似た者同士

文字数 2,215文字

 大尉の引き締まった腕はナタリーの背中に回されているが、彼の心は、すでに別のことを考えている。
 ナタリーはそれを面白く眺めた。
 ニューイヤーズ・イブのダンスで手を触れた時に感じた、理詰めでクールな性格と、わき目をふらない意志の強さ。
 権力志向の男にありがちな、女性を自分の所有物と見なす傾向もない。
 しばらく前につきあった空軍(6D)の少佐は面倒だった。遊びのできるプレイボーイだと思っていたのに、突然のめり込んできてナタリーを占有したがり、あげく「結婚して欲しい」と泣きつかれたのには閉口した。
 あれに比べると、この大尉の態度は人も無げだけれど、仕事以外のものに対する執着の薄さは具合がいい。
 女性経験は多くないみたいだけど、それは教えればいいこと。 
 しばらくその端正な横顔を見つめていたが、彼が明らかに何かに夢中な様子に、ナタリーの好奇心が刺激された。
 そう、あのダンスの最中にも「考え事をしていた」と言ったんだった。
 ナタリーとしても必要がない限り、他人の思考を一々読むようなことはしない。それは人の心をのぞくことへの罪悪感などではなくて、見たくもないものを見るのが単純に面倒くさいからだ。
 しかし大尉が何に夢中になっているのかに興味が湧いた。
 それとなく大尉の髪を指で梳きながら、彼の中を流れている思考を拾う。
 彼は……分析していた。
 ナタリー自身が他人の心の形を外側からつかむのと似たやり方で、彼はナタリーの心のパターンを両手でつかむようにして、その質を分析しようとしていた。
 作業はまだ慣れないようにおぼつかず、ナタリーからすればスローだが、間違いなく意識的だ。明らかに自分で何をやっているか、わかっている。
 そして把握できるだけの情報を手にすると、それを一つのパターンにまとめ、記憶の中から別のパターンを呼び出した。そして2つのパターンを比較する。
 比較を済ませると、また別のパターンが記憶から読み込まれる。
 彼の中に言葉が紡がれた。
(——他の3人から引き出した変異種の特徴が正確である限り、彼女が仲間だというのはほぼ間違いない。
 だが やはり標本数が少なすぎる。
 何か他に確かめられる手がかりが欲しい……しかし緊急の状況でもないのに、プライベートなことに一々立ち入って心を読むことはしたくない——)
「へえ」
 面白がるナタリーの声に、彼の中を流れていた思考が止まる。
 大尉は形のいい眉を上げてこちらを見つめた。何か想定外のことが起きたのに気づき、ナタリーの心を探る。
「君は……」
「答えは出てるんでしょ」
「……」
「1つ目は正解」
 ナタリーは体を起こして、大尉の上にまたがった。彼のこめかみに両手を当てる。
 大尉はされるままになりながら、ナタリーの心を観察している。
「リリアに、あの坊やに、7Dの少佐……お友だちはみんな変異種なのね」
 大尉ががく然とした表情を見せた。
「……現在進行形の思考の流れだけでなく、記憶を遡って読むことができるのか?」
「そうよ」
「君と私はある程度、似たタイプではないかと思っていてが、君の方が圧倒的に性能がいいということだな」
「いい表現」
 ナタリーは笑い、再び大尉の隣に転がった。
「で、あなたはその坊やのために、私が変異種かどうか確かめるスパイ役を買って出たわけ?」
「別にスティーヴに頼まれたわけではないが……もしこのベースに他に仲間がいるなら、知っておきたかったというのはある」
「知ってどうするの? 変種同士だから運命共同体みたいな考え方をされるのは私、お断りなんだけど」
「それが君の考えなら、別に無理に引き込むつもりはない。
 ただスティーヴは君と話をしたがるだろうな。
 それに彼の両親の記憶を見れば、君も影響を受ける可能性もある」
「自分が変異種として生きる意味とか、そういう哲学的な命題には興味はないのよ。楽しみながら無事に、この人生を終わりまで生きたいだけ。
 でも あなたにはちょっと興味がある」
 ナタリーは大尉の頬に手をあてて自分の方を向かせた。
「あなたは自分が能力の劣ったテレパスだろうって考えてたわよね? 
 でも、あなたが私に劣っているのは能力そのものじゃない。
 あなたはずっと幸運に生きてきた。そして自分の身を守るためには手段を選んではいられないような状況に、追い込まれたことがない。
 だから『他人の思考を読むことは倫理的かどうか』なんて、贅沢な悩みを抱えていられるの。
 能力が中途半端なところで止まってるのはね、あなたが格好つけてるからよ」
 大尉は黙ってナタリーの言葉を吟味している。彼の中で真っ先に働くのは感情ではなく思考だ。
「私と君の能力が似ているのは確かなんだな」
「そうね 私たち、似た者同士だと思うわ」
「ただし君は相手の考えだけではなく、記憶まで読むことができる。記憶はどれぐらい遡れる?」
「上限を試したことはないわ」
「私にも同じことができるようになると思うか? そのやり方を教えてもうことはできるか?」
「その坊やの妙な計画に興味はないけど、あなたにはしばらくはつきあってあげるわ」
「しかし 君はこの状況にたいして驚いてないな」
「科学局の言うことなんて何ひとつ信じないわ。数字も、公式のストーリーも。
 だから私以外に変種の個体がいてもおかしくはないとは思ってた。実際に他の個体の存在を確認したのは初めだけど」
「人間を信用しないんだな」
「他人は信用しないわ。頼れるのは自分だけ」

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

ユリウス・A・アキレウス
アメリカ境界州ベースのエリート行政士官。思考力に優れ、意志も強く有能だが、まわりからは「堅物」「仕事中毒(ワーカホリック)」と呼ばれている。
あだ名 「ジュピター」(士官学校でのオペレーションネームから)

リリア・マリ・シラトリ
アキレウスの副官でコミュニケーションの専門家。親切で面倒見がよく、人間関係に興味のないアキレウスを完璧に補佐する。料理好き。

ワン・タイフ

境界州ベースの陸軍士官。快活で決断力があり、喧嘩も強い。荒くれ者の兵士たちからも信頼が厚い。

あだ名 「虎」(部下の兵士たちが命名)

ナタリー・キャライス
境界州ベースのシヴィリアンスタッフで、すご腕の外科医。頭が切れ、仕事でも私生活でもあらゆることを合理的に割り切る。目的のためには手段はあまり選ばない。

スティーヴ・レイヴン
境界州ベースに配属されてきた見習い訓練官。明るく純真で、時々つっ走ることがある。大切な夢を持っている。絵を描くのが趣味。

リウ・ウェイラン
ニューイングランド州ベースで隊附勤務中の士官学校生。優しく穏やかで、ちょっと押しが弱い。絵を描くのが趣味だが料理も得意。

ダニエル・ロジェ・フォワ
ニューイングランド州ベースの陸軍士官。生真面目で理想主義。弱い者を守る気持ちが強い。

マリア・シュリーマン
ミッドアトランティック州ベースのシヴィリアンスタッフ。優しく繊細で、やや引っ込み思案。古い絵を見るのが好き。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み