09話  【変】源義経が北海道に落ち延びた?

エピソード文字数 913文字

今回はタイトルからして、もう変わっていますね。
いつものことだろ?

いつも言うな!

わしが変わり者みたいじゃろうが!


そのものじゃねえか!
そがいに褒めてもなんもないけえの(照)

ダメだ、こいつ……。


で、今岡先生が変人なのはいいとしまして、

「源義経が北海道に」ってどういうことなんですか?

そういう話ってありましたっけ?

ニコルは「源義経=ジンギスカン説」って知っとるかの?

一応聞いたことはありますね。

源義経が中国へ渡って、ジンギスカンとなったというあれでしょう?

おう。

実はその変形でな。

「源義経が中国に渡る前に北海道に渡って、

 そこでアイヌの民から敬われた」

という話があるんじゃ。

そんな話があるのか?

ああ。

これがその証拠、「義経神社」じゃ!

神様になってんのか!

おう。

義経が現地で農耕やら船の製法やらを教えた結果、

神様扱いされたという伝承があるんじゃ。


じゃあ、かなりいい神様なんですね。
そうとも限らんがの。
え?

なにしろその一方で、さまざまな宝を強するわ、

村娘をだまして自殺に追いやるわ、

悪逆非道な伝承も同時に残っとるけえのう。


どっちなんでしょう……?



わからん!

わからんって、おい……。

この伝承自体がかなり眉唾ものなんじゃけえ、

そこを論じてもはじまるまいよ。

事実は「北海道の平取町に義経神社がある」いうことぐらいじゃけえな。

しかし、今岡先生はなんでまたこんなところを見に行ったんです?

北海道旅行ついでに、いろいろ調べとったら、ここに行きあたった。

おもしろそうだから、これはこれで見に行ってみた。

ただこれだけのことよ!

それだけのことをする人、そうそういませんからね?


ここにおる!(キッパリ)

それはもういいってんだよ!(呆れ)

そんなわけで、源義経伝説が残る北海道の「義経神社」、みなさんもぜひ北海道訪問の際は足を延ばしてみてつかあさい!


今度は北海道ですか。

行かれていない県はあるんでしたっけ?

まだ行っとらんのは長野と富山ぐらいですのう。

北海道は、馬が好きじゃけえ、わりと行きよります。

2018年の9月はJRAの育成牧場見学を申し込んどったんじゃが

あいにくのブラックアウトで北海道全域停電になったんで

それどころじゃあ、ありゃあせんでしたがの(苦笑)

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)
※コラボに参加するためにはログインが必要です。ログイン後にセリフを投稿できます。

登場人物紹介

今岡英二(天使)


いまや「小説のキャラよりキャラが立っている」でおなじみの、同コラボノベルの作者。

行動力の化け物。

昔バンド活動をやっていたときは音楽漬けの生活をしていたが、

作家/ライターの生活に移ってからは本漬けの日々を送っている。

そのわりには動き回ることを止めないのはなぜなのか。

目下のところ、それは謎である。


「物書きが自分の足で情報を探さんようになったらおしまいじゃ(笑)」とは本人の弁。


今岡英二(悪魔)


悪魔イラストの割りに、根が優しく義理堅い人情派。広島生まれ・広島育ちの根っからのカープファンだが、だからといって他の野球ファンを貶めることはない。野球好きに貴賎はないというのが信条。


「三食食えて野球が見られる。これ以上の幸せがあろうか……。あとはこれでまたカープが優勝してくれりゃあ、言うことなしじゃ……」とは作者のコメント。


今岡英二(お守り)


歴史オタク・読書オタク・漫画オタク・勉強オタクな今岡英二の変態担当、作家・ライター担当。自身の小説キャラを辟易とさせるなど、悪魔よりも悪魔っぽい存在。


「なんでそんなものまで見るんだ!」「ふつうそんなところなんか行きませんよ!」とキャラにつっこまれても、「勉強のためじゃけえの」と言えば大抵のことは許されると思っているなど、余計に性質が悪い。


ニコル・クロムウェル(Nicol=Cromwell)


「Dr.ニコルの検死FILE」の主人公。

作者・今岡英二のつっこみ役A。紳士然とした丁寧な語り口だが、作者に対してはたまに辛辣な物言いを吐く。たぶんストレスがたまっているんだね。


武松(ぶしょう)


「大宋退魔伝」の主人公。

作者・今岡英二のつっこみ役B。そろそろ「左近ちゃん 見参!」の三成にでもつっこみ役を代わってもらいたいと思っているが、同作のキャラアイコンが家紋なので却下され、最近やさぐれ気味。きっとストレスがたまっているんだね。


石田三成(いしだ・みつなり)


「左近ちゃん 見参!」の主人公。

同作ではいいツッコミ役を果たしていたが、作者の「キャラアイコンにしっくりくるのがなかったけえ、家紋にした」という一言のせいで、ここでは活躍の場を与えられないという憂き目に遭う。ごめんな。


ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色