19話  【変】日本の警察のことがよくわかる「警察博物館」

エピソード文字数 1,031文字

日本の警察は世界でもトップクラスとよういわれとるが、

それを実際にその目で見たいとは思わんか?

いや、思いはしますが、

実際にはなかなか見れないでしょう?

それがそうでもないんじゃなぁ。

ちゃんと見る方法があるんじゃよ。

まさかてめえ、それを見たいがために、

犯罪を犯したわけじゃあるまいな!

人聞きの悪いこと言うなや!

じゃあ、どうやって見たっていうんだよ!
それはこの警察博物館でよ!
こんなのがあるのか!

おう。

東京都中央区の京橋にあるんじゃ!

ここでは警察官の制服や記章の実物が展示されとったり

鑑識機材が展示されとったりするんで

実際のものがどうなのか、その目で見ることができるんじゃ。

こんな感じでのう!

ほう、なかなかのもんだな。

ええ、たしかになかなかのものですね。

ただ……。

ただ?

いえ、博物館好きなのは知っていましたが

こんなものの存在をどうして知ったのか、

そしてどうして行こうと思ったのか

それが不思議でしょうがなくて……。

ああ、それはのう。

小説で現代を舞台にした推理小説ものを書くにあたって

いろいろと日本警察のなんたるかを知りとうなった。

で、調べたらここに行きあたった。

それだけのことじゃよ。

お前の情報収集能力だけは、

ほんととてつもないものがあるな……。

そんなに褒めんなやい(照)
いや、半分皮肉だよ……。

ちなみにここは「警察博物館」とも

「ポリスミュージアム」とも呼ばれとるが、

実はどっちも通称なんじゃ。

では、正式にはなんていうんです?

警視庁内での正式名称は

「警視庁広報センター」とされとるんじゃ。

味も素っ気もない呼び方だな……。

ほうじゃな。

なので、公式のHPでも

ポリスミュージアム「警察博物館」

と表示されとるんじゃ。

で、ここは入場料、いくらぐらいするんですか?
もちろん無料じゃ。


タダっ!?

ああ。

公的な組織の広報センターじゃけえな。

ただ複製等の犯罪を防ぐために

写真撮影には制限があるんで

そこだけは気を付けんといけんけどな。


でも、そこさえ気を付ければ

無料というのはありがたいですね。

おう。

おかげでええ勉強になったわ。


そんなわけで日本の警察のことがよくわかる「警察博物館」、みなさんも実際に足を運んで、その目で確かめてみてつかあさいや!

とても興味深いと言わざるを得ないぞ!

タダで学べるというのもポイント高いですね

わりと公共の博物館は無料で見れるのが多いです。

歴史系の博物館は金とるところも多いですが、

こういう広報も兼ねたところは無料であることが多いですのう。

勉強もできてお得感満載です!

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)
※これは自由参加コラボです。誰でも書き込むことができます。

※コラボに参加するためにはログインが必要です。ログイン後にセリフを投稿できます。
※本コラボは完結済みです。

登場人物紹介

今岡英二(天使)


いまや「小説のキャラよりキャラが立っている」でおなじみの、同コラボノベルの作者。

行動力の化け物。

昔バンド活動をやっていたときは音楽漬けの生活をしていたが、

作家/ライターの生活に移ってからは本漬けの日々を送っている。

そのわりには動き回ることを止めないのはなぜなのか。

目下のところ、それは謎である。


「物書きが自分の足で情報を探さんようになったらおしまいじゃ(笑)」とは本人の弁。


今岡英二(悪魔)


悪魔イラストの割りに、根が優しく義理堅い人情派。広島生まれ・広島育ちの根っからのカープファンだが、だからといって他の野球ファンを貶めることはない。野球好きに貴賎はないというのが信条。


「三食食えて野球が見られる。これ以上の幸せがあろうか……。あとはこれでまたカープが優勝してくれりゃあ、言うことなしじゃ……」とは作者のコメント。


今岡英二(お守り)


歴史オタク・読書オタク・漫画オタク・勉強オタクな今岡英二の変態担当、作家・ライター担当。自身の小説キャラを辟易とさせるなど、悪魔よりも悪魔っぽい存在。


「なんでそんなものまで見るんだ!」「ふつうそんなところなんか行きませんよ!」とキャラにつっこまれても、「勉強のためじゃけえの」と言えば大抵のことは許されると思っているなど、余計に性質が悪い。


ニコル・クロムウェル(Nicol=Cromwell)


「Dr.ニコルの検死FILE」の主人公。

作者・今岡英二のつっこみ役A。紳士然とした丁寧な語り口だが、作者に対してはたまに辛辣な物言いを吐く。たぶんストレスがたまっているんだね。


武松(ぶしょう)


「大宋退魔伝」の主人公。

作者・今岡英二のつっこみ役B。そろそろ「左近ちゃん 見参!」の三成にでもつっこみ役を代わってもらいたいと思っているが、同作のキャラアイコンが家紋なので却下され、最近やさぐれ気味。きっとストレスがたまっているんだね。


石田三成(いしだ・みつなり)


「左近ちゃん 見参!」の主人公。

同作ではいいツッコミ役を果たしていたが、作者の「キャラアイコンにしっくりくるのがなかったけえ、家紋にした」という一言のせいで、ここでは活躍の場を与えられないという憂き目に遭う。ごめんな。


ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色