても嬉しかった。目を細め、もう一度懐かしいその味を堪能した。
「念のため、メルリア様にお伝えすることがございます」
 傍らに立つウェンディが、ああ忘れていたといった風に手を合わせる。
 慌てて紅茶を飲み込もうとするメルリアを見て、構いませんとウェンディは手で制した。
「夜半の屋敷に住まう者は皆、月夜鬼です。私も、お嬢様も、シャムロック様も」
 向かいに座るテオフィールが、こちらに向かってにこにこと手を振った。その様子を見たウェンディはあなたはいいでしょうと冷たい目で刺すと、呆れたため息をついた。
 メルリアはきょとん、と目を丸くする。テオフィールと瞳の深紅と、ウェンディの瞳の深紅を探る。お互いに赤であることに変わりはないが、それぞれの質が異なるように思えた。そのままシャムロックとエルヴィーラの表情を思い出す。二人も似たような赤い瞳をしているが、やはり少しだけ違う。けれど、テオフィールとエルヴィーラの瞳はどこかが似ている気がした。
 ……似ている、といえば。
 記憶の中から赤い瞳を探す中、ある時の光景が浮かびあがってきた。
 それは、夜の森の出来事。こちらの両肩を痛いくらいに掴む男の両手の感覚。苦しげに呻く声、余裕のない表情。俺が欲しいのは――と喉の奥から絞り出したようなか細い声に、自分を見据える赤い瞳の色。驚愕で脳裏に焼き付いた、酷く暴力的な色だった。
 それはほんの少し前――。魔女の村で、クライヴの瞳が赤く変わったところを見たことがある。あの時は、幻でも見たのではないかと呆然としていた。だけど、この色は。
 脱力したように、テーブルの端にスプーンを置く。カチリ、と高い音が立った。
 メルリアは顔を上げると、テオフィールを真っ直ぐ見つめた。
「月夜鬼の特徴の一つって、目が赤いことですよね?」
「うん、そうだね」
 困惑に揺れる声を聞きながらも、しかしテオフィールは穏やかに言葉を返した。
「お連れの――クライヴ様は半夜(はんや)ですね。月夜鬼の血が流れている人間のことです」
 メルリアの胸の内を見透かしたように、ウェンディは傍らではっきりと口にした。言葉の強さと同じ、力強い眼差しでこちらを見据えている。メルリアはその瞳をじっくりと見つめ、再認識した。やはり似ている赤だ、と。
「近い親族に月夜鬼がいるのでしょう。メルリア様と同じように」
「私と……」
 メルリアは自身の左胸に手を置いた。規則正しく脈打つ鼓動が、手のひらから伝わってくる。その鼓動は特別早いわけではないが、落ち着いている時のように静かなものでもない。
 どっちつかずに脈打つ鼓動へ問いかける。自分が生きてきた中で、クライヴが言うような――そして自分が見たような喉の渇きを感じたことはない。自分の顔は鏡がなければ見えないが、目の色を特別指摘されたことはなかった。もっとも、相手が触れなかっただけかもしれないが。
「メルリア様含め、一般的な半夜とは異なり、我々の血が少々濃いばかりに何かと苦労されたようですが」
 苦労――。左胸に置いた手を握りしめた。メルリアはクライヴに変わることはできない。発作が起こった時、自分は何もできなかった。一度ならず三度も。彼の苦しみの上澄みだけを知っているだけに過ぎないのだと思うと、胸の奥がずきりと痛んだ。
「今、別室でシャムロック様はクライヴ様に苦労の理由と原因、対処法をお話しされているかと」
 その言葉を聞くと、痛みと苦みに歪んだ表情が、ふっと和らいでいく。本当にもう大丈夫なんだと安堵の気持ちがそうさせた。しかし胸の内は変わらない。その痛みに蓋をするようにメルリアは笑顔を作った。
「よかった。……でも私、辛いのが分かっていて何もできませんでした」
 同じ半夜であったのなら、できたことがあったかもしれないのに。走り去る背中を思い返しながら、メルリアは右手を握りしめた。
「メルリアは、そのクライヴって子といつ知り合ったの?」
 テオフィールがこちらへ気さくな笑顔を向けてくる。背中を押されるように、メルリアはテオフィールにこれまでの事を伝えた。
 ベラミントの村から出た時に初めて会ったこと。エピナールの教会を抜け、シーバに辿り着いた時に彼と再会したこと。シーバからヴェルディグリに向かう間、街道で偶然鉢合わせし、御者を助けるため共に馬車でヴェルディグリへ向かったこと。ヴェルディグリを出た直後の街道でクライヴと再会したこと、つい先日まで理由あって二人でミスルトーに世話になっていたこと……。
 メルリアの話を聞くテオフィールは、うんうんとにこやかに頷きながらも、時折硬い表情を見せた。しかし、曾孫の視線に気づくとすぐに笑ってみせた。
「こうして話してみると、旅の間、クライヴさんとはよく会っていたような……」
 言葉の余韻を耳に、テオフィールは右手を前に出した。そのまま、人差し指だけ突き出す。
「オレ達には昔から『月夜鬼は月夜鬼を引き寄せる』なんて言われがあってね。計らずとも、知らない場所でも、なぜか月夜鬼と知り合いになっちゃうんだよ。それは半夜でも同じこと」
 その人差し指でくるくると円を描くテオフィールは、自身の指の動きを見つめて目を伏せた。
 あの時――ヴェルディグリへ用事に出かけていたシャムロックとエルヴィーラは、夜分遅くに帰宅した。間もなく夜が明ける頃合いだった。テオフィールが帰宅したことを知ったシャムロックは、眠る前に彼に顔を出し、ヴェルディグリでメルリアに会ったことを伝えた。その時の衝撃は、今でもはっきり思い出せる。メルリアと出会った事を、シャムロックは『これも天運なのだろうな』と零した。朝の訪れを告げる東の空を見つめながら。その時は自分も納得したし、今の話を聞いたら余計そう思えた。
 テオフィールは顔を上げる。真っ先に目に入ったのは、不安げにこちらを見つめる曾孫の表情だ。だから彼は笑ってみせた。
「だからさ、オレは思うんだ。シャムロックとクライヴの二人を引き合わせるのは、半夜だったメルリアにしかできなかった事だ……ってね」
 メルリアがあの時、シャムロックの誘いを受けて夜半の屋敷にやってくれば、クライヴは自分のことを月夜鬼だと知らないままだっただろういずれ答えに辿り着けたとしても、今よりずっと遠回りしていたはずだ――。テオフィールは確信していた。
 メルリアは食事の手を止めたまま、テオフィールの言葉を待ち続けた。時折ティーカップに触れようと指が動くが、力が入るまでは至らない。
 曾祖父の言葉や月夜鬼の習性を疑うわけではないが、だからといって自分が特別何かをしたわけではない。
 俯くメルリアを見て、テオフィールは腕を組んだ。眉間に皺が寄ること二秒。後に、明るく微笑みかける。
「それに、メルリアみたいな優しい子が傍にいてくれるだけで、十分力になってたんじゃないかな」
「そんな」
 メルリアは作り笑いを浮かべると、ティーカップの紅茶を口にする。すっかり冷め切ってしまったそれを全て飲み込むと、ティーソーサーへと戻した。間もなく、ウェンディから新しい紅茶が注がれる。ふわりと茶葉の匂いが香り、細く長い湯気が天井へと伸びていく。一目見てそれが温かいものだと分かると、メルリアはほっと息をついた。
「オレがクライヴだったら間違いなく惚れてるけどね~。旅の途中で何度も会うなんて運命に違いないって思うよ、メルリアはいい子だし」
 何かにつけて優しい子だ、いい子だ、と褒めてくるテオフィールに対し、背中のあたりがくすぐったいような、不思議な感覚に襲われていた。落ち着かないけれどどこか懐かしい。嫌じゃない。テオフィールは昔の自分を知っている。表情や口調こそ軽いが、その言動には相応の重みがあるのだ。メルリアはそれを遠慮がちに受け止め、照れくさそうに笑った。
 本心にほんの少しの冗談を交えて笑うテオフィールと、それを真正面から素直に受け止めるメルリア。彼らを交互に見比べたウェンディは、この場にいない者が気の毒だとため息をついた。
「私は一旦席を外します故、何かあれば

に申し付けください。すぐにこちらへ向かいますので」
 ウェンディは視線を右後方へと向ける。そこには、ハンガースタンドにとまる乙夜鴉の姿があった。乙夜鴉はメルリア、テオフィールと視線を向けると、頷くようにくちばしを上下させる。
 失礼しますと礼を一つ。ウェンディは靴音を響かせ、部屋を後にした。

 メルリアは夕食を口にしながら、今までの旅の出来事をテオフィールに話していた。旅の話を語る表情は、不思議なほどころころと豊かに変わっていく。
 そんな彼女を見て、テオフィールは目を細めた。
 八年前と同じだ。
 テオフィールが夕方目を覚まし、リビングへと向かうなり、メルリアは真っ先に彼の元へ駆け寄った。今日したこと、読んだ絵本のことや図鑑の発見などを、目を輝かせながら話して聞かせる。うんうんとうなずきながら彼女の話を聞くのは、テオフィールの日課であり、彼にとっては一日の始まりを告げる小鳥のさえずりのようなものだった。
 旅のことを語るメルリアは本当に大きくなった。けれど、心の奥底にある部分は変わらぬままだ。再び目頭が熱く変わる感覚があった。それを誤魔化すように、テオフィールは冷たい紅茶を一気に呷った。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

◆登場人物一覧

┗並びは初登場順です。

┗こちらのアイコンは公式素材のみを使用しています。

メルリア・ベル


17歳。

お人好し。困っている人は放っておけない。

祖母との叶わなかった約束を果たすため、ヴィリディアンを旅することになる。

フィリス・コールズ


16歳。

曖昧な事が嫌いで無駄を嫌う。
シーバの街で、両親と共に「みさきの家」という飲食店を経営している。

クライヴ・ローウェル


22歳。

真面目。お人好しその2。

理由あって旅をしており、メルリアとよく会う。

ネフリティス


27歳(人間換算)

都市に工房を持つエルフの錬金術師。

多少ずぼらでサバサバしている。

イリス・ゾラ


21歳。

隣国ルーフスの魔術師。闇属性。

曲がったことが嫌い。

リタ・ランズ


16歳(人間換算)

魔女の村ミスルトーで暮らしているエルフ。
アラキナのストッパー兼村一番のしっかり者。

ウェンディ・アスター


不明(20代後半くらいに見える)

街道の外れの屋敷で働くメイド。

屋敷の中で一番力が強い。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み