11話② 【変】東京・幻の「目黒競馬場」を追え!

エピソード文字数 1,532文字

あれはあきらかに競馬場のカーブでしたね。

そうなんよ。

なぜかここはそのまま更地にされんと

コーナーを残すように道が作られとるんじゃ。

いまはふつうの道なのか?

ああ。

実際、現場で撮った写真がこれじゃ!

ほれ、前方が左に向かってゆるやかにカーブしとるんが

かろうじてわかるじゃろ?

………………。
うん?

ちとわかりづらいか?

いや、なんとかわかるけどよ……。
けど?


なんでわざわざ撮った!


行ったからに


決まっとろうが!

いや、それはそうなんでしょうけど、

ふつうの人は行きませんよね?


一体いつから──────わしがふつうだと錯覚していた?
なん……だと……!!
いや、知っていましたからね……。 

ちなみにさっき地図に表示されていたように、

現地には一応「元競馬場通り」もあれば

「目黒競馬場跡の案内板」も残されとる。

パッと見、ふつうの道、

普通の案内板って感じだな。

おう。

むしろメインストリートの目黒通り沿いにある

「目黒競馬場跡」を象徴するトウルヌソル像の方が

それっぽい感じじゃな。

たしかにこれは元競馬場という感じがしますね。

像がそんなに大きいものじゃないのが残念なところじゃがのう。

ただ、それでもなにかしらあるだけ

まだマシな廃競馬場といえるじゃろうな。

……ちょっと待て!


うん?

どうした?

いま「まだマシ」って言いませんでしたか?
言うたな。

じゃあ、まだこんなところがほかにもあって、

てめえはそういうところに

えっちらおっちらと行ってるってことか!

当たり前じゃ!

わしが行かんで誰が行くいうんじゃ!

それ、まだここでも紹介する気ですか?


おう。

機会があればまだまだ紹介しよう思うとるわ。

ますます読者が置いてきぼりになりそうな感じがしますね……。

いや、ここ見てる奇特なやつらのことだから

案外ついてこれるのかもしれねえな……。

そんなわけでいまや幻となった東京の「目黒競馬場跡」、みなさんも機会があればぜひお近くの「寄生虫博物館」とセットで訪れてみてつかあさい!


最後にさらっと不穏なこと

言ってんじゃねえよ!

>>競馬場ごとのB級グルメ

KUWASHIKU!!

廃競馬場じゃなく、ちゃんとした競馬場に行けば

B級グルメを楽めるのにぃぃぃ!(# ゚Д゚) ムッキー 

( `Д´)フォオオオオオオオオオ!


今岡先生、

それは「KUYASHIKU」ですからね。


てへぺろ(・ω<)


ま、ジョークはさておき、

JRAなら阪神競馬場の「若鶏唐揚げ」

福島競馬場の「喜多方ラーメン」

新潟競馬場の「牛すじカレー」、

地方競馬なら、

ばんえい帯広競馬場の「カレーラーメン」

園田競馬場の「やきもち」「まぐろ串」

名古屋競馬場の「どて丼」

大井競馬場の「もつ串」

船橋競馬場の「あんかけ焼きそば」

川崎競馬場の「タンメン」

浦和競馬場の「ジャンボチキンカツ」

佐賀競馬場の「さつまあげ」


……言い出したらきりがないですのう(笑)

まだまだあるんじゃが、それもそのうちグルメ編で紹介しようかなと思うとります。

ふつうのグルメの方が需要あるかのう思うて、

B級グルメは若干出すの控えとったんですが

けっこう需要ありそうですかの?

なんと、いろいろ食べられるんですね。

競馬場は行ったことがなかったので、知らなかったです。


B級の方が親しみやすさはあるかもですが、どうなんでしょうね。 (´・ω・`)

JRAの中山競馬場や東京競馬場もいいんですが、

地方色豊かなのはむしろ地方競馬の方ですな。

しかも浦和競馬場の「ジャンボチキンカツ」が250円じゃったり、

園田競馬場の「まぐろ串」が100円じゃったりと、安いことこの上ないです。

むろん場末感はんぱないんで、女子人気は皆無ですがの(笑)

ま、作家の浅田次郎先生も競馬マニアで知られとるし、

わりと作家と競馬は切っても切れんもんがあるけえ、ええかのう(*OwO)ノ

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)
※コラボに参加するためにはログインが必要です。ログイン後にセリフを投稿できます。

登場人物紹介

今岡英二(天使)


いまや「小説のキャラよりキャラが立っている」でおなじみの、同コラボノベルの作者。

行動力の化け物。

昔バンド活動をやっていたときは音楽漬けの生活をしていたが、

作家/ライターの生活に移ってからは本漬けの日々を送っている。

そのわりには動き回ることを止めないのはなぜなのか。

目下のところ、それは謎である。


「物書きが自分の足で情報を探さんようになったらおしまいじゃ(笑)」とは本人の弁。


今岡英二(悪魔)


悪魔イラストの割りに、根が優しく義理堅い人情派。広島生まれ・広島育ちの根っからのカープファンだが、だからといって他の野球ファンを貶めることはない。野球好きに貴賎はないというのが信条。


「三食食えて野球が見られる。これ以上の幸せがあろうか……。あとはこれでまたカープが優勝してくれりゃあ、言うことなしじゃ……」とは作者のコメント。


今岡英二(お守り)


歴史オタク・読書オタク・漫画オタク・勉強オタクな今岡英二の変態担当、作家・ライター担当。自身の小説キャラを辟易とさせるなど、悪魔よりも悪魔っぽい存在。


「なんでそんなものまで見るんだ!」「ふつうそんなところなんか行きませんよ!」とキャラにつっこまれても、「勉強のためじゃけえの」と言えば大抵のことは許されると思っているなど、余計に性質が悪い。


ニコル・クロムウェル(Nicol=Cromwell)


「Dr.ニコルの検死FILE」の主人公。

作者・今岡英二のつっこみ役A。紳士然とした丁寧な語り口だが、作者に対してはたまに辛辣な物言いを吐く。たぶんストレスがたまっているんだね。


武松(ぶしょう)


「大宋退魔伝」の主人公。

作者・今岡英二のつっこみ役B。そろそろ「左近ちゃん 見参!」の三成にでもつっこみ役を代わってもらいたいと思っているが、同作のキャラアイコンが家紋なので却下され、最近やさぐれ気味。きっとストレスがたまっているんだね。


石田三成(いしだ・みつなり)


「左近ちゃん 見参!」の主人公。

同作ではいいツッコミ役を果たしていたが、作者の「キャラアイコンにしっくりくるのがなかったけえ、家紋にした」という一言のせいで、ここでは活躍の場を与えられないという憂き目に遭う。ごめんな。


ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色