第75話 静寂、懸念2

文字数 3,461文字

 それからというものの、三人の距離は物理的に縮んでいた。
 先頭を歩くシャムロック、最後尾を行くクライヴという並びは変わらなかったが、その間にメルリアが入っている。シャムロックに対して警戒心を一切持ち合わせていない彼女は、彼のすぐ近くを歩いていた。
 それに引き摺られるように、クライヴも彼女の傍を歩く。多少の居心地の悪さを感じたが、それを咎める事はできなかった。モヤモヤした感情と、あるかもしれない不安をわずかに抱えながらも、メルリアからヴェルディグリでの一件を聞く。エルヴィーラという女性の名前や、どういう接点で二人と知り合ったのかまでを知る頃には、森が明るく変わっていた。
 道を照らすその明かりは、まもなくエルフの広場へたどり着く合図だ。
「……ちょうどよかった! そろそろ広場に着くね」
「あ、ああ」
 その言葉に、クライヴは苦笑いを浮かべてうなずく。結局、一番聞きたかった事――二人の関係についての話までには至らなかった。
 土色の地面に森の影が曖昧に浮かぶ。点に見えた炎が形を取り戻し、薪の爆ぜる音がかすかに耳に届いた。放置された椅子の中央――ミスルトーで一番新しいそれに、大きな影が鎮座している。三人の足音に、エルフの長細い耳がピクリと反応した。手にした薪を炎の中に放り、上半身だけで振り返ると、不快そうに眉をひそめる。その影は立ち上がると、わざとらしく襟を正した。誰にするでもなく咳払いを零すと、そそくさと立ち去ろうとする。明らかにこちらを避けていた。
 シャムロックはそれに気づきつつも、彼の背中に声をかけた。
「ザックか。元気にしていたか?」
「っ……るせぇ! なんでテメェが来るんだ」
 ブルブルと小刻みに体を震わせながら、弱々しい声を漏らすザック。
 その様をクライヴとメルリアは呆然と見つめていた。彼らしくない、と。
「ババァか! ババァの仕業だな!」
 勢いに任せてシャムロックを指さすザックだが、その指すら不安定に揺れている。
「アラキナが俺を指定したのは確かだが……。ザック。俺はともかく、年長者は敬った方がいい」
 諭すような言葉もかまわず、ザックはふんと鼻を鳴らすと、露骨に視線を逸らした。
「うるせえ! テメェら年寄りにする礼儀なんぞねえ!」
 目を合わせず吐き捨てると、品のない足音を立てながら川の方へ繋がる道へと走り去った。
 その背中を見送りながら、シャムロックはやれやれと息を吐く。未だ机の端に放置された食器の数々の脇にコップを置いた。
「ザックさん……?」
 アラキナはまだしも、シャムロックに年寄り扱いとは、よほど疲れているのだろうか――メルリアは悟られぬよう、その背中にちらりと視線を向ける。
 広場を照らすたき火の炎は高く、皆で夕食を取っていた時のように大きく強く燃え上がっていた。炎に飲まれる薪はどれも変色しておらず、まだ新しいものばかりだ。
 ひときわ力強い風が吹くと、森のうなるような低い声が広がる。それは周囲の音の余韻をあっという間に飲み込んだ。一瞬訪れた静寂を薪の音が割って響く。
「さて……。メルリア、そろそろ休んだ方がいいな。ここ数日、熱があっただろう?」
 メルリアはその言葉を聞くと、無意識に体がびくっと震える。シャムロックを見上げ、不思議そうに首をかしげた。
「そういう顔をしている」
「えっと、でも……熱は下がってますし、私、シャムロックさんにお尋ねしたいことが」
 咄嗟に一歩前へ出たが、シャムロックは静かに頭を振った。
「それは明日の晩聞こう。先に説明したとおり、俺はアラキナの連絡でここに来た。おそらく調査の件で今晩は手一杯になるだろう」
 その言葉に、メルリアは慌てて手と首を横に振った。あまりにも咄嗟のことで、頭の奥が弱く痺れ出す。目眩に似た感覚を覚えそうになったが、目を数秒閉じてそれをやり過ごした。やがて手を下ろすと、胸の前で握る。
「す、すみません。わがままばっかり言っちゃって」
 シャムロックはメルリアの傍で膝をつくと、彼女の瞳をのぞき込む。暗がりの中に、深い海の色が揺れる。
「いや、話を聞く事は構わないよ。……明日まで待てるな?」
「はい……。おやすみなさい」
 シャムロックはそれでいいと彼女の頭をもう一度撫で、おやすみと声を返した。
 メルリアはまっすぐツリーハウスには向かわず、たき火をぐるりと迂回した。その奥で立ち尽くすクライヴに駆け寄る。
 唐突な動きに、思わずクライヴは右足を後ろに下げた。が、ここで距離を取るのも何かおかしいと、自分の意思に鞭を打ちそれを抑止した。
「クライヴさんも今日はゆっくり休んでね。おやすみなさい」
「ああ、ありがとう。おやすみ」
 気づかぬうちに懐に入り込むような優しい笑顔を向け、今度こそメルリアはツリーハウスへ向かった。
 気の利く言葉の一つや二つ言えればよかったものを、と、後悔を抱えながら、クライヴはその後ろ姿を見送る。それに対して、シャムロックは我が子を見つめるような穏やかな眼差しを向け、彼女の背中を見送った。
「――話をしようか」
 メルリアが建物へ姿を消すと、シャムロックはクライヴに向き直った。
 森は冷たい風を広場に運び込む。空気が変わった。クライヴはそれを肌で感じながら、息をのんだ。
 聞きたいことは山ほどある。自分の喉の渇きについて。あの液体は何なのか。どうして渇きが治まったのか。なぜ自分が何者かと問うたのか。お前は何者なのか。そのどれもが重要で、だからこそどれから尋ねるべきか分からない。沈黙の間にも夜も深くなっていく。残された時間はあまりないだろう。
 それに、メルリアがあそこまで懐いているとはいえ、そこまで信用に足る人物かは不明だ。まずは簡単な会話をし、相手の反応を見ることからはじめるべきか。だとすれば、自分がずっと気になっていて、簡潔に済む質問がいい――逡巡の後、疑問が一つ浮かぶ。しかしそれを問うのは場の空気に合わず、聞きたいことではあったが直接的に自分のことではなかった。
 まさか、それを聞いてどうするって言うんだ……。クライヴは腕を組み、自嘲気味に笑った。
「なんでも答えると言ったのは俺だ。約束は守る」
 その言葉にクライヴは息をのんだ。変える質問は思い浮かばないし、こうなっては後にも引けない。シャムロックに視線を向けず、独り言のようにぽつりとつぶやいた。
「お前とメルリアって、どういう関係なんだ」
 問いただすでもなく、怒りを含む物でもなく。それは、呆れや諦めに近い淡泊な声だった。
 しばし、沈黙が続く。たき火の音にかき消されたのだろうかと疑問に思うが、顔を上げる気力はなかったし、二度も尋ねる勇気もなかった。
「一度顔を合わせただけの知り合いだ。あの子は人懐こいところがあるな」
 淡々と言い切るその言葉に、クライヴは返事を濁した。安心二割、不安三割、疑問五割。複雑な感情を抱き、表情も強ばっていく。
 シャムロックはメルリアが使うツリーハウスに視線を向けた。カーテン越しにぼんやり灯っていた明かりは消えている。眠りに入ったのだろう。それを柔らかな眼差しで見つめた。
「クライヴが不安に思うような間柄ではない」
 クライヴは慌てて言葉を足そうとして、それを飲み込んだ。先ほどの質問は、誰がどう聞いてもメルリアに気があると言っているようなものだ。そういう意味じゃないと言ってしまえば嘘になる。目線が泳ぎ、やがて右隣を見た。そこにはなにもない。土の道を割って生える背の低い雑草と、広場を囲む森の闇が存在するだけで。空白のそこに、ほんの少し前まであったメルリアの姿を思い浮かべる。おやすみなさいと笑う陽だまりのような声が、耳に残って離れない。彼女の姿を思い返すほど、胸の鼓動がますます早くなった。
 ――気のせいなんかじゃない。俺はメルリアのことを好きになっている。
 クライヴは空想の姿から視線を逸らす。無意識に開いていた口を閉じ、顔を上げて普段通りを装った。
「悪い、妙なことを聞いて。それで――」
 木々がざわざわと不穏な音を立てて揺れる。狭い場所に突風が抜けるような高いもの。荒野に吹き荒れるような冷たくも強いそれを耳に、クライヴは言葉を飲み込んだ。
 嵐の前兆を思わせる空気の中、マントを翻す風がひとつ。それは広場に反響し、森を支配するかのようだった。それは中央に建つツリーハウスの左方から響く。
「よく来たのぅ……歓迎するぞ、シャムロックよ」
 他人の話を割って入る事に躊躇や遠慮など存在しなかった。
 アラキナ・ダンズはそういう性質である。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

◆登場人物一覧

┗並びは初登場順です。

┗こちらのアイコンは公式素材のみを使用しています。

メルリア・ベル


17歳。

お人好し。困っている人は放っておけない。

祖母との叶わなかった約束を果たすため、ヴィリディアンを旅することになる。

フィリス・コールズ


16歳。

曖昧な事が嫌いで無駄を嫌う。
シーバの街で、両親と共に「みさきの家」という飲食店を経営している。

クライヴ・ローウェル


22歳。

真面目。お人好しその2。

理由あって旅をしており、メルリアとよく会う。

ネフリティス


27歳(人間換算)

都市に工房を持つエルフの錬金術師。

多少ずぼらでサバサバしている。

イリス・ゾラ


21歳。

隣国ルーフスの魔術師。闇属性。

曲がったことが嫌い。

リタ・ランズ


16歳(人間換算)

魔女の村ミスルトーで暮らしているエルフ。
アラキナのストッパー兼村一番のしっかり者。

ウェンディ・アスター


不明(20代後半くらいに見える)

街道の外れの屋敷で働くメイド。

屋敷の中で一番力が強い。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み