16話② 【変】黄金の国ジパングの「えりも黄金トンネル」

エピソード文字数 862文字

で、答えは?

おう。

答えは「道路をつくるのにめちゃくちゃ金がかかったから」

いうのが本当のところなんじゃ。


そんな理由かよ!

しょうがなかろうて。

なにしろ北海道の中でも難所中の難所でな。

昭和2年着工開始で、終わったんが昭和10年、

ゆうに8年の歳月と、20人の犠牲の上に完成した道路なんじゃ。

かなり苦労したんですね。

ああ。

昭和35年には舗装化の工事も進められたんじゃが、

そのときには当時の価格で1キロあたり9億8000万もかかったんじゃ。

当時の一般的な国道の10倍近い費用がかかったそうな。

なので、まさに「黄金を敷き詰めた」ほどの道路いうことで

「えりも黄金道路」と名付けられたいうことなんじゃ。

そういういわれがあったのか。

ちなみにここは今でも難所であることにかわりはなく、

落石やら波をかぶったりで、通行止めになることもしばしば。

平成9年から18年までの10年間で、都合112回も通行止めになったそうじゃ。

年10回以上ですか。

それは多いですね。

ちなみにここに作られた「えりも黄金トンネル」は

北海道で一番長い全長4.9キロもあるトンネルなんじゃ。

そりゃ、またえらい金かかっただろうな。

かかったと思うで。

もっともこの時、このトンネルを通るのには

こっちも命がかかっとったがな。

大袈裟ですね。

お前のう……。

全長4.9キロもあるトンネルが全停電しとってみい。

中はまっくらでなんも見えんので!


マジだっ!!
トンネルを渡りきった反対側も

こんな感じじゃしのう!

なんぼ車のライトがあるいうても、

それ以外はなんの頼りもないんじゃけえ

かなりのヒヤヒヤもんじゃったわ。

生きた心地せんかったで……。

そりゃ、そうでしょうね……。


いくら変人のお前さんでも、

さすがにこりたか……。

まあのう。

何事も平穏無事が一番いうんを再確認できたけえ

それだけでも重畳といえようがの。

こりたのかなんなのか……。
よくわかんない人ですね……。
そんなわけで、黄金を敷き詰めたほど金のかかった「えりも黄金道路」と「えりも黄金トンネル」、みなさんも北海道に行かれたら、ぜひ立ち寄ってみてつかあさい!

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)
※これは自由参加コラボです。誰でも書き込むことができます。

※コラボに参加するためにはログインが必要です。ログイン後にセリフを投稿できます。

登場人物紹介

今岡英二(天使)


いまや「小説のキャラよりキャラが立っている」でおなじみの、同コラボノベルの作者。

行動力の化け物。

昔バンド活動をやっていたときは音楽漬けの生活をしていたが、

作家/ライターの生活に移ってからは本漬けの日々を送っている。

そのわりには動き回ることを止めないのはなぜなのか。

目下のところ、それは謎である。


「物書きが自分の足で情報を探さんようになったらおしまいじゃ(笑)」とは本人の弁。


今岡英二(悪魔)


悪魔イラストの割りに、根が優しく義理堅い人情派。広島生まれ・広島育ちの根っからのカープファンだが、だからといって他の野球ファンを貶めることはない。野球好きに貴賎はないというのが信条。


「三食食えて野球が見られる。これ以上の幸せがあろうか……。あとはこれでまたカープが優勝してくれりゃあ、言うことなしじゃ……」とは作者のコメント。


今岡英二(お守り)


歴史オタク・読書オタク・漫画オタク・勉強オタクな今岡英二の変態担当、作家・ライター担当。自身の小説キャラを辟易とさせるなど、悪魔よりも悪魔っぽい存在。


「なんでそんなものまで見るんだ!」「ふつうそんなところなんか行きませんよ!」とキャラにつっこまれても、「勉強のためじゃけえの」と言えば大抵のことは許されると思っているなど、余計に性質が悪い。


ニコル・クロムウェル(Nicol=Cromwell)


「Dr.ニコルの検死FILE」の主人公。

作者・今岡英二のつっこみ役A。紳士然とした丁寧な語り口だが、作者に対してはたまに辛辣な物言いを吐く。たぶんストレスがたまっているんだね。


武松(ぶしょう)


「大宋退魔伝」の主人公。

作者・今岡英二のつっこみ役B。そろそろ「左近ちゃん 見参!」の三成にでもつっこみ役を代わってもらいたいと思っているが、同作のキャラアイコンが家紋なので却下され、最近やさぐれ気味。きっとストレスがたまっているんだね。


石田三成(いしだ・みつなり)


「左近ちゃん 見参!」の主人公。

同作ではいいツッコミ役を果たしていたが、作者の「キャラアイコンにしっくりくるのがなかったけえ、家紋にした」という一言のせいで、ここでは活躍の場を与えられないという憂き目に遭う。ごめんな。


ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色