05話② 【変】そっちじゃない吉祥寺

エピソード文字数 981文字

この吉祥寺は歌舞伎の舞台にされたいうわけで、

「八百屋お七・吉三郎の比翼塚」がある。

比翼というのは?


比翼はよく「比翼連理」という言葉で使われるがの。


「比翼」は片方ずつの羽しか持たない想像上の鳥のことで、

つがいがいなければ生きていけないとされとるんじゃ。

「連理」は根っこが別じゃが、幹や枝でくっついた二本の木のことで、

これも相手がいなければ枯れ果ててしまうというわけなんじゃ。

総じて、夫婦和合、恋愛成就のシンボルとされとるんじゃ。

なるほど。

恋愛が元で死刑となった女性であるがゆえに、せめて死後はってことか。

粋なことするもんだぜ。

ま、そういうことじゃな。
そういえばタイトル「そっちじゃない」というのは、なんだったんです?

ああ、そのことか。

それは至ってシンプルでな。

ふつう「吉祥寺」っていうと、この文京区のお寺じゃなく、

ふつうは「住みたい街一位」の吉祥寺のほうを連想するじゃろ?

だから「そっちじゃない」ってことなのか?

それもあるがな。

むしろあっちの吉祥寺は、このお寺の名前から来とるんじゃ。

こっちが大元いうわけじゃな。


そうなのか!?


おう。

実はこの時の火事、通称「お七火事」で、ここら一帯の人が焼け出されての。

その再建工事の時、幕府が住民を強制移住させたんじゃ。

で、吉祥寺に移り住んだ人らが「せめて地名だけでも元のままがいい」言うて、

その地を吉祥寺と付けたんじゃ。

そんな経緯が……。
じゃけえ、街の方の吉祥寺には、吉祥寺という寺はない。
……はじめて知りました。
もともと吉祥寺周辺の住民が住みたくはなかったのに強制移住させられたところが、

いまでは「住みたい街一位」になってるというのは、なんとも皮肉な話じゃのう。

……ですね。
……しっかしお前さん、なんでそんなことまで知ってんだ?
勉強したけえの。(しれっと)
ひさびさに聞いたぜ、そのフレーズ……。

ちなみにこの吉祥寺は桜の名所で知られとるんでな。

言うほど変わり種スポットいうわけでもないのは付け加えておくかの。

桜のシーズンじゃと、こういう景色が見れるんじゃ。

これはまた、なんと見事な!
たしかに変わり種とはいえない見事さだな!

あと、ここは「二宮尊徳」「榎本武揚」のお墓もあるんで、

そういうのを目当てに来てもえかろうな。


そんなわけで今回紹介したお寺さん、桜の季節にはもってこいの場所なんで、

みなさんもぜひ足を運んでみてつかあさい!


ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)
※これは自由参加コラボです。誰でも書き込むことができます。

※コラボに参加するためにはログインが必要です。ログイン後にセリフを投稿できます。
※本コラボは完結済みです。

登場人物紹介

今岡英二(天使)


いまや「小説のキャラよりキャラが立っている」でおなじみの、同コラボノベルの作者。

行動力の化け物。

昔バンド活動をやっていたときは音楽漬けの生活をしていたが、

作家/ライターの生活に移ってからは本漬けの日々を送っている。

そのわりには動き回ることを止めないのはなぜなのか。

目下のところ、それは謎である。


「物書きが自分の足で情報を探さんようになったらおしまいじゃ(笑)」とは本人の弁。


今岡英二(悪魔)


悪魔イラストの割りに、根が優しく義理堅い人情派。広島生まれ・広島育ちの根っからのカープファンだが、だからといって他の野球ファンを貶めることはない。野球好きに貴賎はないというのが信条。


「三食食えて野球が見られる。これ以上の幸せがあろうか……。あとはこれでまたカープが優勝してくれりゃあ、言うことなしじゃ……」とは作者のコメント。


今岡英二(お守り)


歴史オタク・読書オタク・漫画オタク・勉強オタクな今岡英二の変態担当、作家・ライター担当。自身の小説キャラを辟易とさせるなど、悪魔よりも悪魔っぽい存在。


「なんでそんなものまで見るんだ!」「ふつうそんなところなんか行きませんよ!」とキャラにつっこまれても、「勉強のためじゃけえの」と言えば大抵のことは許されると思っているなど、余計に性質が悪い。


ニコル・クロムウェル(Nicol=Cromwell)


「Dr.ニコルの検死FILE」の主人公。

作者・今岡英二のつっこみ役A。紳士然とした丁寧な語り口だが、作者に対してはたまに辛辣な物言いを吐く。たぶんストレスがたまっているんだね。


武松(ぶしょう)


「大宋退魔伝」の主人公。

作者・今岡英二のつっこみ役B。そろそろ「左近ちゃん 見参!」の三成にでもつっこみ役を代わってもらいたいと思っているが、同作のキャラアイコンが家紋なので却下され、最近やさぐれ気味。きっとストレスがたまっているんだね。


石田三成(いしだ・みつなり)


「左近ちゃん 見参!」の主人公。

同作ではいいツッコミ役を果たしていたが、作者の「キャラアイコンにしっくりくるのがなかったけえ、家紋にした」という一言のせいで、ここでは活躍の場を与えられないという憂き目に遭う。ごめんな。


ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色