17話  【変】大分・別府駅前の「変なおじさん」像

エピソード文字数 1,375文字

今岡先生は城跡や碑を見るのがお好きなんですよね?

おう、ほうじゃな。

基本的に史跡を見るのが好きじゃけえ、

城跡や碑は外せんところじゃな。

城跡や碑以外になにかあるのか?

たとえば偉人の誕生地や墓、

はては銅像とか見るのもおもしろいのう。

銅像って武将とかのか?

だけとは限らんで。

幕末の志士のだってあれば

平安時代の偉人のだってある。

昭和の政治家のだってあるぐらいじゃしな。

いわれてみれば、

一般的にはよくわからない、

なにかの創業者の銅像とかもありますよね?

さすがにそこまでいったらきりがないけえ、

わしが知らん人の銅像には興味ないがな(笑)

判断基準はそこか……。

でも、ああいう銅像って、

たいてい代わり映えのしない、

つまらないのが多くないですか?

時代が古いのであれば甲冑や正装とかで見栄えがしますが、

そうでないのは顔以外大して変わらないでしょう?

たしかにのう。

だが、そうでもないのもあるんじゃ!

それが別府駅にある、この変なおっさんの像じゃ!

なんじゃこりゃあ!

これ、銅像なんですか?

なにかのオブジェじゃないんですか?


いや、これはれっきとした偉人なんじゃ。
偉そうな人には見えないがな……。
この銅像、正確には油屋熊八像いうんじゃ。

油屋熊八?

あまり聞いたことがないですね。

ま、ほうじゃろうな。

でも、大分の別府由布院は聞いたことあるよの?

ああ、どっちも有名な温泉地だな。

有名も有名よ。

なにしろ湯量一位が別府で、二位が由布院

大分のこの2つの温泉観光地が

常に堂々のワンツーなんじゃけえな。

そりゃ、すげえな!

その別府の観光開発を進め、

由布院を温泉保養地化したのが、

この油屋熊八なんよ。

実業家だったってことですか!

ああ。

なにしろ別府亀の井ホテルもこの人がつくったもんじゃし、

日本初の「バスガイドの解説付き、観光バス」

この人のアイディアじゃったそうじゃねえな。

財界で成功した人だったんだな。

じゃあ、家族はうはうはだったんじゃねえか?

いや、実はそうでもなかったそうな。

というのも、いまでこそ観光開発には公費が使われるが、

当時はそういうことがなくてな。

この油屋熊八が私財を投じて進めたそうな。

おかげで油屋熊八の没後、

借金のせいで油屋家所有の自動車会社や旅館は

売り払われてしまったそうな。

せつねえ話だな……。

ただ、別府市民からは

「別府観光の父」「別府の恩人」の慕われとってな。

2007年に別府駅前に銅像が建てられるに至ったいうことなんじゃ。

それにしてもこのデザインは

なんとかならなかったんですかね。

いや、油屋熊八はアイディアマンじゃった上に

子ども好きでもあったそうなけえ、

真面目ぶった銅像より、

案外こういうののほうが喜んどるんじゃないかの。

少なくともわしはそう思うとるよ。

なるほどな。

言われてみれば

そうかもしれませんね。


そんなわけで、別府駅前の油屋熊八像、みなさんも別府に行かれた際はぜひ見てやってつかあさい!


なにしろ映画『千と千尋の神隠し』の舞台・『油屋』は、この油屋熊八から付けられてるといわれとるけえ、聖地巡礼にももってこいじゃろうしな!


おいっ、最後!


しれっと大きなネタを

入れこまないでください!

思ったよりも面白いデザインでした( ・`ω・´)
かっこいいのとかは他にもあるんじゃが、

街の名士の銅像でこれほどおもしろい銅像は他にないですな。

それだけ愛されキャラじゃったんじゃと思います!

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)
※コラボに参加するためにはログインが必要です。ログイン後にセリフを投稿できます。

登場人物紹介

今岡英二(天使)


いまや「小説のキャラよりキャラが立っている」でおなじみの、同コラボノベルの作者。

行動力の化け物。

昔バンド活動をやっていたときは音楽漬けの生活をしていたが、

作家/ライターの生活に移ってからは本漬けの日々を送っている。

そのわりには動き回ることを止めないのはなぜなのか。

目下のところ、それは謎である。


「物書きが自分の足で情報を探さんようになったらおしまいじゃ(笑)」とは本人の弁。


今岡英二(悪魔)


悪魔イラストの割りに、根が優しく義理堅い人情派。広島生まれ・広島育ちの根っからのカープファンだが、だからといって他の野球ファンを貶めることはない。野球好きに貴賎はないというのが信条。


「三食食えて野球が見られる。これ以上の幸せがあろうか……。あとはこれでまたカープが優勝してくれりゃあ、言うことなしじゃ……」とは作者のコメント。


今岡英二(お守り)


歴史オタク・読書オタク・漫画オタク・勉強オタクな今岡英二の変態担当、作家・ライター担当。自身の小説キャラを辟易とさせるなど、悪魔よりも悪魔っぽい存在。


「なんでそんなものまで見るんだ!」「ふつうそんなところなんか行きませんよ!」とキャラにつっこまれても、「勉強のためじゃけえの」と言えば大抵のことは許されると思っているなど、余計に性質が悪い。


ニコル・クロムウェル(Nicol=Cromwell)


「Dr.ニコルの検死FILE」の主人公。

作者・今岡英二のつっこみ役A。紳士然とした丁寧な語り口だが、作者に対してはたまに辛辣な物言いを吐く。たぶんストレスがたまっているんだね。


武松(ぶしょう)


「大宋退魔伝」の主人公。

作者・今岡英二のつっこみ役B。そろそろ「左近ちゃん 見参!」の三成にでもつっこみ役を代わってもらいたいと思っているが、同作のキャラアイコンが家紋なので却下され、最近やさぐれ気味。きっとストレスがたまっているんだね。


石田三成(いしだ・みつなり)


「左近ちゃん 見参!」の主人公。

同作ではいいツッコミ役を果たしていたが、作者の「キャラアイコンにしっくりくるのがなかったけえ、家紋にした」という一言のせいで、ここでは活躍の場を与えられないという憂き目に遭う。ごめんな。


ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色