【雑談】電波観測所

[日記・個人ブログ]

152

6,647

42件のファンレター

夢のお告げ(嘘)で始めました。日記を書こうとしたら雑談になりました。不定期です。

目次

連載中 全20話

2021年07月31日 18:29 更新

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

11話~20話拝読しました

苦行についての佐久田さんの率直な意見、とても面白く読みました^^「人里に降りてきてボランティアでもやった方がいい」「もっと人と絡んで泥にまみれた方が修行になる」というのは、断食行などの苦行全般に対してのツッコミですね! 以前読んだ、『タイ仏教入門』には次のような説明が書いてありました。出家者の修行の目的は自己の救いにある。出家することは、修行のために全力を投入する態勢を意味している。修行のさまたげとなる人間のきずなを全て断ち切って、世俗の幸福とは無縁な徹底した個人主義を求めること。修行者たちに ... 続きを見る

返信(3)

またまた共感

お母様との電話が疲れる、私もまったく同じなので(実母との電話が重たい…)、共感の嵐です^^。おしゃべり好きな人って文章で表現するのは苦手なようですね。うちの母の言葉も文字に起こしたら絶対シュールになります。 私の場合は電話というより、人の顔や名前を覚えるのが苦手。新年度に自己紹介を聞いたら、その人の特徴をこっそりメモしておかないと失礼をやらかすことに。大勢の人とお付き合いができる人って尊敬します。 千日回峰行、私もテレビで見た時に絶句しました。何もそこまで…と思いますよね。だって途中でやめる ... 続きを見る

返信(1)

18~20話

18話、電話が苦手というのもすごく共感しましたが、荒行的な修行に対する疑問(あるいはツッコミ)に、思わず「私も同じこと考えてた!」と叫んでしまいました(笑) 「社会に対する●●●がよくわからない」、正にそれです!ああいうのって、ひたすら自己完結の世界だなあと思ってしまうんですよね。それより、本当にボランティアとかやった方がいいのは、と思ってしまいますが、あの修行をやっている方にそれを言ったら、たぶんめちゃくちゃ怒られるんでしょうねえ。言ったことはないですけど、そんな気がします^^; 19話、 ... 続きを見る

返信(1)

なにもそこまで、とわたしも同感です(^^;)

今日は休憩時間バタバタしていて、いいねをポチポチするので精いっぱいでした。コメントするというわたしの楽しみがこんな時間までお預けに……!(>_<) 電話が苦手というお話、相手の会社名(長い横文字)が聞き取れず、結局あいまいなまま取り次ぐ、という流れ、わたしもまったく同じでびっくりしました(笑) いやほんと、どんなにがんばって聞いても、どこか一ヶ所だけ惜しいとか、そんなかんじになってしまうのです。わざとじゃないんです(>_<) そして、電話からの苦行繋がりで、こんな展 ... 続きを見る

返信(1)

18~19話を拝読しました

「千日回峰行」私も興味があってテレビで見たことがあります。本当にこれを生身の人間ができるのか……っていうのが不思議で仕方ない。どう考えても、9日寝ないで(断眠)とか無理。きっと目を開けたまま脳波は寝ているのでは(←これは私も得意!)とか考えたことがあります。命をかけて挑む理由は、理性を超越したその先に何(悟り)が見えるのかっていう探究心、冒険心なのかなあ。きっと何かが見えたと思うのだけれど(幻覚的な……)、ネットで浅く調べたくらいでは載っていませんでした。何が見えたか教えて欲しいなあ。苦労は嫌だ ... 続きを見る

返信(1)

15,16,17話

共感し、またいろいろ考えさせられる三話でした。15話と16話は関連性がありますよね。あの15話で扱われている音楽家の話は、私も憤りで震えました。ひどすぎる!「いじめ」なんてあいまいな言葉でごまかしているけれど、あれは紛れもなく暴行という犯罪行為なんですよね。そういう人を選んだオリンピック委員、犯罪行為を面白おかしく記事にした雑誌も同罪だと思うんです。ただあの人を辞めさせれば済むという問題ではなく、功成り名を遂げた人に対して甘い日本社会の問題である気がします。職場での精神的暴力もまた然り、ですよね ... 続きを見る

返信(1)

いじめに時効は無い!

 いじめに時効はない、本当にそう思います。今回の件もオリンピック前にどかどかと不祥事がでて、頑張ってオリンピックの仕事をしている人が大変かわいそうです。人をいじめたり侮辱したり、マウントしたりして得られる笑いであったり高揚感であったり、本当にゲスですよね。ネットが無い時代だったらきっと解らなかった。ネット時代の良い点ですよね、いじめは本当に気持ち悪い!!!  自分がファンの先生からお手紙をもらえるなんて最高ですよね。今ネット時代になって、Twitterで実際にお話できちゃったりすることもあるけ ... 続きを見る

返信(1)

ファン冥利に尽きるお話

重ねてコメント失礼いたします。一通にまとめるには長すぎて、おまけに先ほどは仕事の時間になってしまったので(>_<) 式貴士先生のことは寡分にして存じませんでしたが(すみません)、すてきなエピソードに、思わず胸キュンでした。好きなお話を書かれた作家さんにファンレターを書く小学生の佐久田さん(キュン)、そして、手書きの年賀状を送ってくださった式貴士先生(ステキ)。ちいさな読者からのお手紙、先生はきっと、とてもよろこばれたのではないでしょうか(*^^*) ちなみにわたしも、あとがきのあ ... 続きを見る

返信(1)

いびつな社会

小山田氏に関しては、今回の件で報道されているなかの、一部の記事を読んだ程度の認識しかありませんが、雑誌に過去のいじめの話が掲載されていた、という時点で、どういうこと?とよく理解できませんでした。いじめられた側が加害者を告発する、というわけではなく、加害者側がそれを発信するとは?と。 自分は他人をいじめた話を公の場でドヤ顔で語るようなヤバい人間なんですよ、というアピールなのでしょうか。もしそうだとしたら、悪いことはいわないから、速やかに治療を受けたほうがよいと思いました。 いじめというと、たい ... 続きを見る

返信(1)

同感! 共感!

私も小山田氏のいじめ自慢には、怖気をふるっていた口です。ちょっと前まで、日本は強者なら何を言ってもやっても咎められない世の中だったわけで、そうじゃなくなってきたのは本当に良い兆候ですね。まだまだ、この先の道のりは長そうですが。 インクルーシブ教育。難しそうですよね。海外では、教員の十分な加配が行われてはじめて成功した事例があるそうですが、日本では通常学級の先生(ただでさえ大変なのに)にぜんぶ押し付けるイメージだと聞きます。 もちろん障害者が普通に地域で生きていけるようになるのが理想だし、いじ ... 続きを見る

返信(1)

小説情報

【雑談】電波観測所

佐久田和季  202004

執筆状況
連載中
エピソード
20話
種類
一般小説
ジャンル
日記・個人ブログ
タグ
雑談, 日記, 日常
総文字数
27,319文字
公開日
2021年06月12日 20:33
最終更新日
2021年07月31日 18:29
ファンレター数
42