第9話 そこは貿易と海の街3

文字数 4,250文字

 みさきの家はまもなく昼の開店時間を迎える。
 フィリスはメルリアに、客席、厨房と、店の中を一通り案内して回った。
「料理は私、洗い物とその他雑用は父さんが、会計は母さんがやるから、メルリアには接客を頼みたい。確か……」
 経験あるんだったわよね、と微笑みかけようとしたが、その問いは言葉になる前に消えた。
 接客経験者優遇! オレ偉い! と、フィリスの頭の中で父の脳天気な声が繰り返される。開いていた右手を思わず強く握り直した。
 グレアムとメルリアが街道を行き、シーバに向かう最中のことだ。道中、グレアムは喋りっぱなしだった。話題の内容は主に店と家族のこと。特に目立ったのはフィリスの話である。グレアムの娘自慢は話題の八割を占めていた。普通の人間ならばもうお腹いっぱいというほどであったが、メルリアは終始興味深くグレアムの話を聞き続けていた。その中で、セイアッド灯台祭のこと、祭りの最中はどうしても人手が足りない事情を聞き、バイトとして雇われるとを決めたのだった。
 つまり、提案を受け入れたのも、やらかしたグレアムに救いの手を差し伸べたのも、メルリア本人の意思である。フィリスから見たグレアムは何もしていない。むしろ相手の好意に甘えてばかりだというのに、我が物顔で言う態度にフィリスは苛立ちを覚えていた。胸の中にモヤモヤとしたすっきりしない気持ちを抱えつつ、咳払いを一つした。グレアムのしたり顔を忘れるためだ。
「確か、接客の経験があるんだったわよね?」
「はい。とはいっても、このお店よりも少し小さいんですけれど」
 メルリアは客席の方を見た。
 ベラミントでメルリアが働いていたエプリ食堂はみさきの家と役割が近い。利用客は主に農業を営む地元の人達。顔なじみの常連がよく足を運び、稀に村の外からやってきた人が利用する程度。みさきの家も主に地元の漁師が利用する店というところは似ている。だが、客席の数や規模は大きく異なっていた。エプリ食堂の客席はここの半分程度だし、繁忙期というものが存在しなかったからだ。
 フィリスは客席に視線を向ける。そして、メルリアに近寄ると、声をひそめて言った。
「母さん、人並みに動ける方じゃないから。気遣ってくれると助かる」
 メルリアはフィリスの言葉を聞き、静かに頷いた。具体的な言葉はなくても、テレーゼの体があまり強くない、もしくは病気がちであるとの想像はついたからだ。
 メルリアの真剣な表情を確認すると、フィリスは彼女と距離を取る。
「そうだ。父さん、どうせ灯台祭の話ちゃんとしてないでしょ。説明しましょうか?」
「お願いします」
 話題を切り替えようと、フィリスは極めて明るい声で言う。メルリアも普段通りを意識して答えた。
「シーバの巨大な灯台……セイアッドの灯台っていうんだけどね。簡単に言えば、その灯台の設立を祝うお祭り」
 フィリスはブラインドを開けた窓の外へ視線を向ける。メルリアも彼女につられて外を見ると、そこには丸みを帯びた大きな建物があった。それこそが、シーバの街のシンボルであるセイアッドの灯台だ。灯台は船が向かう場所、そして帰る場所を確実に示してくれる貴重な存在。漁業や貿易が盛んなシーバにとって、なくてはならない建物だ。
 灯台の設立記念日は、シーバのどの祭りよりも大々的に行われる。日数は設立日を始点とした五日間。国内の客はもちろん、シーバから五時間程度で到着する島国・ユカリノからの客も押し寄せ、一年を通して一番活気のある時期だ。
 フィリスが一通り灯台祭の説明を終えると、改めてメルリアに向き直った。
「働き手が減っちゃったし……あなたが手伝ってくれるなら助かるけど、本当に大丈夫? 相当忙しいわよ」
 真面目な声色で尋ねるフィリス。その言葉を受け、メルリアはゆっくりと頷いた。
「大丈夫です。旅先でお仕事をいただけるのは、ありがたいことですし」
 この先どんなことがあるか分からない。祖母との約束の花が国内で見つかるとは限らないし、突然大金が必要になる場合だってあるかもしれない。該当する花の数が多すぎて、絞り込めずあちらこちらの町や村を回ってしまうかもしれない。現に今、彼女は当初の目的とは異なる場所にいた。約束を果たす前に手持ちの金が尽きてしまうケースは充分に考えられる。だからこそ、働き手を募集する声があれば受けておきたかった。
「それに、お部屋まで貸していただけるなんて、勿体ないくらいです」
 ……とはいえ、彼女の中で必要以上の対価は受け取れない性質である。住み込みで働くという提案も最初は断ったのだが、祭りの期間の間に空いている宿などどこにもないと言い含められてしまった。そのため、仕事を引き受ける以上相手の厚意に甘えるしかなくなったのだった。
「ご迷惑にならないよう、精一杯頑張りますね」
 フィリスはメルリアの言葉を消化しきれないまま受け取り、しばらく考え込む。返事がないことを疑問に感じたメルリアがフィリスの表情を窺うと、フィリスは難しい顔をしていた。かと思えば、眉間にしわを寄せ、怒りに近い表情を浮かべる。次の瞬間には引きつった笑顔。フィリスのコロコロと変わる表情をメルリアは恐る恐る見つめていた。やがて、あー、と低い声を出し、フィリスは慎重に尋ねる。
「さっきから引っかかってたんだけど……あなた、歳はいくつ?」
「十七……、あ、そろそろ十八になりますけれど」
 十八といえば、ヴィリディアンでは成人を意味する年齢だ。
 その言葉を聞いた途端、一瞬フィリスの動きが止まった。ヒュウ、と音を立て細い息を吐く。
「……少し待っていて、すぐ戻る」
 淡々と言うフィリスの眉が不快そうにピクピクと動く。メルリアはわけも分からず頷き、足早に去って行くフィリスの後ろ姿を見送った。
 その間、メルリアは厨房を改めて見回していた。自身の身長より高い食品庫には、エプリ食堂にもあった魔法石が取り付けられている。丁寧に片付けられた食器棚の中には、取っ手のない茶器もいくつか並んでいる。ヴィリディアンでは珍しい茶器だ。皿の方はシンプルに無地のものが多い。形は一般的な円形のものだけではなく、長方形や正方形の四角い皿もいくつか存在する。
 珍しいな、と眺めるメルリア。ふと、グレアムが荷台で運んでいた積み荷の存在を思い出した。積み直した荷物は、どれもこの国では見かけない雑貨ばかりであった。今朝のグレアムは、隣国オウコウへ出張に行った帰りだったという。
 グレアムさん、外国の雑貨を集めるのが好きなのかな……?
 メルリアが疑問に思っていると、背後からドン、と鈍い音がした。メルリアが先ほど聞いたものと同じ音だ。それと同時に、男の笑い声が聞こえるのもワンセット。
「あー、そうかぁ……。んー。あぁ、そうだ、妹『系』ってヤツだ、妹系!」
「意味分からない言葉を喋るのはやめて」
「父ちゃんを宇宙人扱いはへこむぞフィー……」
 グレアムの落ち込みましたという様子から全力で背を向け、フィリスが厨房へと戻ってきた。彼女はメルリアを見ると、ばつが悪いといった風に視線をそらした。不必要に手をもみ落ち着かない様子だ。
「あー、……えっと」
 フィリスは物事をはっきりと言うタイプだ。知り合ったばかりのメルリアでも、こんな風に話を切り出すのは珍しいということは分かっていた。
 フィリスは何度か言葉を伝えられず言いよどむ。それを何度か繰り返し、煮え切らない自分自身にストレスが溜まった頃、バチンと己の両頬を叩いた。フィリスの中に気合いが入る。今なら言える気がした。
「私ね――」
 やっと言い出すことができる。フィリスは言葉を切り出した。
 しかし。
「ふぃ、フィリスさ……顔、痛くないですか……?」
 しかし、メルリアは怯えていた。
 フィリスに向けた手をぷるぷると震わせている。顔が軽く青ざめ、兄弟が残しておいたプリンを勝手に食べてしまったことに食べ終わってから気づいたような顔をしていた。
 メルリアが旅に出てからまだ日は浅いが、このような思いをするのは二度目である。
「平気、だけど」
 調子が狂うな、とフィリスは頬を掻く。正直この子は多少面倒だが、父のように厄介ではないだろうなと思った。父ほど厄介なやつがいたら見てみたいけど、とも。
 メルリアはほっと安堵の息を吐く。落ち着いた様子を見て、フィリスは再び口を開いた。
「ずっとあなたのこと年下だと思ってたんだけど、違ったのね。私まだ十六なの、ごめんなさい」
「えっ!」
 メルリアは目を丸くして驚く。
 フィリスの体に無意識に力が入った。次は何を言われるのだろうかという緊張のせいだ。
「わ、私もずっと私の方が年下だと思ってました」
 無駄な緊張だと言わんばかりに、フィリスの体中の力が抜けていく。
 フィリスは厨房のカウンター越しに視線を向けた。そこには、上機嫌でテーブルを拭くグレアムの姿がある。広い背中に悪意ある視線を送った後、メルリアに向き直って苦笑する。
「……だから、その、私に敬語なんていらない。さん付けも……年上の人にさんなんて言われるのはムズムズするからやめて」
 しっかり者のフィリスが、自分より年下だったという事実――。メルリアの心臓は驚きでドクドクと早く脈打っていたが、彼女の一つ一つ言葉を聞き、頷くたびに、鼓動が正常な速度へと戻っていった。
「私は、もっと固くした方がいい?」
 メルリアは先ほど伸ばしかけていた手をぶんぶんと横に振って否定した。平常へと戻りかけていた脈がまた少し早くなる。
「そ、そのままでいて、ほしい。私も、その方が、嬉しい」
 メルリアはまるで言葉を覚えたばかりの生物のように、片言で伝えた。
 そんな様子におかしくなったフィリスは、たまらずに吹き出すように笑った。物語の中で見たロボットのようだ、と。これ以上彼女に情報を与えたら混乱させそうだ。フィリスはなんでもないとその場を凌ぐ。
「フィリスちゃんって呼んでもいい、かな?」
「あ……」
 フィリスが返答に詰まった。しかし、それはほんの一瞬。フィリスはすぐに顔を上げて頷いた。このまま黙っていたら、またメルリアの"加害者妄想"が加速しそうだと思ったからだ。事実、その一瞬の間に彼女の顔からは笑顔が消えていた。
「何でもない、大丈夫。ただ、『ちゃん』って呼んでもらえる事なかったから、珍しいと思っただけ。あ、嫌じゃないから」
 フィリスの言葉に、メルリアがほっと明るい顔に戻る。
 他人だったお互いの距離が少し縮んだ瞬間だった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

◆登場人物一覧

┗並びは初登場順です。

┗こちらのアイコンは公式素材のみを使用しています。

メルリア・ベル


17歳。

お人好し。困っている人は放っておけない。

祖母との叶わなかった約束を果たすため、ヴィリディアンを旅することになる。

フィリス・コールズ


16歳。

曖昧な事が嫌いで無駄を嫌う。
シーバの街で、両親と共に「みさきの家」という飲食店を経営している。

クライヴ・ローウェル


22歳。

真面目。お人好しその2。

理由あって旅をしており、メルリアとよく会う。

ネフリティス


27歳(人間換算)

都市に工房を持つエルフの錬金術師。

多少ずぼらでサバサバしている。

イリス・ゾラ


21歳。

隣国ルーフスの魔術師。闇属性。

曲がったことが嫌い。

リタ・ランズ


16歳(人間換算)

魔女の村ミスルトーで暮らしているエルフ。
アラキナのストッパー兼村一番のしっかり者。

ウェンディ・アスター


不明(20代後半くらいに見える)

街道の外れの屋敷で働くメイド。

屋敷の中で一番力が強い。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み