第73話 広場に一人

文字数 1,586文字

 クライヴが去った広場に、メルリアは一人立ち尽くしていた。
 胸の前で手を握り、彼が消えた暗闇をじっと見つめていた。木々の生い茂る森の奥は、黒い枝枝や葉の数々がすべての光を飲み込んでいる。視認できる距離はわずか数メートル程度。
 彼が走り去り、姿が消え、足音が消え、そうしてようやく状況を理解した。メルリアは心残りを抱えながら暗闇に目をやると、そっと背を向けた。
 広場のたき火は、弱々しく燃え続けている。その中に薪を一本静かに落とした。まだ重く質量の多い薪に押しつぶされ、元々燃えていた木々が大量の火の粉をまき散らす。あまりの変わりように思わず数歩後ずさった。火の粉は次第に収まり、追加した薪もまた炎に飲み込まれるよう同化する。
 それを見守った後、椅子に腰掛けた。勢いを取り戻した炎の揺れる様を視認した後、ゆっくりと目を閉じた。脳裏に浮かぶのは、先ほどのクライヴの姿だ。
 ……あれは見間違いだったのだろうか?
 酷く荒い呼吸を繰り返すクライヴは、頬には脂汗をかいていて、表情に余裕はない。苦しそうに細めた目がこちらを鋭く睨む。途端、普段の彼とは異なる違和感を覚えていた。表情や仕草の攻撃的な印象から来る幻なのだろうか――けれど、その異変を気のせいだとは片付けられなかった。それはごくごく最近見た色と重なるが、何なのかは分からない。記憶力が高いメルリアだが、大昔の記憶、もしくは本人がきちんと認識していない場合、はっきりと思い出すことはできなかった。
 ゆっくりと目を開くと、自然と視線が隣に向いた。二脚ある椅子を使う者はいない。その上の空白は、今の彼女にとっては非常にもの悲しい。胸が締め付けられるような痛みを感じながら目を細めた。クライヴが楽しそうに笑う顔、真面目にこちらを見つめる様子、名前を呼んでくれる声。それらを思い出すと、たまらなく切なく感じる。その胸の苦しさに、奥歯を強く噛んだ。
 ……私はいつだってそうだ。クライヴさんが苦しんでいる時に何もできない。ただただ、いなくなる背中を見送るだけで。ただ黙って見ているだけ。自分はあれだけ助けてもらったのに。
 両手のひらをぼんやりと見つめる。彼女の顔には悲痛な表情が浮かび上がっていた。次第に視界がにじみ、両手の皺や肌の薄橙が眼前にぼやけて広がっていく。
 自分にできることはあるのだろうか。直接的に役立てなくても、苦痛を緩和するようななにかが。メルリアは空を仰いだ。煌々と輝く星空と静けさ。広場を照らす控えめな月明かり。森を抜ける風の流れが、彼女の長い髪をさらさらと揺らした。瞬く星の揺らめきを見ていると、ふと先日の夜を思い出す。

 まだメルリアが熱で寝込んでいた時のことだ。
 食事を済ませ、アラキナの用意した薬を飲んだ後、メルリアはベッドに寝かされていた。口をついて出てしまった行かないで欲しい、という願いを聞き入れたクライヴは、本日何度目か新しく濡らしたタオルを額に乗せる。
「俺はメルリアの熱を変わることはできないけど、眠れるまで傍にいるよ。ほら、体調が悪い時って人寂しくなるだろ? まあ、俺じゃ力不足かもしれないけどさ……」
 彼の苦笑を耳にした途端、咄嗟にそんなことないと否定しようとした。が、クライヴが慌ててメルリアを制する。突然起き上がったため、目眩に似た感覚が襲う。そのまま静かにベッドに横たわったのだった。

 細く鋭い風が広場を駆け抜けた。たき火に温められていた頬に冷たい風が当たる。顔を上げると、彼の消えていった道の奥に視線を向けた。一寸先の森に光はない。
 ……自分にもできることがあるはずだ。あの時、クライヴが傍にいて安心して眠れたように。このまま朝を待つわけにはいかない。今度こそ。
「……行かなきゃ」
 立ち上がり、記憶を呼び起こす。
 あの瞬間、クライヴが走り去った方向を記憶の中で見ると、その方向へ走り出した。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

◆登場人物一覧

┗並びは初登場順です。

┗こちらのアイコンは公式素材のみを使用しています。

メルリア・ベル


17歳。

お人好し。困っている人は放っておけない。

祖母との叶わなかった約束を果たすため、ヴィリディアンを旅することになる。

フィリス・コールズ


16歳。

曖昧な事が嫌いで無駄を嫌う。
シーバの街で、両親と共に「みさきの家」という飲食店を経営している。

クライヴ・ローウェル


22歳。

真面目。お人好しその2。

理由あって旅をしており、メルリアとよく会う。

ネフリティス


27歳(人間換算)

都市に工房を持つエルフの錬金術師。

多少ずぼらでサバサバしている。

イリス・ゾラ


21歳。

隣国ルーフスの魔術師。闇属性。

曲がったことが嫌い。

リタ・ランズ


16歳(人間換算)

魔女の村ミスルトーで暮らしているエルフ。
アラキナのストッパー兼村一番のしっかり者。

ウェンディ・アスター


不明(20代後半くらいに見える)

街道の外れの屋敷で働くメイド。

屋敷の中で一番力が強い。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み