神崎将夜はどこか鈍いーー大江戸純情血風録

[歴史]

225

21,609

43件のファンレター

 うら若き乙女の血を吸いたいという奇病にとりつかれた旗本の次男坊・神崎将夜。
「己は何者なのか」
 その答えを探るうち、将夜はいつか将軍のお膝元を揺るがす獣人事件に巻き込まれていく。
 が、同時に女難にも悩まされ――
 恋と魔と剣戟の大江戸青春物語。
 

目次

完結 全80話

2021年01月10日 12:28 更新

  1. ぷろろおぐ2020年12月16日
  2. 第一章 冷飯食いの次男坊

  3. 第一話 ひさ江は兄が心配なこと2020年12月22日
  4. 第二話 ひさ江はやっぱり兄が心配なこと2021年01月08日
  5. 第三話 妄りに他人の妹に懸想する男は死罪に処すこと2021年01月08日
  6. 第四話 椎茸とは即ち黴の親戚であること2020年12月16日
  7. 第五話 おみよの襟から覗く部分がけしからぬこと2021年01月08日
  8. 第六話 飲んだ後にえずく奴は放置されがちなこと2021年01月08日
  9. 第七話 六尺は当時で言えば十分巨人のこと2021年01月09日
  10. 第八話 後で頭を撫でてやろうと男は言ったこと2021年01月10日
  11. 第九話 〈衝動〉を抑えるのは至難の業のこと2021年01月10日
  12. 第十話 定町廻りは首筋を十手で叩きがちなこと2021年01月10日
  13. 第二章 りゅかおおん

  14. 第十一話 朝っぱらから兄は妹に抱きつくこと2020年12月18日
  15. 第十二話 継母ときんきん声の兄のいる人生は幸福でないこと2020年12月18日
  16. 第十三話 美少女剣士は手加減を知らないこと2020年12月18日
  17. 第十四話 将夜を見つめて直之は首を振ること2020年12月18日
  18. 第十五話 美少女剣士はいつも怒っていること2020年12月18日
  19. 第十六話 酔った美少女剣士は柔らかに重いこと2020年12月18日
  20. 第十七話 心ならずも将夜は〈姫君抱き〉をすること2020年12月18日
  21. 第十八話 美少女剣士は前後不覚に眠っていること2020年12月18日
  22. 第十九話 危篤の重蔵は最後に蝶を斬ること2020年12月18日
  23. 第二十話 霧の川の畔に佇んで将夜は想うこと2020年12月18日
  24. 第二十一話 〈美人局〉は〈びじんきょく〉でなく〈つつもたせ〉と読むこと2020年12月18日
  25. 第二十二話 珍しく〈女〉について将夜は考えること2020年12月18日
  26. 第二十三話 情報とは捏造されがちであること2020年12月18日
  27. 第二十四話 娘は嘘をつき、同心は将夜の跡をつけること2020年12月18日
  28. 第二十五話 桜田御用屋敷と聞いてピンとくるのは通のこと2020年12月19日
  29. 第二十六話 斃れる獣人は謎の言葉を叫ぶこと2020年12月18日
  30. 第三章 だんぴいる

  31. 第二十七話 天井裏から見る〈大人〉展開のこと2020年12月19日
  32. 第二十八話 くノ一桔梗は氷の美少女であること2020年12月19日
  33. 第二十九話 将夜の部屋の行灯は油の無駄なこと2020年12月19日
  34. 第三十話 記憶の神は細部に宿ること2020年12月19日
  35. 第三十一話 小石川養生所は危険な場所であること2020年12月19日
  36. 第三十二話 目を閉じていると女の匂いがわかること2020年12月19日
  37. 第三十三話 歴史上の大物の名が出て作者もびっくりのこと2020年12月19日
  38. 第三十四話 女医者について将夜は語り、斎木を驚かすこと2020年12月19日
  39. 第三十五話 〈だんぴいる〉だと言われた気分は最悪なこと2020年12月19日
  40. 第四章 平賀源内という男

  41. 第三十六話 将夜と重蔵の最後の立ち会いのこと2020年12月19日
  42. 第三十七話 全ての布石を打った人のこと2020年12月19日
  43. 第三十八話 〈唐柿〉とは〇〇〇の古名のこと2020年12月19日
  44. 第三十九話 笑った志乃は武家諸法度違反的に可愛いこと2020年12月19日
  45. 第四十話 患者は医者に隠し事をしてはいけないこと2020年12月19日
  46. 第四十一話 〈だんぴいる〉に関する志乃の分析のこと2020年12月19日
  47. 第四十二話 女剣客と女医者は初めて相まみえること2020年12月19日
  48. 第四十三話 二人の女は去り、将夜は頭を掻き毟ること2020年12月19日
  49. 第四十四話 源内の代表著作はBL小説であること2020年12月19日
  50. 第四十五話 老中は源内を見限り、源内は変化(へんげ)すること2020年12月19日
  51. 第四十六話 氷のくノ一は意表をつく主張をすること2020年12月19日
  52. 第四十七話 志乃と桔梗は既に相まみえていたこと2020年12月19日
  53. 第四十八話 南蛮神話に〈あんどろぎゅぬす〉なる者あること2020年12月19日
  54. 第五章 かどわかし

  55. 第四十九話 冬薔薇という名の花はないこと2020年12月19日
  56. 第五十話 そして、女たちは溜息を吐くこと2020年12月19日
  57. 第五十一話 満月の夜に何かが起こること2020年12月19日
  58. 第五十二話 胡蝶の羽一枚の重みのこと2020年12月19日
  59. 第五十三話 板一枚下に攻防があること2020年12月19日
  60. 第五十四話 桔梗は秋刀魚を食さぬこと2020年12月19日
  61. 第五十五話 母はわが子のみに宛てて文字を残すこと2020年12月19日
  62. 第五十六話 ある男の過去と地の底の鬼のこと2020年12月19日
  63. 第五十七話 やどかりは貝を探してこの国に来しこと2021年01月10日
  64. 第五十八話 〈りゅかおおん〉の恐るべき計画のこと2021年01月10日
  65. 第五十九話 保身を図る男はひと芝居打つこと2020年12月19日
  66. 第六十話 おみよの思いと血塗られた月のこと2020年12月19日
  67. 第六十一話 囚われの女王と志乃の推理のこと2020年12月19日
  68. 第六十二話 世の仕組みに表と裏のあること2020年12月19日
  69. 第六十三話 夜の底で鬼は哭くこと2020年12月19日
  70. 第六章 血戦(けっせん)

  71. 第六十四話 梟は斎木より地位が高そうなこと2020年12月15日
  72. 第六十五話 〈えれきてる〉の恐ろしい使い道のこと2020年12月19日
  73. 第六十六話 神崎将夜暗殺指令のこと2020年12月18日
  74. 第六十七話 ここに血の従者が誕生すること2020年12月18日
  75. 第六十八話 志乃が屋敷に連れてこられた理由のこと2020年12月19日
  76. 第六十九話 御庭番は音もなく侵入し、声もなく死ぬこと2020年12月18日
  77. 第七十話 菊也は狂乱し、御庭番は必殺の陣を敷くこと2020年12月18日
  78. 第七十一話 氷のくノ一は再び〈袋〉の陣を敷くこと2020年12月18日
  79. 第七十二話 氷のくノ一は将夜の覚醒を知ること2020年12月18日
  80. 第七十三話 将夜と源内の最後の血戦のこと2020年12月18日
  81. 第七十四話 斎木に縄をかけるのは意外な男のこと2020年12月18日
  82. 第七章 母と子

  83. 第七十五話 弥生と志乃は静かに語り合うこと2020年12月19日
  84. 第七十六話 神崎将夜はどこか鈍いこと2020年12月19日
  85. 第七十七話 宗助久々の登場と白仙狼第二形態のこと2020年12月18日
  86. 第七十八話 政には落とし処が必要なこと2020年12月19日
  87. えぴろおぐ 2020年12月16日

登場人物

妹・ひさ江(作中では武家の娘だが、もし現代人だったらこんなイメージ)

Q:神崎将夜に対する気持ちを一言で表すと?

A:すごく心配です。

美少女剣士・瑠璃(町道場の女剣客だが、もし現代人だったらこんなイメージ)

Q:神崎将夜に対する気持ちを一言で表すと?

A:生意気だ、神崎将夜のくせに。

女医者・志乃(町医者の娘だが、もし現代人だったこんなイメージ)

Q:神崎将夜に対する気持ちを一言で表すと?

A:命の恩人として感謝してもしきれません。

くノ一・桔梗(公儀隠密であるお庭番の忍者だが、現代人だったこんなイメージ)

Q:神崎将夜に対する気持ちを一言で表すと?

A:…………。

おみよ(居酒屋で働く娘だが、現代人だったらこんなイメージ)

Q:神崎将夜に対する気持ちを一言で表すと?

A:すてきなお武家様です。宗助様のお友達でなければもっといいのですけれど……


ファンレター

今際の際

なぜ、今際の際にこの秘剣を伝授したのか。謎ですね。

返信(1)

秘剣胡蝶斬ぎり

不可思議な秘剣の伝授!次回に期待します。(*^。^*)

返信(0)

寝たふり

瑠璃様、ねたふりしてたんだ。好いた男性に抱えられてるから当たり前かぁ。(≧▽≦) 「秘剣胡蝶斬り」極意なのね。うふふ。

返信(1)

15話

血曇り、人を斬ると刀にくもりが生じるのか。はじめて知りました。くもり取れないんですね。

返信(1)

瑠璃さん

〈士道館の暴れ駒〉瑠璃さん、門弟への指導がきびしくなったのは、もしや、将夜がすきなのか?(≧▽≦)

返信(1)

美少女剣士

若衆髷の、美少年のように凛々しい顔なのか。手合わせの表現がすごく、かっこいいです。

返信(1)

義絶

あまりにも一方的に汚名を着せられて義絶されてしまった。将夜、言い返さないのね。 性格が良すぎて涙がでる。ひさ江さんの存在が救いです。 育ての親も結構ひどいなぁ。

返信(1)

妹にだきつく

突然の兄上の義絶宣言。何があったのだろう。

返信(1)

将夜

命のやり取りに心躍る将夜。心の動きが詳細に過不足ない説明で表現され、共感できます。情景が目に浮かぶようです。

返信(1)

衝動

理性で衝動をおさえる将夜。我慢強いです。でも、本人はきついでしょうね。

返信(1)

小説情報

神崎将夜はどこか鈍いーー大江戸純情血風録

南ノ三奈乃  minano

執筆状況
完結
エピソード
80話
種類
一般小説
ジャンル
歴史
タグ
江戸時代, 吸血鬼, 恋愛, アクション, R15, 長編, 男主人公
総文字数
132,452文字
公開日
2020年08月20日 19:28
最終更新日
2021年01月10日 12:28
ファンレター数
43