21話  【変】上水道のことがよくわかる「東京都水道歴史館」

エピソード文字数 983文字

この前は下水道で、今度は上水道ですか……。

おう。

こういうのはセットで見とかんとな。

いや、こういうのを見ようとするのは

お前さんぐらいのもんだろうよ……。

いや、そうでもないで。

実際ここを見に行ったとき、

平日の昼間にもかかわらず

わりと人おったけえのう。

暇人って意外と多いんだな。
ほいじゃけえ、あんま褒めんなや(照)
だから褒めてねえっつってんだろ!

ちなみに東京都水道歴史館の外観は

こんな感じじゃ!


あんまパッとしない感じだな……。

ま、公的な博物館じゃけえな。

外観はしょうがなかろうて。

で、ここはなにが見どころなんです?

うむ。

ここは江戸時代の上水道について

いろいろ知ることができるんじゃ。

江戸時代の上水道?

よく時代劇なんかでは長屋で井戸が映っていますが

上水道なんかどこに使われてたんです?

たわけ!

あれが上水道じゃ!

マジかっ!?

ああ。江戸は地質上、井戸がなかなか掘れんでな。

玉川などから水をひいとったんじゃ。

それを「玉川上水」いうんじゃ。

そうだったんですか……。

ああ。

なので時代劇なんかでみる井戸は、

玉川上水から水道をひいて、

その水を貯めた井戸なんよ。

なので、水と一緒に砂も運ばれたりするけえ

その井戸さらいを年一回やる必要があったんじゃ。


水や砂以外が混じることはなかったんですか?

あったそうなで。

たまに魚が混じることもあって

当時の人らはそれを喜んで食うたそうな。

ま、めったにない当たりみたいなもんじゃろうがな。

水道にもいろいろ歴史があるんだな。

おう。

中の展示物はこんな感じになっとるんよ。

いろいろ見れるものなんだな。
これで料金は?

むろんここも公的なものなんで無料で見れるんじゃ。

しかもこの前の「水の館」と違うて

予約はいらんけえ、比較的行きやすいのもええところよな。

なるほど。

だから今回は「変わり種スポット」としての紹介なんですね。

そういうことじゃ。

そんなわけで江戸時代を含め東京の上水道のことがよくわかる「東京都水道歴史館」、その名の通り水道橋駅から歩いて行けるところにあるんで、興味がある人はぜひ立ち寄ってみてつかあさい!

後ろから2枚目の写真が、一瞬卑猥なものに見えてしまった!

小さくしてみると、そういうのに見えんこともないですな(笑)

ちなみにこれは馬水槽いうて、馬や牛が使うためのもんですな。

ロンドンから寄贈され、明治39年に東京府庁舎前に設置されとったもんのレプリカですわ。

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)
※コラボに参加するためにはログインが必要です。ログイン後にセリフを投稿できます。

登場人物紹介

今岡英二(天使)


いまや「小説のキャラよりキャラが立っている」でおなじみの、同コラボノベルの作者。

行動力の化け物。

昔バンド活動をやっていたときは音楽漬けの生活をしていたが、

作家/ライターの生活に移ってからは本漬けの日々を送っている。

そのわりには動き回ることを止めないのはなぜなのか。

目下のところ、それは謎である。


「物書きが自分の足で情報を探さんようになったらおしまいじゃ(笑)」とは本人の弁。


今岡英二(悪魔)


悪魔イラストの割りに、根が優しく義理堅い人情派。広島生まれ・広島育ちの根っからのカープファンだが、だからといって他の野球ファンを貶めることはない。野球好きに貴賎はないというのが信条。


「三食食えて野球が見られる。これ以上の幸せがあろうか……。あとはこれでまたカープが優勝してくれりゃあ、言うことなしじゃ……」とは作者のコメント。


今岡英二(お守り)


歴史オタク・読書オタク・漫画オタク・勉強オタクな今岡英二の変態担当、作家・ライター担当。自身の小説キャラを辟易とさせるなど、悪魔よりも悪魔っぽい存在。


「なんでそんなものまで見るんだ!」「ふつうそんなところなんか行きませんよ!」とキャラにつっこまれても、「勉強のためじゃけえの」と言えば大抵のことは許されると思っているなど、余計に性質が悪い。


ニコル・クロムウェル(Nicol=Cromwell)


「Dr.ニコルの検死FILE」の主人公。

作者・今岡英二のつっこみ役A。紳士然とした丁寧な語り口だが、作者に対してはたまに辛辣な物言いを吐く。たぶんストレスがたまっているんだね。


武松(ぶしょう)


「大宋退魔伝」の主人公。

作者・今岡英二のつっこみ役B。そろそろ「左近ちゃん 見参!」の三成にでもつっこみ役を代わってもらいたいと思っているが、同作のキャラアイコンが家紋なので却下され、最近やさぐれ気味。きっとストレスがたまっているんだね。


石田三成(いしだ・みつなり)


「左近ちゃん 見参!」の主人公。

同作ではいいツッコミ役を果たしていたが、作者の「キャラアイコンにしっくりくるのがなかったけえ、家紋にした」という一言のせいで、ここでは活躍の場を与えられないという憂き目に遭う。ごめんな。


ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色