10話① 【レア】伝説の「地下神殿」へ……!

エピソード文字数 988文字

今岡先生?

うん?

なんじゃ?

前にも言ったかと思いますが、私、精神科は専門外なんです。

でも、どうしてもとおっしゃるなら、

なんとかいいお医者さんを紹介しましょうか?

じゃけえ、わしは正気じゃって!

てめえら、また規制にかかりそうなことを

くっちゃべってやがんな!

いえ、今岡先生の言動があまりにも…………。

だからこいつの言動が怪しいのは、

いつものことだろうが!

だったら、タイトルを見てみてくださいよ…………。

うん?


その、まぁ、なんだ…………、

やっぱりお前、ちょっと休め。(優しい目)

お前ら、またそろいもそろって、

作者に向かってなんちゅう言い草なんじゃ!

しょうがねえだろ?

自分の言動が怪しいことに

いい加減気づけよ!

武松さん、武松さん。

またいろいろな規制にひっかかりかねない言い方をしていますが?

ああん?

今度はあれだ。

全部こいつのせいってことでいいんだよ!

もうそれで押し通せよ!

行けますかねぇ……。
まぁ、ともかく、なんだってこんなタイトルにしやがった?

それはわしが地下神殿へと

探索に行ったからじゃよ。(キッパリ!)

今岡先生、冒険者学園を書き進めるあまり、

とうとう現実との境がわからなくなって……(ほろり)

星崎先生に迷惑かける前に、

入院でもしろ、な?


泣くな!

優しくなるな!

わしはマジで行ったんじゃって!

本気で言ってんのか?

おう。

おいは地下神殿へと足ば進めたんでごわす。

嘘じゃありもはん!

薩摩弁になるなって……。

ま、冗談はさておきな。

わしが行ったのは埼玉にある「首都圏外郭放水路」

通称「地下神殿」いうところなんじゃ。

ああ、小説の世界に行ったわけでも、

RPGの世界に行ってきたわけでもないんですね?

当たり前じゃ!

わしをなんじゃと思うとるんなら!

いえ、今岡先生のふだんの言動から、

そう考えてしまったんですけどね。

……まぁ、ええ(震え声)。


で、ここはな、

「首都圏に急な増水があった際、河川の氾濫を防ぐための施設」

として建てられたものなんじゃ。

そんなところに入れるものなのか?
ああ、ちゃんと予約すればな。

予約制なのか。

しっかし、そんな御大層なところが、

なんで「地下神殿」なんて呼ばれてんだ?

こればっかりは実際に見てもらった方がわかりやすいの。

こんな感じじゃ!

たしかに大きいが……。


でも、言うほどではないですね。

あほう!

これは地上部分じゃ。

地下神殿の神髄は地下にこそあるんじゃ。

次ページでそれをとくと見よ!

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)
※コラボに参加するためにはログインが必要です。ログイン後にセリフを投稿できます。

登場人物紹介

今岡英二(天使)


いまや「小説のキャラよりキャラが立っている」でおなじみの、同コラボノベルの作者。

行動力の化け物。

昔バンド活動をやっていたときは音楽漬けの生活をしていたが、

作家/ライターの生活に移ってからは本漬けの日々を送っている。

そのわりには動き回ることを止めないのはなぜなのか。

目下のところ、それは謎である。


「物書きが自分の足で情報を探さんようになったらおしまいじゃ(笑)」とは本人の弁。


今岡英二(悪魔)


悪魔イラストの割りに、根が優しく義理堅い人情派。広島生まれ・広島育ちの根っからのカープファンだが、だからといって他の野球ファンを貶めることはない。野球好きに貴賎はないというのが信条。


「三食食えて野球が見られる。これ以上の幸せがあろうか……。あとはこれでまたカープが優勝してくれりゃあ、言うことなしじゃ……」とは作者のコメント。


今岡英二(お守り)


歴史オタク・読書オタク・漫画オタク・勉強オタクな今岡英二の変態担当、作家・ライター担当。自身の小説キャラを辟易とさせるなど、悪魔よりも悪魔っぽい存在。


「なんでそんなものまで見るんだ!」「ふつうそんなところなんか行きませんよ!」とキャラにつっこまれても、「勉強のためじゃけえの」と言えば大抵のことは許されると思っているなど、余計に性質が悪い。


ニコル・クロムウェル(Nicol=Cromwell)


「Dr.ニコルの検死FILE」の主人公。

作者・今岡英二のつっこみ役A。紳士然とした丁寧な語り口だが、作者に対してはたまに辛辣な物言いを吐く。たぶんストレスがたまっているんだね。


武松(ぶしょう)


「大宋退魔伝」の主人公。

作者・今岡英二のつっこみ役B。そろそろ「左近ちゃん 見参!」の三成にでもつっこみ役を代わってもらいたいと思っているが、同作のキャラアイコンが家紋なので却下され、最近やさぐれ気味。きっとストレスがたまっているんだね。


石田三成(いしだ・みつなり)


「左近ちゃん 見参!」の主人公。

同作ではいいツッコミ役を果たしていたが、作者の「キャラアイコンにしっくりくるのがなかったけえ、家紋にした」という一言のせいで、ここでは活躍の場を与えられないという憂き目に遭う。ごめんな。


ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色