能力

文字数 2,869文字

 ほどなくして中尉(タイガー)の中隊に前方勤務の番が来て、南部の戦線に向かっていった。彼は慣れた様子で「帰りはひと月かふた月先」と言った。
 たった二人の大切な仲間、そしてすでに親しい友人にもなっていた彼が近くにいないのは、リリアにとって家族の一人が欠けているようだった。
 しかも行き先は戦地で、境界州の陸軍(7D)の死傷率は他のベースよりずっと高い。
 これまで戦争のことはあまり考えたことがなかった。生まれる前から内戦は続いていて、そのことはほとんど意識にとめられることがなかった。
 親しい人が戦地に赴いて初めて、リリアは前線の様子を知りたいと思った。
 しかし戦況は軍の機密事項に当たり、一般の行政士官に情報は入らない。
 ベースの副官全員が集まるミーティングで、リリアは7D出身の参謀官の副官と知り合いになることができた。しかし戦況に関するこは、もちろん教えてもらえなかった。
 ひと月が過ぎ、さらにもう半月が過ぎた。

 ある日の夕方、ジュピターはいつものように残業を続けていた。「そろそろ仕事を中断させて、夕食に連れ出さなくちゃ」とリリアは考えた。
 ふと、親しい気配が近づいて来る。立ち上がって、ノックの音がする前にリリアはドアを開けた。
「よう 二人組」
 タイガーの明るく陽気な声に、ためこんでいた心配が吹き飛ばされる。
「おかえりなさい! 様子が全然わからなかったから、ただ無事を祈ってたのよ」
「すまん、言い忘れてたな。負傷して怪我がひどけりゃベースに搬送されるし、死亡の時には広報に名前が載る。便りがないのは無事ってことだ。
 今朝方ベースに戻ったんだが、報告とかミーティングとかいろいろあってな」
 ジュピターが立ち上がりながら、タイガーの肩章に目をやる。
「大尉に昇進したんだな」
「間抜けな部隊が罠にはまって殲滅させられそうになったのを、俺の中隊が救ったんでな。戦功章をもらって、そのついでだ。
 そういうお前らも階級上がってるな」
「つい二週間前だ。これでお前に追いたと思ったんだが、一つ差のままか」
「言っておくが、俺を追い越そうなんて無駄な努力はやめろ」
「再会して早々、小学生の男の子みたいな言い合いを始めないで。夕食はまだよね? カフェテリアに行きましょ」
 リリアは笑顔で二人を促した。

 タイガーが戻ってきて最初の日曜日。
 ちょうど昼食の準備ができたところに二人が顔を見せる。
 タイガーが部屋の中を見回す。
「この個室は広いな」
「昇進して、新しい個室を申請したの。管理局でキッチン付きのユニットを希望したら、担当者が知り合いで、このタイプが余ってるからって割り当ててくれたの。
 キッチンはスペースの無駄だから、誰も欲しがらないって言ってたわ」
「ベースに住んでりゃあ、食事はカフェテリアで済むからな。昼食を作るから来いと言われた時は驚いたぞ」
「料理にはずっと憧れてたの。でも経験はあんまりないんだけど」
「俺たちで試そうというわけか」
 タイガーが笑いながら、持ってきたワインを開ける。
 献立はギリシャ風のサラダとミネストローネのスープ、それにほうれん草とチーズのカネロニ。
「どう?」
「うまい」
 ジュピターの言葉にほっとして、それからうれしくなる。タイガーもうなずく。
「カフェテリアの飯より1ランク上だな。
 食材はどうしてるんだ? ベースの中に生鮮食品のマーケットはないし、こいつみたいな仕事中毒につきあってたら、都市に食材調達に出る時間もないだろう」
「カフェテリアの管理担当に注文を出して、ストックの食材から分けてもらうの。以前お世話になったジュリアーノ大佐の奥さんが、いろいろ詳しいのよ」
「あの女性とまだつきあいがあるのか」
 ジュピターがやや呆れた表情をする。
「いたずらの件はともかく、お願いすればとても面倒見のいいひとよ。
 ユーロサウスの上等なオリーヴオイルやオリーヴの瓶詰めも分けてくれたわ。このサラダに使ってるのがそうなの」
「コミュニケーション専攻の副官の実力だな」
 タイガーが笑う。
 
 食事の後、リビングでお茶を飲む。
「じゃあ、試してみるか」
「例の件か」
「あれから考えてみたが、俺たちの能力には少しずつ違いがある。俺は最初に他人の思考が読めることに気づいた。それからリリアと会って、テレパシーでのコミュニケーションを覚えた。
 リリアは自分に向けられる他人の感情を感じとるし、感情に伴う思考を捉えることができる。テレパシーでのコミュニケーション能力も俺より高い。
 俺とリリアの能力は多少違いはあるが、どちらも人間の心との相互作用だ。
 お前の場合、テレキネシスというのは物体に物理的な影響を与えるわけで、能力のカテゴリが違う気がする。
 テレパシーで話しかけた時の心の外殻(バウンダリ)の手触りも、密度が高く、リリアとまったく違っていた。
 だがテレパシーを聞きとることはできたな。だとすれば、テレパシーのコミュニケーション能力自体は変異種の基本能力かもしれない。
 とりあえず発信できるか試そう」
 二人は代わる代わるタイガーに手ほどきを与えた。相手の心に意識を向け、心の外側に触れて相手を確認してから、コミュニケーション目的のつながりを結ぶ。
 1時間ほどでタイガーはこつを覚え、至近距離でテレパシーを使い話しかけたり、聞いたりできるようになった。
 さらに1時間ほど試したが、リリアのように相手の感情を感じとるようなことはなく、ジュピターのように能動的に他人の思考を読むこともできないようだった。
「物体の動きに影響を与えられるが、基本的なコミュニケーションを除けば、感情や思考との相互作用はなしか。やはりタイプが違うんだな」
「そりゃ面白い。科学局は、こと変種の能力に関しては曖昧な情報しか出さんからな。届くのは数メートルの範囲なんだな?」
「それより離れて試したこともあるが、うまくいかなかった」
 タイガーがしばらく考え込んでいたが、口を開いた。
「思うんだが、能力は使えば伸びるものなんじゃないか? 俺は戦場で能力を使い出してから、ずっとパワーが強まってるし制御力も加わってる」
「なんだと」
「能力が目覚めたばかりの頃は、手の届く範囲のものを動かしたりといった程度だったが、今は視認さえできれば100メートル先の物でもぶっ壊せる」
「戦場でテレキネシスを使っているのか……!」
「気づかれないよう注意はしてるが、戦闘中のどさくさだ。ばれそうになったことは一度もない」
 ジュピターの表情が考え深くなる。
「……変異種の能力が武器として使われる……それこそ機構が恐れていたことじゃないか」
「機構の上層部は、俺たちを野放しにしたら人間の社会を乗っとると恐れてるが、俺はそんなことに興味などない。
 俺にとって重要なのは、自分が生き延びることと部下を守ることだ」
 
 夕方近くになってタイガーが帰った後、ジュピターはソファに座ったまま、しばらく何かを考えていた。
 リリアは新しいお茶を入れ直して渡した。彼はそれを受けとって飲み、ぽつりと言った。
「あいつには自分の動機にも、行動にも、迷いがない……」
 

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

ユリウス・A・アキレウス
アメリカ境界州ベースのエリート行政士官。思考力に優れ、意志も強く有能だが、まわりからは「堅物」「仕事中毒(ワーカホリック)」と呼ばれている。
あだ名 「ジュピター」(士官学校でのオペレーションネームから)

リリア・マリ・シラトリ
アキレウスの副官でコミュニケーションの専門家。親切で面倒見がよく、人間関係に興味のないアキレウスを完璧に補佐する。料理好き。

ワン・タイフ

境界州ベースの陸軍士官。快活で決断力があり、喧嘩も強い。荒くれ者の兵士たちからも信頼が厚い。

あだ名 「虎」(部下の兵士たちが命名)

ナタリー・キャライス
境界州ベースのシヴィリアンスタッフで、すご腕の外科医。頭が切れ、仕事でも私生活でもあらゆることを合理的に割り切る。目的のためには手段はあまり選ばない。

スティーヴ・レイヴン
境界州ベースに配属されてきた見習い訓練官。明るく純真で、時々つっ走ることがある。大切な夢を持っている。絵を描くのが趣味。

リウ・ウェイラン
ニューイングランド州ベースで隊附勤務中の士官学校生。優しく穏やかで、ちょっと押しが弱い。絵を描くのが趣味だが料理も得意。

ダニエル・ロジェ・フォワ
ニューイングランド州ベースの陸軍士官。生真面目で理想主義。弱い者を守る気持ちが強い。

マリア・シュリーマン
ミッドアトランティック州ベースのシヴィリアンスタッフ。優しく繊細で、やや引っ込み思案。古い絵を見るのが好き。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み