分析型

文字数 2,915文字

 ダンスを終えてホールの外に出る。大方の人間はニューイヤーのカウントダウンと乾杯を待ちかまえてホールの中にいるので、廊下にひと気はない。ジュピターは起きたことをテレパシーでリリアに説明して、驚く彼女に頼みごとをした。
 彼女を送ってから個室に戻り、女性たちとのダンスの間にその「心のパターン」について観察したことを詳細にメモした。

 翌日、リリアの個室に行く。来たばかりらしいスティーヴが、ダイニングテーブルの上に箱を置いて開けるところだった。
「ドーナッツ、食べる? カフェテリアの」
「そんなものをわざわざ持ち出してくるのか」
「カフェテリアのおばちゃんが、ニューイヤー・バージョンのクリームドーナッツだから持ってきなって」
 リリアがピンク色の丸いのをとり上げる。
「可愛い これはぶたかしら でも食べるのちょっと気が引けるわね。
 ジュピターはミントのお茶ね。スティーヴはカフェオレでいい?」
「うん ありがとう」
 リリアは二人に飲み物を渡すと、自分もハーブティーを手にジュピターの向かいに座った。
 それからジュピターから頼まれてまとめた、昨夜ダンスの相手をした女性たちの性格や行動の特徴を、ノートを見ながらわかる範囲で記述した。
 それを聞きながら、ジュピターは自分がまとめたパターンについての印象や解釈と照合し、ところどころにメモを書き加えながら、女性たちの心のパターンとだと自分が思ったものと、リリアのデータの相関をチェックしたした。
 そのメモを2人に示して説明する。
「それぞれの女性たちの性格と行動の個性を把握できていることは、間違いないようだ」
「すごい」
 スティーヴが目を輝かせる。
「ちょっと手をかしてくれるか?」
 スティーヴの手をにぎりながらパターンを読みとり、記述していく。ジュピターはしばらく考えていた。
「リリア 君の手を」
 しばらく集中し、それから思わずつぶやいた。
「これは……」
「どうしたの?」
「パターンの質に明らかな違いがあるように思う 変種と普通の人間の間で」
「え」
「しかしいくら何でも標本数が少ないな。もう少し比較の材料が欲しいところだ」
「でもジュピター すごいよ。考えを読んだり感情を感じとるんじゃなしに、人間の心の形を丸ごとパターン化して、分析して分類していくことができるなんて」
「私は自分は単に能力の劣ったテレパスなんだと思っていたが」
「種類が違うんだね。リリアの能力が感じたりつなぐことに特化しているとすれば、ジュピターのはパターン把握と分析に特化してるみたいだ」
 スティーヴの手を握りながら考え込んでいたところへ、虎が入って来た。
「お前ら前から怪しいとは思ってたが、やっぱりそういう関係か」
「誤解するな。これは新しい能力を試しているところだ。手を握っていると、心の形を把握しやすいんだ」
「そんな繕い事を俺が信じると思うか?」
「貴様なあ——」
「冗談だよ 一々むきになるな。リリアから聞いてるが、俺にも実験台になれっていうんだろう」
 虎がどさりとソファに座る。
「構わんぞ。ただし変な気さえ起こさないでくれりゃな」
「貴様、一度痛い目を見せてやる必要があるな」
「やれるもんならやってみろ。スパーリングでお前が俺に勝ったことは、ただの一度もない」
 二人のやりとりを、スティーヴがくすくす笑いながら聞いている。
 ジュピターは溜息をつき、それから虎の横に座り、彼の手の甲に自分の手を重ねた。
 目を閉じて意識を集中しているジュピターに、しばらくして虎が声をかけた。
「どうだ?」
「ちょっとテレキネシスを使ってみてくれ」
 虎がもう一方の手を前に指し出すと、テーブルの果物かごのリンゴが浮いて、その手におさまった。
「もう1度」
 言われて、スティーヴとテレキネシスでリンゴのキャッチボールを始める。
 ジュピターは手を離して目を開けた。そしてもう一度スティーヴの手をとり、情報の照合を行う。
「まだ要素のマッピングはまばらだが——何しろ標本の絶対数が少な過ぎるからな――だが、少なくとも変異種とそうでない人間の区別はつく。そしてその中のテレパスとテレキネティックの特徴もおおざっぱにつかめたと思う」
「ほお 何が違うんだ、俺たちと並みのやつらと?」
「変種の方がパターンが——何というか、遥かに鮮やかで緻密なんだ——お前みたいなやつでもな」
「ということは相手の体の一部に触れられれば、仲間かどうか確かめられるってことか? 昨夜踊ってた女どもの中にはいなかったのか?」
「一人、そうだと思うのがいる。医務局のドクター・キャライスだ」
「あのとびきりの美人か? お前が彼女と踊ってる間、まわりのやつら『まるでアニメに出てくる美女と美男子のカップル』とか騒いでたぞ」
「黙れ」
「彼女がそうだというのは確かなのか?」
「パターンの特徴を比較分析した限りでは、間違いないとは思う。
 だがさっきも言ったが、標本の絶対数が少な過ぎるからな。ここにいる4人のパターンがたまたま特殊で、彼女もその特殊な例外だという可能性も、完全に否定はできない。
 彼女も自分が変種だなどと意識に出してもいないし。
 私が彼女の心を調べ始めた時、リリアと同じ共感的なテレパスならすぐに反応したと思うが、そういう反応はなかった」
「また、とりあえずは様子を見るしかないわけだな」
「ああ テレパシーで話しかけて、その後で『違ってた』じゃ済まんからな」
 会話を聞きながらスティーヴが何かを考えている。
「おい 何を考えてる? ガキが大人しい時はだいたい何か悪さを企んでるんだ」
「うん やっぱり父さんが言ってたみたいに、仲間は科学局が公に出している数字より多くいる。
 少なくとも、ほぼすべての変種が子供のうちに中央科学局に収容されているっていうのは、事実じゃない。発現が遅れて心理検査を逃れることのできた仲間が、あちこちにこっそり隠れてるんだ。
 ベースはもしかしたら、隠れてる仲間の数が多いのかもしれない。ただ、科学局にももちろん、お互いにも気づないでいるんだ。
 その仲間を集めたい」
「集める——?」
「うん。このベースの中でもこれだけ仲間が見つかった。他のベースにもきっといると思う。
 とりあえずベースとベースの間の移動は、転属申込みをして、空きがあれば可能でしょ? だから他のベースで仲間を見つけたら、ここに来るように言えばいい。
 僕、もうじき訓練官(トレイナー)の外回りの研修に出る時期だから、何とかして仲間を探してくる。
 タイガーもジュピターも、ここで出世確実のエリートだし。二人が参謀部に入って、ここに仲間が増えたら、いろんなことができるようになると思うんだ。
 このベースの管轄地域だけでも、仲間が捕まえられて科学局送りになるのを防げるようになるかもしれないし——」
「こいつ、無邪気な顔して遠大なことを企みやがるな」
 虎がからかっているのか感心しているのかわからないような調子で言った。
「しかしどうやって相手が仲間かどうか見つけるんだ。ジュピターみたいな能力があれば、とりあえず握手でもすればいいんだろうが、何万人を相手にそんなことはやってられないぞ」
「んー わかんないけど でも、きっと何とかなるよ」

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

ユリウス・A・アキレウス
アメリカ境界州ベースのエリート行政士官。思考力に優れ、意志も強く有能だが、まわりからは「堅物」「仕事中毒(ワーカホリック)」と呼ばれている。
あだ名 「ジュピター」(士官学校でのオペレーションネームから)

リリア・マリ・シラトリ
アキレウスの副官でコミュニケーションの専門家。親切で面倒見がよく、人間関係に興味のないアキレウスを完璧に補佐する。料理好き。

ワン・タイフ

境界州ベースの陸軍士官。快活で決断力があり、喧嘩も強い。荒くれ者の兵士たちからも信頼が厚い。

あだ名 「虎」(部下の兵士たちが命名)

ナタリー・キャライス
境界州ベースのシヴィリアンスタッフで、すご腕の外科医。頭が切れ、仕事でも私生活でもあらゆることを合理的に割り切る。目的のためには手段はあまり選ばない。

スティーヴ・レイヴン
境界州ベースに配属されてきた見習い訓練官。明るく純真で、時々つっ走ることがある。大切な夢を持っている。絵を描くのが趣味。

リウ・ウェイラン
ニューイングランド州ベースで隊附勤務中の士官学校生。優しく穏やかで、ちょっと押しが弱い。絵を描くのが趣味だが料理も得意。

ダニエル・ロジェ・フォワ
ニューイングランド州ベースの陸軍士官。生真面目で理想主義。弱い者を守る気持ちが強い。

マリア・シュリーマン
ミッドアトランティック州ベースのシヴィリアンスタッフ。優しく繊細で、やや引っ込み思案。古い絵を見るのが好き。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み