自由参加コラボノベル作品詳細

【乱入OK】今岡英二の「ぶらり散策、またきて四角」

114|歴史|完結|71話|67,496文字

旅レポ, 途中下車の旅, 世界の車窓から, 旅行, 碑, スポット, ぶらり, 散歩, コント, 乱入

41,768 views

言葉遊び歌の一つに「さよなら三角 また来て四角 四角は豆腐 豆腐は白い ~~」というものがありますが、
ここではかくの如き遊び心を持って散策した徒然を紹介していきたいと思います。

このコーナーには、「ふつうそんなところに行くか?」という変わり種スポットや、逆に「マジでそこ行ってきたの!」という超レアスポット、「え?そんなところにそんなものがったの!」というプチレアスポットがぞくそく登場する予定。
一目でわかりやすいように、変わり種スポットには【変】という表記を、超レアスポットやプチレアスポットには【レア】という表記を記しますので、一つの目安にしていただければと思います。
【変】変わり種スポット
【レア】超レアスポット・プチレアスポット

では、このコーナーを見て、みなさんにも「ぶらり散策」に興味持っていただき、
「またきてみたい」と思ってもらえれば、この上なき喜びです。



「ムーミン」作者 トーベ・ヤンソンの名言
「大きな旅立ちというものは、書物の、第一行の文章のように、重要なものなんだよ。
 その一行が、この一瞬が、すべてを決定づけるんだ」

もくじ

登場人物紹介

今岡英二(天使)


いまや「小説のキャラよりキャラが立っている」でおなじみの、同コラボノベルの作者。

行動力の化け物。

昔バンド活動をやっていたときは音楽漬けの生活をしていたが、

作家/ライターの生活に移ってからは本漬けの日々を送っている。

そのわりには動き回ることを止めないのはなぜなのか。

目下のところ、それは謎である。


「物書きが自分の足で情報を探さんようになったらおしまいじゃ(笑)」とは本人の弁。


今岡英二(悪魔)


悪魔イラストの割りに、根が優しく義理堅い人情派。広島生まれ・広島育ちの根っからのカープファンだが、だからといって他の野球ファンを貶めることはない。野球好きに貴賎はないというのが信条。


「三食食えて野球が見られる。これ以上の幸せがあろうか……。あとはこれでまたカープが優勝してくれりゃあ、言うことなしじゃ……」とは作者のコメント。


今岡英二(お守り)


歴史オタク・読書オタク・漫画オタク・勉強オタクな今岡英二の変態担当、作家・ライター担当。自身の小説キャラを辟易とさせるなど、悪魔よりも悪魔っぽい存在。


「なんでそんなものまで見るんだ!」「ふつうそんなところなんか行きませんよ!」とキャラにつっこまれても、「勉強のためじゃけえの」と言えば大抵のことは許されると思っているなど、余計に性質が悪い。


ニコル・クロムウェル(Nicol=Cromwell)


「Dr.ニコルの検死FILE」の主人公。

作者・今岡英二のつっこみ役A。紳士然とした丁寧な語り口だが、作者に対してはたまに辛辣な物言いを吐く。たぶんストレスがたまっているんだね。


武松(ぶしょう)


「大宋退魔伝」の主人公。

作者・今岡英二のつっこみ役B。そろそろ「左近ちゃん 見参!」の三成にでもつっこみ役を代わってもらいたいと思っているが、同作のキャラアイコンが家紋なので却下され、最近やさぐれ気味。きっとストレスがたまっているんだね。


石田三成(いしだ・みつなり)


「左近ちゃん 見参!」の主人公。

同作ではいいツッコミ役を果たしていたが、作者の「キャラアイコンにしっくりくるのがなかったけえ、家紋にした」という一言のせいで、ここでは活躍の場を与えられないという憂き目に遭う。ごめんな。


小説情報

【乱入OK】今岡英二の「ぶらり散策、またきて四角」

今岡英二  eijivocal23

執筆状況
完結
エピソード
71話
種類
自由参加コラボノベル
ジャンル
歴史
タグ
旅レポ, 途中下車の旅, 世界の車窓から, 旅行, 碑, スポット, ぶらり, 散歩, コント, 乱入
総文字数
67,496文字
公開日
2019年01月28日 21:59
最終更新日
2019年05月24日 23:26
応援コメント数
0

応援コメント一覧

応援コメントはありません

作者プロフ

今岡英二  eijivocal23

過去出版時ペンネーム:今岡英二
過去の出版物:
「天下人の軍師〈上〉 ―黒田官兵衛、風の如く迅速に―」
「天下人の軍師〈下〉 ―黒田官兵衛、水の如く泰然と―」
(いずれもメディアワークス文庫<KADOKAWA>)
ツイッター:https://twitter.com/eiji_imaoka

1978年、広島県生まれ。日本史・中国史に造詣が深く、歴史ライターとして多くの著作物に執筆参加している。小説以外の主な執筆は「三國志11 武将FILE(単著/光栄)」「信長の野望・天道 武将FILE(共著/光栄)」「三国志占い(企画立案・共著/ぴあ)」「新渡戸『武士道』が本当によくわかる本(執筆参加/東邦出版)」など。

この作者の他の作品

自由コラボ

1064|その他|連載中|467話|508,747文字

2019年10月18日 07:29 更新

食レポ, 食通, グルメ, 食べ歩き, コント, 乱入, 美食

食通としても知られた、文豪・池波正太郎先生はその著書の中で「男の人生というものは、毎日確実に死に向かって歩むことだ。なればこそ今日という一日が大切。今日が最期の覚悟で、日々の酒を飲み、飯を食え」といわれています。...

チャット

55|その他|完結|2話|4,968文字

2019年10月13日 21:46 更新

【いしかわデイズ】, 食レポ, 食通, グルメ, 食べ歩き, コント, 美食, 金沢, 石川県, 忖度知らず

舞台は石川県……というわけで、日本全国食べ歩きをしている作者が、無謀にも、おなじみのコーナー『今岡英二の「食べ歩き万歳!』の「石川編」を書き下ろした!...

小説

28|創作論・評論|完結|1話|4,214文字

2019年05月31日 22:48 更新

【京極夏彦書評】 , 妖怪, ホラー, 書評, ミステリー, 京極夏彦

「この世には不思議なことなど何もないのだよ、関口君」  そうシニカルに語る京極堂こと中禅寺秋彦の魅力を引き出しているのはなにか。また、この作品に惹かれるのはいったいなぜなのか。...

小説

28|創作論・評論|完結|1話|2,789文字

2019年05月29日 22:36 更新

【京極夏彦書評】 , 幽霊, ホラー, 書評, 怪談, 京極夏彦

 広く人口に膾炙し、すでにあらゆるバリュエーションが出尽くした感のあった『四谷怪談』を、まったく新しい解釈で表現した『嗤う伊右衛門』。  京極夏彦氏が得意とする言葉の妙技を、ぜひみなさまのその目でも確認していただきたい。...

自由コラボ

114|歴史|完結|71話|67,496文字

2019年05月24日 23:26 更新

旅レポ, 途中下車の旅, 世界の車窓から, 旅行, 碑, スポット, ぶらり, 散歩, コント, 乱入

言葉遊び歌の一つに「さよなら三角 また来て四角 四角は豆腐 豆腐は白い ~~」というものがありますが、 ここではかくの如き遊び心を持って散策した徒然を紹介していきたいと思います。...

自由コラボ

105|ファンタジー|完結|28話|56,587文字

2019年03月25日 22:28 更新

ファンタジー, コラボ, リレー, 共作, 冒険者, 召喚士, 魔法, ダブル主役, 精霊

はるか昔、勇者が魔王を倒した。 そして世界には平和が戻った──── などと言われているが、実際はそこまで劇的に変わったというわけではなかった。...

小説

26|SF|完結|1話|3,399文字

2019年03月24日 00:44 更新

【ラストレター】, 短編, 手紙, 青春, SF(少し不思議), ショートショート, 一人称, オリジナル

あなたはタイムカプセルを埋めたことがありますか? そしてそれを掘り返してみたことがありますか? これはそんなタイムカプセルにまつわる、少し不思議な物語──。

小説

29|歴史|完結|1話|4,949文字

2019年03月16日 00:53 更新

【ラストレター】, 歴史小説, 戦国時代, 小説, 時代小説, 歴史, オリジナル作品, 和風, 短編, 手紙

 天正三年(一五七五年)、武田軍一万五千が、奥平貞昌ら五〇〇の兵が立て篭もる長篠城へと攻め込んできた。  三〇倍の圧倒的な兵力差の前に、長篠城の落城は目前に迫っていた。...

チャット

35|恋愛論・結婚|完結|1話|2,305文字

2019年03月11日 01:07 更新

【ラストレター】, 家族, シリアス, 日常, 切ない, 短編, 手紙, 会話劇, 現代, ヒューマンドラマ

私は旦那の性格が嫌いだった。 その旦那から一通の手紙を手渡された。 それは私にとって許しがたいものだった──。 あなたは、好きな人に伝えたいこと、ちゃんと伝えていますか?

TOP