作品数41
総合評価数1,539
総合PV数90,480

作者ブックマーク

桐乃桐子さんのプロフィール

桐乃桐子(きりのとうこ)と申します。
サイトからゆるゆると引っ越し中。

桐乃桐子さんの作品アトリエ

  • 一般小説

    桐ノ匣

    その他

    • 38

    • 1,421

    • 6

  • 一般小説

    桐一葉

    日記・個人ブログ

    • 103

    • 9,732

    • 26

  • 一般小説

    三秒前

    恋愛・ラブコメ

    • 80

    • 7,019

    • 7

  • 一般小説

    死がふたりを分かつまで

    ホラー

    • 29

    • 629

    • 0

  • 一般小説

    木曜日には、彼はいない。

    恋愛・ラブコメ

    • 49

    • 1,028

    • 0

  • 一般小説

    花いちもんめ

    恋愛・ラブコメ

    • 42

    • 3,061

    • 0

  • 一般小説

    ノアの方舟

    ファンタジー

    • 38

    • 1,783

    • 0

  • 一般小説

    名物が、ない。

    現代ドラマ・社会派

    • 28

    • 459

    • 0

  • 一般小説

    花のもとにて

    現代ドラマ・社会派

    • 31

    • 747

    • 0

  • 一般小説

    2020年4月30日《休業中》

    ノンフィクション

    • 32

    • 911

    • 0

桐乃桐子さんのアトリエ作品をもっと見る

活動報告

2021年 09月15日|コメント(0)

2021年 09月07日|コメント(2)

2021年 08月31日|コメント(0)

2021年 08月19日|コメント(0)

2021年 08月04日|コメント(0)

2021年 07月21日|コメント(0)

2021年 07月20日|コメント(0)

2021年 07月19日|コメント(0)

2021年 07月17日|コメント(0)

2021年 07月15日|コメント(0)

ファンレター

  • 第3話

    途中まで読んで「はっ、これは桐乃さんの多彩なレパートリーのうちの一つ、●●!?」と色めきだちました。しかし、読み進めるうちに自分を恥じ入り……(汗)。これは、まごうことなき……見返りを求めない愛。 主人公のツンデレ気味な「彼」の描写。いくら素っ気なくしても漏れてしまう動揺、そして主導権が「彼」にあることで、「彼」がとても魅力的であることが伝わってきます。 そしてこのテーマを正面から描くのって、躊躇してしまいがちですが、まったく誤魔化さずに時代を描ききっていると感じました。 そしてとにかく主 ... 続きを見る

  • 煙が目にしみます

    途中、一人称が出てきたとき、「あれっ?」となって文頭までスクロールしていました。まだまだ未熟者です。ちょうど、電子書籍のおすすめサンプルで『わたしは壁になりたい』という作品を少し読んだところだったのに…。 もう少し未来のお話…本当に無事でよかったです(TT) イケメンなのに服のセンスがあららな彼、いきなりの電話の誘いも魅力的です。 彼を思う深い気持ちが伝わってきて…本当にもうなにもいらないんだろうな、と思いました。 本当に相手を思うということは、相手の幸せを願うことですよね。。。それ ... 続きを見る

  • 「熱量はひとそれぞれ」読ませていただきました。

    失礼だったら申し訳ございません。 いつもやさしく思いやりのある桐乃さんの、お怒りブログも好きなんです……。 この上司の方、素敵な女性とご縁があって本当によかったですね。その女性のことも「メンヘラでぶりっこ」だったと表現されている桐乃さんが可笑しくて(*´ω`*) いつも菩薩のような桐乃さんがこのように表現される「お怒り」バージョン、楽しいです。(失礼だったら本当に申し訳ございません) 私もちょうど「温度差」について思うことがあったので、こちらのタイトルを拝見して「おおっ‼︎」と思いました ... 続きを見る

  • 30話

    桐乃さんの「上司」に対する分析が的確すぎて、「ううむ、すごい……」と始終唸りっぱなしでした。 身近にいる人、いた人を書くのって題材になるけど、「隙あらば」といった風に私情が入り込みたがるので、ちょっと難しく感じるときが私にはあります。 エッセイ的なものを読むときは私、注意するんですよ、作者の主観を膨らませた感情的な話に感じたときは、別の視点から見たら実際どうなの?とかどうしても考えます。(そういうものが読みたいというニーズもあるとは思いますが) 桐乃さんの場合、まず事実が述べられて、それを ... 続きを見る

  • こんばんは

    ご無沙汰しております。『hide and seek』のななえです。 突然すみません。驚かれたことと思います。 本当にふっと年単位ぶりぐらいで自分のサイトを見返している際、桐子さまどうしているかなぁと思った次第なのです。 就職して自サイトを倉庫化してからも、桐子さまのことは時折思い出しました。 サイトを運営している間、親しく言葉を交わしてくださったことが今もうれしく印象に残っているというのもあるのですが、ブログなどで語られる桐子さまの生き方というのがとても綺麗だったので、好きな小説の主人公 ... 続きを見る

  • 29話

    『理由はいらない』を読み返しました。 犬飼さんはもともとボランティアスタッフとして、日頃から会をサポートされているんですよね。そして自らも「里親を探します」と。自分の仕事が終わった後の余暇の時間・労力を使う。そして鮫島さんも、偶然足によじ登っただけの小さな命の治療費を当然のように支払う。“偶然”と書いたけど、損することを厭わない(というか無頓着というか)二人が出会えたのは必然かもしれない。 小さな命を育みながら、二人の気持ちも育んだのがとても素敵。黒くて小さくて頼りなく泣いていたあの子は、今 ... 続きを見る

  • 自分にできること

    おはようございます。 ご家族の猫ちゃんたちを大切に大切にされている 桐乃さんの愛情が、29話のお話からもひしひしと伝わってきました。 私も小さいころから何度も行き場のない子猫に出会いました。当たり前のように毎回家に連れて帰りました。そのまま家族になった子や、もらってくれるところを探して引き取られた子、大きくならずに亡くなってしまった子もいました。 最近、私の周りでは保護犬センターで出会った犬を家族として迎え入れたという人が多いです。可愛くてたまらないと写真を見せてくれて「おすすめだよ〜」 ... 続きを見る

  • 2話

    私、このお話大好きです。後半じわっときちゃって。 人間でも動物でも、なにかを救うということは、自分を救うことに繋がるように感じました。打算も計算も無く、ただ自分を選んで頼ってくれた無力な小さな命を救う。それに“理由はいらない”。小さな命を引き取るのは、いろいろな面倒ごとも引き取ることになるのだけれど、それを補って余りある明るい未来を連れて来てくれた。余裕のある生活をしていなくても、誰かの役に立ちたいとずっと願って行動していた主人公の内面の崇高さ、それをちゃんとわかってくれる人達(プラス動物)と ... 続きを見る

  • 素敵な物語

    素敵な物語。本当に、素敵な物語。 ありがとうございました。

  • 夏の終わり

    おはようございます。 その後、体調はいかがでしょうか。 どうか、つらい副反応などがありませんように…。 私も昨日、やっとワクチン接種の予約が取れました。まだ三週間後ですが、少しほっとしました。 夏の終わり、大好きです。 特に夕暮れ時のあの空の色、空気の感じを味わうたびになんとも言えない切ない気持ちになります。 夏は二か月ほどで、冬の方がずっと長いのですね。 夏のインパクトが強すぎて、気がつきませんでした。 強烈であっという間で…。 夏って改めて、ニクいやつですね。 心を持 ... 続きを見る