作品数49
総合評価数1,495
総合PV数205,275

作者ブックマーク

桐乃桐子さんのプロフィール

【近況報告】
ぎっくり腰、2日経ってだいぶ痛みが引いてきました。
今は横になっているほうが楽なのでずっと寝ています。
ただ、起き上がるときは大変。
靴下履くの無理、という状態もかなり緩和されました。
枕元では猫がスヤスヤ寝ています。

桐乃桐子さんの作品アトリエ

  • 一般小説

    ただひとたびの

    恋愛・ラブコメ

    • 25

    • 344

    • 0

  • 一般小説

    眼中のひと

    恋愛・ラブコメ

    • 24

    • 1,433

    • 5

  • チャット

    ブックエンド

    日記・個人ブログ

    • 38

    • 3,596

    • 8

  • 一般小説

    呪いの作法

    ホラー

    • 22

    • 1,381

    • 5

  • 一般小説

    キリモドキ

    日記・個人ブログ

    • 63

    • 8,386

    • 34

  • チャット

    繭のなか

    現代ドラマ・社会派

    • 55

    • 20,304

    • 13

  • 一般小説

    桐一葉

    日記・個人ブログ

    • 168

    • 34,614

    • 57

  • 一般小説

    真夏の夜の夢

    ホラー

    • 20

    • 2,894

    • 0

  • 一般小説

    桐ノ匣

    その他

    • 27

    • 4,380

    • 8

  • 一般小説

    花いちもんめ

    恋愛・ラブコメ

    • 47

    • 5,220

    • 0

桐乃桐子さんのアトリエ作品をもっと見る

活動報告

2021年 09月15日|コメント(0)

2021年 09月07日|コメント(2)

2021年 08月31日|コメント(0)

2021年 08月19日|コメント(0)

2021年 08月04日|コメント(0)

2021年 04月28日|コメント(0)

ファンレター

  • 12話

    去年の5月でしたか、「名物が、ない」はとても面白いお話でした。山口県の手土産をめぐるお話、再読したのですが、またクスクス笑ってしまいました。 「月でひろった卵」の形状をイメージしたところ、脳内に浮かんだスイーツが。宮城県の仙台に「萩の月」という銘菓があって、ちょっと似ているかも。私も「萩の月」をお土産にいただくと、テンション爆上げです! あ、私のたわいもない無駄話を覚えていてくださったのですね。私もGODIVAは頂き物で2回くらい、かけらを口にしたことがあるのみ。「濃かった」(ような気がする ... 続きを見る

  • とっても美味しそうで愛おしくて可愛い…

    「月でひろった卵」…なんて趣のある命名なのでしょう。。。山口銘菓、桐乃さんのテンションが上がるお菓子…なんとしてもいただいてみたいです(*´ω`*) そんなに色々な味やコラボ商品があるのですね。そしてGODIVAとのコラボも…。(個人的には『月でひろった卵 夏みかん&チョコレート』が食べてみたい…)入手困難だなんて…さらに興味を引きますね(*^^*) 山口県はチョコレート消費量、チョコレート菓子消費額 日本一なのですね! しかもダントツ! チョコレート愛 No.1♡ 私は毎年秋になる ... 続きを見る

  • おいしい第12話!

    なんともおいしい文章を読ませていただきました! 「月でひろった卵」……名前のかわいらしさと、桐乃さんの巧みな文章にたまらなくなり、ネット検索……おお!ふわっとした外側と、とろっとした内側の感じがなんとも絶妙で……ああ、さっき晩御飯を食べ終わったばかりなのに、もう食欲刺激されまくり……です‼ それから、猫さんの写真がまた……か、かわいいです~(*^^*) 台湾ではこういう写真を見た感じを、よく「融化」(ロン・ホゥア)と表現します。「身も心もとろけちゃう」という感じです(あ、前にも同じこと ... 続きを見る

  • 幸せのおすそ分け

    登場人物が皆んな人情味のある良い人たちで、しかも皆んな似たり寄ったりにならず、個々に丁寧にキャラを書き分けていて、先ずはその点に感動しました。 私はキャラを上手く書けないので、勉強になります。 物語も、ずっと通奏低音のように「優しさ」が流れていて、あたたかい幸福感に満たされて、読んだ人が誰も損しない物語ですね! 「溺愛」って難しいテーマだと思います。 もし私が書くと、絶対に狂気に繋がると思うのですが(大汗)、桐乃さんは真っ直ぐな溺愛のお話……っ変な表現ですが(汗)……を、ネガティブな要素 ... 続きを見る

  • 素敵です

    桐乃さん、しつこくファンレター失礼します。控え目に言って最高です。 これって、アニメやドラマだったら、ラストにタイトルがバンっ!と出てきてオープニングテーマが流れるような、みんなが喜ぶやつじゃあないですか。脳内で流れましたよ、ポップでちょっぴり切ないメロディーが。 それにしてももの凄い読みやすさ、あっという間の一気読みでした。これがリーダビリティというものなのか……。 説明臭さゼロで、自然に会話からキャラの背景がうかがえます。1万字でも、無駄な言葉が無い研ぎ澄まされた1万字だなぁ、と。桐乃 ... 続きを見る

  • 眼中のひと

    先ず「眼中のひと」という、とても品格のあるタイトルが素敵です! そして、内容の完成度がものすごくて、お見事の一言です‼ 最初は「1万字強を1話で?!」とびっくりしたのですが、読み出したらあっという間に引き込まれて、一気読みでした。 確かに、話数を分けずに一話完結にした方が、構成的な緊密さが感じられて効果的だと思いました^^ 繰り返される「可愛げがない。」というフレーズ。それはまるで、榛名ちゃんが自らにかけてしまった呪いのように感じられました。 そもそも「可愛げ」って何だろう、そ ... 続きを見る

  • 嬉しいです。

    桐乃さん、「眼中の人」を拝読しました。 普段パソコンやスマホだと長く感じる一万字が、全く苦になりませんでした。その筆力、さすがです! なかなか無いであろう状況ではありますが、心に染み入るお話です。 実際その、ヘタレと思われそうだから勇気を振り絞って、というのは男子的に結構ありまして、 それとは流れが異なりますが、そういう部分を女性作家さんが書いてくださっているのがですね、 ものすごく嬉しいと思ったのです。 なんかこう、野獣的に描かれてしまことが多くて、そんなヤツばかりでもない ... 続きを見る

  • 温かな溺愛

    このお話が大好きです。 榛名さんも神蔵くんも陳さんも神蔵くんのお母さんも……みんな大好きです。 桐乃さんは溺愛をこんなふうに描かれるのですね…。 読ませていただいて心が温かくやわらかくなったような気がします。 そして、『ブックエンド』に書かれていたこと、名前のふりがなを何度か書いてくださるの、読んでいてとても安心しました。覚えているつもりでも、ついさっき出てきたのに「あれ、この読み方であってたっけ…」と思いながら確認せずにそのまま読む不精者なので…(^_^;) 私もこれから真似っこさせ ... 続きを見る

  • 第4話

    詩ってこんなにも力強く問いかけてくるものなんですね。まず、『箴言』にクラっと。そして本題、本当に“一日の終わり”にぴったりな詩でとても沁み込みました。 こういった詩を好まれるということと、桐乃さんがいつも言葉を大切に扱う姿勢とがイコールで結ばれ、桐乃さんに対するささやかな“謎解き”がされたみたいで嬉しいです。(意味不明かも、伝われ!) ラスト、お茶目な日常生活も垣間見ることができて、読者はそういうの嬉しいんですよね!( *´艸`) 「空の下」の詩は、ちょうど読んでいた本に「孤独には安心 ... 続きを見る

  • 楽しみな連載!

    桐乃さん、こんにちは。Twitterでつぶやかれてた指のけがはいかがでしょうか。お大事になさってくださいね。 新作の『ブックエンド』、桐乃さんと小手鞠さんの会話を楽しく拝読しました。 『夏嵐』という作品、初めて名前を知りました。桐乃さんが飛鳥時代をお好きになったルーツとも言える物語なんですね! 「沼に引きずり込む妖怪」という台詞に笑ってしまいました^^ 『夏嵐』も『源氏』も、絶版なのがもったいないです。電子書籍で復刻してほしいものですね。 『推し、燃ゆ』、芥川賞で話題になってい ... 続きを見る