伝わる

文字数 2,193文字

 招き入れられたスティーヴが部屋を見回す。
「タイガーの個室、広いね」
「ああ 佐官クラスに割り当てのユニットだからな」
「ジュピターの部屋と違って家具がある」
「あいつが家具を置かないのは、本を詰むスペースを確保するためだろ」
「うん ベース支給の家具には、本を置くのに使えるものがないって言ってた」
「もっとも俺の場合、どれだけ住環境を整えても、1年の半分もここにはいないんだが」
 リビングの絨毯の上に座ろうとするスティーヴの襟首をつかんで、ソファに座らせる。
「すぐ床に座ろうとしやがって 子犬か お前は」
 自分のショットグラスにジンを注ぎ、スティーヴにはトールグラスに氷とトニックウォーターをたっぷり入れてジンをたらす。
「お前を酔っぱらわせたのがばれると、リリアにかみつかれるからな」
「いい匂いだね。針葉樹の森みたいな香り」
「ジュニパーの実をベースに、アンジェリカやらヤロウの香りがついてる。スコットランド産の上等なジンだ」
「ベースには酒屋なんてないのに、ヨーロッパのお酒なんて、どこで手に入れるの?」
「高級士官用の特別手配さ。そのためだけに昇進したわけじゃないが、使える特権は使わんとな」
「タイガーはジュピターと違って、ものごとを実用的に割り切るよね。
 でも、どうしてアメリカに来たの? リリアも言ってたけど、アジアの方がずっと復興が進んで、生活水準も高いんじゃないの?」
「もともと南北戦争とか、アメリカの歴史に興味があった。それで今アメリカがどうなってるのか、自分の目で見たかったというのはあるな。今起きてるのは実質、第二次南北戦争みたいなものだしな」
「南北戦争っていつだっけ。独立戦争とは違う?」
「お前、アメリカ生まれのくせに歴史を何も知らんのか。独立戦争はイギリスからの独立戦争、南北戦争はアメリカ南部州と北部州の戦争だろうが。ヴァージニアはその激戦区だった土地だぞ。だから境界州なんだろうが」
「そうなんだ」
 スティーヴがグラスに口をつけ、カラリと氷の音がする。
「これ、おいしい。
 そう言えばさ リリアとジュピターは恋人同士?」
「ありゃ実質、夫婦みたいなもんだし、お似合いだと俺は思ってるが、ジュピターの鈍さが半端ないからな。リリアの方も奥ゆかし過ぎて、関係がなかなか進展せんな」
「やっぱり……僕、ジュピターのこともリリアのことも大好きだから、二人には幸せになって欲しい。
 リリアは他の人が必要なことにはすぐ気がつくのに、自分のことはいつも後回しだよね。
 タイガーは恋人いないの?」
「なに言ってる。7D勤めは年の半分以上は戦地勤務で、そっから無事に帰って来られる保証もないんだぞ。そんな立場で女とつき合えるか。
 お間、遊びたいんなら、7Dの士官どもが行くベース内のバーにつれてってやるぞ。お前は7Dのやつらみたいにむさくるしくないし、すれてなくて可愛いから、遊び相手ぐらいすぐ見つかるだろ」
「遊び相手とかじゃなくて、僕はちゃんと恋がしたいんだ——仲間の女の子と」
「そいつは——お前 この先、仲間がもっと見つかると思ってんのか?」
「うん」
「それはこないだ言ってた、お前の親父が考えてたことなんだな?」
「うん」
 タイガーは頭をかいた。
「話があるといったのはそれか。お前の親父の話を、俺にも聞かせようっていう魂胆か」
「うん」
「俺は目の前のことにしか興味のない現実主義者だし、ジュピターみたいに人生の意味とか悩んでるわけでもないから、聞かされても、あんまり関係ないと思うぞ」
「うん。聞いてもどうってことなかったら、それでいい」
「それに 俺はテレパスじゃないから、こっちからお前の心を読んだり感じたりはできないんだが」
「あ そうだった。僕が記憶を再生するだけで、2人はそれを受けとってくれたんだけど……じゃあ記憶を再生しながら、そのイメージをテレパシーでタイガーの心に映せばいいのかな。
 ちょっと横になってくれる? 頭を僕の方に向けて」
 言われるままにソファに横になると、両のこめかみにスティーヴの手が当てられる。
 手を通して何かが自分の心の外殻を探り、やがてつながりが確立された感触がある。リリアの作るテレパシーのフィールドに加わった時の感じにも似ている。
<つながった?>
<みたいだな>
<始めていい?>
<ああ>
 
 それはまるで映画の中に自分が入り込んで、すべてを自分の五感を通して経験しているようだった。
 ホットチョコレートの甘い匂い……横にくっついて座っている犬たちの体温 腕に触れる柔らかな毛並み……父親の静かで力強い声 そこから体感的に響いてくる人柄……母親の腕に抱き寄せられる感触 キンモクセイの花ような優しい香り……そして父親がその視野に抱いていた大きな自然の姿が、自分を包み込む……。
 どれほど時間が経ったか、やがて記憶の流れが緩やかに止まり、スティーヴの心が外れる。それから両手が離れた。
 タイガーは目を閉じたまま、五感が再び自分のものになり、意識が体の中に戻るのを待って、起き上がった。
「大丈夫?」
 うなずき、ふうっと息をつく。
 予想したような、言葉を通しての説得ではなかった。
 ただスティーヴが両親との間に経験したこと……その関係そのものが、自分の深いところに響いた気がした。
「……とりあえず、なんでお前がそんなに明るいのかはわかった。
 お前はめちゃくちゃ幸運なやつだな」 

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

ユリウス・A・アキレウス
アメリカ境界州ベースのエリート行政士官。思考力に優れ、意志も強く有能だが、まわりからは「堅物」「仕事中毒(ワーカホリック)」と呼ばれている。
あだ名 「ジュピター」(士官学校でのオペレーションネームから)

リリア・マリ・シラトリ
アキレウスの副官でコミュニケーションの専門家。親切で面倒見がよく、人間関係に興味のないアキレウスを完璧に補佐する。料理好き。

ワン・タイフ

境界州ベースの陸軍士官。快活で決断力があり、喧嘩も強い。荒くれ者の兵士たちからも信頼が厚い。

あだ名 「虎」(部下の兵士たちが命名)

ナタリー・キャライス
境界州ベースのシヴィリアンスタッフで、すご腕の外科医。頭が切れ、仕事でも私生活でもあらゆることを合理的に割り切る。目的のためには手段はあまり選ばない。

スティーヴ・レイヴン
境界州ベースに配属されてきた見習い訓練官。明るく純真で、時々つっ走ることがある。大切な夢を持っている。絵を描くのが趣味。

リウ・ウェイラン
ニューイングランド州ベースで隊附勤務中の士官学校生。優しく穏やかで、ちょっと押しが弱い。絵を描くのが趣味だが料理も得意。

ダニエル・ロジェ・フォワ
ニューイングランド州ベースの陸軍士官。生真面目で理想主義。弱い者を守る気持ちが強い。

マリア・シュリーマン
ミッドアトランティック州ベースのシヴィリアンスタッフ。優しく繊細で、やや引っ込み思案。古い絵を見るのが好き。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み